Hongkong Hongkong-disney

香港国際空港から香港ディズニーランドまで ~空港からの格安アクセス~

2023-12-20

※当サイトはアフィリエイト広告やPRを利用しています。

「旅とアロマ」にお越しくださりありがとうございます。

香港国際空港から香港ディズニーランドのホテルまでは、タクシーで15分ほどですが、倹約旅行なので公共交通機関を使って移動することにしました。オクトパスカードを持っていれば、日本の交通系ICカードの感覚でバスや電車に乗れます。

今回は、空港から香港ディズニーランド・ホテルまでの格安アクセス方法をご紹介いたします。

※この記事では HKD1(香港ドル)=19円で計算しています。

スポンサーリンク


空港から香港ディズニーランドへ

香港国際空港から香港ディズニーランドや隣接する直営ホテルへの行くにはいくつかの方法があります(2024年1月現在)が、個人旅行での選択は、以下の2つに絞られると思います。

方法ルート時間値段
HKD
タクシー空港→香港ディズニーランドタクシー乗り場
 / 直営ホテル
約15~20分約160
バス+MTR空港からバス→MTR東涌駅→ 欣澳駅→迪士尼駅約40~50分19(※)
2023年12月時点

※ バス+MTR(Mass Transit Railway:港鉄)の運賃はオクトパスカード、VISAタッチ利用時です。

タクシー

一番便利で早いのはタクシーです。

タクシー乗り場は、到着ロビーと同じフロアからアクセスできます。

ちょうど Arrivals Hall A と Arrivals Hall B の中間くらいの場所に "To City" と書かれた案内板がありますので、そちらに進みます。突き当りにス「的士(Taxi)」と書かれた案内板がありますので、左に進みましょう。

香港ディズニーランドまで約3,000円ですが、15ほどで到着するので、複数で移動したり大きな荷物がある一番おすすめの移動手段です。

香港ディズニーランドでは、パークの入口まで歩いて3分くらいの所で下車します。香港ディズニーランド直営ホテルへ行く場合、ホテルの目の前で下車できます。香港にはタクシー会社が3社(市區的士、新界的士、大嶼山的士)あるのですが、乗り場で行先を伝えると、乗るタクシーを案内されるようです。その時に渡される紙は、しっかりキープしておきましょう。

注意点

・料金の支払いは現金のみ
・トランクに荷物を載せる場合は1個につき HKD6 の追加料金
・後部座席でもシートベルト着用がマスト

バス+MTRでの格安アクセス

移動の費用を抑えたい私は、「バス+MTR」を利用しました。

香港ディズニーランドまで乗り換えが2回あり時間はかかりますが、片道HKD19(約360)円と、タクシーに比べるとかなり費用を抑えることができます。

<PR>MTR system map 筆者加筆

香港国際空港と香港ディズニーランドとの位置関係は、上のような感じです。

アクセス

・バス:空港から東涌(Tung Chung)駅
       ↓
・MTR:東涌駅から欣澳(Sunny Bay)駅
       ↓
・ディズニーリゾートライン:欣澳(Sunny Bay)駅から迪士尼(香港ディズニーランドリゾート)駅(MTR通しで15.3HKD)

香港国際空港から MTR東涌駅までは 3.7HKD、そのあとMTRとディズニーリゾートラインは 15.3HKD で、全てオクトパスカードが利用できました。以下、実際に移動したようすです。

空港からバス乗り場

香港国際空港の税関を通過した後は、Arrivals Hall A と Arrivals Hall B のどちらかからロビーに出ることになります。B だと便利なのですが、もし A から出たら、 同じフロアにある Arrivals Hall B の方へ進みましょう(JALで到着した際、Aから出ました)。

なお、 Arrivals Hall B へ向かう途中、 ”To City” のサインが表示されていますが、気にせず、まっすぐ Arrivals Hall B のほうへ進みましょう。なお、 ”To City” の方へ進んでもバス乗り場にはたどり着けますが、少し遠回りになります。

Arrival Hall B の出口付近に、「運貨専用」と書かれたエレベーターがあります。

一見荷物専用のように見えますが、人が乗りこんでも大丈夫です。多くの旅客だけでなく、キャセイパシフィック航空の乗務員の方も利用していました。これに乗って、1階まで降ります。

すると、ちょうどこの辺りに出ます。

左側に30秒ほど歩くと、MTR東涌 (Tung Chung) 駅行きのバスが発着するバス停(S1など)があります。こちらの経路だと、初めてでもMTR東涌駅行きのバス停を探して歩き回ることなく来られます。

東涌 (Tung Chung) 駅行くバスは、複数あります。「往 東涌」と書いてある S1・E21・E22・S56などに乗車すれば大丈夫です。" S1 " のバスが本数が多かったような気がします。" S1 " は早朝は10分毎、その後10時まで5-8分毎、10時以降は8-10分毎運行しています。

バスに乗りこんだら、運転席付近にあるオレンジのカードリーダーにオクトパスカードをタッチしましょう。タッチは乗るときだけで大丈夫です。大きな荷物は荷物置き場に置いて、空席があれば座ったほうがいいかもしれません。運転はけっこう荒いので、立っていると何回か転びそうになりました。

ちなみに、先ほどの " To City " の方に進んだ先には、バスの時刻表などがあります。

この時刻表の右にある信号を渡ってターミナルの建物方向へ戻り、さらに右に進めば、上でご紹介した " S1 " のバス停に着きます。時刻表で「緑」で示されている場所です。

バスからMTRへ

" S1 " のバスの終点が、MTR東涌駅に隣接しているバスターミナルでした。

そこから中庭のようになっている場所の方向へ向かうと、MTR東涌駅が見えます。徒歩1分ほどで到着します。

大きな荷物を持っていたので、『(車いすなどが通る)広いレーンを利用するといいよ』と教えてくれ、こちらでもいろいろ親切にしてもらいました。一人で旅行していると、ほんとうに人の親切が身に沁みます。

なお、こちらの改札は、タッチ決済(VISA)タッチにも対応しています。

なので、ここからはオクトパスカードとVISAタッチの両方を使うことができます。ただし、2つのカードリーダーは別なのです。VISAタッチで改札を通る場合は、下の方にあるカードリーダーにタッチしましょう。2024年2月現在、MTRバスはまだVISAタッチ対応ではなかったのですが。MTR(鉄道)だけでもタッチ決済できるようになったので、今回はオクトパスカードへチャージせずに済みました。

ここまで来たら、あと少しです。

ディズニーリゾートライン

欣澳 (Sunny Bay) 駅

MTR東涌駅から1駅でディズニーリゾートラインの始発駅「欣澳 (Sunny Bay) 駅」に到着しました。

MTRからディズニーリゾートラインへの乗り換え時には改札を通りません。そのまま次のホームへ進めばOKです。

MTR東涌駅から来た場合、リゾートラインは向かいのプラットフォームから出発しますので、階段(もしくはエレベーター)を利用してホームに移動します。なお、空港へ向かう場合は、同じホーム階に到着するMTRに乗ります。

駅のホームには、見慣れたキャラクターの注意喚起がありました・笑。

人が多いホームなので、気を付けて移動しましょう。

車内のデコレーションは何種類かあるようです。つり革と窓は、日本と同じミッキーシェイプでした。

ディズニーリゾートラインに乗り、1駅で迪士尼 (香港ディズニーランドリゾート) 駅に到着しました。

香港ディズニーランドリゾート駅は、東京ディズニーランドの最寄り駅の JR舞浜駅 のような感じです。パークまで徒歩数分の場所にあります。ここまで、オクトパスカードを持っていれば、きっぷを買う手間もなく、簡単に来ることができました。エスカレーターかエレベーターがありますので、大きな荷物を持っていても大丈夫でした。

なお、香港市内からはオレンジ色の MTR東涌線を利用すれば、ディズニーリゾートラインの始発駅 欣澳 (Sunny Bay) 駅まで30分ほどで来ることができます。その後の乗り継ぎは同じです。

スポンサーリンク


シャトルバス

香港ディズニーランド・リゾート内にはシャトルバスがあります。

改札を出たら、パークへは真っすぐ、香港ディズニー直営ホテルへ行く場合はパークと反対方向へ進みます。

シャトルバス乗り場へ

上の写真の矢印方向へ進むと、シャトルバス乗り場へ行けます(徒歩2~3分)。

行く前までは不安だったのですが、こちらにも大きな案内板があるので、迷うことはありませんでした。

1~2分歩くと、シャトルバス乗り場に到着しました。

シャトルバスはホテルごとに乗り場が違っています。一番手前は、香港ディズニーランドホテル専用です。次にハリウッドホテル、そして一番奥はエクスプローラーズ・ロッジ行きのバス乗り場でした。バスはパーク営業時間中は10分に1本くらいの間隔で運行されていますが、満席になった場合はすぐにもう一台来ましたので、長時間待つことはありませんでした。

バスは何種類かあり、上の柄のバスはつり革があるタイプでした。ただし、大きな荷物用の棚はありませんので、そばに置いて移動することになります。

こちらのバスは、大きな貨物室に自分でスーツケースなどを入れてから乗るタイプです。座席数のみゲストが乗れます(つり革なし)。

これらのシャトルバスは、香港ディズニーランド・ホテル、ディズニー・ハリウッド・ホテル、ディズニー・エクスプローラー・ロッジの間を運行しています。どのバスがやってくるかは分からないのですが、毎回そんなに待ち時間なく移動できました。

なお、パークが営業時間外は(直通バスがなく)他のホテルも経由してパークへ行くようになっていました。正確な時間帯は分かりませんが、パークのオープン前に行く場合は、少し多めに移動時間がかかると思っておいた方がいいかもしれません。

また、シャトルバス乗り場から一番近い香港ディズニーランドホテルまでは徒歩10分くらいなので、荷物がなければ歩いてもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク


さいごに

香港国際空港から香港ディズニーランド(シャトルバス乗り場)までの格安アクセスの方法をご紹介いたしました。

行く前は2回の乗り継ぎが面倒だなと思っていたのですが、慣れると簡単でした。空港のバス停までのアクセスは、あまり知られていないちょっとマニアックな動線です。また、日本の新幹線の駅のようにあちこちにエスカレーターやエレベーターはありませんが、どこかにあります・笑。なので、荷物を持っていても楽々移動できました。

途中のMTR東涌 (Tung Chung) 駅にはアウトレットや飲食店(スターバックスやマクドナルドなど)、コンビニもあります。香港ディズニーランド周辺には(ホテル以外)お店はないので、途中で買って行くのもいいかもしれません。なお、バスや電車内でのマスク率は日本と同じ感じでした。している人が多かったですが、していない人もいました(2024年2月現在)。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-Hongkong, Hongkong-disney
-,