Australia

パースの観光に役立つ無料バス・CAT

2018-01-31

この記事はこんな方におすすめ

  • パース市内の主な観光地を知りたい方
  • 無料で市内の観光地を回りたい方

西オーストラリアにある緑の楽園パースは、日本からの直行便も就航するようになりました。旅行者にとっても親切な町で、無料で市内を回れるバスもあります。今回は、無料バス・CAT で回った市内の観光地のようすをご紹介したいと思います。

f:id:monteverde-aroma:20180131110822j:image

無料バスCAT

パースの無料バス CAT(キャット) は、市民だけでなく観光客も使える大変便利な交通手段です。CATとは「Central Area Transit」の略で、2018年1月現在、赤・黄・緑・青の4種類あり、10分~15分間隔で運行されています。路線は色分けされていますが、バスの車体にその色がついているのではなく、行き先を示すバスの前方に「RED」や「YELLOW」と、書かれています。

CATで行ける観光地

CATは、朝6時~6時半は15分間隔、6時半~19時半は8分間隔で運行しています。何色のバスに乗るかによって行ける場所も違っており、市内だけでなく、ノースブリッジ・イーストパース・ウェストパースなどにも行くことができます。目印は、車体に描かれた黒い猫のマーク (チーターのように見えました・笑) です。

大きな路線図はこちら >>> 時刻表と路線図

路線図と時刻表

GREEN CATのみ月~金の運行です。それ以外は毎日運航しています。それぞれ運航開始・終了時刻が違います。

RED (赤) CAT

RED CAT は、パースの市内を東西に走るルートです。観光のために下車したのは、「⑥ Perth Mint(造幣局)」と「㉙ クィーンズガーデン」、「⑨ Hay Street」です。

f:id:monteverde-aroma:20180131132116p:plain

⑥ Perth Mint (パース造幣局)

f:id:monteverde-aroma:20180130082714j:image

王立造幣局の支局として1899年に設立され、1970年からは西オーストラリア州政府が所有しています。オーストラリア国内で最も古い造幣局で、見学はツアーになっているそうです。

  • アクセス:⑥のバス停で下車。 Hay StreetとHill Streetの角にあります。
  • 毎日09:00~17:00
  • 休館日:12月25日と26日、1月1日・グッドフライデー(2018年は3月30日)・アンザックデー(4月25日)

㉙ Queens Gardens

f:id:monteverde-aroma:20180130082814j:image

Queens Gardens (クィーンズ・ガーデン)は、キングスパークよりも小さいですが、公園の中には池があり、カモなどの水鳥を間近で見ることができます。

この日は、ランチボックスを持って、ピクニックに行きました。

f:id:monteverde-aroma:20180130082843j:image

ランチをしていたら寄ってきました。特に襲われることもなく、じっと見つめられただけですが(笑)。他の公園もそうでしたが、芝生がフカフカで、地元の方々が木陰でピクニックしたりゆっくり過ごしていました。私たちも仲間入り。ベンチもあるのでゆっくりできました。

  • ㉙のバス停で下車。「Perth Mint」からも歩いて行くことができます。徒歩7~10分。

⑨ Hay Street:ロンドンコート

f:id:monteverde-aroma:20180131135544j:plain

「まるでロンドンのような雰囲気を味わうことができます」とガイドブックに書いてありました。ただ、通りも短くお店も少ないので、ものすごく期待していくとちょっとがっかりします(笑)が、ほんの一瞬、ロンドンに行った気分を味わうことができました。

18時頃にはお店はほとんど閉まってしまいますので、早めに出かけることをおすすめします。バス停を降りて、ロンドンコートを抜けると、路線バスが多く通っているSt. George Trraceの通りに出ることができます。

  • ⑨のバス停下車(Bule・CATの③からも行けます)

Bule (青) CAT

f:id:monteverde-aroma:20180130082531j:image

空港からの路線バスの終点となる「Elizabeth Quay」のバス停から乗って、一周してみました。写真の場所は、「バス停 ②」になります。

f:id:monteverde-aroma:20180130082637j:image

エリザベス・キーは、スワン川からインド洋へと繋がる海の玄関口として2015年に建設されました。2.7ヘクタールの入り江には、フェリー乗り場や、ホテル、カフェ、レストラン、遊歩道などが整備されています。

f:id:monteverde-aroma:20180131111024j:image

BLUE CAT②番のバス停のそばにはスワンベルがそびえていて、スワン川の美しい景色を楽しむことができます。スワンベルのタワー内には十数個のベルがあり、お昼にはベルの音が流れてきていました。タワー内には展望台もあるそうですよ。

f:id:monteverde-aroma:20180131111116j:image

私が行ったときは、開発中でしたが、現在はラグジュアリーホテルの「ザ・リッツ・カールトン・パース」や高級コンドミニアムがオープンしているそうです。この辺りからは美しい夕日も見られました。

YELLOW (黄色) CAT

④ Victoria Gardens

f:id:monteverde-aroma:20180131135118j:image

ビクトリア・ガーデンに行くには、 ④ Victoria Gardens のバス停でおります。公園自体は小さいのですが、階段を降りるとプロムナードがありました。

f:id:monteverde-aroma:20180131135146j:image

プロムナードにはレストランやカフェ並んでいているので、ランチをするには最適な場所です。

GREEN (緑) CAT

Green Cat は、キングスパークの近くまで行く際に便利な路線です。運行は月~金になります。バスに乗って市内観光一周するのに利用しましたが、あまり見どころはなかった気がします。途中、Botanical Garden (ボタニカルガーデン) とあったのでで降りてみました。

Botanical Garden

f:id:monteverde-aroma:20180131135631j:image

ベンチもあるとても閑静な公園です。水鳥以外は誰もいなく貸し切りでした。ただ、わざわざ行くことはない感じです。

キングスパーク

Green CATでキングスパークへ行くには、⑤番で下車すると、近くまで行くことができます。しかし、市内からキングスパークまでは市内の路線バスの無料区間なので「路線バス935番」に乗って行くのがおすすめです

キングスパークへの行き方は、こちらをどうぞ。

さいごに

滞在中、無料バスのCATを利用して市内観光をしていたので、交通費はほとんどかかりませんでした。

最新情報は公式サイトでご確認ください ⇒  CAT時刻表

終バスの時間が早いので、時刻表を確認してお出かけすることを、おすすめします。時刻表はネットでも確認できますが、エリザベス・キーのそばにある観光案内所にも用意されていました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

-Australia

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5