lounge Taiwan

【2019年】桃園空港・ラウンジ巡り ~ターミナルが違うJALとCXラウンジは、はしごできる?~

2019-07-04

「旅とアロマ」にお越しくださり、ありがとうございます。

台湾の桃園国際空港には、たくさんのラウンジがあって、ラウンジファンにはたまらない場所です。今回行きたかったのは、JALとCX (キャセイパシフィック航空) のラウンジです。しかし、それぞれ、別のターミナルにあります。別々のターミナルにあるワンワールドのラウンジは、両方行くことができる?今回試してみました。

※2019年の体験記です。現在とは異なっている場合もありますので、参考程度にお読みください。

スポンサーリンク


チェックイン(JAL)

帰国はJAL便、ターミナル2発着です。

チェックインカウンターの場所を探すため、ターミナル中央にある電光掲示板で確認しようとすると、すぐそばのインフォメーション・カウンターの男性に声をかけられました。『どこ行くの?JAL?1番だよ~ (#^^#)』と、満面の笑みで見送ってくれました。

旅行自体も楽しかったのですが、彼の笑顔と親切な対応にも癒され、ますます台湾が好きになりました(^^)

さて、1番に向かいます。

JALのカウンター

f:id:monteverde-aroma:20190701065805j:image

久しぶり来てみると、ターミナルが横に少し広がっていて、JALのカウンターがその延長部分に移動していました。

6時40分から搭乗手続きが開始されているようでした。

100ml以上の液体類があるので、「Fragaile(割れ物)タグ」をつけてもらい、荷物を預けます。

f:id:monteverde-aroma:20190701065800j:image

貨物室へ預ける荷物は、すぐ隣でセキュリティチェックが終わるまで待ちます。OKならそのまま出国ゲートへすすみます。

台湾・桃園国際空港 (TPE) のセキュリティチェック(保安検査) には、プライオリティレーンはありません(2019年7月当時)。

朝7時すぎですが、けっこう列ができていました。早めに空港に来ていて良かったです。

空港ラウンジ

桃園国際空港(TPE)には、複数の空港ラウンジがあるので早くに行ってラウンジホッピングも楽しめます。

プライオリティパスで入れる「PLAZA PREMIUM LOUNGE 」もあります。

日本以外のアジアの空港はラウンジが充実しています!

JALラウンジ

※ 2023年5月現在、JALで出国する場合、台湾桃園国際空港では、「Plaza Premium Lounge」と「Oriental Club Lounge」を利用できます。

JALのラウンジは「ゲートD」の方にあり、かなり歩きました(ただゲートに近いので問題はなかったですが)。

※2023年現在、このラウンジがどうなっているか不明です。

f:id:monteverde-aroma:20190701065915j:image

2017年にできた比較的新しいラウンジです。

f:id:monteverde-aroma:20190701065909j:image

豪華さはありませんが、ゆったりと寛げそうです。

f:id:monteverde-aroma:20190701070042j:image

お酒類は、ちょっと寂しいラインナップ。

f:id:monteverde-aroma:20190701070048j:image

赤ワインは・・・いつ開けたのだろう、的な感じでした。

f:id:monteverde-aroma:20190701065955j:image
f:id:monteverde-aroma:20190701065949j:image

スターアライアンスのラウンジに比べると種類はかなり少ないですが、点心もあり美味しかったです。

f:id:monteverde-aroma:20190701070247j:image

朝ご飯♡ それでもしっかり頂きました。

f:id:monteverde-aroma:20190701070302j:image

カレーもありました。

けっこうシャバシャバ系でスープカレーかと思いましたが、ちょっと和風で美味しかったです。

ターミナル1へ移動

桃園国際空港には、には、ターミナル1と2の2つのターミナルがあります。

通常、ターミナルが異なると、別のターミナルにある空港ラウンジへは行けないのですが、桃園国際空港の場合、中でつながっていて移動可能です。

f:id:monteverde-aroma:20190701070312j:plain

なので、ターミナル1にある「キャセイパシフィック航空」のラウンジにも行ってみました。

※ キャセイパシフィック航空のラウンジは、当面の間閉鎖中です2023年5月7日閲覧)。

f:id:monteverde-aroma:20190701070322j:plain

ちょっと遠いのですが、表示に沿って歩けば、簡単に行き来できます。

f:id:monteverde-aroma:20190701065812j:image

途中(無料で使えるのかしら?)おしゃれなラウンジもありました。

PLAZA PREMIUM LOUNGE

f:id:monteverde-aroma:20190701070214j:image

PLAZA PREMIUM LOUNGEも2つありました。

f:id:monteverde-aroma:20190701070237j:image


2019年6月現在、プライオリティパスやダイナースなどのカード保持者や、指定の航空会社のビジネスクラスの旅客が利用できるようです。

以前は、JAL便搭乗時も PLAZA PREMIUM LOUNGE だったようです。

こちらの方が、シャワーもあってお食事の種類も豊富で良かったなぁ・・・。

CXラウンジ

f:id:monteverde-aroma:20190701070218j:image

JALラウンジから15分ほど歩いて、お目当ての キャセイパシフィック航空 (CX) ラウンジ に到着しました。

ターミナル1のラウンジが集まっているエリアの一番奥にありました。今回は、ワンワールドステイタスの恩恵を受けて入ることができます。

f:id:monteverde-aroma:20190701070242j:image

中は、香港にあるキャセイパシフィック航空のラウンジを彷彿させる落ち着いた雰囲気です。とても広いのでゆっくり休めます。

ヌードルバー

f:id:monteverde-aroma:20190701070327j:image


桃園国際空港のラウンジにもヌードルバーがありました。最後に担々麺を!と思っていたのですが、残念ながらなくなっていました。

なので、最後は 牛肉麺(ニュウロウミェン、台湾語: グーバーミー)をいただきました。牛肉麺は、煮こんだ牛肉 とスープ、弾力の麺からなる台湾名物です。スープの色は濃いのですが、さっぱりした味付けでした。

f:id:monteverde-aroma:20190624093223p:plain

飲み物

f:id:monteverde-aroma:20190701070253j:image

入口付近にはサラダなどの軽食、真ん中に点心もあるヌードルバー、そして一番奥には、バーカウンターがありました。

こちらでコーヒーなども淹れてもらえます。機械じゃないのが嬉しい♡

f:id:monteverde-aroma:20190701070228j:image

バーカウンターには(朝だから?)パンも並んでいて、自分で温めることができます。このトースターがかわいい♪

f:id:monteverde-aroma:20190701070307j:image

飲み物のメニューも豊富です。

朝なのでノンアルコール・・・と思ってみているとBubble Milk Tea(バブル・ミルク・ティー)を見つけました。

なので台湾旅行の最後はコチラ

f:id:monteverde-aroma:20190701070208j:image

タピオカミルクティーにしてみました。ちょっとタピオカが少ない(笑)けどね。美味しかったです。

スポンサーリンク


さいごに

f:id:monteverde-aroma:20190701070317j:image

桃園国際空港は、ターミナル1とターミナル2が中で繋がっているので、徒歩で移動できました。他の空港では、中からターミナル移動できないので貴重なつくりの空港です。なので、2019年の台湾旅行の最後は、JALとキャセイパシフィック航空、両方のラウンジを楽しむことができました。

キャセイパシフィック航空のラウンジが再開したら、またラウンジホッピングを楽しみに行きたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-lounge, Taiwan
-, ,