Tokyo-disney

東京ディズニーシーのクリスマス🎄を楽しもう!【ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜】 は何時から待つ?

2022-11-19

ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 が始まった11月の東京ディズニーシー。

クリスマスムード満点のパーク内は、ショーのエントリー受付(抽選)に当たる気がしないくらいに混んできました。

以前に比べて、入園までに時間がかかるようになり、平日でもアトラクションやショー等の待ち時間もかなり発生しています。

ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 は何時から待てばいいのでしょうか?

今回は、混んできた東京ディズニーシーでの過ごし方と、抽選に外れてしまっても楽しめた「ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 」の場所探しからショーのようす(一部)をご紹介いたします。

※後半は、「ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 」のネタバレがあります。

イベントワクワク割対象1デーパスポート

<出所>ディズニー公式アプリを加工 /
©Disney. All rights reserved.

私が行ったのは、午前中は雨が降っていた平日。

最近は再販も増え、対象者なら、【イベントワクワク割対象】1デーパスポートの購入が当日でも可能な日でした。

チケットは当日でも購入・変更できますので、入園までの待ち時間(パスポートをパスリーダーに通す前)までに変更も可能です。

必要なモノ

入園当日、新型コロナウイルス感染症に関する証明書、もしくは証明書に類するもの(接種証明書アプリなど)をお持ちください。

※証明書はコピーまたは写真・スマートフォン画面でも問題ありません。

※詳細はこちら >>> 【公式】イベントワクワク割対象パスポート」の販売について

私は証明書などを確認されませんでしたが、知り合いは3回行って3回ともきちんと確認されたそうです。なので、忘れずに証明書などを持って行きましょう。

入園開始

ハッピーエントリーが再開され、対象者の入園開始が8時となる日が続いています。一般ゲストは、8時15分の入園となります。

※今後変更の可能性もあります。

ハッピーエントリー

対象ホテルの宿泊客は、一般ゲストの15分前より、パークの専用エントランスから入園できます。

※ 詳細はこちら >>> 【公式】ディズニーホテル宿泊者特典「ハッピーエントリー」

7時50分に到着しましたが、キャストの方の指示に従って、この辺りで待機。ハッピーエントリーの方々の入園が始まった8時ごろ、保安検査の列に移動できるようになりました。

しかし、並んでから入園までほぼ1時間待ち!

以前は雨の日は入園者数が減ったこともあったのですが、最近はあまり関係ないような気がします。この日は、風はないものの、足元には水たまりが広がりかなり寒い朝だったのですが、まるでコロナ禍以前に戻ったかのような混み具合でした。

ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜

さて、この日の楽しみのひとつは、2022年11月11日から始まった水上ショーの「ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 」。

夜空を彩るレーザーやパイロ(パイロテクニクス、工術の意味)、メディテレーニアンハーバーを包み込むように映し出される映像など、広い空間を最大限に使った演出が見どころの水上ショーです。

詳細

・公演場所 メディテレーニアンハーバー
・公演時間 約30分(1日1回)

鑑賞エリアは、ハーバーを囲むように、以下の4つ(無料と有料)に分かれています。

  • 自由鑑賞エリア(無料)
  • エントリー受付当選者エリア(無料)
  • プレミアアクセス購入者エリア(2,500円/1人)
  • バケーションパッケージ・エリア(有料)
<出所>ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

入園開始後すぐに売り切れになる「プレミアアクセス」、当然、売り切れていました。その後に挑戦したエントリー受付にも外れてしまいました。

そんな場合、残された選択肢、自由鑑賞エリアで「ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 」を観ることになります(詳細は後ほど)。

この日のスケジュール

ところで、この日は、他のショーのエントリー受付にも外れてしまいました( ノД`)

救済措置として、「ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~」というショーの初回は、並べば観られる場合があります。なので、朝は、そちらに並ぶことにしました。

何時ごろに並ぶかは、日によって少し異なると思います。この日、9時ごろ、ショーが開催される「ブロードウェイ・ミュージックシアター」の前にはまだ誰も並んでいなかったので、先に(すぐそばにある)「トイ・ストーリーマニア」の列に並ぶことにしました。

この日のスケジュールは、以下です。


  • 07:50

    TDSに到着、列に並ぶ


  • 08:50

    プレミアアクセス(終了)・エントリー受付(落選)


  • 09:00

    トイ・ストーリーマニア
    公式アプリでは80分待ち、しかし実際は乗車まで45分。

  • 09:55

    ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~(自由席)に並ぶ

  • 11:55

    ディズニー・クリスマス・グリーティング観覧(12時~)

  • 12:15

    お買い物/休憩

  • 13:50

    オチェアーノ(昼食)

  • 15:00

    テラスから「ディズニー・クリスマス・グリーティング」観覧

  • 16:10

    ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 観覧待ち(開始19時40分)

  • 20:40

    スターブライト・クリスマス(花火)


なんか忙しそうなのですが、待ち時間がたくさんある1日になりました。

ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~

トイ・ストーリーマニアを楽しんで出てきたら(開園1時間半前頃)、「ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~」の自由席(第1回公演)の列は、すでに2列目を折り返したところでした。

なので、すぐに並びました。

この後、どんどん人が増えたので、「ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~」をご覧になりたい方は、早めに並ぶといいかもしれません。

人気なのは、真ん中前方の座席です。

私の基準は、舞台がきちんと見えること。前の方の席でも、前方に大きな方が来てしまうと、視界が遮られてしまいます。また、あまり前過ぎると、全体が見られず、かえって見にくかった記憶があります(あくまでも、個人の好みですが)。

その点、2ブロック目は階段があり少し高めになっていますので、舞台が遠く見えますが、舞台全体を見渡すことができます。個人的には、2ブロック目の1列目か2列目が好きです。今回は、全く視界が遮られない端の席(2列目)が空いていたので、そちらにしました。

自由席のいいところは、周囲(特に前)にどういう方が来られるか分かっている点です。前方が見やすい席が選べます。

ディズニー・クリスマス・グリーティング

ディズニー・クリスマス・グリーティングは、メディテレーニアンハーバーで1日2回行われます。

「ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~」が終わってすぐに駆け付けると、ちょうどグリーティングが始まるところでした。

しかし、この日の1回目は(雨は上がっていたのですが)、ミッキー達がぐるっと1周して挨拶する、雨バージョンになっていました。

サンタさんも乗っていましたが、皆さんしっかりレインコートを着ていました。グリーティングが短くなるのは残念ですが、レアなバージョンが見られるのもいいかも。

ちょうど目の前にミニーちゃんが来て、ハートマークを作ってくれました♡

プレミアアクセスも売り切れ、エントリーも全滅でちょっとへこんでいたのですが、ミニーちゃんのハートマークで気分が盛り上がりました。

ショッピング

夜は混雑すると思ったので、お土産を探しに行ってみました。しかし、どこも昼過ぎからかなり混んでいて、結局、パークでの買い物を諦めました。

そんなときに役立つのがオンラインショッピングです。

オンラインで売り切れ、パークのみの商品もありますが、欲しいものがオンラインでも購入可能な場合は、おすすめの方法です。

少し早くにランチをいただくホテルに行って、ロビーでオンラインショッピングをすることにしました。

お買い物の方法は、こちらの記事にも記載しています。

購入成功!20%オフの ”イベントワクワク割対象パス” !! ~ 入場者限定グッズを買ってみよう~

続きを見る

なお、オンラインで売り切れておりパークで探す場合、入店するためにスタンバイパスが必要な日(ショップ)もありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

オチェアーノ

ランチは、事前に、奇跡的に取れていた(多分キャンセル拾い)、オチェアーノのクリスマス・ブッフェをいただきました。こちらをおすすめする理由は、食事だけでない楽しみがあることです。

こちらのようすについては、次回、記事にしたいと思います(^^)

スポンサーリンク


ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~

さて、食後は、この日一番楽しみにしていた「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」。2022年11月11日(金)から、東京ディズニーシーに登場した、総投資額約95億円の夜のエンターテインメントです。

水上で繰り広げられる大きな船のダイナミックな動きに加え、レーザーやサーチライトが夜空を照らすだけでなく、初めて東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの壁面に映像が映し出され、広大な空間を最大限に活用したこれまでにない演出が展開されます。

この大空間のステージを舞台に、キャラクターやダンサーのパフォーマンスが繰り広げられることで、まるでディズニーの仲間たちの物語に入り込んだようなひとときが楽しめます。

鑑賞エリア

有料、もしくは当選した場合の鑑賞エリアは、ハーバー全体が見渡せる場所です。毎月25日頃に、翌月分のカレンダーが更新されます。

AとB の場所は、以下です。

※大きな地図は 【公式】ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~ でご覧ください。

「エントリー受付」のエリア

「ディズニー・プレミアアクセス」のエリア

「東京ディズニーリゾート・バケーション パッケージ」のエリア

「車イスご利用ゲスト」のエリア

AとB の違いですが、Aの方が、若干「エントリー受付対象」の場所が広いようです。

ビューポイント

以下、有料、もしくはエントリー受付に当選した方が行くことができるエリア(抜粋)です。

ミッキー広場

ミラコスタ側にある(メディテレーニアンハーバーのエリアに入ってすぐの)一番大きな広場「ミッキー広場」からは、プロメテウス火山を正面に臨みながらショーを鑑賞できます。

船に乗ったディズニーの仲間たちやダンサーのパフォーマンス等、水上で繰り広げられる迫力のショーを存分に楽しめます。

リドアイル付近と反対側

リドアイルやリドアイルまでのエリアは、メディテレーニアンハーバーにある人工の離れ出島(半月状の形をしたショーステージ)。

水上で繰り広げられるショーやミラコスタなどの壁面に映し出されるプロジェクションマッピングを楽しめます。

また、船に乗って登場するディズニーの仲間たちも鑑賞できます。

なお、リドアイルと反対側も同様です。

「ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜」は、場所によって、さまざまな楽しみ方ができるショーです。

自由観覧

上記でご紹介した場所以外では、自由にショーを鑑賞できます。

この自由鑑賞エリアの中で、少しでもショーが見られる場所を探そうと思います。

今回はソアリン側には行けなかったので、ミラコスタ側と、 ポンテ・ヴェッキオ(橋)の上、そして火山側で見ていきます。

ミラコスタ側

「ミッキー広場」の後ろにあるショップの前(ロープが張られたエリア)でも見ることができます。ただし、前方には立ち見のゲストが大勢いるので、遠くから雰囲気を味わうといった感じになるのでしょうか・・・

ポンテ・ヴェッキオ

<出所>ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

リドアイルの近く、 ポンテ・ヴェッキオの上(地図上の "人気!” )は、自由鑑賞エリアになっています。こちらは、場所によっては開放感があり、早く行けばショー全体を楽しめます。なお、”早く” 行くということは、何時間も待つということになります。

さらに、かなりの競争率です。

16時ごろ(開始3時間40分前)に行ったとき、最前列に空きはありませんでした。

橋の中央に進んだ、窓枠のある場所も視界が広く、こちらでもショーを十分に楽しめるでしょう。しかし、こちらもすでに遅し・・・

なので、 ポンテ・ヴェッキオ(橋)は諦め、どんどん奥へ進みます。上の地図上の「紫(白抜き)の星印」の場所でも観られる場所があります。停泊しているガリオン船の北側で、お子さん向けの施設「カーゴプレイグラウンド」の付近です。しかし、そちらも最前列は空いていませんでした。

ガリオン船のそば

16時15分頃、最後に、私が行った場所は「赤い星印」のエリアです。この階段でも(立って)自由観覧することができます。私が待つことにしたのは、この階段の下の少し広くなっている場所です。この辺りは、まだ最前列に空きがあったので、確保できました。

ちなみに、同じような場所でも、より ポンテ・ヴェッキオ(橋)の近くの広場だとかなり開放感があります。しかし、こちらには、すでに多くのゲストが待っていました。

かろうじて最前列が空いていた場所ですが、目の前には大きなガリオン船があります。視界は遮られてしまいますが、雰囲気は十分に味わえそうです。また、縁石もあったので、そちらで座って待つこともできました。

なお、階段を上がったところにはお手洗いもあり、ミラコスタに写るプロジェクションマッピングだけでなく、振り返れば、火山に写るプロジェクションマッピングも見ることができます。

16時50分過ぎ、少しずつ人が増えてきましたが、まだまだ2列目以降は空きがありました。この辺りは、通路となる部分を除いて立ち見できます。

開始1時間半前にはロープが引かれ、満席になってしまいました。なお、一部通路として開けなければならないスペースがあるのですが、そちらは、そばにいるキャストの方が教えてくれます。

開始1時間ほど前、ハーバーに大きな液晶の壁(船)がやって来ました。この壁があるため、3分ほど、ショーの冒頭のシーンが見えなくなります。他のショーの場合、エントリー受付はタイミングを見計らって挑戦できるのですが、「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」の場合、早めに結果を出して、抽選に外れた場合は早めに場所を確保するという方法もアリかと思いました。

こちらで約3時間半待ちました。

グループで行っているなら交代で待つことができますが、1人だとそうはいきません。荷物を置いて離れられるのはお手洗いに行けるときだけなので、我慢の3時間でした。

この日は夜には天候が回復し、珍しく無風の日だったので、凍えることなく待てました。それでも、防寒対策だけは必要ですね。

持って行ってよかったもの

・クッション
・レジャーシート
・耳当て
・手袋
・使い捨てカイロ
・水
・双眼鏡
・モバイルバッテリー

小さな椅子があれば、階段や縁石がない場所での待ち時間が少しは楽になるでしょうね。

防寒対策はもちろんですが、モバイルバッテリーやショーを観るための双眼鏡も役立ちました。

東京ディズニーシーのそばには東京湾があり、お天気が良い日でもかなり風が強くなる場合があります。特に冬は寒いです。なので、これからの時期(脱ぎ着できるよう)しっかり防寒対策していきましょう。

実際の観覧のようす

さて、待ちに待った「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」が始まりました。誰かが心から願いごとをすると現れる「願い星」、その星が生まれる場所「シー・オブ・ドリームス」に、ゴールデンシップに乗ったピーターパンとウェンディが訪れ、物語が始まります。

ショーの冒頭部分は大きなボートに遮られているので、中央の巨大バージ(上に伸びている部分)でのショーを見ることはできませんでした。でも、壁となっていた巨大な液晶が移動した後は、視界が開けました。また、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの壁面まではかなり距離がありますが、ほぼ正面に位置していたので、プロジェクションマッピングは、とてもよく見えました。

アラジンがランプを擦ると、パイロが上がってジーニーが現れました。まさに映画のワンシーンのような演出ですね。

アラジンとジャスミンやラプンツェル(?)はやって来るのですが、肉眼では全く見えません。スマホのこの写真が、普通に見える限界です。それぞれのロマンティックな世界観が融合し、ハーバー全体が幻想的な雰囲気に包まれます☆

しかし、ある道具を使うと、魔法の絨毯に乗って『ホール・ニュー・ワールド』を歌い踊るアラジンとジャスミンを見ることができました。

その「ある道具」とは、双眼鏡です!

写真に納めることはできませんでしたが、アラジンとジャスミンが乗っている三日月と雲がデザインされたモニュメントも幻想的でした。

東京ディズニーリゾートでは初登場となるディズニー&ピクサー映画『リメンバーミー』。メキシコの愉快なお盆・死者の日( Día de Muertos)での出来事を通して、家族の絆を描いた映画です。

『リメンバー・ミー』の主人公・ミゲルが自分の夢を歌い上げる シーンでは、 ホテルミラコスタの壁面にカラフルなプロジェクションマッピングが施され、まるで映画の「死者の国」でのお祭りを実際に体験しているような気分になりました。

映画のワンシーンと同じく、生者の国と死者の国の間にあるマリーゴールドの花びらの橋がハーバーに現れ、『音楽がぼくの家族』に合わせて主役の少年・ミゲルが登場するようです(火山側からは見られません・泣)。

ミゲルを見るのなら、ミッキー広場やソアリン側のエリアですね。

体験した分かったのですが、場所によって、見られるキャラクターと見られないキャラクターがあるようです。

今後、どんどん「ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 」に関する情報が発信され、いろいろ攻略法も出そうですね。しかし、希望の場所から観るためにはかなり運と努力(待ち時間)、そしてお金(バケーションパッケージなど)も必要なようです。

肉眼では、最前列でも(火山側からは)キャラクターの姿を確認することができませんが、コロナ禍にディズニーデビューした私にとって、今まで見た中で一番華やかなショーでした。

ショーに登場する主なキャラクターは以下です。

・ピーターパン、ウェンディ(ピーター・パン)
・ラプンツェル、フリン・ライダー(塔の上のラプンツェル)
・アラジン、ジャスミン、ジーニー(アラジン)
ミゲル(リメンバー・ミー)
・アリエル、エリック(リトル・マーメイド)
・モアナ(モアナと伝説の海)
エルサ(アナと雪の女王)
・ミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルート

※ 双眼鏡で見られたキャラクターを太字にしています。

フィナーレは、ラプンツェルの『輝く未来』と、アラジンの『ホールニューワールド』、アリエルの『パート・オブ・ユア・ワールド』のメロディが重なり合います。双眼鏡を持っていたおかげで、曲に合わせて踊るキャラクターの細かな表情までしっかり見ることができました。

最後は、MISIAの『君の願いが世界を輝かす』に合わせて、キャラクターたちが手を振って挨拶してくれます。ミッキー&ミニーたちもやって来ました!その華やかさにちょっとウルウル、双眼鏡は必須アイテムだと実感したショーでした。

この場所の感想

「ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 」の公演初日にあったような10時間以上並んだり、朝から待ったりという光景は、ほとんど見られませんでした。

なので、私は、ショー開始の3時間半前に場所を探し、待ちました。

私が見つけた場所は大きな船の後ろですが、ホテルの正面になるので、ホテルの壁に映し出されるプロジェクションマッピングは、しっかり見られました。

ただし、この場所は、ショーの冒頭が分からないことと、ハーバーの半分近くが見られないといったデメリットはあります。やはり自由鑑賞なら、 ポンテ・ヴェッキオ(橋)の上か、橋のすぐ下の方がいいかもしれません。

ちなみに、ショーでは、複数の曲(歌)がハーモニーのようになって流れるシーンがあります。ショー後半では、エルサの『見せて、あなたを』とモアナの『自分を見つめて』の曲が重なる美しいシーンがあるのですが、このとき、モアナは火山側に登場します。

なので、モアナが好きな方は、火山側から見るといいかもしれませんね。

見づらい点はありましたが、それでも、ショーの間は感動の連続でした。

最後に、”火山側では冒頭部分が見られない” とはどんな感じなのか?

正面からの高画質の動画はYoutubeにたくさんありますが、自由鑑賞エリア(しかも隙間)の画像はほとんどありません。

なので、Youtubeにアップしてみました。スマホの動画なのでキャラクターはほぼ見えませんが、雰囲気だけでもお楽しみいただければ幸いです。

※ 音楽が流れますので、お気を付けください。

さいごに

今回は、1年で一番混雑するクリスマスの時期の東京ディズニーシーのようすと、ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 は、始まったばかりなので、しばらくはプレミアアクセス(有料)も取りにくく、エントリー受付にも当たりにくいかもしれません。

また、平日でも3時間前にはほぼ最前列はうまってしまっていたので、長時間の場所取りといった忍耐も必要かもしれません。

ただし、ビリーヴ!〜シー・オブ・ドリームス〜 の雰囲気やプロジェクションマッピングは、最前列でなくても十分に楽しめます。

今回見られなかったキャラクターもいるので、違った場所から鑑賞すると、また印象が変わりそうです。また別の場所から観ることができたら、ブログでご紹介したいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

-Tokyo-disney
-, , , , , ,