airline

飛行機が航行中に雷を受けた!その後はどうなる?

2020-07-19

飛行機は、先端部分にある気象レーダーで雲や雨を避けながら飛んでいますが、どうしても避けられない場合もあります。

時には、雷を受けてしまうことも!

しかし、雷を受けても飛行を続けることはできます。

今回、乗る予定だった飛行機が着陸前に被雷してしまいました。その飛行機には乗れるのか?今回は、その時の体験談をご紹介したいと思います。

飛行機と雷

よく「飛行機に雷が落ちた」と言われますが、厳密にいうと、飛行機の場合は「雷に打たれた」や「雷を受けた」と言います。

地上と違って、上空では雷は上から落ちてくるとはかぎりません。そのため「雷に打たれた」や「雷を受けた」と表現されるのです。

機内では感電する?

雷を受けても、乗員や旅客は感電しません。
momoka

飛行機の胴体の素材は、機種によって異なります。

アルミ合金の場合(B777など)は、雷を受けたとしても機体の一部分の表面を流れて出ていく仕組みになっています。

一方、B787など複合素材を使っている機体では、被雷用のアルミニウム・パス(電気の通り道)によって電気を逃がしています。

また、主翼と尾翼などに、雷を受けにくくし、かつ受けても機体のダメージを最小限に抑えられるような 静電放電装置 (スタティック・ディスチャージャー)と呼ばれる細い針のようなものも付いています。

通常20~30本(ジャンボ機は53本でした)取り付けられています。

機体に静電気が溜まると、雷を受けやすくなるだけでなく、通信装置に雑音が入りやすくなるなどの問題も発生します。この問題を防ぐために、この静電放電装置がついているのです。

機内での体験談

B767という中型機に乗務していた時、離陸後5分ほどして雷を受けた経験があります。

B767には、最前(右)方にギャレー(飛行機のキッチン)があり、離着陸時には、そのそばに客室乗務員が座っています。

雷は、機首に向かって右側(ギャレーがある側)の前方から後方に抜けていったようです。

機内にいる人間が感電することはありませんが、座っている位置によっては、軽い衝撃(風圧)を受けることがあります。

雷を受けると、すごい衝撃を受けます。

右側の一番前の乗務員席に座っていた人は、一瞬衝撃を受けたそう (ケガなし) です。

私は、飛行機の前方の左側にすわっていたのですが、ボンという音を聞いて、体の左半身に激しめの風圧を受けました。

ただ、落雷の予報は出ていたので、すぐに被雷したと分かりました。

衝撃や風圧を受けましたが、2人共ケガなどはありません。お客様からも、体調不良等のお申し出はありませんでした。

それ以前に、私たち2人以外は、気付かなかったようです。

訓練では「被雷すると機内が白くなる」と聞いていたのですが、機内での目に見える変化はありませんでした。

それでもアナウンスは必要で、状況を説明して、そのまま飛行を続けて目的地に到着しました。

次では、被雷した飛行機がどうなるのかをご紹介したいと思います。

次のページへ >

-airline
-,