hotel-japan Tokyo

"極上の朝食"再び!京王プラザホテル・スタンダードプラスダブル宿泊記

前回の満足感がとても高かった京王プラザホテルに "極上の朝食” 。

今回は、"極上の朝食” を目的に、再び、京王プラザホテル泊まってきました。

今回はラウンジ付きではなく、 "極上の朝食” へアップグレード&最大24時間ステイのプランです。

このプランなら、安価な宿泊費で "極上の朝食” を楽しむことができます。

今回は、地下鉄を利用した際のアクセスと、部屋のようす、そして "極上の朝食” 夏バージョンをご紹介いたします。

アクセス

前回は爽やかな時季だったので、京王プラザホテルまで、新緑を眺めながら地上を歩いて行きました。

しかし、今回は体温越えの猛暑の日。

なので、東京メトロ・丸の内線の「西新宿駅」から地下道を通って行くことにしました。

地上に出るのは、ほんの少しです。

その後、都営地下鉄「都庁前」駅の案内を左に見ながら進み、高架下の横断歩道を渡れば、ホテルは目の前です。

階段を昇ります。

今回は東京メトロを利用しましたが、京王プラザホテルの最寄りの地下鉄の駅は、都営地下鉄「都庁前」駅です。

「都庁前」駅を利用すると、もっと歩く距離が短くなります。

久しぶりの京王プラザホテル。

50周年記念の飾りはなくなっていました。

前回の滞在のようすです。

京王プラザホテル ~クラブルーム・プレミアグラン~ 宿泊記

ゴールデンウィークは近場でゆっくり。新宿にある京王プラザホテル(新宿)に泊まってきました。 京王プラザホテルは、地上47階と34階の2つの高層タワーからなるホテルで、2021年に開業50周年を迎えまし ...

続きを見る

スタンダードプラス・ダブル

今回は、スタンダードダブルの改装済みの部屋です。

「プラス」と付いているのが、改装済みという印のようです。

クローゼットの引き出しに、浴衣とパジャマ(ワンピースタイプ)が用意されていました。

前回泊まったクラブルーム プレミアグランの部屋に比べると、かなり狭いですが、椅子やベッドなどの雰囲気は似ていました。

クラブルーム プレミアグランをミニチュア版のような部屋でした。

バスルーム

深めの浴槽は同じ。

ゆっくり浸かれ、疲れが取れました。

アメニティも、クラブルーム プレミアグランと同じロクシタン。

基礎化粧のセットも置いてありました。

クローゼットは狭めですが、アイロンなど、必要なものは揃っていました。

充電器もあるので、荷物を減らすことができますね。

この他、加湿空気清浄機も用意されており(狭いことを除けば)至れり尽くせりの部屋です。

リーズナブルな価格の部屋なので、さすがにネスプレッソはありませんでしたが、ドリップ式のコーヒーはありました。

水のペットボトルは、2本です。

今回は、夕食もホテルでいただくことにしました。

夕食

夕食も割引プランがあったので、ホテルのレストラン「グラスコート」でブッフェをいただくことにしました。

夕食なのですが、早い時間(17時)スタートなので、外は明るく、夕食というより遅いランチといった感じです。

まずは、前菜の小鉢。

本日のスープは、グリンピースでした。

まるで口の中にグリンピースをいっぱいに頬張っているかのように、口の中にいっぱいのグリンピースの味が広がるスープでした。

ずーっと飲んでいたいほど好みの味だったのですが、スープでお腹をいっぱいにしてはいけません。

メインにすすみます。

口コミで『ローストビーフが美味しい』と書かれていたのですが、やっぱり美味しかったです。

その他、鮑のソテーや揚げたての天ぷらなど。

鮑は(思っていたより)かなり小さいものでしたが、柔らかかったです(写真は2人前)。

天ぷらは、お芋がほこほこしていて、美味しかったです。

麺コーナーは、トムヤムクン!

パクチーをたっぷり入れてもらいました(^^)

本場タイを思い出す、本格的なピリ辛のトムヤムクンでした。

最後はクレープシュゼット・バニラアイス添えとフォンダンショコラ、そして京王プラザホテルのショートケーキです。

宿泊の目的は "極上の朝食” なので夕食は食べ過ぎてはいけないのですが、やっぱりブッフェは、ついつい取り過ぎてしまいますね。

ところで、前回はラウンジ付きのプランでした。

しかし、ラウンジはお酒類は充実していますが食事はイマイチ。

なので、今回は、夕食ブッフェをラウンジの代わりにしました。

ほぼ同額で(部屋は狭くなってしまいますが)、食事を充実させるなら、この選択肢も良かったと思いました。

スポンサーリンク


極上の朝食

さて、次の日は "極上の朝食 ~スーパー“LIVE”ブッフェ~"!

夏のメニューに変わりました。

チェックインの時にもらった、このリーフレットを持って行きます。

最初は、和食!

6時半のオープンに合わせて炊きあがったご飯を頂きます。

ちょうど、絶品の玉子焼きも出来上がったところでした。

前回最初に食べなくて後悔したので、今回は一番にいただきます!

(おかずなし)ご飯だけでも食べられる美味しさ!

ウーロン茶などの飲み物がサーバーなのは残念ですが、おすすめはこちら。

開業50周年記念のオリジナルシャンパン「Piper-Heidsieck Essentiel by Keio Plaza Hotel」

サービスの期間が延長されていました。

これだけでも、”極上の朝食” 感が漂っています。

続いて、サラダ。

夕食のブッフェより朝食の方がドレッシングが充実していました。

ホテルメイドの人参のドレッシングをかけたサラダ、

見栄えも良くて、豪華な朝食になりました。

ポーチドエッグを包み込んで焼き上げ蟹を添えた「ポーチドエッグ入りクラブケーキ」。

前回いただいたものとソースが違います。

個人的には、このトマトソースの方が好みでした。

もちろん、ポテトサラダ等の小鉢も充実しています。

7時半、次の時間帯のゲストが到着する頃です。

ちょうど、ご飯が炊きあがったようで、スタッフの方が声がけをしてくれました。

ご飯だけお願いすると、『ビーフストロガノフをかけると美味しい』と提案してくれ、ご飯と一緒に持ってきてくれました。

ビーフストロガノフは、料理長のスペシャル卵料理のソースです。

こんなアレンジもできるのですね。

やはり、気遣いが素晴らしい!

やはり全部のせのデニッシュ。

フルーツは4種類。

並んだフルーツにはカバーがかかっていたのですが、取ろうとすると、スタッフの方が2人がかりでカバーを開けてくれ、まるでお姫様になった気分でした(^^)

さいごは、クロワッサン。

今回はアイスクリーム(バニラ)とホテルメイドのラズベリージャムを添えてみました。

正直お腹いっぱいなのですが、これを食べないと後悔します(個人的感想・笑)

お腹いっぱいでも、美味しくいただくことができました。

国産牛のスライスバーガーや冷製カッペリーニ、その他、うな丼もありました。

メニューも夏仕様に変わっていたのですが、定番メニューを制覇しようとしたら、新メニューに到達することはできませんでした。

スポンサーリンク


さいごに

今回は、”極上の朝食” を目的に、もう一度京王プラザホテルに泊まってきました。

前回が良かったので期待して行ったのですが、その期待を上回る体験となりました。

やはり、京王プラザホテルの "極上の朝食” は、お料理だけでなく接客が素晴らしいです。

ディナーブッフェも良かったのですが、記憶に残るかと聞かれたら・・・。

一方、 "極上の朝食 ~スーパー“LIVE”ブッフェ~" は、記憶にしっかり残る朝食だと思います。

やっぱり、 "極上の朝食 ~スーパー“LIVE”ブッフェ~" は、料理と雰囲気、そしてサービスが素晴らしい(個人的に)日本一の朝食だと思います。

ごちそうさまでした(^^)

前回の "極上の朝食” のようすも合わせてどうぞ。

”極上の朝食” は本当に極上だった!もう一度食べたい!!京王プラザホテルのスーパー“LIVE”ブッフェ!!

ゴールデンウィークに、東京・新宿にある「京王プラザホテル」に泊まってきました。 目的は、京王プラザホテルの「極上の朝食 ~スーパー“LIVE”ブッフェ~」をいただくことです。 これまでに食べたことのな ...

続きを見る

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-hotel-japan, Tokyo
-, , ,