Japan 奈良

JWマリオット奈良の"エグゼクティブラウンジ"と”フードプレゼンテーション”

2022-10-08

※当サイトはアフィリエイト広告やPRを利用しています。

旅とアロマにお越しくださり、ありがとうございます。

今回は室料は(友人の)ポイントで、ラウンジアクセス権のみ購入して滞在しました。

JWマリオット奈良宿泊記の第二弾は、ホテルでの食事とエグゼクティブラウンジについてご紹介いたします。

※ 2022年10月の宿泊記です

※この記事はプロモーションを含みます。

スポンサーリンク


エグゼクティブラウンジ

JWマリオット奈良は、アクセス権を購入すれば、どの客室に泊まってもエグゼクティブラウンジを利用できるそうです。

エグゼクティブラウンジは建物の2階にあり、7時から22時までの間、自由に出入りできました(入る際にはルームキーが必要です)。

エグゼクティブラウンジの中は広々としており、テーブルとテーブルの間もゆったりしていました。

本来なら、こちらの部屋で朝食や夕食のフードプレゼンテーションが行われるのですが、私たちが泊まった8月最終週の平日は、終日の飲み物とカクテルタイム(17時~22時)だけ実施されていました。

※ 12歳のお子さまは、保護者同伴のもと19時までラウンジを利用できます。

営業時間

・朝食  7:00~11:30
・カクテルタイム 17:00~22:00
・夕食前の前菜 17:30~20:00

なお、時間は変更となる場合もあります。

ウエルカムドリンク

(友人の)マリオット・ゴールドエリートの会員特典のウエルカムドリンク。

白ワインとジンジャエールのカクテルを、シルクロードダイニングでいただきました。

なお、このカクテルは、「オペレーター」というそうです。

シルクロードダイニング

シルクロードダイニングは、奈良がシルクロードの終着点だったことにちなんで、内装はマーケットのにぎわいをイメージしているそうです。

シルクロードのルートにちなんで、洋食だけなく、和食やアジア・中東の料理も用意されていました。三蔵法師が歩いたとされている中央アジアの料理がないのが残念でした。

久しぶりに、中央アジアのアシュラン・フー(辛くて酸っぱい冷麺を食べてみたかったなあ。

シルクロードダイニングは、オープンキッチンスタイルです。

本来ならラウンジを利用できるのですが、今回は変則的な運用で "夕食前の前菜” として、3コースオードブルをいただきました。ラウンジブッフェでなくて残念に思っていたのですが、前菜以上のお料理が用意されていました。なお、飲み物はそばにあるバーカウンターから自由にいただけます。

3コースオードブル

まずは、和食前菜3種。手前の白い四角は、お豆腐です。

あと、柴漬けの一口サンドもありました。昨年京都を旅した時に毎回朝食でいただいて、大好きになったお料理の一つです。

どのお料理も、一つ一つ丁寧に作られており、お酒とともに美味しくいただきました。

続いて、まるでメインの料理のようなお皿です。

「ポークグリル ブラックペッパーソース」か「本日のお魚ソテー ハーブバターソース」から選べます。

私は、ポークグリルにしてみました。ブラックペッパーソースが良いアクセントになっていて、こちらも美味しかったです。

こちらは、友人がオーダーしたお魚料理。目にも美しい一皿ですね(お皿の向きが逆さまですが・笑)。

最後は、季節のフルーツパフェ。

チェックインの時にアレルギーや好き嫌いを尋ねてくれ、該当する食材がある場合は、変更してくれます。ラウンジだとブッフェスタイルですが、(個人的には)食べ過ぎにならなくてよかったです。お酒は自由に飲めるので、きちんとしたレストランで夕食をいただいた感じです。

滞在中の担当はパキスタンの方、食事の担当はスリランカの方でした。お二人とも日本語が流暢で、とても丁寧な対応で、『さすが、JWマリオット!』と感じました。彼らのおかげで、とても良い滞在になりました(^^)

やっぱり、ホテルの快適性は「人」に左右されますね。

カクテルタイム

食後は、エグゼクティブラウンジに戻って、お酒を楽しみました。

お酒の種類も豊富ですが、大きな冷蔵庫の中にはソーダウオーターやジュースなどもあり、どれも自由に飲むことができます。

「スパークリングワイン」と「キール」があったので、「キールロワイヤル」を作ってみました。

紅茶やコーヒーも部屋へ持って行けます。

食事はレストランでいただき、その後ゆっくりラウンジでお酒やお茶をいただく・・・。ホテルは繁華街や観光地と少し離れているので、食事できる場所を探しに行くよりホテルで完結できてよかったです。

JWマリオット奈良のエグゼクティブラウンジは、テーマの「邸宅スタイル」その通りにくつろげる空間でした。

スポンサーリンク


朝食

特典の朝食(7時~11時半)も、シルクロードダイニングでいただきました。

和食か洋食のチョイスですが、どちらを選んでも、オードブル、サラダ、フルーツ、パン、ヨーグルト、スムージーなど提供されます。洋食の選択料理の中に「奈良県産大和はちみつの純粋ハチミツがかかったクロワッサンワッフルがあり、とても惹かれたのですが、和食にしました。

なお、朝からシャンパンは、(友人の)マリオットのゴールドエリートのおかげです♡

焼きたてホテルメイドのパンを持って、何回も来てくれました。

パンを取る前に写真を撮ればよかったのに、取った後だったので、わざわざきれいに並べてくれました(ありがとうございます^^)。

面白かったのは、ブラッドオレンジのジャムがあったこと!ハチミツともども、たっぷり付けていただきました。

和食のおかずは、二段重ねになっていました。

メニュー

・ご飯又は、大和茶の茶粥
・飛鳥汁又は、お味噌汁
・厚焼き玉子
・焼き魚
・奈良産豆腐の煮物
・旬魚のお刺身
・お惣菜
・お漬物

旅館でないのに、朝からお刺身は贅沢です。

ご飯は、もちろん白米もありますが、せっかく奈良に来たので茶粥にしてみました。汁物も味噌汁と飛鳥汁 (あすかじる) があり、選ぶことができます。ちなみに、飛鳥汁は、牛乳と鶏肉、そして季節の野菜が入ったおみそ汁です。ずーっと白みそだと思っていたのですが、牛乳の白だったのですね。

どのお料理も丁寧に作られていて、美味しかったです。

最初、ブッフェスタイルでないのは残念・・・と思っていましたが、かなりのボリュームで、お腹いっぱいになりました。

ラウンジ&バー

ロビーと同じフロアにあるラウンジ&バー「FLYING STAG」。

日中はアフタヌーンティー、夜はオリジナルカクテルをはじめとするアルコール類や軽食が楽しめます。館内には菜園「JW GARDEN」もあり、契約農家から取り寄せた野菜やハーブなどの苗を育て、カクテルや料理に使っているそうです。ここでしか味わえない体験ができそうですね。

スポンサーリンク


さいごに

(友人の)ゴールドエリート会員の特典として、部屋の飲み物に使えるクレジット2,000円分やクッキー(2パック)などがありました。飲み物はエグゼクティブラウンジで飲めるので、クッキーをお土産にいただきました。

かなり久しぶりの奈良旅行の最初の宿は、JWマリオット奈良。友人のおかげで、とても贅沢な時間を過ごすことができました。

今回ラウンジ食はなかったので、あまり参考にならないかもしれませんが、もしラウンジでの食事でなくても内容は充実していました。2022年10月のJWマリオット奈良のエグゼクティブラウンジ体験記をお届けいたしました。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-Japan, 奈良
-, , ,