旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅ブログ

キルギスの夏 ~初めてのキャンプ~

f:id:monteverde-aroma:20190712203658j:plain

なんとなく息苦しい中、嬉しいことがありました。カラテカ・矢部太郎さんにキルギスの絵を描いて頂いたのです!とても嬉しくて、キルギスの自然とともにご紹介したいと思い、以前アップした記事を書き直しました。優しい矢部さんの絵と、キルギスの自然をお楽しみください(^^)/

キルギスの自然

f:id:monteverde-aroma:20200429123019j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200429123110j:plain

(写真撮影:A・H氏、S・K氏)

キルギスは、中央アジアにある遊牧民の国です。シルクロードの一部として、三蔵法師が歩いたと言われる場所もあります。

私が住んでいたカラコルという高山都市 (標高1,400m) では、10月ごろから雪に覆われ、4月半ばに春を迎えます。そのとき、周囲600㎞の湖の北側には杏の花が咲き乱れ、まるで桃源郷のようになります。

カラコルの周辺には、4000m級の山々の間があり、そこから昇ってくる満月は、今まで見たどんな月よりも美しく感じました。高地での月の出は、山の向こうが異常に明るくなることから始まります。街があるわけないし・・・UFO ? 何事!?と思ったら月が顔を出しました。

エスパルセットの花畑

私が一番好きな季節は初夏です。カザフスタンに近いタスマ村は、6月の2週間、辺り一面がピンクの花で覆われるのです。このピンクの花はエスパルセットというマメ科の花で、その美しい花畑の様子を「大家さんと僕」でおなじみのカラテカ・矢部太郎さんが描いてくださいました。

優しい色使いの空とエスパルセットの花畑に、大家さんと矢部さんが来てくださった仮想旅行です。ありがとうございます(^^)/

キルギスの夏 

f:id:monteverde-aroma:20190713201127j:plain

7月になると、野草が咲き乱れ、短い夏を迎えます。乾燥しているので夏でも蚊などの虫がいません。家の近くには、野生のバラが咲き乱れている教会もありました。無農薬のバラ!なんて貴重なんでしょう。

そんな夏のある休みの日、プロジェクトリーダーのご家族と一緒にキャンプに連れて行ってもらうことになりました。私が住んでいたカラコルという町は標高が1,700mで、3,000~4,000m級の登山も人気です。今回は、2000m辺りでキャンプすることになりました。

サル―村のキャンプ

f:id:monteverde-aroma:20200429112213j:plain

山の中で釣りをしたりキャンプをしたりするためには、使用料を払います。サル―村の入り口辺りに、のんびりとした料金所がありました。

f:id:monteverde-aroma:20200429112457j:plain

ここが、今回のキャンプ地です。ここでは自由にキャンプできるようです。ただし、込み捨て上も水道もなにもないので、必要なモノは持っていき、ごみを含めてすべて持って帰ってきます。場所をお借りするといった感じです。

f:id:monteverde-aroma:20200429112758j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200429112907j:plain

まずは、テントを張ります。アウトドア上級者のご家族に教えてもらい、なんとかテントを張ることができました。テントは、町にレンタル店がありますが、寝袋は派遣時の貸与品です。山岳地帯への派遣ならではですね^_^

夜になるまでは自由時間です。なので、行けるところまで車で連れて行ってもらいました。この先にあるのは森林限界です。

森林限界まで行ってみる

森林限界 (forest limit) は、針葉樹林帯(亜高山帯)からハイマツなどの低木帯(高山帯)に変わる地点、あるいは高木が育たなくなる限界高度のことを差します。

f:id:monteverde-aroma:20200429113335j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200429113247j:plain

途中、家畜の群れに遭遇しました。2,000m弱のところでは、夏の間、家畜を放牧しています。彼らが通り過ぎるのを待って、先に進みました。

f:id:monteverde-aroma:20190712191242j:image

ほとんど花は咲いていないのですが、ときどき高山植物を見かけました。

標高2,500m

f:id:monteverde-aroma:20190712191212j:image

このまま、目の前に見える雪山の方へ進んで行くと、隣のカザフスタンに着くそうです。

f:id:monteverde-aroma:20190713204330j:plain

写真だと何も伝わりませんが、標高 2,500mを超えたあたりの景色です。車の外に出てみると、明らかに空気が薄くなったのが分かります。植生も変わり、木々も見られなくなりました。今思うと、とても貴重な体験をさせてもらいました。

気温は15℃、この地点の気圧は、約759hPaでした。

計算ツール:標高から気圧を計算 - 高精度計算サイト

お腹も空いてきたので戻ります。

4WDで川を渡る

f:id:monteverde-aroma:20190712191221j:image

途中、川がありました。雪解け水で増水しています。雪解け水は南アルプスの天然水のような透明なものを想像していたのですが、結構濁っていました。

f:id:monteverde-aroma:20190712191236j:plain

四駆なので、こんな川なんてへっちゃらです。

f:id:monteverde-aroma:20190712191156j:image

と思ったら、結構チャレンジャーな道を渡ることになりました。ここはちょっと怖かったです。無事に渡ることができましたが、結構時間がかかりました。

f:id:monteverde-aroma:20190712191202j:image

本物の四駆(笑)も見ました。

f:id:monteverde-aroma:20190713210206j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190713210239j:plain

18時過ぎ、ペーターに連れられて羊たちも帰るようです。囲まれてしまいました。ここも彼らが過ぎるのを待つしかありません。

初めてのキャンプ

f:id:monteverde-aroma:20190713204121j:plain

帰ってくると、テーブルなどの準備が終わっていました。これから、料理などお手伝いします。

夕食

f:id:monteverde-aroma:20190712203036j:image

キルギスでは薪と石炭で火を起こすそうです。

f:id:monteverde-aroma:20190712203105j:image

まずは火の通りにくいチキンから焼き始めます。恥ずかしながら、こういう知識が全くないのです。なので、私の仕事は、肉の見張りです(^^)

f:id:monteverde-aroma:20190712203120j:image

少しずつ日が暮れてきました。

f:id:monteverde-aroma:20190712203030j:image

キルギスはイスラム教徒も多いのですが、ゆる~い感じなのでお酒も飲めます。この日は、バーボンで風味づけした贅沢ステーキとなりました。

f:id:monteverde-aroma:20190712203129j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190712203046j:plain

できあがり♡

f:id:monteverde-aroma:20190712203057j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190712203025j:plain

付け合わせのトウモロコシと、サーモンを次に焼きます。内陸国のキルギスでは新鮮な魚を食べる機会がほとんどないので、リーダーの奥様が用意して下さいました。

f:id:monteverde-aroma:20190712203116j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190712203124j:plain

夜はキャンプファイヤーをしながら、こちらも初の焼きマシュマロです。せっかちな私はじっくり焼くことができず焦げてしまったのですが、美味しくいただきました。

f:id:monteverde-aroma:20190712203040j:image

うっすら雲がかかっていて満天の星空はみられなかったのですが、夜中にテントの外を見ると月がでていました。上手く写真を撮ることはできませんでしたが、実物はとっても幻想的でした。

f:id:monteverde-aroma:20200506171553j:plain

ちなみに、3,000m辺りの山に行くと、こんな星空が見られるそうです(写真は先輩隊員からお借りしました)。

さいごに

まだまだ息苦しい日々が続きますが、それでも少し明るいニュースも聞かれるようになりました。そのなか、カラテカ・矢部太郎さんがツイッターで「仮想旅行」の行先を募っていらっしゃったので、図々しくもお願いしてみました。すると、あっという間に、素敵なキルギスへの仮想旅行を描いてアップして下さいました。とても嬉しくて、皆さんにも見ていただきたく、1年前に書いた記事を書き直して、ご紹介することにしました。少しでも、キルギスの爽やかな風景を楽しんでいただけましたら幸いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。