Tokyo-disney

【2022年】幸せを感じる!“トータリー・ミニーマウス”ディナーブッフェ!! ~シャーウッドガーデン・レストラン~

2022年1月18日から3月30日までの間、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、ミニーマウスの魅力を思う存分に感じられる “トータリー・ミニーマウス”を開催中です。

同時期、東京ディズニーランドホテルのレストランでも、“トータリー・ミニーマウス”のスペシャルメニューが提供されています。

今回は、見ているだけで明るい気分になれる “トータリー・ミニーマウス” のディナーブッフェをご紹介いたします。

シャーウッドガーデン・レストラン

「シャーウッドガーデン・レストラン」は、東京ディズニーランドホテルにあるレストランです。

ヴィクトリア朝様式の庭園「シャーウッドガーデン」に広く面していることから、その名が付けられたそうです。

ブレックファスト・ランチ・ディナーの時間帯に食事が提供されており、どの時間帯も全てブッフェスタイルで、豊富なメニュを楽しむことができます。

お子さま向けに少し低めのブッフェカウンターがあり、ランチやディナーでは、専用のミッキープレートにおこさまご自身で自由に盛り付けできます。

詳細

  • 座席数:298席
  • 予約受付:レストランの事前受付(プライオリティ・シーティング)対象店舗です。
  • バリアフリー:車いすのままでもご利用いただけます。
  • 食物アレルギー対応:特定原材料7品目および特定原材料に準ずるもの18品目を使用していない低アレルゲンメニューが用意されています。

低アレルゲンメニューの詳細は こちら をご覧ください。

営業時間

時間
朝食6:30~10:00
昼食11:30~14:30
夕食17:00~21:30(平日)
16:30~21:30(土日祝)
(2022年2月現在)

※ 2022年1月21日(金)より、ディズニーホテルに宿泊されないゲストの最終入店は20:00までとなっています。

  • 変更の可能性もありますので、最新情報は こちら をご覧ください。

17時ごろ、夕暮れの雰囲気、少しずつライトアップが始まった「東京ディズニーランドホテル」へ。

プライオリティシーティングの予約は 17時110分からだったのですが、行ってすぐに入れました。

まるでお城のような内装に、大人でも心躍ります。

前回行った CANNA(カンナ)は、この階段の左側にあります。

今回は、右の方へ進みました。

こちらも、まるでお城のレストランかのような入り口です。

“トータリー・ミニーマウス”ディナーブッフェ

ところで、"トータリー・ミニーマウス” のブッフェはランチとディナーがありますが、内容は少し違います。

今回は、ディナーブッフェを体験してきました。

値段(ディナー)

・大人(13才以上)平日¥5,200/土日祝¥5,700
・中人(7~12才)平日¥3,500/土日祝¥3,500
・小人(4~6才)平日¥2,500/土日祝¥2,500

(前回もそうだったのですが)一人だと、窓側の席に案内されることが多いようです。

初めてのゲストには丁寧に説明してくれるのですが、初めてでない場合、簡単な説明だけです。

非接触が推奨されている昨今、考えられているなぁと感じます。

メニュー

メニューの一例をご紹介します。

  • ツブ貝とタコのハーブマリネ 白ワインジュレ添え
  • 豚バラ肉のサラダ ハニーマスタードソース
  • 鶏腿肉の山椒焼き
  • サーモンのパン粉焼き 白ワインソース
  • ラズベリーチョコレートデニッシュ
  • 生ハムとチーズのブレッド
  • ラズベリークリームケーキ
  • ミックスベリータルト

上記の他にも、サラダや魚料理、そしてローストビーフまで並んでいました。

まずはサラダから。

ゼリーで作られたミニーちゃんの可愛い飾りがあったので、いただいてきました(^^)

どれも美味しそうで、つい取りすぎてしまいそうですが、種類が多いので要注意です(笑)

冷製オニオンスープ

冷製オニオンスープ・シナモン風味

バターでソテーしたオニオンとブイヨンでポタージュに仕上げたスープです。

スープの上には、野菜のビーツのピューレで描かれた「ミニーマウス」がいました。

ほんのり香るシナモンナがアクセントになっています。

蒸し白身魚

冷製オニオンスープの前にある白いものは、蒸し魚のお料理です。

丸ごと蒸した魚に、ナンプラー(タイ料理に使う魚醤:ぎょしょう)をかけていただきます。

パクチーを添えると、懐かしのタイ料理の味がしました。

今回一番好きなお料理だったので、しっかりお代わりしました(^^)

ローストビーフ

こちらは、本格的な味でした。

ホースラディッシュ(西洋わさび)もしっかりとした辛みがあって、グレイビーソースとともに美味しくいただきました。

付け合わせのキャベツの焼き具合が抜群で、キャベツの甘さを引き出していて、めちゃくちゃ好みの味でした。

牛肉の赤ワイン煮とポテト

牛肉の赤ワイン煮。

ホロホロに崩れるお肉が美味しい一品でした。

奥にあるのは、ピスタチオのパンとフレンチフライ。

この時期、東京ディズニーランドではフレンチフライの販売を中止していたので、たくさんいただいてきました。

その他

リングイネのボンゴレロッソとエビチリ。

どちらも大好きなお料理なので、つい多めに取ってしまったのですが、ちょっと期待していた味ではありませんでした。

どちらも、ニンニクがあまり効いていないのです。

お子さまにも食べやすくしているのかなぁ・・・。もっと、インパクトが欲しかったです。

デザート

ゲストの席に近いブッフェ台の中心は、ミニーちゃんの尽くしのデザートです。

早い時間に入れたので、きれいな状態の写真を撮ることができました。

ピンク色の生地と白い水玉模様がかわいいロールケーキ。中にはイチゴを使った練乳クリームがたっぷり!

ただ、次にロールケーキを取りに行ったとき、このリボンはなくなっていました。

スフレチーズケーキの上のミニーちゃんの写真も、先着1名さまです。

こちらも競争率の高い、ミニーちゃんのマカロン。

全て、競り負けてしまいました( ノД`)。

マカロン、食べたかったなぁ・・・。写真を撮っている場合じゃなかったですね。

デザートは春らしく、イチゴやベリー尽くしです。

目で見て楽める、豪華なラインナップでした。

ケーキ類の味はふつう(←正直ですみません)ですが、シャーウッドガーデン・レストランのブッフェは、ディズニーの世界にどっぷり浸ることができます。

スペシャルドリンク

ミニーマウスをイメージした可愛いメニューです。

カルピスやストロベリーシロップ・ソーダなどをベースに、ストロベリーホイップやココアクッキーで、ミニーちゃんを描いているようです。

こちらは、「夢見るミニーマウス」をテーマに、『ディズニー・プリンセス・デイズ』のミニーマウスをイメージしたものだそうです。

  • 提供時間帯:ランチ/ディナー

感染防止対策

入店前、「食事以外の時はマスク着用をお願いします」と、キャストの方から案内がありました。

店内は広く、テーブルの間隔も広めにとられていました。

また、複数の人(4人以下)で1つのテーブルを使用する場合には、アクリル板も設置されています。

早い時間に入ったのですが、気が付けば、周囲の全てのテーブルが埋まっていました。

ただ、窓側はひとりの人が多かったので、蜜を感じることはありませんでした。

また、お子さまも多かったのですが、皆さん静かに食事されていました。

せっかくホテル側が工夫してくれても、ゲストが注意しないと台無しになってしまいますものね。

ビニール手袋

料理を取る際には、ブッフェカウンターの手前に用意されているビニール手袋をつけます。

これは他のレストランも同じなのですが、ディズニーのブッフェでは、機械(送風付きの台)の上に、ビニール手袋が設置されていました。

機械に手を近づけると手首の部分から風が入り、ビニール手袋が膨らみます。そこへ、手を入れれば装着完了です。

また、一度使ったビニール手袋は、再び使いません。

1回使ったビニール手袋をテーブルの上に置いておくと、キャストの方が回収してくれます。

いつも、使いまわしする手袋の装着に疑問を抱いていたので、そこは、さすがディズニー!と思いました(コストがかかるとは思いますが)。

さいごに

東京ディズニーランドホテルにある「シャーウッドガーデン・レストラン」の “トータリー・ミニーマウス”スペシャルメニュー(ディナー)をご紹介いたしました。

上でご紹介した以外のお料理もたくさんあり、大食漢の私でも、全ての種類のお料理を食べることができませんでした。

何より、見ているだけで幸せな気分になる、ミニーちゃんのデコレーションに惹かれました♡

値段は決して安くはないのですが、丁寧なサービスやコロナ禍での工夫などの安心感もあり、ついディズニーのホテルに足を運んでしまうのです。

2022年3月30日(水)までと、期間が長いのも嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-Tokyo-disney
-, ,