Europe hotel

ホテル ノボテル ロンドン ウェンブリー 宿泊記

スポンサーリンク

f:id:monteverde-aroma:20181219075109p:plain

ホテル ノボテル ロンドン ウェンブリー(Novotel London Wembley) 宿泊記です。

ノボテル ロンドン ウェンブリー

f:id:monteverde-aroma:20181219075038j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181219075001j:plain

ロンドン ホテル|ノボテル ロンドン ウェンブリー

ロビーは24時間対応で、遅く帰って来ても安心できました。ロビーの横には、バーとレストトランがあります。すぐそばに、ウェンブリーアリーナがあるので、サッカーの試合がある日は、ものすごい人が集まっていました。

f:id:monteverde-aroma:20181219085721j:image

ロビーにはPCとプリンターがあり、24時間、自由に使えます。

スーペリア・ツイン

f:id:monteverde-aroma:20181210163313j:image

ノボテル ロンドン ウェンブリー は、スーペリアクラスのホテルですが、とても快適に過ごすことができました。

部屋の広さは十分にあり、スーツケースを2つ広げても問題はありません。ポットもあるので、お部屋にあった無料のコーヒーや紅茶を飲むことができました。ただし、スリッパやガウン、アイロンはありませんでした。お部屋に冷蔵庫があり、お水が1本入っていますが、有料(2.75ポンド)なので、お気をつけください。

バスルーム

f:id:monteverde-aroma:20181219085735j:image

バスタブのある部屋もあるようですが、今回のお部屋はシャワーのみでした。アメニティは、オーガニック系のシャンプー・コンディショナー・シャワージェルと、固形石鹸がありました。イギリスの硬水でも髪や肌がバリバリにならず、良かったです。

朝食

f:id:monteverde-aroma:20181210163307j:image

朝6時~ しっかり準備ができていました。

f:id:monteverde-aroma:20181219085728j:image

おすすめは、焼き立てのクロワッサン!サクサクで美味しかったです。

f:id:monteverde-aroma:20181210163433j:image

f:id:monteverde-aroma:20181210163427j:image

ハムやスクランブルエッグなど、毎日変わりませんでしたが、美味しかったので問題はありません。そのなか、一番のお気に入りは、ハッシュドポテト!食いしん坊にとって、朝食が美味しいホテルは、泊まっていて楽しいです。

f:id:monteverde-aroma:20181210163301j:image

まずは、たっぷりのフルーツからいただきました。下にはヨーグルトが隠れています^^

f:id:monteverde-aroma:20181210163325j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181210163332j:plain

テーブルにはメニューが置いてあり、卵料理などを別途(無料)で頼むことができるようだったので、Pancake(パンケーキ)と、Veggie Omelette(野菜入りオムレツ)を頼んでみました。

周りで誰も頼んでいなかったので心配になり「Free of charge(無料)?」とスタッフの方に確認したら、「Don't worry. No charge(心配しないで、無料よ)」と笑われてしまいました^^ 

パンケーキがフワフワ♡ オムレツも野菜たっぷりで美味しかったです。

早朝出発

f:id:monteverde-aroma:20181226210803j:image

f:id:monteverde-aroma:20181226210811j:image

最終日は朝5時30分に出発だったので、朝食はボックスで用意してくれました。

ホテルのおすすめポイント

  • 清潔で快適
  • リーズナブル

   (冬場)1泊15,000円前後

  • 空港から車で30分
  • 地下鉄の駅まで徒歩5分

f:id:monteverde-aroma:20181210163340j:image

最寄り駅は、「ウェンブリー・パーク(Wembley Park)駅」です。メトロポリタン線 ( Metropolitan line) ジュビリー線 (Jubilee Line) が乗り入れています。

2線は、同じプラットフォームを発着します。どちらの線も5路線が乗り入れている*1市内にある「ベイカーストリート (Baker Street) 駅」に行きます。ただし、メトロポリタン線は急行なので、2駅、10分くらいで到着します。地下鉄の本数が多いので、簡単に市内にアクセスできました。

また、各停のジュビリー線に乗ると「セント・ジョーンズ・ウッド (St. Johns Wood) 駅」に行くことができます。そこは、あのビートルズのジャケットで有名な アビーロード (Abbey Road) の最寄り駅です。

「ウェンブリー・パーク駅」は、ゾーン4なので、少し運賃が高くなってしまうのですが、オイスターカードや1日乗車券を持っていれば、そんなにデメリットには感じませんでした。

泊まった感想

今まで、ロンドン市内ばかりに泊まっており、今回はじめて郊外のホテルに泊まりました。行くまではちょっと不安でしたが、泊まってみると、かなり快適でした。ホテルはきれいだし、市内へも簡単に出ることができました。すぐそばには24時間営業のスーパーもあって、お土産探しにも困りませんでした。平日の23時ごろ、地下鉄を使ってホテルまで戻りましたが、治安に不安も感じませんでした。

ベッドが柔らかかったことと、エレベータが2台しかなく(そのうち1台は故障中)で不便だったというマイナス面はありましたが、一人旅にもおすすめのホテルだと思いました。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

*1:2108年12月現在。

  • この記事を書いた人

momoka

ご覧いただきありがとうございます。客室乗務員→大学院生→キルギス・途上国ボランティア。キルギスで出会ったアロマに魅せられ、帰国後はアロマインストラクターになりました。アロマを探して世界中を旅しています。どうぞよろしくお願いします(^^)

-Europe, hotel

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5