airline UAE

【ドバイ】アール マクトゥ-ム国際空港 (DWC) と 緑のカタール・AL MAHA航空

2019-02-12

f:id:monteverde-aroma:20190202131429p:plain

ドバイには2つの国際空港があります。日本からの便が発着するのは、ドバイ国際空港(DXB)です。今回は、砂漠の中にできたもう一つの空港「アール マクトゥ-ム国際空港:DWC」を利用してみました。

ドバイの国際空港

{D1DB2217-75D1-47A0-9FAF-E78B73F0ABDF}

ドバイ国際空港 (DXB) は、市内までメトロで行くことができますが、タクシーでも15~20分くらいでアクセスできるとても便利な空港です。

もう一つの空港 アール マクトゥ-ム国際空港 (DWC)  は、市内からタクシーで50分くらい、砂漠の中にあります 。私が行ったときは、エミレーツ航空、および外資系の貨物便が中心に発着していました。なので、DWCの周辺にはIKEAなど有名な企業の大型倉庫がたくさんありました。

アール マクトゥ-ム国際空港

この時は、UAEとカタールが国交断絶していなかったのでカタール航空で行くことができました。カタール航空のシンボルカラーはワインレッドですが、同じロゴで緑の飛行機がありました。AL MAHA Airways というカタール航空の子会社です。ただし、カタール航空の便名(QR×××)なので、行ってみるまでは分かりませんでした。

AL MAHA Airways

f:id:monteverde-aroma:20190201054623p:plain

同じロゴで緑の飛行機。なにか不思議な感じで搭乗しました。

f:id:monteverde-aroma:20190201054711p:plain

安全のしおりも緑でした。ビジネスクラスで予約したのですが、この区間はファーストクラスとエコノミークラスしかないため、アップグレードされました。ドバイまでは、真ん中に通路が1本の小型機で、座席はJAL国内線・クラス J のような感じでした。しかし、45分ほどの短いフライトでも飲み物と食事サービスがあります。座席はくらすJでもサービスはファーストクラスです。

f:id:monteverde-aroma:20190201054653p:plain

Welcomeから離陸

f:id:monteverde-aroma:20190201054819p:plain

f:id:monteverde-aroma:20190201054831p:plain

ウェルカムドリンクもあります!中東らしく、アラビックコーヒー(デイツ付き)です。丁寧に「聞きなれていると思うけど・・・(笑)、いつもご利用ありがとうございます。」とプラチナメンバーへの挨拶もありました。

f:id:monteverde-aroma:20190201054843p:plain

空港には王室専用のターミナルがありました。

f:id:monteverde-aroma:20190201054855p:plain

滑走路へ進み、離陸。

機内食

f:id:monteverde-aroma:20190201054752p:plain

東京ー大阪のような距離ですが、食事は2種類から選べます。クレープにしてみました。

{37C98CD8-F583-401E-BAC8-0BFB32C0C031}

離陸後3分で食事の用意が始まり、5分後には運ばれてきました。手前の真ん中がホットクレープ、温かいパンもあり美味しかったです。フライトタイムが短いので、かきこむ感じですが・・・。

降下中

f:id:monteverde-aroma:20190201055000p:plain

{23A429F9-B101-4408-B92E-BE56B2EBEFA6}

{8C564C69-6DD9-4FDC-B498-D9B49843F55B}

今はなき、カタールのドーハからドバイへのフライトです。あっという間に アール マクトゥ-ム国際空港 に到着ですが、いつもとは違った景色を見ながら町中を過ぎていきます。

momoka
空港から市内へ行くので、ここで降ろして欲しいです(笑)

f:id:monteverde-aroma:20190201055013p:plain

砂漠の中に滑走路が見えてきました。いつもとは違う景色を見ながら着陸しました。

着陸後の導線

{78BE3578-A31E-498A-B0AF-0966AC52D6C1}

アール マクトゥ-ム国際空港 では、ターミナルからだいぶ離れたオープンスポットに到着しました。2017年時点ではターミナルが完成していなかったので、バス移動ですが、 バスの中が死ぬほど寒かったことを覚えています。

f:id:monteverde-aroma:20190201052948p:plain

f:id:monteverde-aroma:20190201052900p:plain

このときは、入国審査への入り口も仮設でした。多分、他の国だと、こんな感じでの運用はないはずなので、貴重な体験です。そして、ターミナルまでの仮設通路も死ぬほど寒かったです!よく見ると、エアコンが3m間隔で設置されていました。寒いはずです。入国方法は、ドバイ国際空港と同じです。

f:id:monteverde-aroma:20190201053005p:plain

両替もできます。

f:id:monteverde-aroma:20190201053045p:plain

入国まではものすごい状態でしたが、内部はしっかり運営しています。両替所・ATM・インフォメーションカウンター・免税店・無料wifi.といった必要なものは揃っていました。町中までの行き方をインフォメーションカウンターで尋ねて、外へ出ました。

f:id:monteverde-aroma:20190201053057p:plain

今後、ドバイ国際空港 (DXB) まで市内を経由していくメトロも開通するようです。しかし、このときの交通手段は、バスとタクシーだけでしたので、タクシーを利用しました。ドバイのタクシーはメーター制で、物価に比べると安価に利用できます。

アール マクトゥ-ム国際空港から市内まで

f:id:monteverde-aroma:20190201053138p:plain行ったのは3月です。到着した朝9時ごろの気温は18度で爽やかでした。市内にあるラッフルズホテルまでは140ディルハム (4,200円位)でした。道も空いていたので40分位で到着しました。

空港のバス停

{89912AA7-8317-4874-81B3-9B6E239E9EF2}

ちなみに、アルマクトゥ-ム国際空港のバス停は、出発ターミナルの入り口近くにありました。

f:id:monteverde-aroma:20190201053243p:plain

ドバイメトロのレッドライン「イブンバドゥータ (Ibn Battuta) 駅」まで50分くらい乗車し、そこから地下鉄に乗り継いで街中に出るようでした。

{8A143B8F-558D-49F7-9DA3-95606A9CBA36}24時間運行ですが、このときは1時間に一本しか運行していませんでした(2017年3月現在)。

f:id:monteverde-aroma:20190201053322p:plainバスチケットは、ターミナル内にあるインフォメーションカウンターでも買えますが、メトロに乗り継ぐなら ノル (Nol) カード が便利です。バス乗り場の販売機で買えるようです。

世界一美しいスターバックス

ちなみに、バスが発着するメトロの Ibn Battuta駅 のそばには イブンバドゥータ・モール があり、そこには世界一美しいと称されるスターバックスがあります。

f:id:monteverde-aroma:20190212190544j:image

ドバイ観光の途中で立ち寄るには、おすすめの場所です。

出国

f:id:monteverde-aroma:20190201053357p:plain

帰りも、アール マクトゥ-ム国際空港 を利用しました。出国のためパスポートコントロールも仮設でした (多分、今はきれいにできていると思います)。ここからは撮影禁止ですので写真はありませんが、セキュリティは結構厳しかったです。

空港ラウンジ

{C2498EAC-1241-468A-9899-12AB738CA74E}f:id:monteverde-aroma:20190201053503p:plain

市内にあるドバイ国際空港も、エミレーツ航空以外の空港ラウンジは質素なのですが、仮設のアール マクトゥ-ム国際空港 もドバイとは思えないほど寂しいラウンジでした。スタッフの方は親切なのですが・・・建設途中の空港なので、あるだけいいのかしら?

f:id:monteverde-aroma:20190201053443p:plain

やっぱりデイツは美味しかったです。雰囲気が(私の中の記憶にある)中央アジアの空港ぽい感じがしました。でも、寂しいお食事…と思っていたら、温かいお食事はオーダー制でした。

さいごに

ドバイへの航空券を買ったとき「DWC」となっていたら市内から離れている アルマクトゥ-ム国際空港ですので、ご注意ください。

アール マクトゥ-ム国際空港 (DWC) は、ドバイ国際空港 (DXW) と比べると質素すぎる空港でしたが、今後凄い空港になる気がします。エミレーツ航空と海外のエアラインを分けるのか、貨物機専用として利用するのかは分かりませんが・・・。

最後までご覧いただきありがとうございます。

-airline, UAE

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5