airline

デルタ航空の特典航空券でソウルへ ~WebチェックインからKEの機内まで~

2023-05-06

※当サイトはアフィリエイト広告やPRを利用しています。

「旅とアロマ」にお越しくださり、ありがとうございます。

デルタ航空のマイレージサービス・スカイマイルを利用した特典航空券で、韓国・ソウルへ行ってきました。日本と韓国の間はデルタ航空が就航していないので、同じスカイチームのKOREAN AIR(KE:コリアンエアー/大韓航空)を利用することになります。

今回は、コリアンエアーでのWebチェックインから機内のようすまでをご紹介いたします。

スポンサーリンク


デルタ航空 "スカイマイル”

今回利用したのは、コロナ禍以前にデルタ航空が実施していた「ニッポン500マイルキャンペーン(2020年9月30日搭乗分で終了)」で貯めたマイルです。デルタ航空(スカイチーム)独自のキャンペーンで、日本国内線であれば航空会社・路線・クラス・チケットの種類(特典航空券でもOK)は一切不問で、片道あたり500マイルが貯まった空前絶後のものでした。

スカイマイルは、ANAマイルやJALマイルのような有効期限はなく、マイルが失効することはありません。さらに、燃油サーチャージが要らないのです。ただし、税金などの費用は、若干発生します。ドル換算なので為替の影響を受けますが、今回往復でかかった費用は、7,140円でした。

予約時に座席指定もできたので、大変おトクに便利にソウル旅行が楽しめます。

コリアンエアー

急遽決めた日程だったので選択肢は少なかったのですが、行きは深夜便(エコノミークラス)、そして帰りは+7,500マイルでプレステージクラスを予約できました。必要マイル数は、往復で22,500マイルでした。

スマートチェックイン

搭乗便出発の18時間前に、コリアンエアー(大韓航空) からスマートチェックインのお知らせメールが届きました。

事前にWeb・モバイルチェックインをしておくと、あとはゆっくり空港へ向かえ、スムーズに出国できます(と思っていました)。

「Web・モバイルチェックインの利用方法を確認する」をクリックすると、以下の画面が表示されます。

予約番号が2つ並んでいるのですが、Web・モバイルチェックインで必要なのは( )内にある6桁の英数字です。

予約番号と往路搭乗日は入力された状態で表示されますので、あとは搭乗者の氏名やパスポート番号・有効期限などを入力していくだけです。

この時点で難しい点はありませんでした。

特典航空券を予約した時点で選んでいた座席も表示されました。

Webチェックイン時に座席は変更できますが、チェックイン後でも変更は可能です(変更の方法は後ほどご紹介します)。

KEの場合、東京国際空港(HND)では、モバイル搭乗券を使って出国できます。

貨物室へ預ける荷物がない場合は、国内線感覚で、出国できます。

コリアンエアー の公式サイトにログインして、マイページ内にある "予約確認・変更” から、座席変更も行えます。

表示される予約がない場合、「他の予約を確認」をクリックします。

大変だったこと

PCで操作する場合は問題はなかったのですが、スマートフォンで操作する場合、少しやっかいななことがありました。それは、入力です。

数字やアルファベットを一つ入れてはカーソルを表示させ、次を入力しなければなりませんでした。

なので、可能ならPCでの操作をおすすめいたします。

あとは、「チェックインを変更する」から、座席を変更できます。

なお、非常口座席は選べませんでしたが、空港で空きがある場合、有人カウンターで変更できるようです(下記に体験談あり)。

スポンサーリンク


羽田空港チェックイン

羽田空港国際線ターミナルには、出発の2時間半前に到着しました。

いつもよりゆっくりなのは、羽田空港国際線ターミナルのカード会社のラウンジ(ゴールドカードやダイナースカードなど用)はショボいので、時間を持て余すかと思っていたから。そして、Webチェックインしていたので、あとは荷物を預けるだけだと思っていたからです。

こちらに並びました。

しかし、思っていたより長蛇の列ができていました。

本当なら、機械を操作して自分で荷物を預けるだけなのですが・・・

どうやら機能していないらしく、普通の有人チェックインカウンターで手続きするような形になりました。つまり、「手荷物カウンダ―」となっている列には、Webチェックインした人もしなかった人も並んでいる(そもそも「手荷物カウンター専用」はなし)のが長蛇の列の原因でした。

なので、荷物を預けるまで、約1時間かかりました。

でも、悪いことばかりではありませんでした。チェックインカウンターで隣りが空席がどうかを尋ねると、生憎埋まってしまっていたらしく、『英語か韓国語は話せますか?』と聞かれました。『話せます』と答えると、『ここなら多分隣に人が来ませんよ』と、非常口座席に変えてくれました。終始、とても親切な方でした。

しかも、(搭乗券を受け取った時は気付かなかったのですが)なぜか、SKY PRIORITYと印字されています。

いわゆる上級会員の印です。(もちろんラウンジのマークはありませんが)ZONE SKY として最初に機内へ入ることができましたので、何かあった時は、しっかりお手伝いしようと思いました。

なお、同じ時間帯にピーチの仁川国際空港行きがありましたが、仁川国際空港周辺に霧が発生しているため "May divert to KIX(関西国際空港へ戻るかもしれない)" のアナウンスが入っていました。しかしながら、搭乗予定だったはコリアンエアーは、特に問題ないとの返答でした。実際、霧が発生していましたが、無事(しかも早く)着陸できました。HOMEの空港なので、慣れているのでしょうか・・・。

Webチェクインは、預け入れ荷物がないとそのまま出国でき便利です。

B737-900

今回の座席はこちら。

通路側の座席だったのですが、結局、3席を一人で使うことができました。

といっても、非常口座席なので座席はリクライニングできませんし、ひじ掛けも上がらないので横になることもできません。それでも、満席近い木状況のなか、広い空間を利用できたのでゆったり過ごせました。

座って、前方を見たところです。

かなり足元に余裕があります。

通路を隔てた側の席は、空席でした。

入国書類

このときは、離陸後30分ほどして、入国書類が配られました。

今は簡素化されています。

入国に必要な書類については、こちらをどうぞ。

【2023年】 韓国入国情報 ~Q-CODE申請と税関申告は不要に!~

「旅とアロマ」にお越しくださり、ありがとうございます。 2023年11月現在、日本国籍の場合、ワクチン接種の有無に関わらず、韓国入国時にPCR検査の陰性証明書を提出する必要はありません。また、入国後の ...

続きを見る

飲み物と機内食

飲み物は、オレンジジュース。

週末ごとの旅行者 さんの記事を拝見して気になっていたオレンジジュースが搭載されていたので、いただきました。美味しかったです(^^)

お酒類があったかどうかは不明ですが、食事のケースを回収時、カートの上にビールの缶が乗っていたので、もしかしたらあったのかもしれませんね(未確認です)。

ひとり2つずつ配られました。

何だろう、と開けてみると・・・

サラダやフルーツのパックと、温かいビーフの煮込みご飯でした。

深夜ですが、けっこうお腹が空いていたので完食。あまり期待していなかったのですが、美味しかったです。

食後、寝落ちしていると、定刻より少し早くに仁川国際空港へ到着しました。

入国

さすがに早朝に到着する便は少ないようで、入国審査場はガラガラでした。

ほとんど待ち時間なく、入国審査を通過することができました。

知り合いの方は、1時間近く待ったそうです。なので、時間帯によって、かなり待ち時間の差があるようですね。

ところで、仁川国際空港の予想混雑度に関するサイトを見つけました。

検索はこちら >>> 【公式】空港の予想混雑度

利用ターミナルと日付を入れて、検索するだけです。

2023年11月5日(土)の入国者数(推定)を見てみましたが、やはり、早朝はほとんど人がいないようです。

第2ターミナルの入国で一番混雑が予想されるのは、14時から19時の間のようですね。あくまでも推測値なのですが、心づもりができていいかもしれません。次回、確認してみます。

スポンサーリンク


さいごに

他社でのマイレージサービスが改悪しているため、デルタ航空でのスカイマイルも早めに使っておこうと思い、今回、特典航空券を発券しました。

久しぶりのコリアンエアー。少し古いタイプの座席でしたが、地上スタッフのおかげもあり、快適に過ごすことができました。早着もしたし、入国はスムーズだったし、楽しい旅の始まりとなりました。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-airline
-, ,