Bangkok

あれば便利・スムーズ!バンコク旅行のために準備した5つのこと!!

「旅とアロマ」にお越しくださり、ありがとうございます。

久しぶりのバンコク旅行。短い滞在時間で、効率的、かつ安く楽しむために、そしてスムーズに帰国するためにいろいろ準備していきました。

今回は、バンコク旅行の前に準備していってよかった5つのことをご紹介いたします。

スポンサーリンク


SIMカード

バンコクは無料Wifiを使える場所が多いので、短期間の滞在なら、SIMカードを入れ変えたりWifiルーターを持って行かなくて大丈夫な場合もあります。

しかし、今回は途中で予約の確認をしたりGRABに乗ったりする予定だったので、現地で使える SIMカードを用意することにしました。

この方法には、SIMロック解除された端末やSIMフリー端末が必要 です。

以前は、バンコクの空港ターミナルで、到着後に必要なSIMカードを買っていました(現在も到着フロアにお店はあります)。

数日の滞在中、700円くらいで問題なく使えていたので重宝していましたが、今回は(短い滞在時間を少しでも効率よく動きたいと思い)、日本でSIMを買って行くことにしました。

いろいろ比べたところ、Amazonが一番安く、円安でも、現地よりも安かったです。

買ったのは、一番いい口コミが多かった、こちらのSIMカードです。

【AIS】タイ プリペイド SIM7日間 データ通信無制限 100分無料通話つき

特長

・100バーツ分(タイ国内への発信約100分、日本携帯への国際発信約16分)の通話付き

・SIMサイズ:通常、micro、nanoサイズ対応 

・周波数帯域:900MHz、2,100MHz 

申し込んですぐに、普通郵便(封筒)で送られてきました。

本体の有効期限は切れていたのですが、但し書きのメモが入っていました。

そのメモによると、『コロナ禍による延長により、2022年12月31日まで使える』とのことでした。

また、「7日間無制限、100B (バーツ) 無料通話」を購入したのですが、届いた商品には「8日間15GB、100B無料通話」と書かれていました。

短い滞在だったので、問題はありません。

同様のことがあったようで、口コミの質問に以下のような回答(抜粋)がありました。

「コロナの影響で、今までのAISキャリアの7日間と8日間のプランはすべて16日間まで無料延長させていただきます。お客様はご購入いただきましたSIMカードは16日間まで無料延長しました。」

こちらも、損はしていないので、何の問題もありません。

口コミにも、使えなかったとの声はなかったので、そのまま持って行くことにしました。

使った感想

9月と11月の2回、同じSIMカードを買っていきました。

機内でSIMを入れ替え、到着時に機内モードを解除すると、すぐに電波を拾って使えるようになりました。

SIMを交換するとき(ピンが入っていないので)クリップを利用しましたが、SIMピンを使うことをおすすめします。

現地では、お店を検索したりグーグルマップを使ったりしていましたが、問題なく使えたので、買ってよかったです。

また、タイの電話番号や無料通話も付いてくるので、電話をかけることもできました(^^)

ただし、有効期限が短い場合もありますので、あまり早くに買わない方がいいかもしれません。

スカイトレイン1日乗車券

つづいては、交通についてです。

バンコクでは、主にBTS(バンコク・スカイトレイン)を使って動き回ろうと思っていました。

BTS

バンコクの高架鉄道システムのことで、シーロム線とスクンビット線の2線があります。

両路線は、CEN Siam(サイアム)駅で乗り換えることができます。

なので、1日乗車券を買っておくことにしました。

1日乗車券と言っても、立派なICカードです。

"kkday" というレジャー予約プラットフォームでも同じ1日乗車券を販売していましたが、そちらが完売だったので、今回は、KlooK で買いました。

Klookは、香港に本社を置くKlook Travel Technology Limitedが運営し、アジアの都市を中心に世界各地域でサービスを提供しているプラットフォームです。

特長

・バウチャー引き換え前のキャンセル無料
・即時予約
・即日利用OK

引き取り

購入すると、すぐにメールでバウチャー(添付ファイル)が送られてきました。

今回購入した「スカイトレイン1日乗車券」の有効期限は、購入日よりほぼ9か月後の月末。

購入時、引き取り場所(空港か、サイアムスクエア)を選ぶことができます。

2022年9月現在

私は、到着してすぐに引き換えられるように、空港を選びました。

出発階(出国のエスカレーター側)まで行かないといけないのは面倒ですが、カウンターはすぐに見つかりました。

BTS一日乗車券を引き取るには、Klookのカウンターで、モバイルバウチャーをスタッフに提示すすだけでOKです。

場所と時間

・場所:スワナプーム空港4階(出発階)

・営業時間:06:00ー00:00(日曜日~土曜日)

BTS1日乗車券は、購入時に選んだ日付に関係なく、滞在中好きな日に利用開始できます。

公式サイトには、営業時間は朝6時からと書かれていましたが、5時24分頃に行ったとき、すでにオープンしていました。

なので、(100%の確証はありませんが)早めに行っても引き取れるかもしれません。

レートによって、少し値段が違うようですが、私は494円(約130バーツ)で買いました。

1回の乗車が、最低16バーツ、最高59バーツなので、数回乗るなら、買っておいた方がおトクです。また、毎回チケットを買ったりチャージしなくていいのでで、楽です(チケット売り場は混んでいますしね)。

なお、BTSの料金は、12月に値上がりするようです。

ラビットカードの確認

ラビットカード(大人用)

ところで、BTSの乗車券は1日乗車券だけなく、チャージ式の「ラビットカード」もあります。

ラビットカードはチャージ(英語:Top-up)して繰り返し使えるICカードです。

タクシーなどを利用して観光される方も、夕方のラッシュ時には移動時間が読めるBTSを利用される方も多いかと思います。

そんなときに重宝するのが、このオレンジのラビットカードです。

こちらは現地、BTSの駅のチケットオフィスで買うことができます。

久しぶりに使うので、使えるかどうか調べてみました。

有効期限

ラビットカードには、7年という有効期限があります。

私自身何年も同じカードを使っていたので、その有効期限が気になりました。

ラビットカードの有効期限は、以下のサイトで番号を入れれば、簡単に確認できます。

ラビットカードの番号を入力して、「I’m not a robot(ロボットではありません)」にチェックを入れて「Submit(送信)」すると、有効期限が表示されます。

私の rabbit の有効期限は、2022年12月23日。けっこうギリギリでした。

なお、仮に残額が入ったまま期限切れになったとしても、残額は使えるようです。

ただし、期限切れ以降はチャージ (Top-up) や回数券の追加はできません。

有効期限が切れていたら

手持ちのラビットカードの有効期限が切れていた場合、新しい ラビットカードに交換してもらえます。

  • 通常、ラビットカードの発行(交換)手数料は100バーツ
  • 発行時のデポジット50バーツを交換手数料に充当
  • パスポートが必要

以下、公式サイトより抜粋しました。

 The Rabbit Card holder holding the expired standard rabbit or the expired special rabbit can bring it to any ticket office on BTS station for getting a discount, from a rate of Baht 100 to Baht 50, on an issuing fee for a new standard rabbit card, starting from1st May 2019 to 31st December 2019.

【公式】ラビットカード有効期限

<大意>

有効期限が切れたラビットカード(スタンダート、もしくはスペシャル)をBTSの駅にあるチケットオフィスに持って行くと、2019年5月1日から2019年12月31日の間、新しいラビットカードの発行手数料が50バーツに割引になります。

対象期間をかなり過ぎているのですが、公式サイトには上のように書かれていました。延長されているのかしら?

とにかく、手続きをしてもらうと、使えるようになります。

2年間使っていなかったら

さらに、ラビットカードには、もう一つルールがあります。

最後の使用から2年あいてしまうと、そのままでは使えないようです。

久しぶりにバンコクへ行かれる方は、こちらの方が心配かもしれませんね。

かく言う私も、前回行ったのは2019年の10月。なので、3年近く過ぎていることになります。

しかし、こちらもBTSの駅のチケットオフィスでチャージ(100バーツ)してもらうことで、延長することができました。

その際、手数料はかかりませんでしたが、パスポートが必要でした。

なお、LINEとリンクさせて、カードにチャージすることなく「rabbit LINE Pay」でも支払いができるようです(こちらの方法は私にはハードルが高かったので、やりませんでした)。

使い方

使い方は、スカイトレイン1日乗車券もラビットカードも同じです。

BTSの改札はこんな感じです。

あとは、改札を出入りするときに、カードリーダーに1日乗車券(ICカード)ラビットカードをタッチするだけです(日本と一緒ですね)。

動き回る日は「1日乗車券」、ちょっと移動するときは「ラビットカード」と使い分けると、1人でも、安価に移動できました。

スポンサーリンク


帰国前に必要な証明書

2022年9月7日午前0時(日本時間)より、ワクチン接種証明書(3回接種済み)を保持している帰国者・入国者については、出国前72時間以内の検査証明書の提出は不要となりました。(ワクチン接種証明書(3回接種済み)を持たない場合は、従来通り出国前72時間以内の検査証明書の提出が必要です)

JAL|日本に入国するお客さまへ

帰国前、バンコクの空港チェックインカウンターで、ワクチン接種証明書(もしくは72時間以内の検査証明書)の提示を求められました。

※タイでの入国には不要なので、行き(日本発など)では確認されませんでした。

ワクチン接種証明のアプリ画面でも大丈夫でした。

Visit Japan Web

最後は、スムーズな入国に役立つ「Visit Japan Web (VJW)」の準備です。

コロナ禍に始まった「My SOS」の検疫部分が、「VJW」に統一されました。

ワクチン3回接種、もしくは帰国時の陰性証明書を取得されている方は、絶対にやっておいた方がいい準備です。

公式サイトのマニュアルを読めば操作できますが、実際に操作していて難しいと感じた点や注意点がいくつかありました。

少し長くなりましたので、別記事でご紹介しています。

こちらも合わせてどうぞ。

日本入国オンラインサービス "Visit Japan Web" の登録と注意点 ~実際に使って分かったこと!~

2022年11月14日から、日本入国・帰国時のオンラインサービスが新しくなりました。 「検疫」・「入国審査(外国人旅行者のみ)」・「税関申告」の3つの手続きが "Visit Japan Web (VJ ...

続きを見る

さいごに

久しぶりのバンコク。

少し不安に感じていた部分は早めに準備、確認して行ったので、かなりスムーズに動くことができました。

行きかう人がマスクをしていることを除けば、何の不自由もなく旅することができるバンコク。人気があるのが分かります。

行きの機内と入国情報はこちらからどうぞ。

2年半ぶり!羽田空港から”プレミアムエコノミー”で出発!! ~BAで発券したJAL国際線・特典航空券~

2年半ぶりの国際線。 行先は、タイのバンコクです。 今回は、ブリティッシュエアウェイズ(BA)のAvios で取った、JALの特典航空券(プレミアムエコノミークラス)を利用しました。 必要マイル数が大 ...

続きを見る

BTSの1日乗車券を使って行った場所もあわせてどうぞ。

【バンコク】一度は見てみたい! ”ワット・パクナム” のエメラルドに輝く仏塔!! ~行き方・見どころ・帰り方~

バンコクに行ったら絶対に行きたいと思っていた寺院「ワット・パクナム」。 最強のパワースポットとも言われており、そこには、エメラルドに輝く仏塔があります。 アクセスが少し面倒だと聞いていたのですが、地元 ...

続きを見る

タイの遺跡や寺院を再現した【エンシェントシティ】~自転車でタイを一周してみよう!~

旅とアロマにお越しくださり、ありがとうございます。 バンコク旅行の続きです。 バンコクの郊外には、タイの遺跡や寺院などを再現した「エンシェントシティ」というテーマパークがあります。 敷地も実際のタイの ...

続きを見る

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-Bangkok
-, , ,