旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅ブログ

冬のカナダ旅行の持ち物 ~機内にカイロは持ち込めるの?~

 更新日2020/05/14

f:id:monteverde-aroma:20190306072648p:plain

2月のカナダ・ロッキー山脈へ行ってきました。気温は氷点下でしたが、日中はお天気に恵まれ、まつ毛が凍るという体験はできませんでした。そんな2月のカナダ旅行に持って行って良かったものをまとめてみました。

1. パタゴニアのR1

f:id:monteverde-aroma:20190314173718j:plain

出発前、荷物を少なくするために買ったパタゴニアのフリースR1。めちゃくちゃ良かったです!軽くて保温はしっかりしているけど熱はこもらない、本当に重宝しました。

私が泊まったホテルの室内は、あまり暖房がきいていませんでした。それでも、室内ではユニクロのヒートテック(極暖)に「パタゴニアのR1」を着ているだけで過ごすことができました。-16℃の屋外では、それにカナダグースのダウンを着て防寒としました。

2. スノーブーツ&足先カイロ

f:id:monteverde-aroma:20190303105403j:plain

SORELのスノーブーツは本当に良かったです。普通の移動時はこのままで、雪の中を歩くときは、足先カイロを入れれば、十分に防寒できました。足先が温まると、体全体が冷えなくてよかったです。

カイロは機内に持ち込めるの?

今回、防寒対策として「使い捨てカイロ」をたくさん持っていきました。日本からカナダまでは、スーツケース (小型) を貨物室へ預けたので、20個くらい持っていても何の問題もありませんでした。しかし、帰りはスーツケース (小型) を機内に持ち込んだので、数量制限に引っ掛かりました。バンクーバーから日本に戻る機内への持ち込みは「7個」となっていました。多い分は没収・廃棄となります。

3. 耳当て

f:id:monteverde-aroma:20190303104202j:plain

ソウルの空港の雑貨店で買った300円の耳当てが重宝しました。日中は晴れていたので、調子に乗って耳当てをしてないと寒く感じてしまい、すぐに装着しました。 寒い場所で温める場所は、手先と首だけでなく、足先と耳も大切!だと実感しました。

4. マスク&キャンディー

f:id:monteverde-aroma:20190315013620j:image

冬のカナダはとても乾燥しています。ホテル、飛行機、移動時・・・。常にマスクをして、咳が出そうになる前に ハチミツ100%のキャンディーを舐めていました。欧米でマスクをしていると、時に奇異な目で見られることがありますが、自分の身を守るのが一番なので、付けていました。

5. ポット

f:id:monteverde-aroma:20190314173211j:plain

JAL国内線の機内販売で買ったステンレス製のポットを愛用しています。常にお湯を入れて持ち歩いていました。カイロ代わりにもなりますし、外出時に温かい飲み物で体の中から温めることもできました。

空港の保安検査場を通過するときは100ml以上の液体類は持ち込めませんが、空のポットを持っていて、空港の給水機でお水を入れる時にも重宝します。

エアカナダの国内線は、紅茶などのソフトドリンクが無料で提供されました。私の前の人は、ポットに紅茶をもらっていましたので、次回はお願いしてみようと思います。

6. カメラ防寒カバー


f:id:monteverde-aroma:20190315132841j:image

f:id:monteverde-aroma:20190315132918j:image

f:id:monteverde-aroma:20190315132911j:image

出発当日、東京・有楽町のビックカメラ で見つけて買いました。氷点下で写真を撮るときにカメラやレンズを守ってくれます。片手をカバーの中に入れていたので、手袋なしでも寒くありませんでした。

知らない間に溜まっていたビックカメラのポイントで買えたのでいいのですが、楽天の方が安かったようです。やっぱり準備には時間をかけていろいろ探した方がいいですね。

7. モバイルバッテリー

これも急きょ買ったものです。氷点下でスマホを使っていると、あっという間にバッテーリーが落ちてしまいます。なので、モバイルバッテリーを買い足して行きました。

スマホを使わない時はバッグの中でなく、ダウンジャケットのポケットに入れておくと、体温でバッテーリーを温存できます。

氷点下では、写真を2,3枚撮ったら、すぐにバッテーリーが落ちました。なので、2つめのバッテーリーを持って行って良かったです。これは、切り替えで電気カイロやライトとしても使えます。

8.手袋

f:id:monteverde-aroma:20190303073542j:plain

手袋は二重にしました。内側は、スマホも操作できるもの。外側は防水のものを選びました。思っていたより暖かかったので、内側の手袋だけでしていることが多かったですが、朝夕の観光には2枚重ねで防寒しました。

さいごに

防寒対策をしっかりして行ったので、持って行った使い捨てカイロはほとんど使わずに持って帰ることになってしまいました。マイナスの世界で役立ったものは、今後も活躍しそうです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。