Australia

【アデレード】空港と市内を結ぶ路線バス

2019-08-08

f:id:monteverde-aroma:20190804041920p:plain

オーストラリアの都市・アデレードは、あまり知られていませんが、のんびりするには最適な場所でした。2019年夏の旅行の体験をもとに、空港からのアクセスなどをご紹介したいと思います。

アデレード空港到着

f:id:monteverde-aroma:20190801130850j:image

1AUD(オーストラリアドル)=76円(2019年8月現在)

アデレード空港は、とてもコンパクトな空港です。国内線と国際線が一体となったターミナルで、出発と到着も同じフロアーを使うタイプでした。今回は、メルボルンから国内線を使って到着しました。

こちらの記事の続きです。

【メルボルン空港】乗り継ぎと空港ラウンジ、そしてQF国内線搭乗記です

メルボルン空港のラウンジと国内線のようすです。

続きを見る

矢印に沿って進むと荷物引き取り場(Baggage Reclaim)に簡単に出ることができます。

ターミナルの外へ

f:id:monteverde-aroma:20190801130843j:image

荷物引き取り場から外へはどの出口を使っても広場に出ます。到着時はちょうど雨があがったところ。日本と季節は反対になりますので、冬となります。日中の気温は、15℃前後のようです。

建物を背に、右手の方向にエアポートホテル「ATURA」があります。最終日は朝早く出発するので、このホテルに泊まりました。空港に直結していているので便利で、しかもリーズナブルでした。

路線バス乗り場

f:id:monteverde-aroma:20190801130738j:image

タクシーなどの乗り場は、ホテルとは反対方向にあります。「バスはこちら→」の案内はあるのですが、ざっくりすぎて、なかなか見つけることができませんでした。路線バス乗り場は、タクシー乗り場を通り過ぎて(左手に見ながら)1~2分進みます。

f:id:monteverde-aroma:20190801130757j:image

前方にバス停・Stop 10 が見えてきました。

市内へ行くバス

アデレード空港には、Adelaide Metro が運行する路線バスのバス停「Stop 10」 があります。「Stop 10」 を通る路線のうち、以下の J で始まる番号がついた2路線が市内まで行くようです。

  •  J1・J3: グレネルグ・インターチェンジ ー アデレード・シティ
  • J1X: アデレード空港 ー アデレード・シティ ルート

J1X は、Jet Expressと呼ばれる2階建てのバスが運行しています。今回は、アデレードの鉄道駅の近くにホテルをとったのですが、空港からホテルまでは約30分位のようです。

バスのチケットを買う

Adelaide Metro が運行している公共交通機関(電車・バス・トラム)に乗るには1回ごと購入するメトロチケット(Metro Ticket)、1日乗車券、そしてメトロカード(Metro Card)*1の選択肢があります。

今回は、メトロカードを買うことにしました。

f:id:monteverde-aroma:20190728060006j:image

メトロカードは、空港のバス停にある機械で買えます。クレジットカードと現金、どちらもOKです。メトロカードは、AUD5で購入して、AUD5以上(AUD5・10・15・・・)ずつTop up(トップアップ:チャージの意味です)して使います。

毎回運転手さんから買うメトロチケットに比べて安いのですが、払い戻しができず(利用料AUD5は戻らず)、使い残しが出ることがデメリットです。

 種類と運賃

カードの種類ピーク時オフピーク時
Regular Metrocard

Regular Metrocard copy

 3.77  2.07
Singletrip ticket

Metroticket

 5.60  3.70
Daytrip ticket

f:id:monteverde-aroma:20190712073616p:plain

  10.60

ピーク時: 平日の~9:01、15:00~、土曜日の終日

オフピーク時:平日の9:01~15:00、日曜日・祝日の終日

上記は2019年7月時点での運賃です。最新情報をお確かめ下さい⇒ Adelaide Metro

メトロカードを購入するときに必要だった「5ドルが不要になった」、という記事を複数見つけたのですが、2019年7月現在、公式サイトで下記のような一文を見つけました。

New regular metroCARD $5.00 (plus a minimum $5 credit required to get you travelling. https://adelaidemetro.com.au/Tickets-fares/Fares

「新しいメトロカード5ドル、さらに乗車時は最低5ドルのチャージが必要」と書かれています。2019年に料金が改定になったようで5ドルの手数料が必要なようです。さらに、払い戻しはできません。 公式サイトのQ&A 中に以下の文を見つけました。

metroCARD or any products produced by the metroCARD system are non-refundable (払い戻し不可) with the exception of Senior Card(シニアカード以外) Holders in line with current policy.  公式サイトのQ&A より

いろいろ変わるようなので、公式サイトで最新の情報を確認されることをおすすめします。

実際に乗ってみました

f:id:monteverde-aroma:20190801130748j:image

ちょうどバスがいたので、直ぐ出発できました。平日の13時過ぎだったので、オフピーク料金(AUD2.07)、約160円で市内まで行くことができました。空港からホテルまでは30分くらいのようです。

f:id:monteverde-aroma:20190728055914j:image

前方からバスに乗ったらすぐにメトロカード を機械にあてます。目的地に着いたら、そのまま降りるだけです。

見出し(全角15文字)

事前(Wifiが繋がっているとき)に、Google mapで空港からホテルの経路をダウンロードしておきます。すると、インターネットに繋げていなくても、Google mapを開くと(オフラインで)現在位置を確認することができて便利です。

f:id:monteverde-aroma:20190801130911j:image

空港と市内を結ぶバスですが、荷物置き場がないので、車いすのスペースを利用させてもらいました。バスを降りたいときは、車内の「STOP」ボタンを押して知らせます。ボタンを押さなかったり、バス停に乗客がいない場合は、素通りされます。

バスを降りるとき、乗客の皆さんが「Thank you」と言って降りているのが印象的でした。

乗るときに「〇〇に行きますか?」と聞いたのですが、運転手さんが覚えていてくれて「STOP」を押してないのに、そのバス停に停まってくれました。降りながら「Thank you!」最初から親切な人に会い、いい旅の予感がします(^^)

今回の交通費

今回、メトロカードを使ってAUD20をチャージ(top-up)しました。バスの車内ではできないので、トラムに乗った時などに5ドルずつチャージしました。

市内には無料区間があるので、かかった交通費(それぞれ往復) は以下でした。

区間メトロチケットメトロカード
空港⇄市内   3.70  2.07
サンデーマーケット   7.40  4.14
ハーンドルフ    11.20  7.54
合計      22 .30 15.75

最初にメトロカードを買った分(AUD5)を足すと、かかった費用はAUD20.75です。今回、土曜日(終日ピーク料金)にハーンドルフへ行ったので、少し高くなってしまいました。土曜日に市内観光(無料区間)すれば、安く抑えられたのですが・・・。

また、チャージした分は使いきれずAUD4.25余ってしまいました。なので、次回に使いたいと思います。

市内から空港へ

f:id:monteverde-aroma:20190801130832j:image

帰国時、市内から空港へ行くときはCurrie St.(クリー・ストリート) のバス停から乗りました。Currie St.にはいくつものバス停があるので、一つ一つ確認したので、少し時間がかかりました。早めにバス停に来ていてよかったです。バスは、ギムスアーケード近くのバス停に来ました。

まとめ

空港と市内は30分弱、路線バスを利用すると安くて便利でした。最初、空港の乗り場を探すのに手間取ってしまいましたが、分かると簡単!次回はもっとスムーズに移動できそうです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

*1:日本のSuicaやICOCAのような交通電子マネーカードです。

-Australia

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5