airline award-ticket

【ANA】世界一周・ビジネスクラス特典航空券 ~発券までと予約・再発券して分かったこと ~

2019-04-07

ANA (スターアライアンス)で、ビジネスクラスの世界一周特典航空券を発券しました。

出発2か月前になって燃油サーチャージが下がったので、旅程をマイナーチェンジして再発券しました。

この記事では、発券するまで(空席の探し方など)、と予約・再発券してみて分かったことを、忘却録も兼ねてまとめてみました。

どこかでどなたかのお役に立ちましたら幸いです。

※ この記事は、2018年~2019年の情報です。リンク切れ等を修正したため更新しました。

f:id:monteverde-aroma:20190402045730j:plain

発券まで

世界一周特典航空券を予約するときのポイントは、空席ありき なのですが、まずは「行きたい場所」や「やりたいこと」をピックアップしてみました。

  1. リンゴの花の下で赤毛のアンの世界に浸る@シャーロットタウン
  2. バンコクでマンゴーアフタヌーンティーに行く
  3. モントリオール空港の新ラウンジに行きたい

1は子供の頃からの夢、そして2は友人との待ち合わせ、なので1と2はマストです。

なので、最初の目的地をカナダにして、東回りの一筆書きルートを考えることにしました。

世界一周特典航空券を発券するまでの手順は、以下です。

step
1
大まかにルートを決める

step
2
空席を探す

step
3
予約と発券

以下、順に見ていきたいと思います。

大まかにルートを決める

スターアライアンスの世界一周特典航空券は、全旅程の距離 (マイレージ) によって必要なマイルが数が変わります

必要マイル数(一部抜粋・加筆)

※1は、1名の区間基本マイレージです。

 旅程の組み方

そのマイレージ数を目安に旅程を「東回り」か「西回り」にして組みます。

ANAの公式サイトに載っていた、一周例の全旅程距離を計算してみると20,266マイレージ(mi)になりました。

使ったのは、 Great Circle Mapper というサイトです。

Great Circle Mapper

f:id:monteverde-aroma:20190331134830j:plain

出発・到着空港の3レター(スリーレター)を順に入れていき、Map  をクリックすれば、総距離数がでます。

世界一周の旅程の総距離は、15,000マイレージ(mi)~となるようです。

最短距離での必要マイル数は以下です。

  • エコノミークラス:65,000マイル
  • ビジネスクラス:105,000マイル
  • ファーストクラス:150,000マイル

距離を少なくするコツは、できるだけ高緯度の都市を繋げることです。

少ないマイルでの旅程

緯度の高い都市を選んでみました。

羽田  バンクーバー  トロント  コペンハーゲン  香港  羽田

全旅程の距離は、17,889マイレージとなります。これなら、一番少ないANAマイルで発券できます。

同時に「スカイスキャナー」で直行便があるかどうかを確認しました。

せっかく高緯度だけで組み合わせても、経由便を使うと距離がのびて旅程マイレージ (mi) がマイレージが増えてしまうからです。

同じ行先での必要マイレージ

  • 羽田 トロント(6,421mi)
  • 羽田 バンクーバー トロント(6,758mi)

距離と必要マイル

先ほどの「必要マイル数」の表で、一番コスパがいい(と思っている)ビジネスクラスでみてみます。

もちろん、ファーストクラスが一番いいのかもしれませんが、ダウンサイジングが主流の今日、行きたい場所にファーストクラスが設定されているとは限りません。

なので、ビジネスクラスにしてみました。

全旅程の距離 (mi)必要マイル数
14,001~18,000105,000
18,001~20,000115,000
20,001~22,000125,000

行きたい都市だけを繋げようとすると、どうしても距離がのびてしまいます。

持っているマイルとの兼ね合いもあり、目標を18,001~20,000 miの距離として、絶対行きたいカナダのシャーロットタウンとタイのバンコクを起点に前後の都市を考えました。

まず、シャーロットタウンまでの経由地は、より緯度の高いカナダ東海岸で、かつ日本から直行便がある「トロント」か「モントリオール」を候補としました。

その結果、以下のような大まかなルートができました。

東京  (トロント/モントリオール)  シャーロットタウン  (ヨーロッパの都市)  バンコク  東京

空席を探す

世界一周の旅程を組むとき、空席探しが一番大変です。

1,2ヵ所なら見つかるのですが、それらを予定した旅行期間内で繋げるのが大変なのです。

最初、何も考えずに、有償時と同じように「プラチナデスク」サービスに電話をして予約しようとしたら、思っていた以上に空席を探すのが難しい!と分かりました。

330日前だったのに・・・。

カナダの東部はエアカナダの独占場なので、特典航空券の空席が少ないですし、この先も出る可能性は少ないですよ。

と、ANA予約センターの方に教えていただきました。

アメリカから大西洋横断する場合は便数も多いため、もう少し空席も見つかりやすいらしいのですが。

 ① ANAサイト

自力で空席を探すためには「ANA」と「UA(ユナイテッド航空)」の公式サイトを使う2つの方法があります。

まず空席照会に、ANA特典航空券予約のサイトを見てみました。

搭乗日の355日前(出発日含まず)から予約可能です。

ただし、他の航空会社が同日に予約できると限らないので、兼ね合いも難しいです。

「特典予約」をクリックして、お客様番号やパスワードを入れると下の画面が出てきます。 

f:id:monteverde-aroma:20180713013008p:plain

「往復」で調べると、希望する日の前後3日間の空席を探せます。

あいにく、モントリオールへの直行便には空席がなく、トロント経由にすることになりました。

しかし、「空席あり」と出ても、そこにはエコノミークラスや経由便も含まれているためさらに確認が必要です。

 ② UAサイト

そんなときに役立つのが、UAの特典航空券を探すサイトです

f:id:monteverde-aroma:20190331115503j:plain

UA(ユナイテッド航空)フライト予約 を利用しました。

無料会員登録が必要です。「複数の目的地」を選ぶと、1つずつ空席が表示され、全旅程の空席を簡単に検索できます。

2019年当時の画面

1週間分の空席が出てきました。

しかし、これはUAの特典航空券の枠なので、ANAのほうに解放されているとは限りません。

あくまでも目安ですが、で囲んだ「ビジネス/ファーストセーバー特典」で空席があると、ANAのサイトでも空席が見つかりました。

UA 30日カレンダー

1週間空席表示の下にある「30日カレンダー」を表示させると・・・

f:id:monteverde-aroma:20190331124403j:plain

さらに、UAのサイトでは、30日分の空席が検索できるのです。素晴らしい!

しかし空席がない・・・。

目的地や日付を変えて、検索しました。

大西洋横断

カナダから大西洋横断する便を探すのが一番難しいので、この「30日カレンダー」を最初に見ておけば、日程の組み方も簡単かもしれません。

今回は、1週間のカナダ滞在の中で、ロンドン(LHR)、ウィーン(VIE)、ミラノ(MXP)、ワルシャワ(WAW)行きの空席(ビジネスクラス)を発見しました。

空席に合わせて、カナダ出発日(=大西洋横断)を決めます。

ヨーロッパでの経由地はどの国でも良かったのですが、LHRを含むと税金が高くなるので却下しました。

使用機材を調べてみると、WIEまではオーストリア航空のB767で、MXPとWAW行きはB787でした。

長距離なので機内の快適性を考慮して、MXP(エアカナダ)か WAW(ポーランド航空)の2択となりました。

 ③ 全旅程の距離計算

ここからは、全旅程を 20,000 miに収められるよう距離を確認します。ふたたび「Great Circle Mapper」を使います。

【総距離数】

HND   MXP   HND :20,718 mi

HND   WAW   HND:21,428 mi

初・ポーランド航空も気になったのですが、WAW 経由にすると、その先の BKK (バンコク)までの直行便がなく、FRA (フランクフルト) 経由になってしまい、全旅程距離数が増えてしまいました。

なので、エアカナダのMXP行きの便を選択しました。

f:id:monteverde-aroma:20190407054113j:plain

しかし、全てを特典航空券でカバーしようとすると、トータルが20,000 miを若干オーバーしてしまいます。

なので、一番距離が短い、シャーロットタウン(YYG)からトロント(YYZ)の片道チケットを買うことにしました。

HND   YYZ  (Surface)YYZ  MXP  BKK   HND

特典航空券に含まない状態 Surface(サーフェス)にすることで「19,886 mi」となり、保有している「115,000のANAマイル」で特典航空券を発券できるようになりました。

Surface

距離数を節約する、もしくは空席が見つからない区間はサーフェスを利用する。

Surfaceは、地上輸送区間を意味し、この区間にかかる費用は別途必要ですが、移動手段の制限はありません。

航空機を使う場合でも、特典航空券の場合は、サーフェス部分の距離 (マイレージ) が加算されません。

ただし、有償航空券の場合は、Surfaceの部分も加算されます。

今回は、一部ダウングレードさせて予約しましたが、空席が見つからず他の旅程を無理やりくっつけて距離数を増やすより、サーフェスを利用して、その区間を乗り切る方法もあると思いました。

特典航空券のメリットを活用しない手はないです。

ダウングレード部分は、ビジネスクラスに空席が出たら、ビジネスクラスに予約変更できます。

 予約と発券

ANA国際線特典航空券のご予約・お申し込み から「会員ログイン」して、下の画面を出します。

f:id:monteverde-aroma:20180713013144p:plain

先ほどUAのサイトで調べた日程の便が、ANAの方で取れるか?こちらで確認します。

すると、UAのサイトで解放されていた「ミラノ

内訳費用(円)
燃油サーチャージ等29,700
発券手数料  2,160
有償航空券12,800
合計44,660