Australia lounge

【カンタス航空】ファーストクラス・ラウンジ @メルボルン

2018-10-31

f:id:monteverde-aroma:20181007091505j:plain

オーストラリアにあるカンタス航空 (QF) のラウンジは、次々とリニューアルされています。今回は、メルボルン国際空港 (MEL) のリニューアルされた「カンタス航空のファーストクラスラウンジ」に行ってきましたので、ご紹介したいと思います。

ラウンジまでのアクセス

20180918163424

メルボルン出国後、免税店通りを抜け、ラウンジが集まっている場所へ進みます。エミレーツ航空やエティハド航空も自社のラウンジを持っているようです。今回目指すのはQantas First Class Lounge (カンタス・ファーストクラス・ラウンジ) です。

f:id:monteverde-aroma:20180918163454j:image

f:id:monteverde-aroma:20180918163450j:image

案内に沿って、エスカレーターを上がると、JALの指定の Marhaba (マルハバ) ラウンジ の向いにありました。

ゲート9・10番近くのエスカレーターで3階へ

05:15 - 22:45(22時頃から片づけていました)

ファーストクラス・ラウンジ

f:id:monteverde-aroma:20180918192145j:image入り口には緑がたくさん飾られています。自然の中で寛げるような雰囲気のラウンジです。こちらで、ホテルで印刷してもらった搭乗券を出しました。

入室条件

  • カンタス航空およびエミレーツ航空、oneworld 加盟航空会社のファーストクラス旅客
  • カンタスメンバーズ(条件あり)
  • oneworld エメラルド会員

それぞれ、同じ便に搭乗予定の1名を同伴可能です。

ラウンジ・ダイニング

20180918192044

テーブルに座ると、すぐにメニューを持ってきてくれました。

f:id:monteverde-aroma:20180918163619j:image

まずはシャンペンをいただきました。

f:id:monteverde-aroma:20180918163622j:image

つづいて、マッシュルーム・スープとイカのフライを前菜にしました。このマッシュルーム・スープ、ちょっとびっくりする色合いなのですが、キノコの味が濃厚でとっても美味しかったです。

20180918163701

メインは、ステーキがなかったので、ハンバーガーをいただきました。フレンチフライも揚げたてで、食べ応えがあって美味しかったです。

20180918163705

デザートは、アイスクリーム♡好きなだけ頼めるので、バニラとチョコレート、そしてマンゴーにしました。どれも美味しかったのですが、マンゴーが一番好みでした。ラウンジを出る前にもいただいてしまいました^^。

IMG_7871

出発まで時間があったので、2回目のデザートに pavlova (パブロバ) をいただきました。 pavlova (パブロバ) は、生クリームとイチゴ・ラズベリーの上に、サクサク軽い歯触りのメレンゲが乗っているスイーツです。

インスタグラムで見かけて一回食べてみたいなぁ・・・と思っていたのですが、ラウンジで見つけたのでいただいてみました。一見とても甘そうですが、思っていたよりは甘すぎず、美味しくいただきました。

20180918192514

締めは、やっぱりカプチーノです。

寛ぎのスペース

20180918192102

カンタス航空のファーストクラス・ラウンジには、飛行機が見渡せる座席と、落ち着いたソファーの席があります。

f:id:monteverde-aroma:20180918192803j:image
f:id:monteverde-aroma:20180918192806j:image
ワーキングスペース
f:id:monteverde-aroma:20180918163522j:image

備え付けのPCやファックスなどを使えるワーキングスペースもありました。

プライベート・ビジネス・スイート

20180918192058

メルボルンにのファーストクラス・ラウンジには、個室が2部屋ありました。予約制ですが、私が長時間滞在すると知った男性スタッフの方が案内してくれました。他の方のブログでも一人とっても親切なスタッフがいると書かれていたのですが、多分この方では?と思いました。

20180918163658

毛布も用意してくれたので、こちらで暫く休めました。ずば抜けて親切なスタッフのおかげで、より快適な滞在となりました。

20180918163655

朝早く出てきたので、少しお昼寝をして、その後は、PCで調べ物をしたり・・・。もちろん個室内にもプリンターがありました。

シャワールーム

f:id:monteverde-aroma:20180918192431j:image

シャワールームのアメニティーは、ファーストクラスラウンジのスパ商品を提供する「オーロラスパ」が開発した、ラウンジ専用の商品だそうです。ハンドウォッシュ、ボディクリーム、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーなど、フライト前の肌に潤いとリラックスを与える植物成分が配合されています。

いつもはオイル派の私ですが、ここでは、ASPAR のボディクリームを使ってみました。肌がしっとりすべすべになって、フライト前に最適!でした。

オーロラ・スパ

20180918192053

オーロラ・スパ は、夕方オープンのラウンジスパです。受付で予約して、19時からフェイシャルやボディマッサージなど、20分の施術を受けることができます。

20180918192403

メニューも多いので、迷いましたが、機内の乾燥を考え、フェイシャルトリートメントを受けることにしました。

20180918192047

20分間でしたが、気持ちよかったです。

おまけ:マルハバ ラウンジ

とても素敵なファーストクラスラウンジなのですが、JAL便出発の前に営業時間が終わってしまいます。なので、マルハバラウンジにも行ってみることにしました。スタッフが親切なのは一緒ですが、雰囲気はガラリと変わります。

f:id:monteverde-aroma:20181007140312j:image

こちらでのおすすめはこちら。

f:id:monteverde-aroma:20181007140305j:image

今回は、JALのプレミアムエコノミーで帰ります。JALの深夜便では、離陸後に飲み物とスナック(お菓子やお水の袋)しか出ないので、ここではお夜食代わりに、ワンタンヌードルをいただきました。美味しかったです。

まとめ

シドニーのファーストクラス・ラウンジに比べると、少し狭めですが、食事が美味しいので、とても好きなラウンジの一つになりました。飛行機に乗る前の無料SPAもいいですね。

ただし、JALのカウンターが開くのを待っていては、カンタス航空のファーストクラス・ラウンジに立ち寄ってゆっくりするのは難しいようです。なので、今回は、webチェックインして搭乗券を印刷し、荷物を機内持ち込みにしました。液体類 (100ml以上) は機内に持ち込めないので市内で買えなかったのですが、ファーストクラス・ラウンジを思い存分楽しめたので、よかったです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

-Australia, lounge

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5