aroma hotel Kyoto

ホテル センレン京都 東山清水・宿泊記 ~木の香りに癒される極上滞在~

2021-12-15

京都のホテルシリーズ第五弾は、2021年3月1日に開業した新しい「ホテルセンレン京都東山清水」です。

鴨川の風が渡る五条通沿い、古都の街並みが広がる清水寺に続く道の途中に位置しているホテルです。

いつものように1泊でしたが、帰りたくないと感じたほどの滞在となりました。

他のホテルとはちょっと違った、木の香りに包まれた部屋での滞在記をお届けいたします。

ホテルの入り口

この日は、京都河原町駅から、鴨川沿いを歩きながらやって来ました(徒歩15分くらい)。

あまりにもお洒落すぎて、入り口がどこにあるのか、最初分かりませんでした。

ただ、人は出てきていますので、こちらでいいようです。

緩い階段を降りると、隠れ家のような入り口がありました。

慣れればなんの問題もないのですが、初めての訪問者(特に夜に到着した場合)、少し迷うかもしれません。

ロビー

ロビーは地下にあり、入り口からはエレベーターか階段で降りることになります。

手指の消毒をして機械で熱を測ってフロントへすすみ、測った体温を、チェックイン時に申告(記入)します。

「京都陶磁器会館」とコラボレーションし、ロビー、レストランに清水焼の陶器を展示しており、とても落ち着いた空間でした。

また、ロビーには、和のアートと観光情報を融合させた65インチの大型タッチパネルが設置されています。近隣をはじめ市内観光や交通アクセスなどを調べて、QRコードで必要な情報を読み取って利用します。

旅行者が期待している "京都らしさ" を感じることができる場所に、最新の設備が取り入れられています。

スーペリアルダブル

客室は、石庭が目の前にある和室など、6つのタイプがあります。

ただ、シングルはないので、一番リーズナブルな価格のスーペリアダブルをシングルユースで予約しました。

部屋のドアを開けると、ハンガーなどとともに洗面化粧台がありました。

ここでコートをかけて、手を洗って、先に進めます。このタイプの部屋は大好きです。

ここには、館内着としてはもちろん、夏には外出にも着られる浴衣、羽織り、そして雪駄(せった)が置いてありました。

さらに、パジャマやスリッパもありますので、好きな恰好で寛げます。

アメニティも十分なラインナップです。

部屋に設置されているのは、シーリー社のラグジュアリーホテルのみが使用している最高級ベッドです。

幅180cmのキングサイズのベッドは、2名でもゆったりと過ごせる大きさのように思えました。

一人なので、ゴロゴロしながら贅沢に使用しました。もちろん、寝心地は最高です。

着いたときは分からなかったのですが、次の日の朝、遠くに京都タワーが見えるのに気づきました。

5階の部屋からの眺めなので、もう少し高層階だと、もっとよく見えるかもしれませんね。

ベッドサイドから入り口を見てみました。

2人でもゆったり過ごせる広さがあり、まだ新しいので、木の香りもしました。

木の香りの効果

木の香りというと葉を想像されるかもしれませんが、樹木の皮や枝の部分にも芳香成分が含まれています。

その芳香成分は、消臭や殺菌だけでなく、気持ちを落ち着けてくれたり元気にしてくれる森林浴効果が期待できるのです。

もちろん、部屋には空気清浄機が常備されていましたが、木がふんだんに使われた部屋の空気が、なんと清々しいことか!

この木をふんだんに使った部屋の空気(木の香り)が、私が帰りたくなくなった理由です。

さらに詳しく

木は害虫や微生物など外敵に襲われても、その場から逃げることができません。

そのため、外敵を寄せ付けないために、また紫外線から身を守ったり、傷ついたとき病原菌の感染を防ぐために、自ら「フィトンチッド」という揮発性の物質を放出しています。

フィトンチッド

フィトン(植物が)チッド(殺す)というのは、高等植物が傷ついたとき、菌や細菌などをやっつけるという意味で名づけられました。

この「フィトンチッド」という物質は、木が製品になっても効果が持続すると言われています。

例えば、「ヒバ材で建てられた家には蚊が寄りつかない。腐らない。カビが生えない」、「クスノキのタンスには防虫剤が要らない」、「壁材にスギの木を使ったお手洗いには消臭効果がある」などです。

スギの木の効果については、友人が研究してるので教えてもらいました。スギの木の壁のお手洗いは、いつの間にか匂いが消えているそうです。

普段、日本の森から生まれたアロマ(樹木の精油)を消臭目的に使っているので、彼の話は十分に理解できます。

何の木なのかしら?ティッシュボックスなどの小物も、木製品でまとめられています。

ごみ箱が木だったらパーフェクトでしたが・・・

無料のペットボトルの水も(シングル利用ですが)2本用意されていました。

備品と設備

部屋に用意されているのは、ネスプレッソ。

大型(50V)の4Kテレビで、館内のレストラン、SPA(湯処)、コインランドリーの利用状況を確認することができます。

コンセントなど、必要なものは、使いやすい場所にありました。

いろんな意味でストレスフリーの部屋です。

バスルーム・SPA

バスルームも洗い場が付いたタイプです(トイレは別)。

浴槽も広くて、ゆっくり浸かれそうです。残念ながら使いませんでしたが・・・。

チェックイン時に、化粧水などのセットをもらいました。

こちらを持って行った場所は、ロビーと同じフロアにあるSPAです。大浴場なのですが、こちらでは、SPA(湯処)と表示されていました。

こちへ行く途中も、木で囲まれており、森林浴効果が期待できる空間でした。

SPAは、その名の通り、大きな窓に映る屏風絵のような光庭を眺めながら、湯浴みできる空間です。

湯船の前に広がる、ワイドスパンの窓にトリミングされる光庭は、縦方向に積まれた石を中心に造られた世界が、まるで屏風絵のようでした。

正直、ラグジュアリーホテルにある空間のようでした(何年か前に泊まったアマン東京を思い出しました)。

ただし、洗い場は少ないので、部屋のテレビで空き具合を確認して出向いたほうがいいかもしれません(私が行ったときは貸し切りでしたが)。

嬉しいのは、基礎化粧品類だけでなく、タオルなども用意してくれていることです。

営業時間:17:00~23:00、朝6:00~10:00

フリードリンク

同じくロビーには、フリードリンクを頂ける場所があります。

やわらかな光をつくる照明と、墨絵が描かれた襖や飾棚が、趣ある空間を作り出されていました。

さらに、こちらも木に囲まれていて、とても落ち着く場所でした。

到着時と紅葉のライトアップを見て帰ってきた後、2回いただきました。

至れり尽くせりのホテルです。

朝食

京都の食材にこだわった地産地消の朝食です。

7時からスタートと公式サイトには書かれていましたが、この日はツアーの方がいたので、6時半スタートとなっていました。

予定よりも早いスタートは、朝早くから活動したい私には、ありがたかったです。

種類は多くありませんが、どれも丁寧に作られているお料理でした。

やはり、ブッフェスタイルの朝食は嬉しいですね。

ご飯は、お釜で炊いたもの?

湯葉を味わえる湯豆腐に始まり、にしんそば、そしてデザートにはわらび餅と、京都で食べたかったものを一度に頂けました(^^)

周辺の観光(清水寺)

ところで、このホテルにした理由のひとつは、口コミがとても良かったからです。

そして、もう一つは、清水寺まで徒歩圏内だったことです。

到着した夕方、清水寺のライトアップを見ようと思って、出かけてみました。

ちょうど紅葉の見ごろで、美しい景色が広がっていました。

しかし、もの凄い人・人・人・・・。

皆さん、17時半からのライトアップを目ざしてやって来ているようです。

ライトアップまで少し時間があったので、人があまりいない所を探して待つことにしました。

日が暮れてきた頃の点灯、歓声が聞こえてきました。

昼間とはまた違う、荘厳という言葉がピッタリの景色が広がっています。

夜景を撮るのは難しいですね。

奥の院は、近づくこともできないほどの人だかりでした。

なので、裏の道を通って、その先へ進みました。

その先からも本殿のライトアップを見ることができました。

下から見上げる清水の舞台。

池に映った紅葉も美しかったです。

1時間ほどいましたが、どんどん人が増えてきました。

ただ、奥の院を除けば、歩けないといったほどではありませんでした。

毎年清水寺で発表される今年の漢字は、また「金」だったようですね。ライトアップされた紅葉も金色に輝いていて、きれいでした。

人がほとんどいなかった早朝の清水寺のようすも合わせてどうぞ。

早朝の清水寺・参拝 ~静寂と清々しさを感じる旅~

まもなく、2021年の紅葉シーズンを迎える京都。 その前に、有名な観光地を回ってみたいと思います。第一弾は、清水寺です。 清水寺は朝6時から開いており、早朝の参拝は、朝の清々しい空気を味わえるだけでな ...

続きを見る

立地とアクセス

ホテルセンレン京都は、鴨川のすぐそばにあり、鞘 (さや) 町通の隣にあります。

鞘町とは、かつて刀剣の鞘師や柄巻などの職人が多く暮らしていたことに由来し、今も当時を思わせる町家が数多く見られます。

東に清水寺があるこの辺りは、多くの神社仏閣があり、清水焼発祥の陶器の地でもあるため、歴史を感じられる街並みが広がっています。

街並み散策にはいいのですが、有名な観光地へ行くには少し不便です(ただ、その分静かで良かったですが)。

アクセス

ホテルのすぐそば(徒歩30秒)にはバス停「五条京阪」があり、JR京都駅にも簡単に行くことができます。

ただ、近くのバス停から乗れるのは「京阪バス」なので、バス一日券が使えないのが難点です(ただし、バス+地下鉄一日券は使えます)。

フリーパスについては、こちらをどうぞ。

おトク!
京都観光におすすめ!「バス一日券」と「バス+地下鉄一日券」の使い方 ~清水寺・嵐山・嵯峨野、そして大原散策~

京都市内観光におすすめの「バス一日券」と「バス+地下鉄一日券」の使い方と、バスの乗り方、そしてフリーパスを使って回った観光地をご紹介しています。

続きを見る

ホテルから鴨川を渡って5分ほどあるくと、バス1日券が使える市営バスのバス停が見つかります。

ちなみに、京阪電鉄「清水五条駅」までは、徒歩1分ほど。JR京都駅までは、タクシーで約5分です。

なお、「清水五条駅」からは、下賀茂神社方面へ簡単にアクセスできます。

さいごに

「ホテルセンレン京都東山清水」 は、落ち着いた環境に位置している新しいホテルでした。

木をふんだんに使った部屋の空気が清々しく、デザインもシンプルかつ機能的で、住みたい!と思ったほど快適に過ごすことができました。

(今まで泊まったどのホテルもスタッフの方が親切だったのですが) 「ホテルセンレン京都東山清水」は、さらにスタッフの方が積極的に対応しようとする姿勢が感じられました。なので、余計に印象深い滞在となったのかもしれません。

京都のホテルは、リーズナブルな価格でもサービスのレベルが高いので、選ぶのに迷いますね。

これまで泊まった京都のホテルです。こちらも合わせてどうぞ。

始まりはこちら。食事も美味しく、贅沢な気分になれるホテルです。

京都悠洛ホテル Mギャラリー ~京都の香りに包まれる至極の滞在~

20年以上ぶりの京都滞在に選んだホテルは、京都・三条大橋のそばにある「京都悠洛ホテル Mギャラリー」。 いつも、趣のある素敵な大人旅を紹介されている「週末ごとの旅行者」さんが宿泊記をアップされていて、 ...

続きを見る

初めての三井ガーデンホテルは、隠れ家的なホテルでした。

三井ガーデンホテル京都新町 別邸 ~エクスペディアで予約しました~

京都には、一人旅にも嬉しいリーズナブルな価格帯のホテルがたくさんあります。 新しくて趣のあるホテルが多いので、選ぶのに迷うくらいです。 なので、1泊ずつ移動して泊まってみることにしました。 京都には何 ...

続きを見る

大浴場があるコンフォート。炊き立てご飯が一番美味しかったホテルです。

大浴場あり!コンフォートイン京都四条烏丸・宿泊記

「コンフォートイン京都烏丸」宿泊記です。立地が良く、朝食メニューも豊富で、他のコンフォートホテルない温泉がある、おすすめのホテルです。

続きを見る

よりカジュアルな三井ガーデンホテル。新しくてきれいです。

三井ガーデンホテル京都四条・宿泊記 ~ おすすめ は出来立てだし巻き卵の朝食!!~

京都のホテルシリーズの第4弾は、「三井ガーデンホテル京都四条」の宿泊記です。 前回泊まった「三井ガーデンホテル京都新町別邸」がとても快適な滞在だったので、他の三井ガーデンホテルにも泊まってみたくなりま ...

続きを見る

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-aroma, hotel, Kyoto
-, ,