Australia lounge

カンタス航空国内線・ビジネスラウンジ @パース

2018-10-09

西オーストラリア・パースのカンタス航空 (QF)の 国内線ラウンジへ行ってみました。ラウンジは「カンタスクラブ」と「ビジネスラウンジ」の2つがありますが、今回は「ビジネスラウンジ」に行ってみました。パース国際空港 (PER) と合わせてご紹介したいと思います。

パース国際空港

f:id:monteverde-aroma:20180926202202j:plain

朝4時半ごろ、PERの国内線ターミナル (T4) へ行きました。すでに結構人がいて、出発ロビーにあるカフェも開いていました。メルボルンの空港同様に自動チェックイン機で搭乗券を出します。

f:id:monteverde-aroma:20180926202235j:plain

今回は預け入れ荷物がないので、セキュリティチェックを受けて、そのままラウンジへ向かいます。オーストラリア国内線のセキュリティチェックは、ペットボトルのお水を持っていても問題なく通れました (2018年10月体験)。

ラウンジへのアクセス

20180926202123

パース国際空港は、昔の日本の国内線ターミナルのように、出発旅客と到着旅客が同じフロアを使うタイプです。ラウンジは、ゲートの方へ向かう途中にありました。カンタスクラブへ行くには、エスカレーターを上がります。その1階の部分にはカフェがありました。

ビジネスラウンジへのアクセス

20180926202131

ビジネスラウンジは「カンタスクラブ」へ行くエスカレーターの後ろにありました。大きく表示されているので分かりやすいです。

ビジネスラウンジ

20180926202227

ワンワールドのエメラルド会員だと ビジネスラウンジ に入ることができます。国内線のラウンジなのに、バリスタの方が美味しいコーヒーを淹れてくれます。

20180926202146

グルテンフリーのパンがあるところもオーストラリアらしいです。

f:id:monteverde-aroma:20180926202250j:image
f:id:monteverde-aroma:20180926202243j:image

自分でお野菜やフルーツを使ってジュースを作ることもできます。美味しかったです。

f:id:monteverde-aroma:20180926202154j:plain
f:id:monteverde-aroma:20180926202138j:plain

パンケーキを焼く機械もありましたが、他の方が作っていて美味しそうだったので、今回はレーズンパンのトーストでオープンサンドを作ってみました。こちらも美味しかったです (^^)

搭乗券の印刷

20180926202305

メルボルンと同じく、パースのビジネスラウンジにもPCとプリンターがあるので、乗り継ぎ便の搭乗券を印刷できます。試しにスマホを使って印刷してみました。

f:id:monteverde-aroma:20180926211901p:plain

私はiphoneを使っているのですが、「プリント」をタッチし、「qfperprint2」を選べば簡単に印刷できました。プリンターのそばには説明書もあるので、迷うことはないと思います。

国内線から国際線に乗り継ぐ前に、次便(国際線)をWebチェックインして、搭乗券を印刷しておけば、預け入れ荷物がない場合はカウンターが開く前に出国することができます

カンタスクラブ

今回は行きませんでしたが、カンタスクラブ は、有料で入会できるようです。特典として、以下のことが書かれていました(2018年9月現在)。

  • カンタスクラブラウンジ利用
  • カンタス国際線ビジネスラウンジ利用
  • カンタスクラブのパートナー航空会社および提携航空会社ラウンジ利用

入会の詳しい説明 (英語) は こちら でご覧ください。

さいごに

ワンワールドの会員になって良かったなと思うのは、最上級会員だと、多くのファーストクラスのラウンジ (=ビジネスラウンジ) が使えることです。今回、初めてオーストラリアの国内線ターミナルのビジネスラウンジを利用しましたが、その充実度にはびっくりしました。またいつか行きたい!空港での滞在が楽しくなりました。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-Australia, lounge

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5