Japan

白い美術館 ~青森県立美術館~

2020-04-16

白い美術館(青森県立美術館)へのアクセスと「あおもり犬」などについてご紹介したいと思います。

青森県立美術館

f:id:monteverde-aroma:20190215174618j:image

青森県立美術館は、2006年7月に青森市にある三内丸山遺跡の隣に開館した美術館です。

雪と白い美術館が見たくて、冬に行ってきました。

奈良美智や棟方志功など地元の作家を中心とした国内の作品はもとより、世界的画家シャガールの作品を収蔵していることでも知られています。

真っ白の美術館の建物は、三内丸山縄文遺跡から着想を得て設計されたもので、他では見られないユニークな建築構成です。

新型コロナウイルス対策

現在、青森県立美術館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ソーシャルディスタンスやマスク着用など対策が求められています (6月30日現在) 。また、以下のような注意事項があります。

  1. 来館にあたっては、【新型コロナウイルス感染予防のための対応とお願い】へ協力をお願いします。
  2. 当面はコレクション展のみの開催となります。
  3. 「あおもり犬」を見る際は、手を触れないようしてください。
  4. キッズルームは、当面の間、閉鎖します。
  5. 休館日は通常のとおりですが、開館時間は当面の間、9:30から17:00までです。

出所:http://www.aomori-museum.jp/ja/blog/1853.html

なお、今後の感染拡大状況により、再度、休館になる場合もあります。

お出かけの際には、公式サイトやツイッター等で最新の情報をお確かめください。

アクセス

f:id:monteverde-aroma:20190215174536j:image

青森県立美術館へは、新幹線が通る新青森駅 (東口) から「ねぶたん号」というルートバスに乗り、「県立美術館前」で下車します。

また、青森駅からは、6番バス停から「三内丸山遺跡行き」のバスで約20分、「県立美術館前」で下車します。

車でのアクセスなら、「東北縦貫自動車道青森IC」から約5分、「青森自動車道青森中央IC」からは約10分です。

青森県立美術館には第2駐車場まであり、収容台数も多いうえに駐車料金は無料なので、車があればアクセスはとても便利です。

ねぶたん号

f:id:monteverde-aroma:20200416063537j:plain

ただし、ねぶたん号は本数が少ない(このときは1時間に1本でした)ので、行きはタクシーに乗りました。乗車時間は10分です。

青森県立美術館に到着しました

青森県立美術館は、入場者数300万人を7年で達成した人気の美術館です。

f:id:monteverde-aroma:20190215174512j:image

建物の入り口まで、サクサクの雪の上を歩いていきました。こういう雪なら嬉しいです。先客がいるようです(笑)。

f:id:monteverde-aroma:20190215174552j:image

「青森県立美術館」と書かれた文字をはじめ、案内表示は 青森フォント でまとめられています。

f:id:monteverde-aroma:20190215174557j:image

館内も白で、不思議な空間が広がっています。

2021年2月28日(日)まで、シャガールの アレコ 全4作品を展示しているそうなので、休館が終わったら、また見に行きたいと思っています。

展示作品については、こちらをどうぞ >>> 常設展示作品

あおもり犬

f:id:monteverde-aroma:20190215174612j:image

郷土の作家、奈良美智氏によって建築された あおもり犬 です。

常設展示室からつながる屋外トレンチに設けられた高さ8.5m、幅6.7m、奥行き9mの立体作品です。季節によって帽子をかぶっていたりするようです。

6月19日(金曜日)か屋外連絡通路を開通することとなり、あおもり犬 を外で直接見ることができるようになりましした(ただし、触れることはできませんが)

休館中の4月13日に、 あおもり犬 の洗浄作業が行われたそうです。

「いつでもきれいな状態で見ていただけるように」と例年通り作業を行い、作業員6人で洗剤をつけたスポンジや高圧洗浄機で表面を磨いたそうです。

カフェ「4匹の猫」

f:id:monteverde-aroma:20190215174547j:image

現在の営業時間は、11:00から15:00まで(14:30ラストオーダー)になっています。

美術館にあるカフェやレストランが大好きなのでよく行くのですが、この「cafe 4匹の猫」には、芸術家・山内文夫画伯が描かれた幻想的な絵本仕立てのメニューがあります。

美術館でアートに触れた後、ゆっくり食事することにしました。

f:id:monteverde-aroma:20190215174542j:plain

f:id:monteverde-aroma:20190215174518j:plain

青森の食材を使った料理も楽しめますが、他の方のブログでおすすめだったカレーにしてみました。

青森県産牛とたっぷりのタマネギと青森産りんごをソテーして、丁寧に煮込んだこだわりのカレーです。

入場料 (常設展)と開館時間

区分個人団体 (20名以上)
一般510円410円
大学生・高校生300円240円
中学生・小学生100円80円

※観覧料のお支払いは現金のみとなります。クレジットカード等は利用できません。

※棟方志功記念館とともに観覧する場合、団体料金にて観覧できます。

開館時間

当面の間、6月からの夏時間(9:00-18:00)の営業は見送り9:30-17:00の開館となります。

最新のスケジュールはこちらでご確認ください ⇒ 青森県立美術館・スケジュール

さいごに

青空と白い雪の中にポツンと建っている美術館、スタッフの方のユニフォームもとても可愛く、本当に素敵な場所でした。

青森県立美術館は、新型コロナウィルスが収束したら、秋など別の季節にも行ってみたいです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

-Japan

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5