Europe latvia

【ラトビア旅行】立地最高!ネイブルクス・ホテル

2018-08-26

ラトビアの滞在は2泊です。短い滞在でしたので、立地のいいホテルを探そうと思いました。でも、初めての場所なので、どこがいい立地なのか分かりません。なので、日本人の口コミが良かった ネイブルクス Neiburugs ホテルに泊まることにしました。

Neiburugs

ネイブルクス Neiburugs は旧市街にある人気ホテルです。空港バスが発着するバス停から徒歩圏内であるだけでなく、どこへ行くにもとても便利でした。朝早く着いたので (チェックインは14時から) 荷物だけ預かってもらいました。

f:id:monteverde-aroma:20180817162608j:image

朝8時頃のネイブルクス のそばのようすです。周りにはレストランやカフェがたくさんあり、ホテルの前の道を道なりに進むと大聖堂がありした。

部屋のようす

f:id:monteverde-aroma:20180815191138j:image

一人旅でしたが、シングル用の部屋がなく「Studio Apartment with Double Bed」を予約しました。3階 (エレベーターあり) にあり、一番リーズナブルなお部屋でしたが、窓からは大聖堂が見えました。

f:id:monteverde-aroma:20180815191058j:image

1人で使うには十分な広さ ですが、2人でも問題ないと思いました。キッチン、電子レンジも付いていました。全体的にとても清潔なお部屋です。

f:id:monteverde-aroma:20180815191238j:image

水は1本が無料でした。でも、次の日の補給はありませんでした。

f:id:monteverde-aroma:20180815191156j:image

冷蔵庫の中の飲み物は有料です。中のスペースも十分にあり、市場で買ってきた果物を入れておくことができました。

バスルーム

f:id:monteverde-aroma:20180815191145j:image

バスローブやスリッパもあります。タオルはワッフルタイプで使いやすかったです。金属のタオル掛けはほんのり温かく、洗濯したものをかけておくと次の日には乾いていました。

f:id:monteverde-aroma:20180817162852j:image

難点は、排水が少し弱めだったことですが、湯量もたっぷりあってゆっくり寛げたので、あまり問題には感じませんでした。シャンプー・コンディショナーなどもいい香りで、髪がさらさらになりましたので、2日目に補給してくれた分はいただいてきました。

朝食

宿泊料金には朝食が含まれていました。なので、朝食はホテルのレストランでいただきます。

f:id:monteverde-aroma:20180817162627j:image

時間は、7時から10時の間で、ビュッフェスタイルの朝食です。

f:id:monteverde-aroma:20180815191246j:image

前日、ランチを頂いたレストラン。美味しかったので、朝食も期待大です!

f:id:monteverde-aroma:20180815191120j:image

野菜もたっぷりあります。大型ホテルのような品数はありませんが、十分な種類です。

f:id:monteverde-aroma:20180815191212j:image

f:id:monteverde-aroma:20180815191050j:image

日本人の旅行者にも会いました。やはり、日本人に人気のホテルのようです。

f:id:monteverde-aroma:20180815191229j:image

f:id:monteverde-aroma:20180815191042j:image「Good morning!」とレストランに入ると、温かいお飲み物を尋ねられましたので、カプチーノをお願いしました。リガのコーヒー(2回しか飲んでいませんが)は、とても美味しいです♪

f:id:monteverde-aroma:20180815191105j:image

カプチーノを飲んでまったりしていると、目の前を焼き立て(と思われる)クロワッサンが運ばれていきました。早速ひとつ頂いて、リガのハチミツをたっぷりつけて食べました。やっぱり焼き立ては、おいし~♡ 朝から至極のときです。

f:id:monteverde-aroma:20180815191128j:image

前日の夕食をパスしてしまったので、朝からもりもりいただきました。

f:id:monteverde-aroma:20180815191204j:image

本能のままの2皿目(笑)オムレツなどの卵料理は有料でしたが、並んでいるお料理だけで十分お腹いっぱいになりました。

f:id:monteverde-aroma:20180815191254j:plain

最後はビグジィス。黒パンのプディングに生クリームたっぷりのラトビア伝統のデザートです。一緒に、ペパーミントティーもお願いしました。美味しくて食べ過ぎましたが、これですっきり!です。

f:id:monteverde-aroma:20180815191220j:plain

レストランを出ようとしたら、イタリアのスパークリングワイン?TREVISO?を見つけました。食前酒として頂けたのでしょうか・・・。満足感がとても大きい朝食をいただきました。最終日は、出発が朝早かったので朝食をパスすることになり、残念・・・。でも、いつかもう一度食べに行きたいです。

翌日の朝早い時間のチェックアウト時に「朝食は?」と言われたので、もしかしたら前日の夜にお願いするとBOXミールか何か用意してくれたのかもしれません。想像ですが・・・。

まとめ

ホテルの立地は、空港からのバスや観光地など、どこに行くのにもとても便利でした。スタッフも親切だし、ホテル自体も清潔で快適に過ごすことができました。レストランの食事も美味しかったです。

リガは観光地としての歴史も浅いので、ホテルの料金はヘルシンキに比べるとかなりお得なようです。観光客が必ず行く旧市街でも、1万円以内で泊まれるホテルがたくさんありました。朝食が付いているホテルも多いので、却って選ぶのに困ってしまうかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございます。

-Europe, latvia

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5