hotel-japan Tokyo-disney

朝から楽しさ全開!早朝の散策とロッツォ・ガーデンカフェの朝食!!

トイ・ストーリーホテルの宿泊2日目は、早い朝から始まりました。

朝5時すぎ、誰もいないホテルを散策しよう!と思って、早起きしました。しかし、同じことを考えている方はいらっしゃいますね( ´艸`)

そんな早朝散策中、トイ・ストーリーホテルであまり知られていない景色を見ることができました。

そして、お腹を空かせた後は、朝食・ロッツォ・ガーデンカフェへ。

今回は、早朝のホテル散策と、ロッツォ・ガーデンカフェの朝食をご紹介いたします。

早朝の散策

幸せな気持ちで爆睡した翌日、前日の大雨がウソのような爽やかな朝となりました。

煙突から煙!?

ホテルの車寄せのすぐそばに、まるで段ボールで造られたような「ジェシーのクリッターコテージ」があります。

これは、一部の小さなおもちゃや、動物たちの場所です。中へ入ることはできません。

ふと見ると(写真では雲に紛れてしまっていますが)、煙突の先から煙が出ています。

この建物は、単なるオブジェではないようです。

トイ・ストーリーホテルが建てられたのは、元東京ベイNKホールがあった場所です。

OLC(オリエンタルランド)は「旧東京ベイNKホール」の土地と地下の電気設備を取得。ただし、設備のうち両隣のホテルが使う部分は両ホテルを所有する第一生命が引き続き保有する。

日本経済新聞

ヒルトン東京ベイ の資料によると、隣接するNKホール地下のユーティリティセンターからエネルギー供給を受けているそうです。

つまり、この建物は、旧東京ベイNKホールの煙突だった部分で、その地下には、ヒルトン東京ベイだけでなく、ホテルオークラ東京ベイの施設も支えているボイラー室や排水処理施設などが残っているようです。

その煙突部分をジェシーのクリッターコテージとして見せるとは!面白い趣向ですね。

ヒルトン東京ベイから見た時も早朝に煙が立ち上っていたので、朝食の用意をしているのかしら?と思っていたのですが、どうやらそうではないようです。

朝早くに上がる煙とこの施設との関係は分かりませんでした。でも、単なる段ボール風の建物ではないようです。

(勝手に)トイ・ストーリーホテルの謎としました(^^)

スリンキードッグパーク

バズの背中は、一晩中、ホテルの敷地内の安全を守っていてくれていたような雰囲気を醸し出しています。

夜のライトアップも素敵ですが、空気が澄んでいる朝5時過ぎの散策もおすすめです。

こちらは、まだライトが点いていました。

少しずつ明けてくる空。

駐車場から見下ろすスリンキー・ドッグパークも景色も必見です。

ホテルの敷地からスリンキー・ドッグパークの入り口までは緩やかな坂道になっているのですが、これも旧東京ベイNKホールの土台の上に作られているからなのでしょうね。

詳細は不明ですが、いろいろ想像すると、また違った楽しみ方ができます。

トイフレンズスクエア

トイフレンズ・スクエアは、部屋のキーを使って、朝6時から入ることができます。

今回夜のライトアップは見ることができませんでしたが、朝の清々しい空気の中の散策も楽しかったです。

ひととおり散策してお腹を空かせた後、朝食をいただきにロッツォ・ガーデンカフェへ向かいます。

ロッツォ・ガーデンカフェの朝食

今回は、8時半~、少し遅めの朝食です。

夕食と同じく、食券を買って入ります。

朝食もブッフェスタイルです。

朝食の定番メニューも並んでいますが、もちろん、『トイ・ストーリー』のキャラクターたちも隠れています。

朝に写真タイムがあったかどうかは分かりませんが、取り分ける前の可愛いサラダが飾られていました。

ボー・ピープのポテトサラダ(左)とピクサーボールのエッグサラダです。

カップ盛りになっているので、形を崩すことなく楽しめます。

その他、朝も、手の込んだ料理が並んでいました。

ロッツォ・ガーデンカフェは(夕食もそうでしたが)野菜のお料理がたくさんあるのがいいですね。

イチゴを抱えた「ロッツォ・ハグベア」。

『トイ・ストーリー』のロゴがデザインされたミックスベリーのパングラタンです。

エッグステーションはありませんが、パンケーキステーションがありました。

ホイップクリームあり・なしの2種類をもらいました。

パンケーキにかけるソースは、ミックスベリー・メイプルシロップ・チョコレートの3種類から選択できます。

焼きたて、フワフワのパンケーキ!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20190624093223.png

冷製メニューは、他に、豆乳カボチャスープやラタトゥイユ、スモークサーモンと彩り野菜サラダ、ストロベリーキャロットサラダもありました。

種類が多いので、少しずつ・・・

でも、どうしても食べすぎてしまますね。

夕食のブッフェにあった塩焼きそば。

「リトルグリーンメン」や「ロケット形」のニンジンがかわいくトッピングされています。

第2弾は、和食メニューにしてみました。

きんぴらゴボウや西京焼き、アジの塩釜焼き、厚揚げなど、毎日少しずつメニューが変わるようです。

この他、しらすおろし、めかぶ、海苔の佃煮、そして野沢菜などがありました。

フルーツ

フルーツは、夕食と同じラインナップでした。

朝だけのメニューはこちら。一番人気だったマンゴープリン♡

あっという間になくなりますが、すぐに補充されます。

隣にあった(ヨーグルト用の)マンゴーピューレをかけていただきました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20190624093223.png

パン

パンも種類が豊富です。

ロッツォの顔がかわいいストロベリーメロンパン(夕食にもあり)、チョコレートデニッシュ、クロワッサン、ライ麦パン、そしてバゲット。

見ているだけで幸せになるロッツォのストロベリーメロンパンを最後にいただくことにしました。

お皿に山盛りのロッツォが通り過ぎていくのを見ました(笑)。

軽めのメロンパンなのでペロリと食べられますし、見ているだけで幸せな気分になるメロンパンです。

飲み物

飲み物は、夕食ブッフェと同じく、コカ・コーラ、コカコーラゼロ、カルピス、カルピスソーダ、紅茶花伝などソフトドリンクや、コーヒー、紅茶があります。

朝からもアルコールメニューがあります。

アルコール類は、ブッフェ台のサイドにあるカウンター(食券と引き換え)で提供されていました。




さいごに

朝も大満足のロッツォ・ガーデンカフェのブッフェ。ベリー類やいちごを使用したメニューが楽しめます。

こちらも予約を取るのが難しいのですが、諦めずに確認していると、ポコッと空きが出る場合があります。

私も、その瞬間を狙って宿泊日の少し前に予約することができました。

よろしければ、準備編もあわせてどうぞ。

ロッツォ・ガーデンカフェが予約できた ! 宿泊が待ち遠しいトイ・ストーリーホテル!! ~準備編~

2022年4月5日、待ちに待った「 東京ディズニーリゾート・ トイ・ストーリーホテル(以下、トイ・ストーリーホテル)」がオープンしました。 トイ・ストーリーホテルは、国内5番目となるディズニーホテルで ...

続きを見る

朝から笑顔になれる!東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテルの早朝散策と、「ロッツォ・ガーデンカフェ」朝食ブッフェのご紹介でした。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-hotel-japan, Tokyo-disney
-, ,