airline

無料アプリ「Seat Alerts」の使い方 ~事前に空席が分かれば希望の席も狙いやすい!?~

2021-03-28

飛行機のチケットを購入しなくても空席が分かるアプリ「Seat Alerts」を入手しました。

今回は、とてもマニアックな情報ですが、その使い方をご紹介したいと思います。

Seat Alerts

JALの国内線は、航空券を購入しなくては事前の座席指定ができません。

しかし、「Seat Alerts」というアプリ、もしくは EXPERT FLYER というサイトを使えば空席状況や、隣席がブロックされているかどうか調べることができます。

アプリは簡単な英語で利用できます。

step
1
アカウント登録

アプリをインストールし、最初に起動した際に、無料アカウント登録の画面が表示されます.

登録する内容は、以下の3つでした。

  1. メールアドレス
  2. パスワード
  3. 名前

入力したら「CREATE ACCOUNT」をタップします。

すると、登録したアドレスに確認メールが届きます。差出人は、The ExpertFlyer.com Team です。

届いたメール内にある「You must click here (個人のリンク先 ) to verify your account.」をクリックすれば、登録完了です。

step
2
Create Seat Alert

step
3
情報を入力

次に、調べたい便の情報を入力して「Search」をタップします。

上の写真は、2021年3月10日の羽田空港発→那覇空港行き、JAL919便のクラス J を検索するときの入力例です。

ポイント

*空港名は3レターを使うと候補がでます。
*エアラインコードは2レターを入力すると便利です。
*JALの国内線・クラス J はビジネスクラスで検索します。

航空会社を検索するとき、3レターだと、上のような候補がでますが、2レター (JL) だと、JALしか表示されません。

検索すると、上の写真のような座席表が出てきました。青は事前予約席、白は空席です (座席表の見方は、後程ご紹介します )。

私はまだ利用していなのですが、このアプリは、特典航空券の空席照会にも利用できるようです。

空席の見方

以前、JALの公式サイトの空席には、以下のように区別されていました。

  • 〇:空席あり(16席以上)
  • △:空席あり ( 5〜15席)
  • 1 ~ 4:空席あり(数字が残席数です)

最近では、少し表示方法が変わりました。残数の表示が「空席あり」、「残席6~15」、そして5席以下は数字がでます。

しかし、16席以上の「空席あり」だと、どれだけ空いているのか?よく分かりません。

JAL 915 (公式サイト)

例えば、ある日の915便は「空席あり」と出ています。

公式サイトでは、予約して初めてどのくらい空席があるか分かります。

実際に予約してみると、この日の915便はほぼ満席で、空いているのは真ん中の席だと判明しました。

コロナ禍の今、できることなら隣席が空いている席を予約したいものです。しかし、座席指定は航空券購入後でないとできないので、空席状況が分からないのです。

Seat Alerts

先ほどと同じ便を、「Seat Alerts」アプリで見てみました。

左の番号は、座席番号です。

表示の詳細

  • 青:予約 (指定) 済
  • :空席
  • X:航空会社側の理由でブロックしている座席
  • L:お手洗い
  • 赤いライン:非常口座席

公式サイトの座席表とは異なり、座席番号57~61に「X」表示があります。

[X:ブロック] は、何らかの理由で販売されていない座席です。その理由は、以下のようなケースが推測されます。

  1. 乗務員の移動用座席
  2. ダウングレードのために空けておく座席
  3. ストレッチャー (病人用) を設置するための座席
  4. 離陸時のバランス調整のための空席
  5. 上級会員のための空席(空席が多い場合)
  6. ラストプライオリティ(最後に開放する座席)
  7. その他

JL915の場合、後方がブロックされているので、 [X] は、①乗務員の移動用座席と推測されます(100%ではありませんが)。

ただし、乗務員の移動用の場合、他の空席が多い便に振り替えて、お客様に開放する (=予約可能) 場合もあります。

また、一般的に便出発の24~48時間前には、ブロックされた席が(全てではありませんが)開放される場合もあります。

次に、同じく「空席あり」と表示が出ていた別の便 (JL917) を見てみます。

JL 917

めちゃくちゃ空席があります。同じ沖縄へ行く便、しかも値段が一緒なら、こちらの便を予約したいですよね。

momoka
ただし、今後予約が増えたり、(空席が多いので)この便がダウンサイジング、もしくは欠航となる可能性もあります。

予約数が増えたり、ダウンサイジングされた場合は・・・

諦めましょう。
momoka

アプリは、Android、iPhone のどちらにも対応していますが、ダウンロードは、ご自身の責任の下でお願いいたします。

「キャンセル待ち」でもUG可能

前回は、空席の多い便を探すために利用しましたが、今回は、アップグレードの可否を事前に知るために利用しました。

前日の夜に見てみると、JALの公式サイトで「キャンセル待ち」と出ていました。

この「キャンセル待ち」はアップグレード (UG) の可能性があるのか?ないのか?
momoka

「Seat Alerts」を使って、当日の朝、空席状況を確認してみました。

当日朝5時ごろの空席
当日の朝5時ごろの空席状況

アイコンの見方

  • 青色の座席:事前指定済
  • 白色の座席:空席
  • 白抜き「X」の座席:航空会社によるブロック座席

公式サイト(予約)では、キャンセル待ちと表示されていたのですが、実際には空席(白い部分)があります。

また、2席ほどブロック(白抜きの X)されていました。

これなら、アップグレードできるかもしれない!
momoka

と、かなり早めに空港へ向かいました。

予約していたのはお昼過ぎの便ですが、空港に着いたのは6時前 (笑)

実際に空港へ行ってみると、簡単にアップグレードできました。空席状況も「Seat Alerts」で表示されたものと、似ています。

チェックイン後

朝6時過ぎの空席状況

チェックインした後、もう一度「Seat Alerts」を見てみました。

なぜか?私の隣席はブロックとなりました。しかし、国際線機材のビジネスクラスの座席ですので、最後まで空席であるはずがありません。

しかも、「Seat Alerts」では、チェックイン時の画面には表示されなかった空席 (6A) が表示されているではないですか!

早速、チェックインカウンターへ行って、「窓側に空席はありませんか」と聞いてみました。

「1席窓側に空席がありますので、変更しますね」と、無事に窓側のソロシートを手に入れることができます。

やっぱり、「Seat Alerts」の情報は正しかったようです。
momoka

当日の朝6時半ごろ

6時30分頃、もう一度予約画面を見てみました。すると「残席4」

「Seat Alerts」で空席、そしてブロックだった座席が、全て開放されたようです。

1回しか検証していないので、毎回同じような状況だとは言えませんが、「キャンセル待ち」となっていても、空港に着いてすぐにアップグレードができないわけではないと分かりました。

国際線機材にこだわる訳

アップグレードのために早めに空港に行くことを友人に話すと、呆れられ、理解されません。でも、せっかくなので、優雅な空間を手に入れたいのです。

クラス J の座席

通常のクラス J の座席(A350)は、上の写真のような感じです。

当日のUG

出発の日、空席があれば、普通席の料金(特典航空券も可)に+1,000円で利用できます。

空席がない場合は、キャンセル待ちとなります。

ワインレッドで落ち着いた雰囲気で、普通席(濃いグレー)に比べると、ゆったりとしています。

しかし、満席になり隣席の人が困ったちゃんだと、寛ぐことができません。前回の便では、1時間以上、お隣の乳幼児の攻撃を受け続けました。

そのときは、我慢の限界を超えてしまったので、空席がたくさんあった普通席に移動させてもらいました。自ら移動するボランタリーダウングレードです。

momoka
隣が空席であることの何と快適なことか!

しかし、国際線機材ではその上をいきます。

国際線機材のクラス J は(アップグレードが叶えば)、同じ+1,000円で上のような座席に座れるのです。

しかも、1-2-1の配列なので、窓側の座席は、1人です!

ちなみに、通常の国内線のファーストクラスの座席は、下のような感じです。

アイボリーの皮張りシートは、B777やB767という種類の国内線の飛行機に搭載されています。

新しいA350という飛行機のファーストクラスの座席がこちらです。映画などが見られる個人用画面が付いています。

当日に空席があれば、普通席に+8,000円で乗ることができます。お食事やお酒類もいただけます。

しかし・・・

国際線機材のクラス J

繰り返しになりますが、ファーストクラス(国内線)といえども、国際線機材のこの空間には叶いません。

食事やお酒はありませんが、映画は見られるし、普通席に+1,000円で、この座席に座れるのです。

座席はフルフラットになりますので、沖縄・那覇空港まで2時間以上、足を延ばして寝ていくことができます(国内線のファーストクラスの座席はフルフラットになりません)。

友人に呆れられながらも、「この座席に座りたい」と争奪戦に参加した次第です。

狙い目は那覇以外の路線

【公式】JAL/B772

ところで、国際線機材(B777)は、最初、羽田⇔那覇に導入されました。

羽田⇔那覇の運用は、主に上の表で示す「W63 / W64」という座席配置(コンフィグレーション)です。

座席は、ビジネスクラス (JAL SKY SUITE Ⅲ) とエコノミークラスです。総座席数が312席で、普通席が多いのが特徴です。

しかし、最近では、羽田⇔札幌 (新千歳) や羽田⇔伊丹といった沖縄線以外にも、国際線機材が導入されるようになりました。また、週末には、羽田⇔福岡・中部・出雲・徳島・高松や、伊丹⇔那覇でも導入されている日もあります。

ただし、路線によっては、B777以外の中型・小型機となり、上記で紹介した座席とは異なります。

momoka
今のところ、沖縄線以外で狙い目は、札幌(ときどき伊丹)です。

なぜなら、この2路線には、同じ国際線機材 (B777)でも、「W61」という別のコンフィグレーションが導入されているのです。

W61

【公式】JAL/B772

W61 も、ビジネスクラスは「JAL SKY SUITE Ⅲ」という窓側が一人の座席(ソロシート)ですが、W63 / W64 (那覇便) と違い、 W61 は、3クラスとなっているのです。

ビジネスクラスが42席もあり、さらに、プレミアムエコノミークラス (PY) の座席が設置されています。

以下、簡単に座席数を比較してみました。

 ビジネスクラス (クラスJ )PY普通席
W614240154
W63/W6426286

多分、プレミアムエコノミークラスは、普通席として販売しているのではないかと想像します。

なので、今のところ、ビジネスクラスの座席へのアップグレードのチャンスが大きいのは、コンフィグレーション「W61」が導入されている「羽田⇔札幌」・「羽田⇔伊丹」となるようです。

さいごに

今回は「Seat Alerts」の使い方はご紹介しました。いかがでしょうか。

「Seat Alerts」で事前に調べておけば、隣が空席かどうかを調べたり、アップグレードの可能性を見ることができます。

アップグレードの可能性がない場合は、ゆっくり空港へ出向くようにできますしね。

飛行機好きのマニアックなお話にお付き合いくださってありがとうございました。

-airline
-