Japan Kochi railway

【高知】JRと土佐くろしお鉄道 "ごめんなはり線" に乗って「モネの庭」マルモッタンへ

2021-06-02

高知県にある北川村「モネの庭」マルモッタンへ行こうと、JALのセール期間にチケットを取りました。

しかし、高知県の地理に詳しくないので、どこにホテルをとっていいのかよく分からない。

しかも、「モネの庭」までのアクセスを検索すると、乗り継ぎが面倒な感じ・・・。

なので、忘却録も兼ねて、実際の動線を元に交通手段についてまとめてみました。

いつか行かれる方の情報の一つになれば幸いです。

「モネの庭」の位置

大きな地図はこちら >>> 【公式サイト】交通アクセス

北川村「モネの庭」マルモッタンは、高知県の東部にあります。

最寄りの鉄道の駅は「土佐くろしお鉄道」奈半利 (なはり) 駅で、高知市内(JR高知駅)より、高知竜馬空港の方が近いです。

空港からは、奈半利駅近くまで路線バスがあるようです。しかし(調べたのですが)、よく分かりませんでした。

なお、空港から奈半利駅周辺までは、タクシーだと15分くらいです。

高知空港から市内(バス)

高知空港から市内までは、空港連絡バスが便利です。

空港→高知駅

  • 所要時間:約25分
  • 料金:740円

高知駅・県庁前行きは「後払い」となります。

 ICカード「ですか」や「PayPayは利用できますが、Suicaなど他の交通系ICカードは使えません

空港連絡バスは、「高知駅前観光」と「とさ電」の2社が運行しています。

空港ターミナルを出て左側に進むと、空港のバス停があり、バスが2台停まっていました。

この2台の関係がよく分からなかったのですが、前方に停まっていたバス(高知駅前観光)に乗りました。

切符はバス乗り場にある券売機で買うこともできます(往復の場合おすすめ)。ただ、高知駅前観光バスではPayPayも使えたので、PayPayをお持ちの方は、乗車券を買わなくても大丈夫です。

途中の道はほぼ渋滞もなく、時間通りの運行でした。

市内で降りる場所

終点は「JR高知駅」ですが、その一つ前に「高知駅前」というバス停がありました。

宿泊されるホテルによって、近いバス停をお選びください。

JR高知駅から後免 (ごめん) 駅まで

翌日、朝8時ごろホテルを出てJR高知駅まで歩きました。

高知駅周辺には、ビジネスホテルがたくさんあります。

北川村「モネの庭」マルモッタンまでは、JR高知駅から列車とバスを乗り継いで行きます。

アクセス

JR高知駅 → 後免駅 → 奈半利駅 → 「モネの庭」

ちょっと余談のアンパンマン

ところで、高知と言えば、アンパンマンの生みの親、やなせたかしさんの故郷です。

駅の構内には、アンパンマン列車が走っている模型がありました。

そして、ホームには、岡山へ向かう「土讃線 (どさんせん) アンパンマン列車」が停まっていました。

こんなお弁当もありました。

高知駅から後免駅

ちなみに、私が乗ったのは、こちらの普通列車です。

時間帯によっては、JR高知駅から奈半利駅まで直通の列車(料金はJR+土佐くろしお鉄道)もあるのですが、土佐くろしお鉄道だけだと、おトクな1日乗車券(ごめん・なはり線観光1日フリ~きっぷ)があるのです。

このきっぷは、青春18きっぷなど、JR線のみ有効の企画乗車券と組み合わせても使えます。

現在は、オンラインでも事前に購入できるようになりました。

料金は、1,670円(大人)です。

後免駅から奈半利駅まで一往復 (2,160円) するだけでも、490円もおトクになります。

帰りは、後免駅の2つ手前の「のいち」で降りる予定ですが、運賃は同じなのでおトクになりました。

さらに、沿線の観光や食事、35施設で特典を受けることができます。

北川村「モネの庭」マルモッタンでは、入場料金が100円引きとなります。

なので、高知駅から後免駅までJR土讃線(どさんせん)に乗り、後免駅で降り、そこで観光1日フリ~きっぷを買って、土佐くろしお鉄道に乗り換えることにしました。

ちなみに、JRの部分の運賃は230円ですが、Suicaなど県外の交通系ICカードは使えませんせした。

後免駅

ちょっと分かりづらかったのが、後免駅での動線です。

ここは、JRと土佐くろしお鉄道両方の駅になっています。

一度改札を出て、すぐ横にある「きっぷうりば」で観光1日フリ~きっぷを買います。現金のみです。

乗り継ぎ時間が15分くらいしかなかったのですが、ゆっくり対応してもらっても、十分に間に合いました。

ごめん・なはり線

ところで、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線は、2002年に開業した第三セクター土佐くろしお鉄道の路線です。

元々国鉄阿佐西線として計画されましたが、国鉄の赤字で建設が中止され、第三セクターで開業させた路線です。

御免−奈半利の全線が非電化単線ですが、ほとんどが高架線および築堤 (ちくてい) の上に建設されているため、踏切が全くありません。

土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線には、快速と普通列車があります。

後免駅で列車を待っていると、高知行きの阪神タイガース応援列車がきました。沿線に阪神タイガースのキャンプ地があることから誕生した列車です。

車内には、虎マークが随所にあり、荷物棚の上には選手のポスターが飾られていているそうです。

また、デッキ付き車両もあります。これは、車体の中央の窓部分を鋼板ごと取り除いて、ほぼ車両の全域から展望を楽しめる列車です

よく見かけるのは、車端部に設置されている展望デッキですが、ごめん・なはり線のデッキ付き車両は、展望を太平洋側にしぼって片側構造にしているのが特徴です。

奈半利駅行き列車

私が乗ったのは普通車両の快速・奈半利行きです。シルバーの車体の側面に各駅キャラクターのイラストが描かれています。

土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線は、利便性を考慮して、御免駅から高知駅まで乗り入れている列車が多いそうです。

結局、私は、JR土讃線(8時10分発)で高知駅から後免駅まで来て、私が乗ったあとに高知駅を8時30分に出発した列車に乗り継いだかたちとなりました。

Yahoo! 路線情報で検索したとき、8時30分発の列車は「JR土讃線快速・奈半利行」と表示されていました。

車内の座席は、ロングシートと、背もたれの向きが変えられるクロスシートの2種類がありました。

窓が大きいので、明るく開放的で、車窓から海・山・川の自然を楽しむことができます。

途中、進行方向右の座席からの景色です。防風林の向こうに広がる太平洋を見ながら海岸線を走ります。

曇り空でも感動しましたので、お天気が良い日なら、もっとすごい景色が広がっているのでしょうね。

奈半利駅からバス

列車の到着・出発時刻に合わせて、モネの庭行きのバス(小型)があります。

1時間に1本くらいです。料金は230円(2021年5月現在)。現金(おつりがないように!)のみです。

普段、現金(しかも硬貨)はあまり持ち歩かないのですが、この時は(虫の知らせか?)千円札や硬貨を持っていて、ほんとうに良かったです。

スポンサーリンク


さいごに

北川村「モネの庭」マルモッタンへのアクセスに利用した「ごめんなはり線」を中心にまとめてみました。

最初は面倒そうに思ったアクセスも、行ってみれば簡単でした。

「モネの庭」マルモッタンまでは、空港近くにある「土佐くろしお鉄道・のいち駅」を起点として乗り合いタクシーを利用すれば、東京からでも日帰り可能です。

ただし、睡蓮の花は午後には閉じてしまうので、やはり、一泊したほうがよさそうです。

なお、初めての高知竜馬空港。

最初は、ラウンジがなくてがっかりしていたのですが、お土産もの屋さんに興味深いものが多くて、夕食を食べる時間も無くなってしまうほど、ハマってしまいました。

最後まで、ご覧いただきありがとうございます。

-Japan, Kochi, railway
-, , , , , ,