Japan Tokyo-disney

知っているとちょっと得する⁉ 再開1年、夏の東京ディズニーシー攻略法 ~スタンバイパスの取り方に注意!~

2021-07-23

東京ディズニーランド・ディズニーシー(パーク)が再開して、ちょうど1年経ちました。

パークでは、現在も新型コロナウィルス感染拡大防止のため、いろいろな対策が取られています。

人数制限でコロナ禍以前に比べると空いているのはありがたいと思う一方、初心者にはちょっと戸惑うシステムがあります。

今回は、再開1年後のエントリー受付やスタンバイパス、そしてパークのフードなど、知っているとちょっと得をする(かもしれない)!?真夏の東京ディズニーシーの攻略法をご紹介したいと思います。

最新情報(7月10日更新)

東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシーは、千葉県によるまん延防止等重点措置の再延長を踏まえ、8月22日(日)までの間、両パークの運営時間を引き続き午前 10 時から午後 7 時までとすることを決定いたしましたのでお知らせいたします。

なお、アルコールメニューの提供につきましても、引き続き 8月22日(日)まで休止いたします。

【公式】運営時間について

 

東京都の緊急事態宣言解除にともない、パークの時短制限が緩和されることが期待されたのですが・・・。残念です。

7月10日 (土)に発表された情報によると、2021年8月22日 (日)までの間、両パークの運営時間は引き続き、以下となります。

 

パーク運営時間

 

パーク営業時間
東京ディズニーランド10:00~19:00
東京ディズニーシー10:00~19:00

今後も変更する可能性があります。詳細は、東京ディズニーリゾート®・オフィシャルウェブサイト (https://www.tokyodisneyresort.jp/)をご覧ください。

 

パークチケット

そして、肝心のパークチケット。

以前にもましてアクセスが困難になり、チケットも取りにくくなっています。

しばらくは販売自体が中止となっていましたが、今は、再開しています。

【公式】チケット販売状況

7月21日(水)に8月27日(金)までのチケットが販売されましたが、アクセスできるようになったら、空きもありませんでした( ノД`)

「✖」は、売り切れの状態なので、もしかしたら空きが出る場合もあります。なので、繰り返しアクセスして、空き、もしくは緩和を狙うしかありません。

 

オープン時刻

いつも同じ時間帯の路線バスで向かうのですが、オープンの20分ほど前に着いたとき、すでに長蛇の列ができていました。

入場制限がかかり、チケットの販売は中止されている期間ですが、明らかに人が増えています。

そして、猛暑のおり、カンカン照りの中で入場まで何十分も待たないとなりません。

できるものなら、木陰ができる場所で待ちたい!

10時前だとまだ太陽の位置が低いので、奥の列の方が、若干木陰の部分が広かったです。

 

パークの決まりごと

 

オープンは、公式サイトでは10時となっていましたが、私が行った日(夏休み前の平日)は、5分早く、入場開始となりました(土日などは、30分早くに入場開始となる場合もあるそうです)。

入場時には、セキュリティチェックと検温を受けます。

セキュリティチェックがスムーズに進むよう、キャストの方が声がけしていますので、ポケットの中身は全てカバンの中に入れて、セキュリティチェックを受けましょう。

セキュリティチェックは、キャストの方が荷物チェックする方法と、機械を通す方法の2種類があります。

 

momoka
私が並んだ奥から2番目の列は、X線の機械を通しました。そのあと、おでこで検温です。

 

パークでは、黄色い線、もしくは白いマークが地面に描かれています。それぞれの目印の後ろで待ちます(最近は、知らない人も増えてきました)。

この日は、9時40分に並んで、入場(パスリーダー通過)できたのは、10時20分でした。

 

スタンバイパス

momoka
さて、無事入場したら、スタンバイパスを取ります。

 

スタンバイパスとは、発行時間帯のみ有効な「予約システム」のようなものです。

2020年9月23日から導入されました。

特長

  • パークのアプリで取得可能
  • 1アトラクションにつき、1日1回のみ取得可能
  • 抽選でないが、人気アトラクションは早期に発行済になることもある
  • 13歳未満は取得不可(ただし、13歳以上の同行者がいれば可能)
  • キャンセルも可能

 

momoka
スタンバイパスを簡単に取得するには、パークアプリは必須となります。

 

スタンバイパスを発行する際に、以下のような画面がポップアップします。

最初にスタンバイパスを申し込めるのは、1つのみです。

また、連続して取得できるわけではない(条件がある)ので、重要な部分を理解しておく必要があります。

以下に、重要な部分を示します。

重要!

次に受付可能となるのは、以下の早い方です。

(1)取得済みスタンバイパスの利用開始時間(前回の取得より30分後)

(2)もしくは、前回の取得から2時間後

 

スタンバイパスのメリットは、抽選ではなく、発券終了するまでは必ず取得できることです。しかし、取り方にとっては、もう一つが発行終了となっている場合があります。

 

必要なアトラクション

人数制限中の現在、東京ディズニーシーのアトラクションで「スタンバイパス」が必要なのは、以下の2つです。

  1. ソアリン:ファンタスティックフライト(10:00~19:00)
  2. トイ・ストーリー・マニア(10:00~19:00)

 

さらに詳しく

基本的には、パスを取得した2時間後に、次のパスが取得できるようになります。

ただし、取得2時間後より、取得パスの開始時刻が早い場合、その時刻に次のパスを取得できます。

【例】

10:00に有効時間「11:30-12:00」のパスを取得した場合、2時間後の12時より、パスの開始時刻である11:30分の方が早くなります。

なので、この場合、11:30にパスを取得できます。

 

アトラクション運営状況

まず、当日のアトラクションなどの運営業況を確認します。この方法は、パークに入場していなくても行えます。

<出所>ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

アプリの地図を表示させ、右下の方にあるリストマークをタップします。

すると、下の写真のような「アトラクションの運営状況」が表示されます。

<出所>ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

 

アプリを開いて、①「・・・」のあと②「★」をタップすると、更新することができます。

 

まずは、ソアリンを狙う

ご自身が一番行きたい場所を優先させるのが一番なのですが、「ソアリン」と「トイ・ストーリー・マニア」の両方楽しみたい場合は、まず「ソアリン」を狙います。

「トイ・ストーリー・マニア」には、スタンバイパスが発行される前の空白の時間があるからです。

<出所>ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

 

この日のスタンバイパスの発行は12時30分からでしたが、10時50分頃から、ただいま列に並んで利用できます。という表示が出ました。

その前は、10時49分くらいまでは「運行は一時中止」という表示でした。

【公式】アトラクションの運営状況

最近では、アプリでも待ち時間が確認できるようになりました。PCで見ても同じような表示が出ています。

皆さん事前に調べてきたようで、入場した後「トイ・ストーリー・マニア」方面への大きな流れができていました。

ちなみに、この日の朝(スタンバイパス発行前)、列に並んでの待ち時間は30~50分でした。

スタンバイパスは、アプリの「スタンバイパス」マークをタップして、表示された時間を選びます。

この日は、「トイ・ストーリー・マニア」の列に並んで「ソアリン」のスタンバイパスを申し込むことで、両方楽しめました。

 

ソアリンの早期終了

<出所>ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

ちなみに、「ソアリン」のスタンバイパスは、11時過ぎには終了してしまいました。

一方、「トイ・ストーリー・マニア」のスタンバイパスの終了は12時半頃で、少し遅かったです。

(日によって違いがあるかもしれませんが)この日は、10時過ぎに入場して、まず「ソアリン」のスタンバイパスを取り、2時間後に「トイストーリーマニア」を申し込めば(うまくいけば)両方楽しめました。

 

待ち時間

利用開始時間5分前にQRコードが表示され、その後使用開始できます。

現在、スタンバイパスに表示された時間内に行っても、待ち時間は発生しています。

例えば、7月のある日のソアリンの待ち時間は、平均35分くらいでした(アプリで確かめられます)。このときのソアリンの列の最後は、海底2万マイル辺りまで伸びていました。

ただし、列は長いですが、ソーシャルディスタンスを保つために長くなっているので、どんどん進んで行きました。

 

キャストの方からのtips

ところで、先に「トイ・ストーリー・マニア」のスタンバイパスを取って、2時間後に「ソアリン」を取ろうとしたら、下のような画面になります。

<出所>ディズニー公式アプリを加工 / ©Disney. All rights reserved.

ソアリンは早くにスタンバイパスの発券が終了してしまうので、あとはキャンセル待ちを狙うしかないようです。

キャンセルがあった場合のみ時間が表示されます。

以前はこの方法で成功した方がいらっしゃるようですが、夏休みに入り、人が増えてきた場合、キャンセル待ちを狙うのは難しいようです。

 

エントリー受付

エントリー受付は、ショーとキャラクターグリーティングの2種類があります。

 

ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~

ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~は、「ビッグバンドビート」のスウィングジャズの音楽を中心にしたレビューショーです。

以前の演出と構成を一部変更して公演されますが、ディズニーの仲間たちによるキレッキレのダンス、ミッキーマウスの素晴らしいドラムプレイが素晴らしいショーです。

時短営業中は、1日4回の公演で、エントリー受付が必要です。

JALのステイタス会員の方は、5人まで一緒に、事前予約ができます。

ただし、こちらも競争率がハンパなく高くなっています。20日前の深夜0時に予約開始なのですが、3分で満席となってしまいます。

詳しくはこちらをどうぞ。

【東京ディズニーシー】ビッグバンドビートが再開!JALラウンジの予約も再開しました!!

2021年4月に再開したブロードウェイ・ミュージックシアターと、JALのステイタス会員専用ラウンジの予約方法についてご紹介しています。

続きを見る

 

キャラクターグリーティング

もう一つのエントリー受付は、ミッキーたちと写真を撮ることができる「キャラクターグリーティング」です。

  1. ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル(ミッキー)
  2. ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル(ミニー)
  3. ヴィレッジ・グリーティングプレイス
  4.  “サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック
  5. マーメイドラグーンシアター(キャラクターグリーティング)
  6. ドックサイドステージ(休止の場合が多い)

 

それぞれ、開始・終了時刻が違います。

 

ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル

6月までは、エントリー受付が不要で並べば写真を撮ることができました。そのときの待ち時間は20分~45分でした。

しかし、7月に入って、「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」もエントリー受付が必要になりました。

その代わり、5~10分ほどの待ち時間で、ミッキーやミニーたちと、それぞれ写真が撮れるようになっていました。

 

結構長い時間、エントリー受付が可能でしたので、隙間時間で狙ってみるのもいいかもしれません。

 

ドックサイドステージ

暑い時季では休止の場合が多いドックサイドステージですが、突然復活する日もありました(この日は、キャストの方も知らなかったようです)。

また、エントリー受付でしか入場できないときでも、夕方に誰もいない状態になってしまうと、外側からの写真が許可されることもありました。

 

momoka
ただし連日の酷暑の中では、休止になる可能性が多いと思います。

 

マーメイドラグーンシアター

現在、ショーが中止になっている代わりに、キャラクターグリーティングが行われています。

 

ドナルドやプルート、デイジーが交代でやって来てくれます。

待ち時間がありますが、クーラーがきいた建物の中なので、全く苦ではありません。酷暑におすすめの場所です。

 

 “サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック

私が行った日で、一番空いていたのは「 “サルードス・アミーゴス!”グリーティングドック」でした。

10時40分から開始したときは、どなたもおらず、待ち時間0。ゆっくり写真を撮ることができました。

ところで、ロストリバーデルタにある“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドックへ向かう途中音楽が聞こえてきました。

ふと川の方を見ると、トランジットスチーマー・グリーティング(10:40~)がやってきました。

 

momoka
朝一番で“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドックへ向かうと、2倍楽しめます。

 

 

“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドックでダッフィーと写真を撮ったら「ディズニーシー・トランジットスチーマー」に乗って、メディテレーニアンハーバーへ戻りましょう。

開始20分前に着きましたが、ミッキー&フレンズのハーバーグリーティング(11:30~)を一番前で楽しむことができました。

キャラクターグリーティングの時間帯を事前にチェックしておくと、酷暑の中での移動距離を減らせるかもしれません。

 

シーのフード&ドリンク

ところで、7月に入り、東京ディズニーシーで食べられるフードや飲み物も増えてきました。

まだ100%復活とはいきませんが、閉じているお店が少なくなってきただけで華やかな感じがします。

その中で、酷暑におすすめのシェイブアイスと、フレーバが増えたポップコーンをご紹介したいと思います。

 

シェイブアイス

シェイブアイス (shave ice) の shaveは、 (ヒゲを)剃る、削るという意味です。直訳すると、削った氷という意味のスイーツです。

パークのシェイブアイスは、日本のかき氷より、シャリシャリ感が高い気がします(あくまで個人の感想です)。

東京ディズニーシーにも、6月後半から、夏のスィーツとして登場しました。

 

“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドックの近くにあるのは、ストロベリー。一番リーズナブルなシェイブアイスです。

アラビアンコートにある「サルタンズ・オアシス」のシェイブアイスは、ミックスフルーツ。こちらは、ソフトクリームを乗せることもできます。

ハドソンリバー・ハーベストにあるのは、ミックスベリーのシェイブアイス。

ハンガーステージ横にあるこのお店は、ポップコーンの販売を中止して、今はシェイブアイスを販売しています。

それぞれ、9月2日までの期間限定スィーツなので、東京ディズニーシーに行ったら、ぜひ食べたいスィーツです。

 

ポップコーン

ポップコーンもオープンするワゴンが増えてきました。

場所フレーバー(味)
リドアイル前キャラメル
ドックサイドステージ前ガーリックシュリンプ
リバティ・ランディング・ダイナー前キャラメル
ケープコッド・クックオフ前ミルクチョコレート
ソアリン:ファンタスティック・フライト前ブラックペッパー
アラビアンコースト前カレー
シータートル・スーヴェニア前抹茶ホワイトチョコ

(2021年7月現在)

 

メディテレーニアンハーバーに近い「リドアイル前」のワゴンは、終日列ができている、一番人気のワゴンです。

同じキャラメル味なら、「リバティ・ランディング・ダイナー前」でも買えます。ただし、こちらの営業時間は11時から17時までです。

また、「リバティ・ランディング・ダイナー前」のワゴンのすぐ前には、ガーリックシュリンプを味わえる「ドックサイドステージ前」のワゴンがあります。

両方をはしごして、味比べもおすすめです。

momoka
キャラメルポップコーンとガーリックシュリンプのポップコーンをお土産にしました。

 

ポップコーンのワゴンは早めに終了するものもあります。また、17時を過ぎると、かなり列ができていました。

 

舞浜の天候と暑さ対策

東京ディズニーシーは東京湾のそばにあるので、夕方5時ごろには心地よい風が吹いて、涼しくなります。

ただし、日中は、酷暑ι(´Д`υ)アツィー 照り返しもかなりあるので、どんなに防御していてもジリジリ焼けます。

今回サンダルで行ったため(日焼け止めは塗っていても)、サンダルの跡が付くくらい焼けてしまいました。

ショーが始まるのを待つ間に隣の人の足元(サンダル)を見てみると、やはり、真っ赤になっていました。

 

持って行ってよかったもの

  • (凍らせた)経口補水液
  • 保冷剤や首などを冷やすグッズ
  • ショール:ショーを見る間、日傘代わりの日よけ対策

 

周りを見てみると、半そでより、直射日光から肌を守れる薄手(通気の良い)長袖の洋服の方が多かった気がします。

日中は、できるだけ歩く距離を少なくして(船移動を活用)、30分毎の水分補給や体の冷却を試みました。

東京ディズニーシー内には、冷水器や自動販売機、ワゴンでの飲み物の販売など、探さなくても見つかるほどあります。

なので、水分補給には困らないと思いますが、糖分が多いモノより、体に吸収されやすい(失った塩分も補える)経口補水液がおすすめです。

また、保冷グッズは、首など(太い血管が通っているあたり)にあてるといいとされていますが、手のひらにある「AVA血管」を冷やすのもいいそうです。

手のひらにある動脈と静脈をつなぐ「AVA血管」。太さは毛細血管の10倍にもなる。

そのため、この結果を冷却することで大量の血液が冷やされ、体温の上昇が抑えられるというのだ。

https://www.fnn.jp/articles/-/76022

 

凍った保冷剤を直接肌に長時間あてると凍傷の恐れがあるので、タオルなどで巻いて、同じ場所を長時間冷やさないようにしましょう。

 

 

ミッキー&フレンズのハーバーグリーティングは、1日2回あります。

2回目(16:50~)開催時も、もまだまだ日差しが強かったです。なので、メディテレーニアンハーバーにかかる橋の上(上の写真)から見ました。

ここなら、日差しも遮ることがでるので快適でした。

なお、7月は(現時点まで)で、1度、ゲリラ雷雨に見舞われました。この時季のお出かけは、天気予報を確認することをおすすめします。

 

まとめ

今回は、いろいろ体験して、知っていればより楽しめる(かもしれない?)コツをまとめてみました。いかがでしたでしょうか。

パークのコロナ対策がこの1年間で進歩したように、スタンバイパスやエントリー受付などの運用も、この先変わっていくかもしれません。

ただ、アプリを使って動かないといけないスタイルは変わらないと思います。なので、時間の兼ね合いが難しいですね。

なので、「ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~」のエントリー受付の抽選次第で、動き方は変わってくるようです。

スタンバイパス

  • アトラクションのスタンバイパスは、1日1回しか取得できません。
  • 次のパスは、2時間後、もしくは取得済パスの開始時間、の早い方の時間に取得できます。
  • ソアリンのパスの発行は早くに終了するので、①ソアリン、②トイ・ストーリー・マニアの順に取ったほうがいいと思います。

 

なので、欲張りな私は、以下の順で行動してみました。

  1. 「ビッグバンドビート~ア・スペシャルトリート~」のエントリー受付
  2. 「ソアリン」のスタンバイパス
  3. 「トイ・ストーリー・マニア」のスタンバイパス

1年前の7月に比べて、楽しみが増えた東京ディズニーシー。アプリを駆使して楽しむというスタイルに変わりました。

エントリー受付の抽選に外れたり、スタンバイパスの発行が終了・・・といった残念なこともありますが、そういうときは、気分を変えて楽しめるものを見つけましょう!

次回は、開催中のイベント「ダッフィー&フレンズのサニーファン」をご紹介したいと思います。

1年前のようすのあわせてどうぞ

再開!
コロナ対策万全!ディズニーシーの楽しみ方

パークの最新情報と、1回目の緊急事態宣言解除に東京ディズニーシーに行ったときのようすをご紹介しています。

続きを見る

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-Japan, Tokyo-disney
-, ,

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5