Spain

予約困難!でも気軽に楽しめる ARZAK ~セバスチャンの三ツ星レストラン~

2019-05-21

{4076B44B-CCD1-4F24-B0C6-0337BC9E93DF}

スペインのサンセバスチャンは、19世紀の終わりから20世紀の初めに王族の保養地としても栄えた場所です。美食の町でのBAR巡りも有名ですが、首都マドリッドより多いミシュランの三ツ星レストランへ行くという選択もあり、友人と行ってみました。三ツ星レストラン・ARZAKのお料理をご紹介します。

ARZAK

f:id:monteverde-aroma:20190513201806j:plain

2016年10月に行ったのは、この方がオーナーシェフを務める ARZAK(アルサック)

最初、 どんな洋服にするか迷ったのですが、ARZAKは高級レストランというより温かな雰囲気で「頑張った服装だと却って浮いてしまう」と聞いたので、フェミニンなワンピースにしてみました。

「ヨーロッパに行くときは、豪華パーティー用のワンピースを持って行きなさい!」

滞在先で豪華パーティーに誘われたことはないですが(笑)、先輩の教えを守って、小さなリモアにも必ず、しわにならないワンピースを入れてありますのでココで使います。

機内で素敵な女性から学んだことは、シンプルだけどおしゃれな洋服アクセサリー、そしてきれいな靴の合わせ技です。服より靴が見られています!

荷物をコンパクトにしたいときでも、この3つを入れておくと重宝します。 男性なら、ジャケットと皮靴でしょうか。

実際、ランチなので、男性はノーネクタイにジャケット、女性はちょっとおしゃれな普段着の方が多かったです。なので、上の3点セットが役立ちました。

f:id:monteverde-aroma:20190514085434p:plain

https://www.arzak.es/en/

場所は、サンセバスチャン中心部からバスで10分ほど郊外に行ったところにあります。

In 1978, he was awarded his second Michelin star and in 1989 the third one. He was the second to get three Michelin stars in Spain, and he still holds them.https://www.arzak.es/en/background/

1989年以来、ミシュランの3星を 獲得し続けているそうです。

現在は、娘のエレーヌさんが全てを仕切っているらしですが、このときのランチはお父様のフアン(Juan Mari Arzak)さんが担当されていて、最後にご挨拶いただきました。

- ランチ

ランチだと日本時間で夕食の頃になるので、時差になれていない場合でも体に無理なくいただける気がしています。

献立は テイスティングメニュー いろいろな種類のお料理が少量ずつ出されるメニューです。でも、やっぱりちょっと多い気がして、今回は、メインのお肉とデザートを一皿ずつ抜いてもらいました。

アレルギーはもちろんですが、当日でも、このように好みや量にも応じてくれるのはありがたかったです。

{072EE519-9C1A-4863-ABD9-B316DC45762C}

ナイフ&スプーンもおしゃれ ♪ ウルトラマンのようなのは、塩コショウです。

本当はシャンペンから始めたかったですが、酔っ払ってはいけないので、最初はライム風味のカクテルにしてみました。爽やかでおいしかったですシャンパン

スタッフは皆さんフレンドリーで、私たちの担当は日本に関連のある方でした。お店の雰囲気も明るく、休日に近所のおしゃれなレストランに来ている気軽さがありました。

f:id:monteverde-aroma:20190514134934j:plain

f:id:monteverde-aroma:20190514135204j:plain

ARZAK で出されるお料理は、「新バスク料理」と呼ばれるものです。

バスク料理とは、スペインとフランスの国境に跨るバスク地方特有の、海鮮、肉、野菜を使った炭火焼料理や煮込み料理のことです。

新鮮な海の幸、山の幸を、たっぷりのオリーブオイルと共に味わうのが特徴です。えっ⁉こんなものが器になるの?という面白さも楽しいお料理が運ばれてきました。

f:id:monteverde-aroma:20190514135301j:plain

スペインらしく、ガスパチョ。とってもおしゃれで美味しかったのですが、もう少し野性み溢れる(どんな?笑)ガスパッチョの方が個人的には好みです。

f:id:monteverde-aroma:20190514134945j:plain

お料理は和食の影響を受けているようです。柚子とお酢が効いたカルパッチョ。まるでシメサバ のようでした。

f:id:monteverde-aroma:20190514135054j:plain

遊び心のある魚のフリット。最初、しっぽが下だったので気が付かなかったのです、お皿を横にしてみると、お魚の姿になりました。中からも海の幸がザクザク。

赤ワイン赤ワイン 赤ワイン

f:id:monteverde-aroma:20190514135107j:plain

ワインリストには、20ユーロ程度のワインから、600ユーロ強の高価なワインまで実に多くのスペインワインと、フランスなどの外国ワインがありました。ランチだったので、少し控えめに。選んでもらった RIOJA(リオㇵ)のMuga は、お肉(友人のメイン)にも会うし、私の魚料理も引き立ててくれました。

f:id:monteverde-aroma:20190514135000j:plain

上の左の写真は、かぼちゃと・・・なんだったかな? 周りの色とりどりのソースにつけていただきます。可愛い一皿です。

f:id:monteverde-aroma:20190514135020j:plain

こちらは、友人が頼んだアンコウ、斬新な盛り付けでした。

私のメインのお皿・・・

これは!

f:id:monteverde-aroma:20190514135009j:plain

モニターの上にガラス製のお皿がのせられたので、動画を撮ってみました。地味~な画像ですが、お料理の下を良く見てくださいね (アップ時に音が入ってしまいました)。

“再生すると音が出る場合があります!”

波が寄せてたのがお分かりになりましたでしょうか?

出発前に見たテレビ番組で新メニューとして紹介されていたお魚料理を頂くことができました。

お店の名前を覚えていなかったのですが、まさかここだったとは!うれしいサプライズでした。

{30EFFFF4-0D91-46D5-928B-B12A114414D1}

私のデザートはユズ風味。いえ、ユズそのまんまを食べているかのようなデザートでした。メニューの名前もYuzuでした。

f:id:monteverde-aroma:20190514154422j:plain友人のデザートはチョコレートケーキ。このあと、熱々のチョコレートがかけられ、下のメレンゲがトロトロになりました(きれいな写真がなかったので始まりだけです)。

三ツ星レストランで写真や動画を撮るのは、ちょっと・・・と思われがちですが、お料理はいろいろな仕掛けがあるので、この時も、ソースをかける前に「カメラの用意はいい?」と声をかけてくれ、楽しさ倍増となりました。

アクセスと予約

ARZAK へは、路線バスでも行くことができます。サンセバスティアンの中心地のバス停、13番のバスで空港方向へ向かう道を15分くらい走ったところにあります。

バスの運転手さんに「ARZAKに行きたいのだけど…」と声をおくと、さすが有名店。近づくと「ここだよ」と教えてくれました

Google マップ

 

reservation

予約は72時間前まで、公式HPで可能です。⇒ https://www.arzak.es/en/reservation/

さいごに

f:id:monteverde-aroma:20190514085628p:plain

https://www.arzak.es/en/

お食事が終わる頃、フアンシェフがが各テーブルを回って挨拶して下さいました。

そして、お食事が終わると、この日の自分たちが選んだメインとワインも書かれたメニューをいただきました。

どのお料理も美味しく、あっとゆう間の3時間でした。

BARだけでないサンセバスチャンでのお楽しみ♪ 行かれるときは、早めの予約をおすすめします。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

-Spain

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5