airline

台風で飛行機が欠航するかも!?どうすればいい?

2022-08-13

台風の影響で遅延、欠航になった場合は、便の振替や払い戻しの対応となります。

そして、それに伴う手数料は不要です。

しかし、便の本数が少なかったり満席だったりすると、後日の便に振り替えになることもあります。

今回は、悪天候(台風など)で遅延・欠航になった場合の対処方法と情報をまとめてみました。

JAL の場合

台風など悪天候による欠航や遅延を発表するタイミングは、決まっていません。

しかし、台風などの悪天候時には、欠航表示だけでなく、欠航が見込まれる便に関しても「欠航未決定」として、事前に知らされるようになりました。

欠航も、以前より早いタイミングで決定・案内されるようになりました。

決定次第、JAL Webサイトに反映されます。

悪天候などで欠航(もしくは遅延)が予想される場合、まず、JALのWebサイトで状況を確認しましょう。

運航状況を確認して、以下のいずれかに該当する場合は「予約変更」または「払い戻し」をすることができます。

  • 「対象空港一覧」に予約便の出発地または到着地が該当すること
  • 「発着案内」画面の便名横、または「欠航・遅延便検索」画面の備考欄に「*」または「!」が表示されていること

手数料

搭乗予定便が、台風などにより欠航・遅延、もしくは欠航未決定の便になった場合、キャンセルなどの手数料はどうなるのでしょう?

JALの公式サイトを確認すると、手数料に関して、以下のように書かれていました。

悪天候(台風・大雪)や自然災害などにより、運航に影響が見込まれる便につきましては、手数料をいただかずに搭乗予定便の変更(振り替え)および払い戻しを承ります。変更は、航空券の種類に関わらず、1回のみ手数料をいただかず可能です。

【公式】JAL

※ 2回目以降の変更は各種航空券の運賃規則に準じます。

また、ジャルパックなどのツアーを利用時、欠航未決定の出発前に関しては、公式サイトに以下のような記載がありました。

悪天候により往路便欠航の場合は原則催行中止となり、キャンセル料はございません。

但し、欠航未決定の出発前は、「航空会社にて決定し旅行会社に通知される取消料免除対象便」に限りかつ、ご搭乗前の時点であれば、または「旅行の催行中止」として全旅程をお取消料なしにて取消すことができます。

国内ツアー・海外ツアーに関するQQ&A

※ 航空会社決定の取消料免除対象便とは、悪天候により欠航の見込みが高い便を指します。

搭乗前なら、簡単に(無料で)変更や取り消しができるようですね。

欠航となったら

もし搭乗予定の便が欠航となったら、登録しているメールアドレスに連絡がきます。

代替便

【公式】JJAL

JALの公式アプリで自分の予約を見てみると、欠航便を含む予約は赤く表示されていました。さらに、代替便として、同日で時間が近い便が仮予約(クラス変更なし)されています。

この場合、①代替便を承認する、②変更する、そして③払い戻し(取り消し)、の3つの選択があります。

まずは、[確認する>] をクリックして次に進み、①承認、②変更、③払い戻し、の中から選択します。

①代替便を承認

代替便を承認する場合は、予約の詳細画面の一番下に表示されている「この内容で予約を確定する」をクリックします。

これで代替便への変更手続きは終了です。あとは、搭乗日当日、直接空港に行くだけです。

②変更

代替便を承認せずに、日付を変更する(無料)こともできます。

もともとの出発予定日+30日、または航空券の有効期間のどちらか長い方まで変更(振り替え)できます。

【公式】JAL

私は、特便のチケットだったので、もともとは変更できない運賃でした。

しかし、特別対応にあやかり、今回は「出発予定日+30日」になります。

なお、航空券の種類(特典航空券やパッケージツアー)により手続き方法が変わります。

欠航が見込まれる!?

JALの公式サイト(トップ画面)の「運行状況」から、欠航が見込まれる便(欠航未決定)を検索することができます。

以下、運行状況のPCの画面(路線で検索)です。

【公式】JAL

【公式】JJAL

便名の横に "!”マークがある便は、実際の運航状況に関わらず予約の変更・払い戻しにおいて特別な取り扱い対象となります。

なお、もし延泊になってしまったら、その間にかかる宿泊料や交通費は負担してもらえません。

便を振り替える場合は、基本的には同じ航空会社、またはグループ会社の便が対象となります。

体験談

私は、大雪のときに「欠航未決定」の状態になりましたが、無事早い時間帯の便に無料で変更できました。

そのときは帰り便が対象(JALパック利用)となってしまいましたが、当日ネット上でのやり取りで事なきを得ました。

変更・払戻の時期

振替の手続きは、インターネットでも可能ですし、空港カウンターか電話予約センターでも対応してくれます。

しかし、空港では長い行列ができますし、欠航時に電話はなかなかつながりません。

当日の変更(振り替え)でない限り、状況が落ち着いてから対応してもいいかもしれません。

変更(振り替え)便への搭乗、航空券の払い戻しは、期間内に行えば大丈夫です。

運賃の種類変更
可能期間
払い戻し
可能期間
予約が変更できる・航空券の有効期間
・もともとの出発予定日+30日
 (上記のどちらか長い方)
・航空券の有効期間+10日
・もともとの出発予定日+40日
  (上記のどちらか長い方)
予約が変更できな・もともとの出発予定日+30日・もともとの出発予定日+40日
出所:【公式】航空券の有効期限

まず、ご自身の航空券が「変更可」か「変更不可」かを確認の上、対応なさってください。

当日の状況

着陸ができないかもしれない悪天候の場合、目的地の天候を考慮して、出発を遅らせる場合があります。

さらに、出発時に「目的地変更」もしくは「引き返す場合があります」などの条件付きで出発することがあります。

その場合、通常より燃料を多く搭載していきます。

目的地では、着陸できるようになる(天候回復)まで、空港周辺でグルグル回って待機する場合があります。そのことをホールディングと言います。

羽田空港の場合、空港上空が混んでいる場合は、大島の辺りでホールディングすることもあります。

徳島→羽田

【公式】JAL(8月13日)

台風が関東を通過している夜、フライトレーダーを見ていると、多くの飛行機がホールディングしている中、羽田空港を離れていく飛行機が1機ありました。

JAL460 便「徳島」→「羽田」が、目的地を変更したようです。

JALの運行状況を見ていると、台風8号の影響により目的地が名古屋中部空港に変わりました。

ただ、その目的地変更は、燃料補給のためです。

結果、名古屋空港に20時11分に着陸して、燃料補給後、20時55分に再び羽田空港に向け離陸しました。

悪天候時は、離陸ができる状況であっても着陸ができない場合も多くあるので、このようなことがあるのですね。

でも、最終的には、無事に羽田空港に着いてよかったです。

スポンサーリンク


さいごに

予定していた便が突然欠航となってしまったら、焦りますよね。

そのため、天候の心配がある日は、家を出る前に航空会社ホームページを必ず確認しましょう。

家を出る前に欠航(もしくは欠航未決定)となった場合、当日に移動したいなら、振替があるかどうか確認してなるべく早くに手続きしましょう。

一方、後日に変更、もしくはキャンセルするなら、状況が落ち着いて期限内に手続きすることをおすすめします。

今回は、悪天候よる欠航(欠航未決定)に関して、JALの基本的な情報と体験談をご紹介しましたが、ANAなど他の航空会社も同様の取扱いだと思います。

なので、不安な場合は、まず公式サイトや航空会社のQ&Aを確認することをおすすめします。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-airline
-