旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

息を呑む美しさ!?アブダビの大統領官邸・QASR AL WATAN

f:id:monteverde-aroma:20190912140431p:plain

2019年3月に一般公開が始まったばかりの QASR AL WATAN(カスール・アル・ワタン) 。まだまだ見学者が少なくて情報も少なかったでの、行き方と見学のようすをまとめてみました。

QASR AL WATAN

f:id:monteverde-aroma:20190827205955j:image

QASR AL WATAN(カスール・アル・ワタン) とは、 「祖国の宮殿」という意味だそうです。Googleマップでは「UAE Presidential Palace(大統領官邸)」と表示されています。

2015年に完成し、アラブ首長国連邦の大統領、副大統領、アブダビ皇太子の執務室があり、世界的リーダー達が公式訪問時に招かれる宮殿となっています。

昨年3月に日本の安倍首相がアラブ首長国連邦を訪れた際に、アブダビ皇太子との会談が行われたのもこちらです。

路線バス34番で到着

f:id:monteverde-aroma:20190912072647j:image 

バスステーションから30分ほどで到着しました。

アブダビのバスの乗り方はこちらをどうぞ

www.monteverde-aroma.com

ビジターセンター

f:id:monteverde-aroma:20190912072740j:image

バス乗降車場の目の前に「VISITOR CENTRE」があり、その中にチケット売り場がありました。

f:id:monteverde-aroma:20190912072713j:image

夜にはライトアップされ、ショーもあるようです。

入場料は、クレジットカードで支払うことができました。AED60(=60Dh.)なのですが、税金がかかりAED63(約1,900円) になりました。

セキュリティチェック

チケットを買ったら、次はセキュリティチェックを受けます。

  持ち込めないモノ:

  • 食べ物・飲料(ペットボトルの水を除く)
  • はさみ・ナイフ類
  • 酒類
  • 塗料・エアゾール
  • 自転車・ローラースケート・スケートボード
  • ペット・動物
  • 大きな荷物*1
  • 催涙ガスや武器

折り畳み式の日傘を持っていましたが、セキュリティチェック通過時に預けることになりました。帰るとき、チケットカウンターのスタッフに声掛けすると、傘が入った箱を持ってきてくれますので自分で探します。

バスで移動

f:id:monteverde-aroma:20190912072814j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190912072633j:plain

ビジターセンターからは、巡回バスに乗って移動します。バスが来るまで、待合室でデイツとアラブコーヒーのサービスがありました。

f:id:monteverde-aroma:20190912073503j:image

巡回バスはすぐに来ます。まだ、大人数のツアーが来ていないようで、各国からの個人観光客が多かったです。

f:id:monteverde-aroma:20190912142324j:plain

特にみんな一緒に行動する必要はないようなので、バスを降りたら、しばし中庭を見学しました。

f:id:monteverde-aroma:20190912094640j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190912094625j:plain

巡回バスを降りたところに回廊があり、そのそばに大統領官邸への入り口があります。庭を堪能した後、大統領官邸に入ることにしました。

The Great Hall

 f:id:monteverde-aroma:20190912072904j:image

大きな扉があります。ここはぜひ、他の人たちが入って、扉が閉まってから近づいてください!スタッフがあなたのためだけにドアを開けてくれます!

ニーハオ

まぁこれは気にしないで(笑) あちこちに、アラビア語・英語・中国語の表示がありましたので。 しかし、その先に見たのは・・・

 

 

 

本当に息を呑みました!

 

 

 

f:id:monteverde-aroma:20190912102234j:plain

同じバスで来たのは20人ほどですが、広いので、一瞬私だけの空間になりました。 

f:id:monteverde-aroma:20190912121553j:image

このアラビア語での金のオブジェ。もちろん自由に写真を撮ることができますが、カメラマンによる写真サービス(有料) もありました。

f:id:monteverde-aroma:20190912073513j:image

ひときわ目を惹くのが、中央ドームです。地上60mに位置し、その直径は37mだそうです。

f:id:monteverde-aroma:20190912102945j:plain

アップにしてみました。光の差し込み具合で青い部分の色が少し変化するようです。

f:id:monteverde-aroma:20190912102826j:plain

自由に時間制限なく見られるのもいいですね。どこも素晴らしい装飾ばかりで、ずーっと見ていても飽きませんでした。

f:id:monteverde-aroma:20190912100411j:plain

11時ごろ図書館の辺りから音楽が聞こえてきました。館内を一周して戻っていきました。

f:id:monteverde-aroma:20190912102040j:plain

モザイクも素敵♪ 

f:id:monteverde-aroma:20190912102126j:plain

ダイニングも解放されていました。

f:id:monteverde-aroma:20190912102554j:plain

ガラス張りの部屋の中には、QASR AL WATANができるまでの様子を映し出した映像も流れていました。

各国からの贈り物

f:id:monteverde-aroma:20190912102719j:plain

各国から送られた品物が展示されている部屋がありました。日本からのものは、一番右ですね。

図書館

Qasr Al Watan Library

ここは現在使われている図書館だそうです。

f:id:monteverde-aroma:20190919045248j:plain

警備のスタッフ以外は誰もおらず、貸し切りとなりました。別に入り口があるようですが、大統領官邸から繋がっているので、内側からも入ることができました。 

小さな博物館

f:id:monteverde-aroma:20190912141934j:plain

ここは「Libraries in the Arab World」になっていますが、昔のコーランや貴重な書物が飾られていました。

f:id:monteverde-aroma:20190912141828j:plain

紙のつくり方が描かれているいます。見ていて楽しかったです(^^)

カフェ

f:id:monteverde-aroma:20190912142953j:plain

入り口付近にはカフェがありました。値段は他の高級ホテルと変わらないくらいで、コーヒーが40Dh.(1,200円)でした。

お手洗い

f:id:monteverde-aroma:20190912072835j:image

お手洗いも期待通り!蛇口まで金色でした(笑)。

最後は、お土産物屋さんもあり、QASR AL WATANのロゴが入ったカップを買ってきました(made in Chinaですが・笑)。そばにも飲み物を売っている売店や椅子があり、そこで少し休めます。 

詳細情報

  営業時間:10:00am - 8:00pm(最終入場は閉館の1時間前)

  入場料:63Dh.(税金含む)

(参考) Qasr Al Watan公式サイト

アクセス

まとめ

贅を凝らした造りの大統領官邸。豪華な建物や内装だけでなく、何より嬉しかったのが、まだ人が少ないこと!一般公開されてまだ1年経っていないので、ツアーには組み込まれていないようで、個人観光客ばかりで、ゆっくり見ることができました。今が狙い目かもしれませんね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

*1:空港にあるような保安検査場のスキャナーを通らないもの