award-ticket

コモ湖で新緑ウォ―キング ~ミラノからブルナーテへ~

スポンサーリンク

f:id:monteverde-aroma:20190613120431p:plain

世界一周・特典航空券の旅。お話はイタリアに戻ります。ミラノから1時間ほどで行けるコモ湖は大人気の避暑地です。多くの方はフェリーに乗り湖畔の美しい島を散策されるのですが、ちょっと変わったコモ湖を体験したくてブルナーテ山にも登ってみました。

コモ湖

コモ湖(イタリア語: Lago di Como)は、イタリア北部のロンバルディア州にある湖で、逆Y 字の形(私には人が歩いているように見えるのですが)をしています。湖水面積はイタリアで3番目に広く、湖の南西端にコモの町があります。ミラノからは、電車で1時間程で行くことができるので、日帰り観光地として大人気の町です。ミラノからの行き方はいくつかありますが、私は中央駅から電車に乗って行くことにしました。

アクセス

f:id:monteverde-aroma:20190606040721j:plain

(多分)20年ぶりくらいのミラノ中央駅。すごく変わっていてビックリしました。

f:id:monteverde-aroma:20190613110755j:image

お店がいっぱいあり、昔の暗いイメージがありません!チケットを買うのに並んだ長蛇の列もありません!バカンスシーズンじゃなかったから列はなかったのかしら?でも、チケットの販売機があちこちに並んでいて、とても便利になっていました。

ここからコモ湖へ向かいます。イタリア国鉄 Trenitalia(トレニタリア)でコモ湖へ向かおうとすると、Como(コモ)と名のつく駅がいくつかあります。中央駅から到着するのは、湖から少し離れた 「Como S.Giovanni」駅です。駅からは、徒歩10分ほどで湖に着きます。

事前購入

f:id:monteverde-aroma:20190613123003j:plain

事前に trenitalia で、チケットを買うこともできます。手数料はかかりますが、日本語で操作できます。

f:id:monteverde-aroma:20190613133636j:plain

出発地「Milano Centrale」が中央駅です。目的地「Como S.Giovanni」までは、高速列車「EC」と普通列車「R」があります。他の時間帯では、1時間少しかかる普通列車(乗り換えが必要な便もあります)が平日の9時25分発だと38分しかかからないようです。

- チケットの買い方

f:id:monteverde-aroma:20190613110638j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190613110633j:plain

駅にある販売機の使い方はとても簡単でした。「Como S.Giovanni」まで4.8ユーロ(2等車)。クレジットカードも現金(コインも可)も使えます。

面白かったのは、操作しようとすると「Watch out for pick-pockets.(スリに注意!)」のような注意事項がポップアップされることです。ここはやはりミラノ^_^;

「操作方法を教えてチップを要求する」というトラブルもあるそうなので、気をつけながら操作しました。駅の奥の方にあるチケットオフィス内にも販売機は並んでいましたので、そちらを利用してもいいかもしれません。

ミラノ中央駅(出発)

f:id:monteverde-aroma:20190613110712j:image

ホームに入る時にチケットを見せるためのセキュリティっぽい人が立っていたり、雰囲気は変わっていましたが、大きな掲示板で電車のホーム番号を確認する人の姿は昔のままでした。

f:id:monteverde-aroma:20190613111035j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190613110937j:plain

チケットを validate(有効にする)しないといけないのも変わっていませんでした。機械は、ホームの電車を乗る場所の近くにあります。

f:id:monteverde-aroma:20190613165156j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190613164353j:plain

定刻に、Como S.Giovanni駅 に到着しました。

f:id:monteverde-aroma:20190613110724j:image

駅舎を出たら、階段を降りて市街地へ向かいます。バスもありますが、徒歩10分くらいなので、歩くことにしました。特に案内はありませんでしたが、まっすぐの道なりに歩けばいいようです。

f:id:monteverde-aroma:20190613110921j:image

ここまで来ると、湖はもうすぐです。

f:id:monteverde-aroma:20190613141304j:plain

10時過ぎに到着しましたが、すでに多くの人がフェリーを待っていました。

f:id:monteverde-aroma:20190613110953j:image

私は、そのまま湖畔沿いを歩いてケーブルカー乗り場へ進みます。

f:id:monteverde-aroma:20190613110821j:image

Como S.Giovanni駅 からは徒歩20分くらいでした。美しい景色を見ながら来られるので、遠いとは感じませんでした。美しい木の駅舎から標高750mのブルナーテ山へのケーブルカーが出ています。駅には無料のお手洗いもありました。

このケーブルカーは、1899年、コモ出身の物理学者アレッサンドロ・ボルタが電池を発明してちょうど100周年の記念に合わせて開通したそうです。冬の様子(雪が積もるようです)や、歴史についての写真が駅舎には展示されていました。

f:id:monteverde-aroma:20190613111049j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190613111110j:plain

駅の窓口で往復チケット(5.5ユーロ)を買って、有効化させて乗り込みます。

f:id:monteverde-aroma:20190613143906j:plain

かなりの傾斜です。

f:id:monteverde-aroma:20190613165748j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190613164257j:plain

途中、眼下に湖が見えてきました。

f:id:monteverde-aroma:20190613145501j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190613150656j:plain

ケーブルカーの終点がBrunate(ブルナーテ)という町です。広場にはレストランやカフェなどがありました。展望台もあり、ここからでも美しい景色が十分に楽しめます。

f:id:monteverde-aroma:20190613110601j:image

案内板を頼りに、さらに上を目指すことにしました。20分くらい歩けば何かあるらしいです。

f:id:monteverde-aroma:20190613144258j:image

このときは元気だったのですが、この先結構急な道が待ち構えていました。

f:id:monteverde-aroma:20190613144306j:plain

急な坂なのに石畳です。ミラノというと石畳でもヒールで歩いている女性をイメージしていましたが、さすがにここを行きかう人々は歩きやすい靴でした。

f:id:monteverde-aroma:20190613145543j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190613145605j:plain

新緑の中のウォーキング・・・というより(私には)山登りでした。気温は25℃くらいですが、日差しが厳しかったので、お水のボトルを2本持ってきて良かったです。

f:id:monteverde-aroma:20190613151154j:plain

やっと山っぽくなってきました。しかし、ここからの傾斜もきつかったです。

f:id:monteverde-aroma:20190613144246j:plain

途中道に迷ったので、40分ほどかけて到着しました。

f:id:monteverde-aroma:20190613110627j:image

さらに3分ほど登って、灯台(Faro Voltiano)へ。

f:id:monteverde-aroma:20190613151807j:plain

途中諦めようかと思いましたが、頑張った甲斐がありました!ミラノの町やモンテ・ローザなどのアルプスの山々が見渡せる素晴らしい景観が待っていましたので(^^)/

ランチ

f:id:monteverde-aroma:20190613152025j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190613152141j:plain

朝しっかり食べたのですが、急な傾斜を登ってお腹もペコペコです。灯台の麓にあったレストランに入ることにしました。

f:id:monteverde-aroma:20190613152127j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190613152206j:plain

どちらにちようか迷ったのですが、空いていた右側のレストランへ。

f:id:monteverde-aroma:20190613152217j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190613152223j:plain

メニューになかったトマトとガーリックのパスタを作ってもらいました。手打ちパスタは美味しかったのですが、なんか塩味が足りず・・・。でもお店の女性がとても親切で、美しい景色も堪能できたので満足です。
f:id:monteverde-aroma:20190613111057j:image

きつかったですが、登ってよかったです。湖畔のクルーズだけでないコモ湖を楽しむことができました。

コモ湖周辺観光

f:id:monteverde-aroma:20190613164325j:plain

帰りは坂道を下るだけなので楽でした。山の上のレストランではデザートを我慢したので、湖畔のお店でジェラート!

f:id:monteverde-aroma:20190613110704j:plain

上手く焦点があたらず、何回も撮り直していたら、融け出しました。あ~この写真はどこに焦点が当たってるのだろ~。

f:id:monteverde-aroma:20190613110615j:plain

湖のそばには、ゴシック様式の美しい コモ大聖堂 がありました。入るには少しばかりの寄付(任意)をするようです。

f:id:monteverde-aroma:20190613164209j:plain

外から見たとき期待はしていたのですが、期待以上!息をのむほどの美しいバラ窓がありました。大きなパイプオルガンやゴブラン織りの巨大なタペストリーも吊るされていて、しばし荘厳な内部に見とれてしまいました。

f:id:monteverde-aroma:20190613131542j:plain

湖のすぐ近くにもう一つの駅「Como Nord Lago」があります。ミラノ中央駅からは、Stazione Cadorna駅 や Milano Bovisa駅 を経由すると来られるようです。大昔に来た時は、この駅を使ったような気がします。

今回は、ミラノ中央駅近くのホテルに泊まっていたのでこの駅ではなく、Como S.Giovanni駅 まで戻って、列車に乗りました。最後は、イタリアらしく列車は遅延しました(笑)

Venchi

f:id:monteverde-aroma:20190613192929j:plain

ミラノ中央駅を出発するときに気になっていたVenchi(ヴェンキ)のジェラート。最後に食べてみました。お店の名前に焦点をあててしまったようで、またまたジェラートがピンボケですが。

 

 

おいし~♡♡♡

 

 

 

Venchi は、1878年にイタリアのトリノで創業された老舗チョコレートメーカーです。チョコレートも濃厚でおいしいのですが、このあと30℃越えのバンコクに向かうので買うのは断念して、ジェラートだけ楽しみました。最後にもう一度食べたい!と思っていたのですが、ホテルの朝食を食べ過ぎてしまい、もう入りません。残念・・・

f:id:monteverde-aroma:20190613192333j:image

と思っていたら、ミラノ・マルペンサ空港でもVenchi を見つけました。しかも2店舗も入っています。ゲートAとB、それぞれに向かう途中にあります。お腹もこなれてきたので、最後にジェラート!お店は日本人ツアーの人でいっぱいでした。

f:id:monteverde-aroma:20190613192936j:image

タックスリファンドができる税関のそばにあったVenchiは、日本からのツアーの人で混んでいました。みなさんお目当ては一緒ですね(^^)

f:id:monteverde-aroma:20190613192439j:image

f:id:monteverde-aroma:20190613192445j:image

ストロベリーは決めていたのですが、もう一つを何にするか?前回食べたピスタチオの濃厚さが忘れられないのですが、老舗チョコレート屋さんのチョコレートのジェラートにも惹かれます。ピスタチオとチョコレートを味見させてもらい、決定!

f:id:monteverde-aroma:20190613192923j:image 

チョコレート&ストロベリーにしました。爽やかなストロベリー(イチゴそのままの味)にダークチョコレートが相まって、贅沢な味になっていました。空港は少し高くて3.7ユーロ(約450円)。でも、その満足感は1,000円以上の気がしました(^^)

 

さいごに

ミラノからの電車はスイスのルガノ行きでした。コモ湖からも1時間弱で行けるようで、ミラノに何泊かしたら、スイスへの日帰りも可能なんだなぁ、と夢は膨らむのでした。それにしても、Venchiのジェラートは美味しかった!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

 
  • この記事を書いた人

momoka

ご覧いただきありがとうございます。客室乗務員→大学院生→キルギス・途上国ボランティア。キルギスで出会ったアロマに魅せられ、帰国後はアロマインストラクターになりました。アロマを探して世界中を旅しています。どうぞよろしくお願いします(^^)

-award-ticket

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5