旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅ブログ

JALのエアメールを見ながら時間旅行

f:id:monteverde-aroma:20190109165713j:plain

JALの成田空港・ファーストクラスラウンジに飾られていたエアメールと思い出の写真を使って、時間旅行をしてみたいと思います。

※ 以前、アップした記事を書き直しました。

ファーストクラスラウンジ

f:id:monteverde-aroma:20190422162809j:image

JALの成田空港にあるファーストクラスラウンジには、JALの歴史が垣間見える小さなエアメール博物館があります。場所は、出国審査を受けた後すぐのところにある、本館ラウンジの入り口付近です。鮨 鶴亭に行く前の壁に飾られています。JALが就航するすべての都市ではありませんが、それぞれの国の切手を見るのも楽しいい展示物です。

ポーラールート:1961年

f:id:monteverde-aroma:20190422162825j:image

ポーラールートは、北廻りのヨーロッパ線です。1961年、エールフランスとの共同運航から、DC-8型機の自主運航に変わりました。DC-8 という飛行機は乗ったことがないのですが、アンカレッジ (ANC) 経由で行ったヨーロッパを思い出しました。

f:id:monteverde-aroma:20200423091150j:image

祖父が持っていた写真です。国内線だと思いますが、こういう飛行機のイメージでしょうか・・・。

かつては、南回りルートしかなかった時代です。日本からヨーロッパまで54時間もかかっていたフライトが、ポーラールートの開設で大幅に短縮されました。JALは、ANC 経由で、コペンハーゲン、ロンドン、パリへの乗り入れを開始したそうです。

ちなみに、1957年にそのベースとなる「北極航路」を開拓したのが、スカンジナビア航空 (SAS) だそうです。

ANCの思い出

東京からANCまで7時間ほどです。1時間ほどの給油時間を、シロクマの巨大な剥製を見たり、うどんを食べたりして過ごしました。そして、再びヨーロッパに向けて同じ飛行機に乗るのですが、このルートでは、北米最高峰の山・マッキンリーを見ることができるのも楽しみの一つでした。

ANCにいたシロクマを札幌空港の国際線ターミナルで見かけたのですが、今もいるのでしょうか?

南廻り欧州線:1962年

f:id:monteverde-aroma:20190422162841j:image

クェートからのエアメールです。1962年、JALの南廻りのヨーロッパ線が開設しました。

f:id:monteverde-aroma:20190422162814j:image

イランのテヘラン。行ってみたいなぁ・・・。

f:id:monteverde-aroma:20190422162745j:image

カイロに行っちゃう?ヨーロッパまではまだ遠いようです。

エジプトの思い出

f:id:monteverde-aroma:20200423090958j:image

母とエジプトに行きました。日中は42℃で、暑すぎて危険なため、観光は中止されていました。でも、今の日本ではそんなにびっくりする気温でなくなった事に今、びっくりしています。

f:id:monteverde-aroma:20190422162830j:image

この時代の行先は、ロンドンとパリだったようです。でも、絵柄が素敵だったので、この時間旅行の行先はフランクフルトに変更しました(^^)

南廻り欧州線:1965年

f:id:monteverde-aroma:20190422162820j:image

南廻りで旅行に行くときは予防接種が必要だった時代です。JALでは、1965年の5月に、南廻り・ニューデリー経由のロンドン線(東京=ニューデリー=パリ=ロンドン)を開設しました。この時代のインドの切手が素敵です。

インドの国内線


f:id:monteverde-aroma:20200423092231j:image

f:id:monteverde-aroma:20200423092300j:image

インドのプネという都市からインドールまで、インドエアウエイズで移動しました。初めてのインドの国内線です。機内は思っていた以上にきれいでびっくりしました。1時間半のフライトでチキンか野菜サンドの食事がでました。

上の右の写真は、食後に食べる「フェンネル」です。見た目は、もみ殻を一回り小さくした感じです。スプーン一杯ほどすくって手のひらに乗せ、それを一気に口の中へ入れました。ボリボリ食べると、ミント味が口の中で広がります。

世界一周路線:1967年

f:id:monteverde-aroma:20190422162846j:image

1967年、世界一周線が開設されたようです。世界一周線の完成にあわせ、客室乗務員の制服に森英恵さんのデザインが導入されました。当時のミニスカートの制服は(写真で見て)とてもおしゃれだなぁと思いました。

モスクワ線:1967年

f:id:monteverde-aroma:20190422162803j:image

1967年、日ソ共同運航のモスクワ線の第1便が東京国際空港(昔の羽田空港)に到着しました。このあと、ヨーロッパまで、モスクワ経由でも行けるようになりました。

モスクワのラウンジの思い出

f:id:monteverde-aroma:20200423093245j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200423093259j:plain

JALは、2020年夏期ダイヤ (3~10月) から、モスクワにおける就航空港を、ドモジェドボ国際空港(DME)から、北西部のシェレメチェボ国際空港(SVO)に再度変更すると発表しました。上の写真は、DMEのラウンジです。なので、このラウンジも使えなくなります。

DMEのラウンジは、SVOのラウンジより明るくて、飛行機が見られるので好きでした。SVO発着の一部路線においては、アエロフロート・ロシア航空 (SU) との共同運航便も開始するそうです。新型コロナウィルスの影響で少し遅れるのでしょうか。

マニラ線:1967年

f:id:monteverde-aroma:20190422162836j:image

1967年、マニラ線が就航しました。切手もとても興味深いですが、JALのスタンプが素敵です。昔は、JALの紙の航空券にも押してあったそうです。

昔の航空券は小冊子でしたね、懐かしいです。

新型コロナウィルスの影響で、今はいろいろなものが電子化しています。仕事面や生活面の簡素化のためには大賛成ですが、こういう記念になるスタンプは残して欲しいと思います。

メキシコ線:1972年

f:id:monteverde-aroma:20190422162750j:image

東京=メキシコの第一便は1972年です。バンクーバー経由のメキシコ域で、DC-8-62型機が就航していたそうです。

メキシコ旅行

f:id:monteverde-aroma:20200423094000j:image

まだデジカメがなかった時代の写真です。メキシコのビーチリゾート・カンクーンへ行き、そこから、ティオティワカンを観光してきました。ティオティワカンは、紀元前2世紀頃から6世紀まで繁栄していた都市です。最大規模の約20平方キロメートルにもわたる宗教都市で、最盛期には10万から20万人が生活していたそうです。

南北5kmにわたる「死者の道」と、そのの周囲に立ち並ぶ「太陽のピラミッド」、「月のピラミッド」、「ジャガーの宮殿とケツァルパパトルの宮殿」といった遺跡や、「ケツァルコアトルの神殿」が主な観光スポットです。

北京線:1974年

f:id:monteverde-aroma:20190422162756j:image

1974年、東京=北京の第一便。やっぱり切手はパンダですね。

パンダの思い出

中国に赤ちゃんパンダを抱っこできる場所があると聞き、成都のパンダ基地へ行ってきました。

f:id:monteverde-aroma:20200420072227j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200420071918j:plain

赤ちゃんパンダと言えば、こんな感じ・・・と思っていたのですが、実際は違いました。

f:id:monteverde-aroma:20200423100036j:image

大きいです。重いです。でも10か月なので、赤ちゃんパンダだそうです。人間の病気を移してはいけないので、衛生面に気を付けて抱っこします。その値段は1万円なり。しかも3分ほどです。その時は、高いなぁと思ったのですが、今となってはいい思い出です。

まとめ

f:id:monteverde-aroma:20200423091206j:image

今は家にいることしかできませんが、JALファーストクラス・ラウンジにある「世界からのエアメール」を見ながら時間旅行をしてみました。上の写真は、昭和何年のものか分かりませんが、女性は着物を着て飛行機に乗る時代だったようです。

 

今はオンラインで何でもできますが、手紙やはがきは、今そこにいない人と時間を超えて繋がれるような気がしました。最後までご覧いただきありがとうございます。