hotel Japan

和の香りがする「ホテル八重の翠東京」と地域共通クーポンの使い道

2020-10-21

東京のホテルもGoToトラベルの対象となりましたので、早速気になっていたホテルに泊まってきました。シングルからツイン、トリプルまであるので、いろいろな旅のカタチにおすすめのホテルです。

 

ホテル八重の翠東京

ホテル八重の翠 (やえのみどり) 東京は、「日本の美しさを重ねる」をコンセプトに、最上階に日本庭園とフロントを配したホテルです。2020年4月30日に八重洲・八丁堀地区に開業予定でしたが新型コロナウィルスの影響を受け開業を延期、その後、7月6日にオープンとなりました。

まだ開業3か月の新しいホテルです。今回は食事の後に泊まるだけだったので、21時からのレイトチェックインできるプランにしました。

 

「和」を追求するホテルなので、1階のエントランスを入るとお香が焚かれていました。フロントは14階にあり、直通のエレベーターで上がります。

エレベーターのドアが開くと、そこはビジネスホテルとは思えない和の雰囲気が広がっていました。

外には、日本庭園が広がっています。ビル群の夜景を背景にした日本庭園も素敵でした。フロントと同じ14階には、日本酒などとともに夜景が楽しめるバーもあります(地域共通クーポン・電子クーポン利用可です)。

フロントのそばには、飲み物が用意されています(勧めてはいただけませんでしたが・笑)多分、頂いてもいいのだと思います。

通常のチェックインは14時~ですが、この日は21時~のレイトチェックインにしました。レイトチェックインを選んだ場合のチェックアウトは9時になります(通常は11時です)。

正式なチェックインの前に、夕方、荷物を預かってもらおうと一度ホテルに来ました。

フロントの男性スタッフは、普通に預かって引換券をくれたのですが、そばにいらした着物姿の女性は「お荷物をお部屋に運んでおいてもよろしいでしょうか」と、一歩踏み込んだ声がけをしてくださったのにはびっくりしました。気配りが素敵♪

1泊一人何万円もするホテルならあるかもしれませんが、大好きなドーミーインより安い、リーズナブルなホテルなのに・・・ホテル八重の翠東京の印象がグン!と上がりました。

 

momoka
チェックアウトのときは普通だったので、多分この女性が素晴らしい方だったのだと思います。

 

モデレートツイン

22のm²の広さで、120㎝幅のベッド2台を連ねたハリウッドツインの部屋です。新しい木の部屋の香りがします。

行燈証明をイメージした2つの照明があり、柔らかな雰囲気をかもし出しています。壁には、桜・梅が和紙の壁に描かれていて、大好きな白緑 (びゃくろく) のような、薄もえぎ色のような薄い緑色でまとめられています。

パジャマ代わりになる部屋着(ワンピースタイプ)もあります。肌触りは少しザラザラしていました。

部屋の備品

加湿機能付き・空気清浄機も標準装備です。

 

部屋の備品も必要なものは揃っています。冷蔵庫は空で、部屋にペットボトルのお水はありません。でも、すぐそば(徒歩1分)に24時間営業のスーパー・マルエツやコンビニ (徒歩3分) がありますので、問題は全くありません。

スーパーでお水を買ってきて、南部鉄器でお茶を入れて飲みました。さらに美味しく感じます。

 

クローゼットはなく壁掛けタイプです。ビジネスホテルだと金属製の荷物置きしか見たことがなかったのですが、こちらは、木製でした。ただ、スリッパはちょっとペラペラです。

ちょっと写真がゆがんでしまいましたが、枕もとにコンセントと明かり用のスイッチがありました。すぐ下に台がありますので、スマートフォンを置いて充電ができます。

 

浴室

 

(写真には写っていませんが)バスタブが大きくて深くて、ゆっくり浸かることができました。湯量も気持ちがいいくらいジャバーと出ます。シャンプーなどはDHCです。洗い場が広いので、家のお風呂のようでした(椅子はありませんが)。

歯ブラシやシャワーキャップなど、必要なものは揃っています。入浴剤は和風・竹の香りでした。

竹の香り

枝葉には、「青葉アルデヒド」という成分が多く抽出されています。青葉アルデヒドは、あのカメムシのにおいの主成分と言われていますが、少し加えるとナチュラルな香りになることから香水にも使用されたり、疲労回復効果があるとも言われています。

他に青葉アルコールという成分も多く検出されていて、こちらも青葉アルデヒド同様に青臭い香りが特徴です。

一方、幹のほうは、ウッディーで甘い香りです。

枝葉、幹両方から検出された成分としてはボルネオールが挙げられます。別名、竜脳(りゅうのう)と呼ばれ、樟脳(しょうのう)と似た香りがします。

【参考】爽やかな竹の香りは?

 

momoka
竹の香りは、スーっとした青々し香りのようです。でも、カメムシのにおいが含まれていて、少し加えるといい香りになるとは!調べてみてびっくりしました。

 

ちょっと残念な点

バス、トイレ、洗面台は、3点独立配置(ユニバーサルダブルを除く)です。信楽焼の洗面器を採用していて、こちらも使い勝手が良かったです。ただ、脱衣所がないタイプです。浴室が広いので、問題はないのですが・・・。

 

その他

 

14階のフロントのそばには、自動販売機や乾燥機付き洗濯機 (有料) がありました。また、各階にはアイロンとアイロン台があるので、身軽に来ても大丈夫です。

 

朝食

今回は、朝食付きのプランにしてみました。朝食は1階のレストランでいただけます。

【営業時間】

  • 月ー金:7時~10時 (ラストオーダー:9時40分)
  • 土・日・祝:7時~10時半 (ラストオーダー:10時)

【料金】

  • 大人2,000円(税込) 子供1,000円

今だけなのかどうかは分かりませんが、どちらかの選択でした。

鯛茶漬けにしてみました。どのお料理も丁寧に作られていて、美味しかったです。ご飯のお替りもできます。鯛のお刺身をご飯の上に乗せて出汁をかけるのですが、ごまだれをつけて、お刺身としていただいても美味しかったです。

 

アクセス

  • JR「東京駅」徒歩約12分
  • 東京メトロ日比谷線「八丁堀駅」徒歩約3分
  • 東京メトロ東西線「茅場町駅」徒歩約7分
  • 都営浅草線「宝町駅」徒歩約8分
  • 東京メトロ銀座線「日本橋駅」徒歩約10分

八重洲通りに面した立地で、複数路線が利用可です。なので、どこに行くのにも便利です。

銀座から徒歩20分

 

この日は銀座で食事をして、ホテルまで歩きました。お天気が良い日だったので、ほんの少し黄葉が始まった通りを歩くもの楽しかったです。しかし、今だからなのか?ビジネス街の夜は、こんなに人通りがないとは思いませんでした。

 

地域共通クーポン

今回は、じゃらんnetで予約したので、ホテルのチェックイン時に紙のクーポン・2,000円分をいただけました。リーズナブルな価格だったのに、2,000円分も頂けました。ちなみに、東京滞在だと、その近郊の5県で使用が可能です。

制度なので仕方がないのですが、21時のレイトチェックインだと、21時以降にしかもらえません。一泊二日だったので、使えるのは次の日だけとなりました。チェックインの前に渡してしまうと、クーポンだけ受け取ってホテルをキャンセルしてしまうという不正を防ぐためだそうです。

おすすめは東京駅

次の日、家に帰る途中、地域共通クーポンを使うため東京駅に寄りました。

東京駅の立ち食い寿司のお店で地域共通クーポン(紙・電子ともに可)が使えるのを見ていたので、お昼ご飯を食べて帰ろうと思ったからです。

でも、その前に気になるモノを2つ見つけてしまい、計画変更です。

 

丸の内ホテル

1つめは、こちら。丸の内ホテルのアップルパイの広告を見かけ、立ち寄ってみました。ハロウィンと一緒に、クリスマスツリーも飾られていました。お目当てのアップルパイは8階にあります。

オシャレな箱に入れてもらって、ホテルのスタッフの方にちやほやしてもらって(勘違いかも・笑)買ってきました。2つで、1,100円です。足りない部分はSuicaで支払いました。

シナモンがいい塩梅に効いていて、あっという間に完食!ホールは食べきれないだろうな・・・と思って四分の一のサイズのアップルパイを買ったのですが、ホールでもよかったかもしれません。美味しかったです。

 

動物パンのShouShou

東京駅の丸の内地下南口のそばでは、時々イベントを開催されています。この時は、パン屋さんが集まっていました。

つい惹かれて、動物パンの店ShouShou (シュシュ) で、かわいいパンを買いました。こちらのパンは、かわいいだけでなく、こだわりもあるのです。

小麦粉は「春よ恋」と「ドルチェ」の北海道産小麦100%を独自配合でブレンド。その色付けには、国産の野菜や果物を細かくカットして食品乾燥機で約15時間ほど乾燥させ、それをミキサーで粉末状にしたものを使用しているそうです。

牛乳は北海道根釧・十勝地区で育った乳牛の生乳で、 成分無調整で乳脂肪分3.7%以上の牛乳です。牛乳を多く使用しているので、やわらかくて、とても食べやすかったです。バターも北海道産の無塩バターをたっぷり使用しています。

ウサギとリス、クマ型の食パンを買って、1,020円なり。地域共通クーポンありがとう!

 

おまけ

ところで、動物パンを買ったそばに、これがありました。

ただ今大人気で、売り切れ続出の「世界一」リンゴジュースがある自動販売機です。

これには地域共通クーポンは使えませんが、東京駅に行かれたらぜひお立ち寄りください。運が良ければ、幻のリンゴジュースを飲めるかもしれません。ちなみに、私は3回行って、すべて売り切れ(準備中)でした。

 

さいごに

今回は、ホテル八重の翠東京の滞在記と、東京駅で地域共通クーポンを使って買ったものをご紹介しました。ホテルから東京駅までは、地下鉄を利用すれば簡単に移動できます。もちろん歩くこともできます。

東京駅にはたくさんのお店がかたまっているので、どこかで地域共通クーポンを使うことができます。ただ、普通のお店だと電子クーポンが使えない場合も見られたので、そんな時はホテルのスィーツがおすすめです。

個人的には、スープストック東京なんかで使えるとランチもできるし嬉しいのですが。また、おすすめのお店がありましたら、追記したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

-hotel, Japan

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5