Singapore

【シンガポール】チャンギ国際空港から市内へ ~両替とMRTについて~

2020-02-16

「旅とアロマ」にお越しくださりありがとうございます。

シンガポール・チャンギ国際空港での長時間の乗り継ぎ。日帰りで市内観光してきました。

シンガポールへは、オンラインで電子入国カードで入国、その後、市内へはMRTという地下鉄で移動。現金を使わないで、空港へ戻ってきました。

その方法は?

今回は、電子入国カードからVisaタッチを使ってMRTで移動したようすをご紹介いたします。

(スタンダートチケットが廃止になったため、記事のタイトルと内容を更新しました。)

※ターミナル1での到着(2020年情報)

※ターミナル3での到着(2022年12月情報)

シンガポール入国

シンガポールに入国する前に必要なものは、以下です。

新型コロナウイルスワクチン接種証明書

シンガポール入国に当たっては、ワクチン接種完了(シンガポール到着までに所定のワクチンの2回接種を終え2週間を経ていること)等が必要です(令和4年8月23日最終更新)。

在シンガポール日本国大使館(2023年1月2日閲覧)

必要なもの

1.渡航者の名前
2.渡航者の生年月日またはパスポート番号
3.接種したワクチン名
4.予防接種日

証明書は紙面(英文)、またはデジタル証明で上記の項目がすべて記載されているものが必要です。

日本出発のチェックインカウンターで、接種証明書を確認されました。

詳細は、シンガポール政府のサイトをご覧ください >>> SafeTravel(英語)

電子入国カード・健康申告書の登録

シンガポールへ入国するすべての渡航者は、シンガポール到着に、 SG Arrival Card (電子入国カード) の申告が必要です(3日前から可能)。

必要事項の登録は、無料です。

必要な情報

1.有効なパスポート情報の登録
2.居住地の登録/E-mailアドレス登録 
  ※e-Pass(電子訪問パス)の受け取りに必要
3.旅行スケジュール(フライト情報・ホテル情報など)
4.QRコード付ワクチン接種証明書のアップロード(任意)

日本での表示もありました(記入は英語、もしくはプルダウン)ので難しくはありませんでしたが、ちょっと迷った点は以下です。

・乗り継ぎの合間に入国する場合は、”トランジット” と入力します。

名前はパスポートの順通り「姓・名」で記入します。

・全て英数字で入力しますが、メールアドレスなど、英語は自動で大文字になりますが問題はありません(ただし、大文字と小文字を混ぜている場合は違うメールアドレスにした方がいいかもしれません)

入国

入国審査場(パスポートコントロール)でパスポートを見せるだけで、大丈夫でした。

現地に到着し、入国審査を終えると、電子入国カードに登録したメールアドレス宛に「Electronic Visit Pass(電子訪問パス)」が送られてきます。

step
1
入国審査


入国管理官にパスポートを提示。

指紋のスキャンや顔写真の撮影など、指示に従う。

step
税関検査

(預け入れ荷物がある場合は引き取り)、申告するものがない場合は「グリーンチャンネル」、申告するものがある場合は「レッドチャンネル」を通る。

これで、入国完了です!

ターミナル

f:id:monteverde-aroma:20200207154147p:plain

Maps | Changi Airport Singapore

シンガポール・チャンギ国際空港には4つのターミナルがあります。

日本から到着する場合、主に、ターミナル1(JAL)かターミナル3(SQ)に到着すると思います。

ターミナル間は、Skytrain で簡単に移動できます。

市内へ

市内へは、MRT という電車に乗って行くと便利です。

MRTはMass Rapid Transitの略で、シンガポール国内を網羅する公共の交通機関です(時間はかかりますが安いです)。

空港にも乗り入れており、郊外では高架線、市内中心部では地下鉄になっています。

MRTの空港での乗り場は、「 チャンギ空港駅 (Changi Airport CG2 ) 」のみで、ターミナル2(T2) とターミナル3 (T3) の地下にあります(どちらからも行けます)。

なお、ターミナル1(T1) やターミナル4 (T4) に到着した場合は、Skytrain に乗って、T2かT3に移動します。

ターミナル1から

f:id:monteverde-aroma:20200212151902j:image

飛行機を降りたら、”Arrival” の方へ進み、入国審査(パスポートコントロール)を受けます。

あとは、預けた荷物を取って、税関のグリーンチャンネル(申告ナシ)の出口を通って出ます。

f:id:monteverde-aroma:20200213105752j:plain

出口からまっすぐに進むと「JEWEL」という商業施設があります。

「Train to City」と書かれている右方向へ移動します。

ちなみに、左方向に、インフォメーションやATMがあります。

その先に「Train to City」の表示が出てきますので、あとは今案内に沿ってエスカレーターを上がるだけです。

ターミナル1から市内行きのMRTに乗るには、一度出発階に戻って、Skytrainに乗ってターミナル3へ行って、MRTの乗り場に行くようです。

つまり、”Skytrain to T3” と "Train to City" は、どちらも同じ方向(動線)です。

とにかく迷路のようですが、矢印に沿って歩いていると、Skytrainの乗り場に着きました。

あとは、MRTの乗り場を目指すだけです。

約2分ごとに運行しているので、乗り過ごしてもすぐにやってきます。

あとは、エスカレーターで地下に進むだけです。

MRT乗り場は、ターミナル2とターミナル3の間に位置しています。なので、迷ったら、Train to City の矢印の方向へ進めば大丈夫です。

ターミナル3から

ターミナル3からは、入国後、矢印に沿って下がって行くだけです。

ターミナル1からの移動に比べると、とても簡単でした。

MRTチケット

ところで、MRTのスタンダートチケットを買おうと券売機に行くも、表示がありませんでした。

MRTのPassenger Service(改札のすぐそば)で聞くと、2022年1月にスタンダートチケットは廃止になったとか。

EZ-LINK Card (10SGD:シンガポールドル)を買うか、VisaタッチやApple Payなどの非接触決済ができるクレジットカードやデビットカードなどで乗車できるようになっていました。

EZ-LINK CARD

1.5年間有効(期限が過ぎると無料で交換)
2.5SGDのディポジットが必要(払い戻しなし)
3.利用時は最低3SGD残っている必要がある(残高は払い戻し可)
4.割引がある

シンガポールに何日か滞在してバスやMRTによく乗られる方は、EZ-LINK CARDを買った方が割引もあるのでいいと思います(Suicaのように使えますしね)。

チャージ(Top-up:トップアップ)は、改札のそばにある機械でできます(最低2SGD~)。

Visaタッチで乗車

しかし、短期滞在で往復ししかMRTを使わない場合、Visaタッチ等を使う方がスムーズです。クレジットカード(非接触決済型)を改札のリーダーにタッチして、そのまま乗車できます。

シンガポール国外で発行されたクレジットカードの場合、改札を通るごとに0.5SGD手数料がかかってしまいますが、EZ-LINK CARDのディポジットを払うよりは安く済みます。

クレジットカードの表面に、VISAはタッチ決済、マスターカードはコンタクトレス決済のマークがあれば使用できます。

使用方法は、タッチ決済に対応したクレジットカードかデビットカードをMRT改札やバスのカードリーダーにタッチするだけです。利用額が自動的にカードに課金、または銀行口座から引き落とされます。

今回、シンガポールのあらゆる場所でVisaタッチなど非接触決済が使えました。日本ではまだあまり馴染みがありません(知っている人は使っているくらい)が、海外ではかなり普及しているようです。

EZ-Linkカードでは降車の際に利用料金とチャージ残高が表示されますが、タッチ決済では利用額が表示されません。利用料金や乗車履歴等の明細を知りたい場合は、「TL SymplyGo」という公式アプリを使えば確認できるようです。(アプリに登録しなくても、タッチ決済は利用可能です)

ただ、SimplyGoの Q&A には、海外発行のクレジットカードでは、請求の都度0.6 SGD(値上がり!)の手数料がかかると書かれています。

An administrative fee of $0.60 will be applicable per day of use for fare payment. You may view your travel history and its related fares, including any admin fee charged to your bank card via the TransitLink SimplyGo Portal or TL SimplyGo app. Additionally, foreign cardholders may be subject to other fees imposed by their Issuing Banks.

FAQs

なお、VisaとMaster Cardでは、請求のタイミングが異なります。

請求

・Master Card:5日分か合計金額が15SGDに達した場合
・VISA:1日毎

For Mastercard contactless bank cards, fare charges will be accumulated for up to 5 days or after a total of $15 is spent on transit fares, whichever is earlier.

For Visa and NETS contactless bank cards, fare charges will be accumulated daily.

FAQs

ほんの些細なことですが、何日か滞在する場合、毎日請求されるVisaより、まとめて請求されるMaster Card の方が、手数料が少なくて済みます。

私は、日帰りだったので関係ないのですが(笑)。

両替

正直、シンガポールではキャッシュレスで旅行できますが、やはり現金を持っていないと心もとない。

そんな場合、少しだけの両替なら空港でやっておく方が何かと便利です。

シンガポールの空港は、他の国のようにレートがとても悪いということはないので。

ターミナル1の荷物引き取り(バゲージクレーム・エリア)の出口付近には、両替所が2つありました。

シンガポールに本社があるUOB (United Overseas Bank Limited)Travelex が並んでいます。

この日は、Travelex のほうが若干レートが良かったです。

営業時間は24時間でした(2020年2月現在)。

通貨

・通貨単位はシンガポール・ドル(S$、もしくはSGD)
・補助通貨単位はシンガポール・セント(S¢)
・2023年1月2日現在、1SGD=約98円です
  (私が行った2020年は79円でした)。
・1SGDまでは硬貨で、2SGDから紙幣

「Sell」と「Buy」のどちら?

日本円を現地の通貨に変えるとき、「Sell」と「Buy」のどちらを見ればいいのか?迷ったことはありませんか。

今回、2つのお店のレートはほぼ同じでしたが、この数字が大きく違うと損をしてしまうこともあります。

外国の通貨を売って、現地通貨に換えるときは「Buy」を見ます

私は「お店が外貨を買いますよ(Buy)」と覚えています。

為替レートの見方

シンガポールの為替レートは、多くが1UNIT(単位) 100円で示されています(たまに1,000円等異なることもありますが)。

2020年、空港での為替レートは、100円単位で「1.249」と出ていました。

これって、1SGDは日本円でいくらなんでしょう?

この為替レートを使って計算してみました。

計算の仕方

「円」÷ 「為替レート」=100円分のシンガポール・ドル

  • JPY 100 → SGD 1.245 の場合:JPY 100÷1.249=80.00円(=1SGD)
  • JPY 100 → SGD 1.200 の場合:JPY 100÷1.200=83.33円(=1SGD)

つまり、為替レートの数字が大きい店がお得です!

 どの両替がおトク?

海外で外貨に両替したり支払いをしたりするとき、どの方法がおトクなのでしょう?

今回行ったときの、①空港両替(SIN)、②ATM、そして③クレジットカード(VISA)で比べてみました。

空港(SIN)ATM(UOB)クレジットカード(VISA)
80円81.9円81.199円
2020年当時

空港での両替はレートが悪いイメージがありますが、シンガポールは違いました。

ATMやクレジットカードよりおトクでした。

町中を含めた比較

シンガポールのショッピングセンターなどにはたくさんの両替所があります。

その中でよく使っていたのが以下(カッコ内は最寄り駅)です。

  • アーケード(ラッフルズプレイス駅)
  • ラッキープラザ(オーチャード駅)

今回、アーケード (Arcade) で両替しました。

1万円を換えたのですが(空港の両替より若干レートが良く)、SGD6(約480円) ほど空港より多く得ることができました。

おトク順

1.アーケード(ラッフルズプレイス駅)
2.空港(UOB)
3.ATM
4.VISAカード

あくまでも、ある日の出来事ですが、このときは、空港で必要な分を両替→町中で両替するのがおトクでした。

アーケード(ラッフルズプレイス駅) は以下の場所にあります(日曜日は休みの場合あり)。

スポンサーリンク


さいごに

シンガポール入国はとてもスムーズでした。

電子入国カードを申請しておくと、空港に隣接している施設にも簡単に行くことができます。

交通費の安いシンガポールでは、複数人で移動するならタクシーが便利です。

でも、一人旅の私の強い味方はMRT。スタンダートチケットが廃止になってガッカリしましたが、Visaタッチといった便利なツールが使え、両替しなくても楽々空港から市内までアクセスできました。

あまりにも便利で楽しかったので、またすぐに行きたくなってしまいました(笑)。

前回の滞在で、回った場所のようすです。合わせてどうぞ。

早朝からオープン!シンガポール初の世界遺産 " Singapore Botanic Garden" に行ってみよう!!

シンガポール植物園、お花好きには超おすすめの場所でです。

続きを見る

【シンガポール】夜のスーパーツリー・グローブを見に行きました

Gardens by the Bayへの行き方と夜の様子です。

続きを見る

シンガポールでもう一度食べたい! 旅のごはん!!

続きを見る

ホテル
【シンガポール】伝統的なタウンハウス・ホテル ~KēSa House~

KēSa House宿泊記です。

続きを見る

最後までご覧いただきありがとうございます。

-Singapore
-, ,