Tokyo-disney

【2024年1月】ミッキーたちとハグ!大きく変わった東京ディズニーシーを満喫!!

2023-05-20

※当サイトはアフィリエイト広告やPRを利用しています。

「旅とアロマ」にお越しくださり、ありがとうございます。

久ぶりの東京ディズニーシー。緩和も進み、どんどんコロナ禍以前に戻ってきています。2023年5月には、ミッキーたちキャラクターとのハグ解禁!ショーの自由席が増えた!など、また大きな変化がありました。

今回は、2024年1月の情報も追記して、5月8日から大きく変わった東京ディズニーのまわり方(一例)をご紹介いたします。なお、一部休止中の施設もありますので、あくまでも一例としてご覧いただけますと幸いです。

スポンサーリンク


本日のスケジュール

コロナ禍に始まった「スタンバイパス」や「エントリー受付(抽選)」は、少しずつ対象施設が減ってきて、ショーの自由席ができたり、並べばアトラクションに乗車できたりと、いろいろ変わってきました。

2023年5月8日からは、緩和も進みハグ解禁!キャラクターとの距離も縮まりました。

なので、今回は、①ミッキーかミニーちゃんとハグする、②ショーを見る、③40周年のスペシャルメニューを食べる、を目的にスケジュールを組んでみました。

プライオリティシーティング

ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

東京ディズニーシーのいくつかのレストランは、プライオリティシーティング(予約・優先案内)というシステムがあります。このプライオリティシーティング、前日まで満席でも、当日の9時には当日枠が開放されます。

この日は操作する時間が少し遅くなってしまいましたが、無事、当日枠で希望の時間が予約できました。

プラン

ショーなど時間が決まっているものを中心に、ゆっくり回るスケジュールを組みました。

アトラクションは、当日の待ち時間を見てから決めるのが最近の流れとなってきました。大まかにスケジュールを決めておくことで、もし何かあったときでも「次行ってみよー!」と頭を切り替えることができるような気がします。


  • 09:00~

    ディズニーシー・プラザ(キャラクターグリーティング)


  • 12:00~

    レッツ・セレブレイト・ウィズ・カラー


  • 14:20~14:45

    ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~

  • 15:00

    レストラン櫻

  • 19:20

    ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~

それでは、当日のようすです。

ディズニーシー・プラザ(キャラクターグリーティング)

ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

こちらは、キャラクターとのグリーティングが楽しめるプログラムです。

どこで実施されるかは、当日、公式アプリで確認することができます。

今回は、入園してすぐのところにある、「ディズニーシー・プラザ(キャラクターグリーティング)」に並ぶことにしました。

しかし、パークに入ってすぐの所にある案内板には、時間がかかれていませんし、誰もいません。

キャストの方に伺うと、列の場所を調べて教えてくれました。

2023年5月

暑い日などは、日陰となるヴァレンティ―ナズ・スウィ―ト(お菓子のお店)の脇で行うようです。

公式アプリには待ち時間が65分と書かれていましたが、50分ほどで、ミッキーに会えました。こちらでは、ミッキーとミニーちゃんが交代でやってくるようです。待ち時間はミニーちゃんでしたが、ハグできたのは、ミッキーでした。ミッキー&ミニーを見ることができたので、大満足です。

2024年1月

1月に行ったときは、パークに入ってすぐの所にある案内板付近に列ができていました。

キャラクターグリーティングの場所はオープンエアなので、時間がないときは、列と反対側(黄色い線あり)から見たり写真を撮ったりすることができます。

なお、広場には常に誰かがいる状態だったので、あちこちでキャラクターたちに会えるパークが戻ってきたようです。

ドリームガーランドカード

この40周年記念に始まったこのドリームガーランドカードは、キャストや大切な知人などに渡すことで、コミュニケーションのきっかけにできるというものです。キャストに声がけするともらえ、切り取って使います。

今回初めて、ミッキーとの写真を撮ってくれたキャストの方に『たくさん写真を撮ってくれて "ありがとう! 』と声がけして "ありがとう! " のカードを切り取って渡しました。とても喜んでくれ、渡した方も嬉しくなりました。お互いが笑顔になれる、とてもいいツールですね。

トイストーリー・マニア

休止情報: 2024/1/10 - 2024/4/12

10時にパークへ入って、ミッキーとハグ。そして、お買い物をして、「トイストーリー・マニア」へ進みます。待ち時間は55分でした。

次の予定まで、ちょうど1時間あったので、ちょうどよかったです。ゲームを楽しんで出てくるまでが、ちょうど55分でした。

特に大きなイベント(新商品の販売など)がない平日だったので、ソアリンは最長100分、トイストーリー・マニアは、最長65分という待ち時間でした。5月に行ったときは、アトラクションに関するスタンバイパス(時間指定)がなくなったので、並べば、乗車できました。

なお、繁忙期や土日祝日には、時短ができるディズニー・プレミアアクセス(DPA)が活躍しそうです。

<PR>

DPA
【体験談】”ディズニー・プレミアアクセス”を使ってみました ~買い方と待ち時間~

続きを見る

レッツ・セレブレイト・ウィズ・カラー

さて、お天気の日を選んでやって来たのは、東京ディズニーリゾート40周年をお祝いする期間限定のハーバーショー ”レッツ・セレブレイト・ウィズ・カラー” を青空の下で楽しむためです。

詳細

・期間:2023年4月15日(土)~2024年3月31日(日)

・場所:ディズニーシーのメディテレーニアンハーバー

・時間:約10分

・回数:1日1回〜2回/日中

ショーの内容

色とりどりの衣装のキャラクターたちが登場。

ミッキーが、仲間たちに『どんな色の未来がいいかな?』と尋ねると、仲間たちはは、それぞれの色の旗を取り出して、未来の色を示します。ちなみに、ミッキーは虹色(みんなの夢の色)です。

前半と後半では、船のデコレーションが変わるので、そのシーンも見どころです。

見やすい場所

ハーバーショーが見やすい場所は、ミッキー広場やリドアイル(広場から左方向)、そして「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」の乗り場近くなどがあります。

もちろん、船が止まる上記の場所が一番見やすいのですが、人気の場所は早くうまってしまうものです。

今回は、1回目と2回目、場所を変えて観てみました。

1日め(12時から)は、ミッキー広場とリアドルの間の最前列に空きがあったので、こちらで待ってみました。

平日だったので、開始30分前でも、最前列がとれました。

船は目の前で止まりませんが、ミッキーたちとは、しっかり(手を振って)コミュニケーションが取れます。

あらっ!こんなことも見えちゃいました(^^)

2回目(16時~)は、「ディズニーシー・トランジットスチーマーライン」の乗り場近く、バケーションパッケージの座席の近くで観ることにしました。こちらも、30分前でも最前方がとれました。

ミッキーとミニーちゃんのラブラブ度は、こちらからでも確認できました。

今回のショーは、けっこう長い間ハーバーの中央で止まって船がクルクル、その状態でキャラクターたちが手を振ってくれるので、どの場所でも(それなりに)楽しめると思います。

なお、ミッキーとミニーちゃんのハグが戻ってきたのも、見どころのひとつです。

スポンサーリンク


ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~

休止情報: 2024/4/16 - 2024/4/19

1回目の ”レッツ・セレブレイト・ウィズ・カラー” の後は、「ブロードウェイミュージカルシアター」へ。

ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

今回はエントリー受付に外れてしまいましたが、ふと見ると、最初だけでなく各回に「自由席」の文字がありました。

これで、抽選に外れても観られる!?

コロナ禍以前は、2階席が自由席として開放されていたようですが、その運用に戻ったみたいです。

初回は全席自由席、2回目以降は2階席が自由席。これで、”ビッグバンドビート ~ア・スペシャルトリート~” を見逃すことはなくなりました。

なお、自由席の案内は、白い紐で区切られたところで行われています。

キャストの方に伺うと、2階席には300人ほど入れるとのことでした。しかし、いい場所を確保するには、やはり早めに並んだ方がいいようです。真ん中の最前方などこだわりがなければ、ラインカットになる前に列の長さを見ながら並んでもいいと思います。

”ビッグバンドビート ~ア・スペシャルトリート~” の詳細については、こちらをどうぞ。

<PR>

東京ディズニーシー "ビッグバンドビート" 自由席の運用も始まりました!!

続きを見る

40周年記念プライオリティパス

ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

ところで、2024年1月現在、40周年記念プライオリティパス(無料)があります。

インディ・ジョーンズ・アドベンチャーなど、早くに発行終了してしまうパスもありますので、入園したら(他の施設とのバランスもとりながら)早めに取得しておくといいかもしませんね。

条件はありますが、可能なら1日に何回でも取得できます。

レストラン櫻

”ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~が終わった後は、すぐそばにある「レストラン櫻」へ。少し早めに行って、レストラン内で待ちます。当日枠で取った、プライオリティーシーティングのおかげで、ほぼ予定どおりの時間に食べ始めることができました。

ファンアフタヌーンセット

2023年5月

レストラン櫻では、東京ディズニーリゾート40周年”ドリームゴーラウンド”スペシャルメニューもあるのですが、今回は、平日14時~17時限定のファンアフタヌーンセットをいただきました。可愛いメニューをいただけるので、お料理を確認しながら食べることができます(現在はメニューが変わっています)。

味だけでなく、デコレーションもとても可愛い!

上の写真の右は、フルーツポンチです。よく見たら、金魚鉢を表していて、小さな金魚が2匹いました。手前の黒いものは、黒豆です。金魚鉢の水の部分は、ソーダ水でした。小さな器に、工夫がたくさん隠されています。

本日2枚目のドリームガーランドカードは、オーダーを取ってくれたキャストの方へ。

パーク内のレストランのメニューはQRコードから見て注文するのですが、セットの飲み物まで確認していませんでした。もう一度QRコードを読み込もうとすると、キャストの方が飲み物の種類を読み上げてくれました。お手数をおかけしましたが、こんな親切な対応は初めてです。

ちょうど、会計の紙を持ってきてくれたのが彼女だったので、 "すごい!”を渡して、感謝の気持ちを伝えました。

スペシャル膳

2024年1月

2024年1月に行ったときは、スペシャル膳にしてみました。今までの中で一番好きなセット、とても美味しかったです。

スープセット

レストラン櫻で、最近販売され始めたスープセットを買ってみました。パークの人気レストランのメニューをお家で手軽に食べられるようにしたスープセット。持ち時間2時間など条件がありますが、買ってよかったです。

こちらも合わせてどうぞ。

東京ディズニーシーとランドの人気レストランの味をお家で!スープセット "Park Food To-Go"を食べてみた!

続きを見る

ジャンボリミッキー! レッツ・ダンス!

2023年6月16日(金)より当面の間、エントリー受付(抽選)のみとなりましたが、状況により自由席を設ける場合があります。

初めての "ジャンボリミッキー!レッツ・ダンス!"。こちらは、エントリー受付に当たりました。

軽快な音楽に合わせて、ミッキーマウスやディズニーの仲間たちと一緒にダンスを楽しむことのできるキッズ向けのエンターテイメントプログラムですが、大人でも十分に楽しめます。

なお、オープンエアのプログラムなので雨天には中止となってしまいますが、エントリー受付に当たらなくても、周囲から見ることができます。

スポンサーリンク


ディズニーシートランジットスチーマーライン

夜のイベントまで少し時間があったので、ディズニーシー・トランジットスチーマーライン(船)に乗りました。

夏だと汗ばむ日でも、船の上なら東京湾の涼しい風を感じることができます。しかし、冬だとかなり寒いので、しっかり防寒しましょう。

アメリカから中東を巡り、イタリア、そしてアメリカに帰って来る1周の船旅。広いパーク内でも、船に乗れば簡単に回ることができるので、疲れたときなどにおすすめです。

ディズニーシー・トランジットスチーマーラインの乗り場で船を待っていると、キャストの方が話しかけてくれ楽しいひと時を過ごすことができました。しかも、ドリームガーランドのシールにメッセージを書いてくれて渡してくれたのです!

ちょうど、私もドリームガーランドのメッセージを切り取っていたので、交換になってしまいましたが。本当に、いいツールですね(^^)

デランシー・ケータリング

休止情報: 2024/1/4 - 2024/3/31

「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」のアメリカンウォーターフロント・ステーション前に黄色い車が停まっています。こちらは、デラシー・ケータリングという、ホットドッグを買えるワゴンです。

夜の水上ショーの前に、夕食代わりに買っておくことにしました。

大まかにスケジュールを組んで、To Do LIST を作っておくと、効率よく回れます。時にはうまくいかない事があるかもしれませんが、それもいい思い出。何をやっても楽しい場所です。

ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~

休演:2024年1月9日(火)~2月5日(月)

"ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~” は、自由に鑑賞できる場所に加えて、ディズニー・プレミアアクセス、東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ対象の鑑賞エリアを設けています。

原則、以下のようになっています(変更あり)。

・水色:ディズニー・プレミアアクセス対象(DPA)

   鑑賞エリア内での鑑賞位置の指定はありません。順番に入場します。

ピンク:東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ対象

前回は、DPAを買って、寒空の下何時間も待ちました。しかし、今回、DPAの鑑賞エリア②へ続く道にも、1時間前でも列はできてきませんでした。

自由鑑賞エリア

ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

今回、ショーの開始1時間ほど前に見つけたのは、上の写真の赤い星印の場所です。

足元に番号がありました。本来ならバケーションパッケージやDPAの場所かもしれませんが、自由鑑賞エリアに開放されることもあるようです。

利用できるかどうかは、周囲にいるキャストの方に聞くと教えてもらえます。

ここでホットドッグを食べながら待つこと10分、だんだん暮れてきました。

少しずつ明かりが灯り始める、この時間帯のパークが大好きです。最前方から10列目くらいだったので、ショーは十分に楽しめそうです。視界の右のほうに、大好きな映画『リメンバーミー』のミゲルが出てきます。

開始30分ほど前になると、かなり人が増えてきました。

ゲストが一定数になると、私たちが座っていたエリアは紐で囲いが作られ、これ以上人が入らないようになっていました。

その紐の外側は、立ち見の自由鑑賞エリアです。

途中、通路のために間が取られ、その後ろに、さらに座って見る自由鑑賞エリアがありました。

多分、この後ろの方が、本当の自由鑑賞エリアなのでしょうね。入場者数が少ない(といっても人は多いですが)時は臨機応変に運用できるのが、東京ディズニーシー/ランドのすごいところだと思います。

準備万端!

いよいよ始まります。大雨だけでなく、強風でも中止になってしまう屋外ショーなので見られないこともあるのですが、この日は特に問題もなくスタートしました(ただし、上空は風が強く花火は中止となってしまいました)。

周囲のライトが消え、プロジェクションマッピングが始まり、物語がスタートします。

前に人がたくさんいても、視線は上なので、しっかり見られます。

スマートフォンで撮った写真なので、画像が悪いのはお許しください。

一番楽しみにしていた、リメンバーミーのミゲルの歌声。

今回、初めてミゲルを正面から見ることができました。肉眼で顔が見られるほどの大きさでしたが、双眼鏡なら、バッチリ表情が分かります。無料の鑑賞エリアなのに、今まで一番満足度が高かった気がします。

プリンセス&プリンスのフロート。

こちらは、双眼鏡必須です。何回みても感動します!

こちらも合わせて、どうぞ。

<PR>

【東京ディズニーシー】待ち時間なしで乗車できるシングルライダーとビリーヴ!鑑賞エリア②からの景色

続きを見る

<PR>

ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス~を観たい! 極寒の【東京ディズニーシー】の待ち時間と持って行ってよかったもの!!

続きを見る

夜の東京ディズニーシー

夜のショーがない間でも、パークの雰囲気を味わいながら楽しく散策できます。美しいイルミネーションも見て歩くのもいいですね。

この日は、満月に近い日だったので、とてもきれいな月を見ることができました。

その時その時で何を楽しめるかは違うと思いますが、いろんな楽しみ方ができるのもここならでは!

買い物

この日は、いくつかのお店の入店にスタンバイパスが必要だったので、入ることができませんでした。

スタンバイパスが必要かどうかは、東京ディズニーリゾートの公式サイトでも確認できますが、当日、公式アプリでも確認(スタンバイパス→ショップ)できます。

パスが取れなくても大丈夫!

2024年1月

東京ディズニーシーに入っていれば、入園者限定の特典が利用しましょう。東京ディズニーリゾートのオンラインショッピング(10,000円以上購入で送料無料)を利用すれば、スタンバイパスが取れなくても、新商品を購入できます。新商品はショーウインドーに飾られているので、実際に見て、オンラインショッピングすることも可能です。

ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

グッズだけでなくショッピングバッグも買えますので、ぜひ利用したいですね。

【TDR】パークへ行ったら入園者限定グッズを買ってみよう! 公式アプリのショッピングが便利!!

続きを見る

持って行ってよかったもの

今回持って行ってよかったのは、以下です。

冬バージョン

・防寒グッズ・帽子・耳当て・手袋・カイロは必須です。

・クッション+折りたたみ椅子
 冬は地面から離れた場所に座って待ちたいですね。

・双眼鏡:遠くからでもキャラクターの表情が見えます(通年)。

最強寒波が来ている日に行きました。靴下に貼るカイロは大正解でした。しかし、体はカイロやヒートテックで防御できたのですが、見落としていたのは「顔」です。頬が冷たく、かじかんでしまいました。なので、頬を隠せるようなものがあるとなおいいかもしれません。

また、雨の日なら少し準備を変えて、雨の日でも気分があがるグッズがあるといいですね。

雨の日のシーのようすも合わせてどうぞ。

雨の日でも楽しめる!東京ディズニーシー!! ~持って行ってよかったもの~

続きを見る

少しの準備で、パークでの滞在がより楽しくなるかもしれませんねん。

スポンサーリンク


さいごに

東京ディズニーシーやランドでは、試行錯誤が続き元の姿にもどりつつあります。

せっかく行っても乗れない見られないといった状況も少なくなり、(今のところ)並べば楽しめるようになりました。ただし、1年で一番空いていると言われる1月は、休止の施設が多かったです。なので、人気施設に人が集まり、結局は長い待ち時間が発生していました。そんなときは、40周年のプライオリティパスを活用!時短できるときは時短して楽しみたいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-Tokyo-disney
-, , ,