旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅ブログ

シャーロットタウンで赤毛のアンの世界に浸る旅

 更新日2020/04/13

f:id:monteverde-aroma:20190601084031j:plain

2027年の秋、世界一周航空券の最初の目的地は、カナダのプリンスエドワード島です。日本からははるか遠くですが、多くの日本人が訪問しています。理由は小説「赤毛のアン」の舞台となった町だからです。今回は、現地ツアーに参加して、赤毛のアンの世界にどっぷりとつかってきました。

PEI Selct Tours 

赤毛のアンの舞台になったおうち「グリーンゲイブルズ」を訪れるため、現地の日本語ツアーPEI Selct Tours さんにお世話になりました。公式サイトから日本語で予約することができます。

{B391D413-0FC8-4518-AFBF-3F092B99B0F7}

秋晴れの美しい日、総勢14人でアンの世界をまわるツアーが始まりました。朝9時にいろんなホテルを回って迎えに来てくれます。

フレンチリバー村

f:id:monteverde-aroma:20190601100856j:plain

途中、フレンチリバー村が見える場所を通ります。穏やかな時間が流れています。

ところで、シャーロットタウンへは、2回目の世界一周旅行の時にも立ち寄りました。そして、同じツアーに2回参加しました。1回目は紅葉、2回目は、春のリンゴの花が咲き乱れている風景を見たかったからです。しかし、2回目のときは春が遅く、満開のリンゴの花を見ることができませんでした。しかも、雨・・・

f:id:monteverde-aroma:20190601100354j:plain 

同じ景色でも、こんなに雰囲気が違います。でも、とてもいいガイドさんで、

お天気のいいときの景色は絵葉書で見られますが、こういう(曇り空の)景色は、着た時しか見られませんから!

それもそうだなぁ。

と、旅を楽しむことにしました。

1回目のツアーでは、赤毛のアンフリークの方が多かったです。一方、2回目は、赤毛のアンを知らない方もいました。代わりに、シャーロットタウンだけで8泊する方や、カナダを列車を使って1カ月かけて移動している方もいて、お話も楽しく、面白いツアーとなりました。 

f:id:monteverde-aroma:20190601085941j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190601090003j:plain

まずは、赤毛のアンの作者、Mrs. ルーシー・モード・モンゴメリーがご主人と一緒に眠っているお墓を訪問します。こちらは、地元の方がきれいにお掃除をされているそうです。

郵便局

次は郵便局へ行きます。ルーシーが働いていた場所です。

{E8B7AAD6-3A7B-413A-A4BC-02474303CA28}

彼女が作家として大成したのも、誰にも知られず、ボツを恐れず、人知れずこの郵便局から作品を出版社に送り続けられたからだそうです。

{2A1C7D3B-B993-4298-A3AC-9080254C7DEA}

1回目に行ったときは、5分くらいの日本語のビデオを見ることができる小さな展示室があったのですが、2回目に行ったときには、なくなっていました。その代わり、三つ編みの赤毛がついた帽子が置いてあり、自由に写真を撮ることができるように変わっていました。

ただ、切手付きの葉書は健在です。ここは、現在も郵便局として運営しているので、このままハガキを出すことができます。

f:id:monteverde-aroma:20171129174245j:image

後日、家に到着した葉書には、この郵便局だけの特典「赤毛のアンのスタンプ」が押されていました(^^) 途中、アンがマシューに連れられてグリーンゲイブルズにやって来た時に見た (アニメーションのオープニングシーン)、リンゴの花の小道も、ツアーの途中で通ります。しかし、現在は、リンゴの木が老木となり、残っているものが少ないそうです。 でも、その道を通ることができただけで嬉しかったです(^^)

グリーンゲイブルズ

現在、グリーンゲイブルズは国立公園の中にあり、ビジターセンターのようなものが建設されていました。私が行ったときは、オープンしたばかりで、まだ売店しかありませんでした。今後、小さな博物館ができるそうです。

{075ED51D-F52F-4DF5-87FD-FD5DA9F4E4F3}

快晴なので、とてもきれいなグリーンゲーブルズが見られました。小さな家に多くの観光客が来ています。なので、順番にゆっくり入って見学します。

リビングルーム

{C7ADF6FA-2992-4FD8-8F08-3ED0820F14E7}

夢にまで見たグリーンゲイブルズの中は、赤毛のアンの物語そのままに再現されていました。食器棚の横に飾られているのは髪の毛で編んだリースだそうです。ここでは、別れのときに髪の毛を交換したりする習慣があり、家族や友人の髪の毛はとても大切にされていたそうです。

{276FE34E-2331-44C2-B54E-41BD62B82075}

バラの蕾のカップと聞いていたのですが、違うお花のカップが飾られていました。このリビングのお茶会に呼ばれてみたいです(^^)

マシューの部屋

f:id:monteverde-aroma:20190601094423j:plain

アンをいつも優しく見守ってくれていたマシューの部屋です。シンプルで朴とつなマシューらしい雰囲気で、今にも「そうさの~」とが現れそうです。

キッチン

{2951EE2E-1479-473F-9AE4-FBDC6134BCA6}

アンとマニラが焼くクッキーやケーキは、美味しそうで、子供のころの憧れでした。物語では、そのケーキにまつわる大事件が起こります!アンの憧れ・ミセスアランに痛み止めの入ったケーキを作ってしまったのでした。風邪をひいて鼻が利かなかったとはいえ、大ショックのアン。そんなアンに、ミセスアランは「誰でもやりそうなおかしな間違い」として、元気づけようと話しかけます。

子供心に、なんて優しい女性なんだろう!と思いました。アンがミセスアランのためにケーキを特別美味しく作ろうと頑張った気持ちは通じていたから、例え痛み止めの塗り薬が入った不味いケーキでも「美味しくてもそうでなくてもあなたの心づくしは嬉しかった」とした素敵な場面を思い出しました。 

f:id:monteverde-aroma:20190601091742j:plain

そして、もう一つ発見しました!アンが親友のダイアナに「いちご水」だと思ってワインをすすめて酔っぱらわせてしまう有名なシーンに出てきた「いちご水」もここに飾られていました。本当は「ラズベリー」だったのですが、赤毛のアンが翻訳された時代にラズベリーは日本にはなく「いちご水 (原文はRasberry Cordeal) と訳されたそうです。

アンの部屋

{B49BD8AE-5B88-4558-869E-07E6BEF48441}

f:id:monteverde-aroma:20190601083738j:plain

窓のそばには、マシューに買ってもらったパフスリーブのドレスが飾られていました。

f:id:monteverde-aroma:20190601102831j:plain

昔アニメーションで見た通りの部屋です!実際に入ることはできず、覗く感じになりますが、見られるだけで大感激です。 

f:id:monteverde-aroma:20190601083727j:plain

将来配偶者となる、ギルバートの頭を叩いた石版も破れたままで飾られています。

マニラの部屋

{F8B2AD9A-3CEC-4B38-8992-E7DAC2C09303}

アンを厳しくも優しく見守って、お母さん以上の存在であったマニラの部屋です。

{0B9DC4C1-6C61-4F98-89B4-F152A7C6D791}

(逆光になってしまいうまく写真が撮れませんでしたが)窓側には、マニラの大切なブローチが飾られています。物語のハイライトを思い出させる仕掛けが、グリーンゲイブルズのあちこちにあって、それを探すのも楽しいです。

{D5B18763-8D64-4903-825C-9606B51F0B35}

裏庭には、馬車がありました (2回目に行ったときにはなくなっていました) 。1回目に行ったとき、そばにあったアンのお下げ髪がついた帽子を被って、馬車に乗って、なりきり写真を撮ることができました。

おばけの森

f:id:monteverde-aroma:20200413103804j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200413103714j:plain

グリーンゲイブルズの前には緑が広がっています。その庭からは「おばけの森」へ行くことができます。

f:id:monteverde-aroma:20200413103914j:plain

「おばけの森」というより木漏れ日が素敵な小さな森でした。でも、夜になって明かりがなくなると、怖くなるのでしょうね。

f:id:monteverde-aroma:20200413104113j:plain

「おばけの森」からグリーンゲイブルズへの帰り道は、ダイアナになりきって、アンに会いに来る気分になって歩いてみました。

恋人たちの小道

f:id:monteverde-aroma:20200413104518j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200413104540j:plain

裏庭からは「恋人たちの小道」へ出ることができます。物語のイメージ通りです。

恋人たちの小道を周ってグリーンゲイブルズに続く道には、リンゴの木がたくさんあり、ほのかにリンゴの甘い香りがしました。少し小さめのクラブアップルだそうです。

物語に出てきた「クラブアップルの砂糖漬けのパイ」は、アンがグリーンゲイブルズへ初めて訪れた日の夕食にマリラが用意していたものです「クラブアップル」は、ふつうは食べないそうですが、倹約家のマリラが小さい実を丁寧に集めて、あく抜きして何とか食用にしたものだそうです。

f:id:monteverde-aroma:20200413102929j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200413102958j:plain

島全体は紅葉には少し早い時期だったのですが、こちらでは美しい紅葉を楽しむことができました。

ランチ

f:id:monteverde-aroma:20190601083848j:plain

グリーンゲーブルズを堪能したあとは、ランチです。1年中食べられますが、2回目に行ったときは、5月1日に漁が解禁になったばかりのロブスターをいただきました。

ロブスター漁は、5月と6月の2月しかできないそうです。ロブスターは5万個の卵を産むのですが、私たちのお皿に乗るまでは7年かかり、その間の生存できるのは、わずは2匹だそうです(゚Д゚;)

f:id:monteverde-aroma:20190601103814j:plain

心していただきます!

f:id:monteverde-aroma:20190601083846j:plain

食べやすく切れ目を入れてくれているのですが、さらに美味しく、きれいに食べるためい、ガイドさんがコツを教えてくれました。なので、隅々までしっかりいただけました。

1年中いただけますが、やっぱり、漁が行われている時期のロブスターは風味が違って、格段に美味しいと感じました。ガイドさんは食べ過ぎたので(人によってはアレルギーになるので)別のものを注文されていました。私も食べ過ぎてみたい・・・。

午後のツアー

f:id:monteverde-aroma:20200413085001j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200413085113j:plain

午後は、ルーシーの生まれた場所など、ルーシーが関わった場所を訪れます。これだけの場所を個人で回るのは大変なので、ツアーに参加してよかったです。

さいごに

シャーロットタウンがあるプリンスエドワード島の面積は、カナダ全土の0.1%しかないのですが、1年に100万人もの観光客が訪れ、バンフに次ぐ人気の場所だそうです。

5月と9月に訪れましたが、次回は夏にも行ってみたいです。7月になるとお花が咲き乱れ、島中が彩られ、さらに美しくなるようです。  

 

最後までご覧いただきありがとうございます。