award-ticket

【カタール航空】Qマイルの使いみち ~ワンワールド特典航空券を発券~

2019-12-04

相変わらず迷走しているカタール航空(QR) のQマイルを一挙放出する機会が見つかりました。出発まで2週間、急いで準備します。多分、どなたの役にも立たない情報のような気がしますが(笑)、QRのプリビレッジ・クラブでマイルを貯めようかな~と思っている方へ私の(失敗) 体験がお役にたつのではないか?と思い、まとめてみました。

QRマイレージサービス

カタール航空 (QR) のマイレージサービスは「プリビレッジ・クラブ」といいます。外資系エアラインのマイレージサービスと同様に、年度に4回自社に搭乗して、一定ポイント(QRの場合、Q pointsと言います)以上貯めると、上級会員になれます。

Q points

上級会員になるために必要なQポイントは、公式サイトにログインしなくても、 Q計算ツール で簡単に計算できるようになりました。以下で、HND⇄FRAのビジネスクラス往復で獲得できるQポイントを見てみます。

f:id:monteverde-aroma:20191204072621p:plain

*Qマイルは、最上級プラチナ会員での積算数です。

最上級 (プラチナ) 会員になるためには、600 Q points 必要です。600 Q points 獲得まで、キャンペーン料金の「ビジネスPromo」を利用するとすると、年4往復し、日本国内をJALのクラスJ で1往復すると達成できます。2年め以降は、必要Q points が「540」とハードルが下がります。

ちなみに、HNDとFRAの往復で獲得できる35,987 Qマイル。プラチナ会員だと100%のボーナスが付くので倍になっても、71,974Qマイルになります。

BA・ティアポイント

比較として、カタール航空のフライトでフランクフルトまで行くと仮定して、BA(ブリティッシュエアウェイズ) のマイレージサービスでは、どのくらいポイントを獲得できるのか見てみました。BAのポイントは、ティアポイントと言います。

f:id:monteverde-aroma:20191204074734p:plain

f:id:monteverde-aroma:20191204074742p:plain

BAの計算ツールは、片道で表示されます。HND⇄FRAの獲得ティアポイントは、運賃に関係なく、ビジネスクラスだと片道「280」、往復で「560」にもなります。BAの場合、1500ティアポイントを獲得すると(別途、BA便に4回搭乗する必要がありますが)、カタール航空のプラチナ会員と同じレベルのゴールド会員になることができます。つまり、プリビレッジ・クラブより少なく、3回ヨーロッパを往復すると達成できます。つまり、カタール航空に乗ったら、BAのマイレージサービス(以下、BA)に積算する方がお得なのです。

上記は、BAのゴールド会員での検索ですが、獲得 Avios (マイル) は、なんと!「19,984 Avios」。国内線だとJALの特典航空券、国際線だと、ソウル往復ができるマイル数を獲得できます。このような理由で、全く人気のないカタール航空のマイレージサービスなので、積算されている方はとても少ないようです。

QRプラチナ会員

カタール航空の航空券も以前のような激安なものが少なくなり、カタール航空のプリビレッジ・クラブも放置状態でした。過去1年間カタール航空を利用していませんが、6月に今年度いっぱいプラチナ(ワンワールド・エメラルド)の恩恵を受けられるカードが送られてきました。

f:id:monteverde-aroma:20190722150404j:image

momoka
このカード、金属製なので危ないです。手を切りそうで・・・。

そういえば最近、QRのマイアカウントを見ていないなぁ、と思いました。プリビレッジ・クラブのサイトは、2重のセキュリティがかかっていて、パスワードを入れた後、さらに、メールに送られてくる「ワンタイムパスワード」を入れなくてはならないでのす。セキュリティがしっかりしているのはいいのですが、検索を繰り返していると、すぐにフリーズします。そのたび「ワンタイムパスワード」を取得、入力しなければならず、マイルと同様に公式サイトも使いづらいので、あまり開けていませんでした。

ライフタイム・マイル

f:id:monteverde-aroma:20190524010207j:plain

久しぶりに見てみると、Life time(ライフタイム) という情報ができていました。

私のカタール航空・搭乗の歴史は、トータル144時間10分のフライトタイム、距離にすると71,772マイル(115505.8km)です。地球1周の距離を約4万kmとすると、地球を約1.8周したことになります。最長フライトタイムは12時間10分。80%はビジネスクラスチケットでの搭乗ですが、むかしヨーロッパまで10万円台で行けた時代のモノです。

f:id:monteverde-aroma:20190723114504j:plain

マイルを貯め始めた最初のフライトは、ドイツのフランクフルト。論文の追い込み時期なのにも関わらず、激安(7万円引き) のチケットをつい買ってしまい、フランクフルトのホテルの部屋で指導教官とメールでやりとしていたのでした。懐かしい思い出です。プラチナ会員になっていて唯一良かった!と思えることは、ビジネスクラスでも、本拠地ドーハにある「Al Safwa First Lounge」を使えることです。エコノミークラス搭乗時には使えませんが・・・。

Al Safwa First Lounge

o0480036013885006290

受付に行くと、「Quiet Area(個室) はお使いになりますか?」と、乗り継ぎ時間が十分にあったので、受付で声がけしてもらえました。

IMG_0554

水が下から上に登っている泉。今まで経験した中で一番静かなラウンジで、水の音だけが響いています。先にレストランに案内され、その間にQuiet Areaの使用の可否を確認してくれるようです。

o0480036013884587703

24時間(メニューは変わりますが)レストランで食事もできます。

o0480036013885582668

SPAは有料ですが、Quiet Areaは無料で利用できます。ただし、部屋数が少ないので、そのときの運によりますが・・・。これが、プラチナ会員になってよかった!と思える唯一の恩恵だと思いました(←辛口・笑)。

特典航空券

Qマイルは、元々使いづらいのに、あるとき更に改悪されて、世界一(と私は思っています)使いづらいマイレージプログラムになってしまいました。NRT(成田)からDOH(カタールの本拠地ドーハ) までの必要Qマイルを見てみると・・・

f:id:monteverde-aroma:20190524010246j:plain

エコノミークラスでの往復が「87000 Qmiles」も必要です。DOHまでのビジネスクラスの必要マイルは、JALの世界一周特典航空券より多いです!特典航空券は年間を通して取りやすいのですが、信じられないほどのマイルが必要です。

f:id:monteverde-aroma:20190524141650j:plain

特典航空券を取る際、「Q2」と付いているとマイルが倍に跳ね上がります。

f:id:monteverde-aroma:20190524010256j:plain

直前でも1年を通してでも、QRの特典航空券は取りやすいのですが、それはたくさんQマイルを使ってのお話。ある日のHNDからDOH往復(ビジネスクラス) に必要なQマイルは「330,600」でした。同じワンワールドのJALやBA(ブリティッシュエアウェイズ)で33万マイルあれば、どこに何回行けるのでしょう?いや、ファーストクラスに乗れるかも・・・

DOHからヨーロッパに行くのには、さらに追加マイルが必要です。カタール航空では時どき、ダブルマイルキャンペーンなどあるのですが、それにしても、ふざけた数字です!さらに、有償の航空券では燃油サーチャージが不要のカタール航空ですが、特典航空券の諸税は結構高いです。

アップグレード

特典航空券が使いづらいのなら、アップグレードに使おう!そう思って、アップグレードに必要なマイルを見てみました。

f:id:monteverde-aroma:20190524010237j:plain

必要なQマイルは、最低でも 63,000、キャンペーンなどで出ている運賃(O,T,N,Q,S) だと126,000 Qマイルも必要です。さらにふざけた数字で、本当に使えないです!

プリビレッジクラブにもANAと同様のアップグレード使える「Qpoint」があります。キャンペーンなどの最安値のチケット以外に使えるので、比較的安価なチケットにも利用できるのですが、以前、空席が80%くらいの便でもなかなかアップグレードされませんでした。

これ以上改悪されるのか!?とも思いましたが、12月にプラチナ会員の期限も切れるので、きっぱり見切りをつけるため大量放出することにしました。

実際に発券してみました

より少ないQマイルで発券できる日を探します。せっかく温存したのだから、狙うはビジネスクラスのQsuite。ドア付きのビジネスクラスです。ANAもドア付きの座席を発表したし、BAにも搭載が始まりました。あと10年くらいしたらスタンダードの座席になりそうですね。休日に時間をとって、持っているQマイルで行ける場所を探すことにしました。

f:id:monteverde-aroma:20190524010058p:plain

探します。

f:id:monteverde-aroma:20190524010058p:plain

探します。

f:id:monteverde-aroma:20190524010058p:plain

探します。

なかなか見つかりません。すごく疲れたので、1回休憩してジムに行ってきました。
帰って来て、もう一度さがして・・・

åã¤èã®ã¯ã­ã¼ãã¼ãçºè¦ãã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼å¥³æ§ï¼

見つけました!

f:id:monteverde-aroma:20190524100358j:plain

DOHから先の3時間のフライトをエコノミークラスにして、行きか帰りのどちらかを有償にすれば、185,250 Qマイルで発券できる区間と時期を見つけました。

羽田   ドーハ  (有償)アゼルバイジャン・GYD  (別途購入・有償)バクー・GYD  ドーハ  成田

これなら往復Qsuiteにも乗れます。行き先はいつか行きたかったコーカサス地方のジョージアとアゼルバイジャンです。

ジョージア は、昔グルジアと呼ばれていたワイン発祥の地です。アゼルバイジャン は、第二のドバイと呼ばれているオイルマネーで潤う国です。特にジョージアは、キルギスでジョージア料理を食べて以来いつか行きたいと思っていた場所。紀元前6000年頃の葡萄の種や醸造跡が発見されており、ワイン発祥の地と呼ばれています。安くて美味しいジョージアワインをたくさん飲んで買って来ることを旅の目的としました。

発券前の確認

本当は、季節のいい8~9月に行きたかったのですが、現在持っているQマイルでは片道さえ発券できません。やっと見つかった!と思っても、座席の詳細に「Qsuite」の文字がありません。Seat Guru というSeat Map(飛行機の座席配列)を見ることができるサイトを使って調べてみると、夏の繁忙期の成田着の機材は、B777-300という旧型インテリアの飛行機でした。却下!

あとは、アップグレードポイントを使って、有償エコノミー(DOH→GYD)区間のアップグレードを狙います。

しかし、ジョージアがロシアの機嫌を損ねロシア便の撤退や、ホルムズ海峡の脅威、ジョージアのデモなど、安全上の不安を感じてキャンセルしてしまいました。外務省の安全情報では特に「危険」となっていないので、問題はないかと思いますが・・・。戻ってきた宙ぶらりん状態の「Qマイル」、いつか行き先が見つかればいいなぁと思っていた時、気になるニュースが入ってきました。

南米のLATAM(ラタム航空:LA)がワンワールド離脱!

LAとQRの関係

f:id:monteverde-aroma:20191019152620j:plain

なぜラタム航空とカタール航空が繋がるのかと言うと、カタール航空はラタム航空に出資しており、一部の路線でラタム航空の機材を使用しています。今回、スカイチームに加盟するデルタ航空がのラタム航空株式を20%取得したため、今後の行方が気になったのです。

航空会社のアライアンスが崩れてきている昨今、1年後はどうなっているのか?分かりません。カタール航空も以前、ワンワールドの離脱を匂わせた時期もあり「もしこの先脱退してしまうと、この大量Qマイルが使えなくなってしまうのかしら?」と不安になりました。

また、カタール航空のプリビレッジ・クラブは、以前、告知もなく改悪した経緯もあり、早めに手放しておくことが一番!のような気がしました。なので、急きょ空席探しを再開しました。

f:id:monteverde-aroma:20191128080406p:plain

すると、スケジュール上可能な時期に空席が見つかったのです!利用航空会社は、マレーシア航空(MH) とJALです。経営再建中のMHもちょっと不安ではありますが、支援する航空会社が絞られた(マレーシア航空支援、日本航空など4社が候補に 現地紙報道 (写真=ロイター) :日本経済新聞)ことで大丈夫ではないか?と根拠のない理由で発券しました。

Qマイルは他社発券がいい!

カタール航空のマイルなのに、カタール便の特典航空券を発券しようとすると、2年間(しかも上級会員になって)貯めた20万マイルでも、中東・DOH(本拠地ドーハ) 往復しかできません。時期によっては、そのDOH往復さえもできません!

世界一退屈な町(と言われている)ドーハに行っても仕方ありません。一度、乗り継ぎの途中で町中を散策しましたので、それで十分です。なので、パートナーエアライン (P/A) での特典航空券を探すことにしました。

P/Aでの発券

Qマイルでの特典航空券は、公式サイトの「Redeem Qmile」で行います(2019年11月現在)。

=余談ですが=

momoka
Redeem this coupon for a free cup of coffee. (このクーポン券と引き換えで、コーヒー1杯を無料サービスします。)のように、商品と交換するときに使える単語です。学校では習いませんでしたが・・・。

① Redeem on partner airlines  

f:id:monteverde-aroma:20191128075640p:plain

最近、特典航空券のリクエストはずいぶん簡単になりました。「Serarch flight」をクリックすると、その区間を飛行している便がでます。

② 希望の便をクリックします  

f:id:monteverde-aroma:20191128075248p:plain

これでリクエスト完了です。普通はこれで特典航空券が取れた!となるのですが、やはりカタール航空は違います!

これは、ただのリクエストです。

この後、カタール航空のスタッフが他社に空席照会をして、取得の可否が分かるのです。一見、サイトで完了しそうな仕組みなのですが、その奥にあるのはアナログな仕組みです(2019年12月現在)。

役立つBAサイト

なので、カタール航空にリスクエストする前に、空席の有無を確認する作業が必要でした。そのときに頼りになるのがBAのサイトです 

Book Flights, Holidays & Check In Online | British Airways

BAのサイトにログインした後、「発見(Discover)」→「Aviosを使う(Spending Avios)」→「特典フライトの予約」→「検索と予約」すると、以下の画面がでます。

f:id:monteverde-aroma:20191128083331p:plain

このサイトで空席がある便を探して、QRのサイトに戻り、上記の ①と② を経てリクエストします。

すると、1~2日後に、「結果は『Contact Centre』にアクセスして下さい」と、メールが来ます。なので、カタール航空のサイトに再びアクセスして、「Contact Centre」を確認すると、特典航空券が取れたかどうかの返事を読むことができます。その後、承認して、手数料を払い込むサイトにアクセスして、やっと発券となります。

momoka
面倒すぎます!

空席を確認せずにリクエストしたときは全滅でしたが、BAのサイトで空席を確認した後にリクエストすると、特典航空券が無事取得できました。

「片道」発券は損!

まず、カタール航空で短距離片道(KUL-BKK)の特典航空券を発券しました。

KUL→BKKとBKK→KULのどちらのルートにしようか?迷ったのですが、BKK発にするより、KUL発の方が手数料が安かったので「KUL→BKK」にしました。

BAやJLで特典航空券を発券すると、片道で必要なマイルは往復の半分ですが、QRは違います。往復だと20,000 Qマイルの区分ですが、片道だと15,000 Qマイル必要でした。やはり近距離に強いBA!

 QR:15,000 Qマイル + ¥ 1,560

 BA:9,000 Avios + ¥ 1,560

税・サーチャージ等は同じですが*1、同区間のBAでの必要マイルは、9,000 Avios(マイル) と激安です。

飛行距離が12,000マイル以下だとお得!

次に、QRでJLの長距離・特典航空券を発券してみました。必要Qマイル数は以下です 

f:id:monteverde-aroma:20191128073019j:plain

東京(TYO) からパリやロンドンは「飛行距離マイル」が12,000以上になり、20万Qマイルも必要になってしまいますが、フランクフルト(FRA) は、「飛行距離マイル」が8,000~12,000マイルであるため、17万Qマイルで、ビジネスクラスの特典航空券(往復) を発券することができます。

 QR:170,000 Qマイル + ¥ 35,410

 BA:185,500 Avios + ¥ 35,410

ここで逆転現象が起こりました!

JLの長距離路線のうち、「飛行距離マイル」が12,000に収まる FRAHELだけは、「Qマイル」での発券の方お得になりました!

しかし、

 QR:200,000 Qマイル + ¥ 36,460

 BA:185,500 Avios + ¥ 36,490

同じJLの長距離路線でも、「飛行距離マイル」が12,000を超える CDGや LHR は、最後逆転!Aviosほうが少なくなりました。

FRA:ドイツ・フランクフルト

HEL:フィンランド・ヘルシンキ

CDG:フランス・パリ(シャルルドゴール)

LHR:イギリス・ロンドン(ヒースロー)

momoka
(私にとっての)お得な発券は、JALのFRA便でした!

目的地はデュッセルドルフ

ここでもう一工夫。今回の目的地は、ドイツのデュッセルドルフです。JAL便は就航していないのですが、FRAから「JALの無料バスサービス」を利用することにしました。

f:id:monteverde-aroma:20191128092829p:plain

※スケジュールは9月20日現在、現地時間での表示です。

  • 対象者:JALフランクフルト線にFlex、Semi-flex、Standard、Saver、Special Saverなどの運賃のいずれかでご搭乗の方、ならびにJMB特典で搭乗の方(パッケージツアー等のエコノミークラス包括旅行運賃利用時は不可です)。
  • 区間:FRAとホテル・ニッコー・デュッセルドルフ(市内)間
  • 所要時間:2時間半

予約の方法や最新の情報は、JAL国際線 - フランクフルト・バスサービスでお確かめください。

他社で発券した特典航空券でも利用可能なのか?このような疑問がわきましたので、まずはメールして聞いてみることにしました。すると、

「フランクフルト・バスサービスは、他社マイルを使用した特典航空券に弊社成田-フランクフルト便にご搭乗の際にも、ご利用いただけます。」との返答をいただきました。なので、QRで発券した特典航空券(ビジネスクラス) でも予約することができました。

FRAからデュッセルドルフまで、列車で行こうとすると5,000円から10,000円位かかってしまうので、旅費を節約したい私にとって、とてもありがたいサービスです。

さいごに

結局、JALのビジネスクラスのチケットを発券しました。急きょ思い立ったドイツの旅ですが、2年間貯めたマイルがやっと使えます。寒いのでしょうが、むこうではクリスマスマーケットを楽しんで来たい思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

*1:その日のレートで変更します。

-award-ticket

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5