hotel

ホテル椿山荘東京の和朝食と春を感じるケーキ ~ホテル椿山荘東京・宿泊記③~

庭園が美しい「ホテル椿山荘東京」に宿泊してきました。

宿泊記③では、ホテル椿山荘東京の朝食と、春を感じるケーキをご紹介いたします。

ホテル椿山荘東京の朝食

ホテル椿山荘東京の朝食は、ブッフェ形式ではありません。

洋食は「イル・テアトロ」、和食なら「みゆき」に行くことになります。

和食・洋食ともにオーソドックスなセットメニュー(洋食にはオムレツもあります)です。

もちろん、別料金でルームサービスという選択肢もあります。

前回、(別のホテルで)ルームサービスの和朝食に残念な思いをしていたので、今回は、レストランに行くことにしました。

朝食のプラン付きの場合、チェックイン時に「朝食券」をいただけるようです。

私たちはもらっておらず(スタッフの渡し忘れ)、食後に料金を請求されて、初めて食券の存在を知りました。

ラグジュアリーホテルに食券・・・最近あまり見かけないシステムのようですが、どうでしょう?

和朝食「みどり」

朝はガッツリいきたい私たちは、品数の多い和朝食にすることにしました。和朝食だと、ご飯とお味噌汁はおかわり自由です。

「みどり」での朝食は7時から。予約は不要です。

ただ、朝7時少し前に行ったところ、既に10人位ならんでいました。

雲海が見られる窓側の席は、早くに来た方から案内されます。もし窓側をご希望の場合は、少し早めに行かれることをおすすめします。

私たちは、内側の席でしたが、雲海は(人越しですが)見ることができました。

ジュースはオレンジ、グレープフルーツ、マンゴーミックスの3種類から選べます。

マンゴーミックスにしてみました。

フレッシュと言われたのですが、あまりフレッシュ感はありませんでした。

味覚は人それぞれなので "美味しい” という言葉は避けたかったのですが、「美味しかった」です(^^)。

シャングリ・ラ 東京のなだ万の朝食と同じくらい美味しいです。

The Okura Tokyoの和朝食(ルームサービス)の10倍美味しいです(個人の感想です)。

メニュー

  • 季節の小鉢 焼野菜サーモン甘酢漬け
  • 紀州南高梅 本日の小付け一品
  • 日替わり小鉢:温泉玉子又は 山芋とろろ
  • 本日の野菜のお浸し
  • 煮物日替わり :米茄子の鴫炊き又は 本日の煮物
  • 焼魚二種(本日の物)
  • 出し巻き 大根おろし 塩鱈子
  • 国産米 コシヒカリ 又は、おかゆ 餡
  • 香の物
  • 日替わり本日の味噌汁、焼き海苔
  • 本日のフレッシュジュース

焼き魚が2種類あるのが嬉しい!

どちらも脂がよくのっていて、ふっくら焼きあがっていたので、さらに美味しく感じました。

特に記憶に残っているのが、梅干しです。

ホテルの朝食の梅干しは、しょっぱく、酸っぱい(昔ながらの)梅干しが多いような気がします。

しかし、こちらの梅干しは、しょっぱすぎず酸っぱすぎず、適度な塩味と酸味、かつ旨味も感じました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20190624093223.png

余談

ところで、みなさまは「塩味」をどう読まれますか。

しおあじ?えんみ?

最近テレビ番組の食レポで、「えんみ」という言葉をよく聞くようになりました。

ただ、言葉の意味を理解して使っている方ばかりじゃないような気がします。

塩味を「えんみ」と読む場合はあるようですが、ポテトチップス塩味は、ポテトチップス "えんみ” とは言わないですよね。

「えんみ」は、料理で、塩のきかせ加減。塩加減。

「しおあじ」は、塩を用いてつけた味。

この他にも、「しおみ」と読む場合があるようです。

「しおみ」の場合は、「塩気」や「しおあじ」と似ていて、料理に含まれる塩辛い味のこと・塩分を指すそうです。

日本語は難しいですね。

和朝食の梅干しは、文字通り「いい塩梅」の”しお味”でした。

食後の写真ですみません。

卵焼きなどを食べ終わったら、この飾りが出てきました。

こういった心遣いが嬉しい(^^)

店内は、ちょっと外国の高級和食レストランのようなインテリア(中央アジアで見た覚えが・・・)でしたが、窓からの景色も素敵で、大満足の朝食となりました。

アフタヌーンティー

朝食の後はスィーツ♡

ホテル椿山荘東京では、季節を感じるアフタヌーンティーが大人気です。

ホテル椿山荘東京

ちょうど桜の頃は、1860年創業のお茶の老舗、京都・宇治の「辻利兵衛本店」とのコラボレーションアフタヌーンティーでした。

しかし、大人気の場所なので、今回は、予約を取ることができませんでした。

予約は、1月15日から可能だったようです。

こんな素敵な場所で、ケーキを食べてみたかったなぁ・・・。

次回は早めに計画して、いつか行ってみたいと思います。

ホテルのケーキ

ところで、アフタヌーンティーを楽しめなくても、ホテル椿山荘東京のショップで春を感じるケーキを買うことはできます。

ケーキを買ってガーデンビューの部屋でいただけば、素敵な庭を見ながらのアフタヌーンティーが楽しめます。

ただ、今回は気づいたのが遅かったので、お土産に3つ選んでみました。

メレンゲシャンティ~桜~

桜と東京雲海をイメージした、白とピンクの可愛らしい色合いが目にも楽しい春スイーツです。

雲をかたどったメレンゲの部分がとても不思議な食感で、口の中に入れると、すぐに溶けてなくなりました。

ピンク色のクリームは、生クリームと桜餡をあわせてあるそうです。

こちらは、ほんのりと桜の香りがしました。

  • 販売期間:2022年3月19日(土)~ 4月30日(土)

桜モンブラン

「桜モンブラン」は、タルト生地の中に玉露クリームを絞り、桜クリームを絞りモンブラン仕立てにしてあるケーキです。

半分にしてビックリ!

中に、苺が忍んでいました。

桜と玉露の和の素材を組み合わせた、こちらも、春らしい色合いのスイーツです。

東京雲海プリン

「東京雲海プリン」は、霧の庭園演出「東京雲海」の1周年を記念して誕生したスィーツです。

ソースは、メイプルキャラメル/抹茶/ストロベリーの3種類があります。

※ソースは季節により変更する場合があります。

栃木県産の平飼い有精卵「卵皇」を使用したプリンは、新鮮な卵の黄身割合を増量してあるとか。

また、深いコクを出すため、脂肪分を増やした特別なブレンドミルクを使っているそうです。

なので、濃厚かつ上品な舌触りの滑らかなプリンとなっています。

その上に絞られた口どけの良いミルキーシャンティ(ホイップクリーム)は、まるで東京雲海ですね。

ソースは迷いましたが、ストロベリーにしてみました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 20190624093223.png

個人的には、一番好みの味のスィーツでした(2個食べられそう^^)。

さいごに

初めてのホテル椿山荘東京は、大満足の滞在となりました。

朝食がセットメニュー、しかも和食と洋食を一緒に取れる場所がない(2人とも同じものを食べなくてはいけない)のが残念でしたが、内容が良かったので、満足度は高かったです。

アフタヌーンティーの予約も取れませんでしたが、ホテルのショップでケーキを買えました。

今度は、もう少し早く予約して、アフタヌーンティーやブッフェ形式のディナーも楽しんでみたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

こちらも合わせて、どうぞ。

ホテル椿山荘東京・宿泊記①

都内には、ホテルの敷地内の庭園散策を楽しめるホテルがいくつかあります。 その中のひとつ、「ホテル椿山荘東京」に、友人と宿泊してきました。 「ホテル椿山荘東京」は、2022年11月、椿山荘開業70周年を ...

続きを見る

都会の森で雲海を楽しむ!東京雲海と夜桜雲海🌸!! ~ホテル椿山荘東京・宿泊記②~

ホテル椿山荘東京には広い庭園があり、春は桜、夏は新緑、秋は月紅葉、そして冬は雪椿と、四季を通して楽しむことができます。 さらに、花や景色を見ながらの散策だけでなく「雲海」いうイベントも楽しめます。 今 ...

続きを見る

-hotel
-, , ,