旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅ブログ

私のお部屋 ~桃源郷での一人暮らし~

f:id:monteverde-aroma:20200510055155j:plain

2015年、久しぶりに一人暮らしをしました。場所は中央アジアのキルギス共和国です。イスラム教徒が多く住む国ですが、ゆる~い感じなので、生活には全く支障がなかったです。そんなキルギスでの私の部屋をご紹介します。

キルギス共和国

f:id:monteverde-aroma:20180324122235g:plain

キルギス共和国はカザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、そして中国に囲まれた内陸国です。日本から直行便はないため、モスクワやイスタンブール経由で行くことができます。

イシククル湖

f:id:monteverde-aroma:20180324123002j:plain

国内には周囲700Kmのイシククル湖があります。「イシク」とは、キルギス語で熱い、もしくは暑いという意味です。そして「クル」は、湖という意味です。決して熱いお湯のような湖ではないのですが、冬でも凍らないため、このような名前が付いたそうです。

不思議なことに、この湖には、流れ入る、もしくは出る川がありません。そのため、地下水がとても豊富です。1991年に旧ソ連から独立し、産業が乏しい国ですが、夏はこのイシククル湖周辺に多くの避暑を求める観光客がやってきます。

ブラナの塔

f:id:monteverde-aroma:20180324125038j:plain

イシククル湖の北側のシルクロードは、世界遺産にも登録されています。三蔵法師も歩いたと言われています。そこには、ブラナの塔 (べラサグン遺跡) があります。10~13世紀にかけての都だった場所です。元は45mだったそうですが、16世紀の地震で崩れてしまい、今は24mです。中の階段を使って上り、屋上から360度の絶景を楽しめます。

学園都市カラコル

f:id:monteverde-aroma:20180325104805p:plain

私が住んでいたのは、学園都市の「カラコル」です。上の写真が町一番の繁華街です。デパートやレストラン、スーパーなどが集まっています。州庁舎も近くにありますので、東京でいうと、新宿のような場所です(笑)。カラコルの新宿ですが、道には穴があちこち開いています( ´艸`)

首都ビシュケクからカラコルまでは、車で6時間かかります。6時間のドライブのうち半分は、美しいイシククル湖の周辺を走るのですが、車の状態がよくないので、厳しいドライブとなります。

カラコルは、天山山脈への登山やスキーが楽しめる高山都市でもあります。なので、夏は登山、冬には、ヨーロッパから多くのスキーヤーがやってきます。標高は1,400mなので、階段を上がったり、走ったりすると少し息苦しくなりますが、普段の生活には支障はありません。町の建物には、エスカレーターやエレベーターなんぞはありません。

街歩き

f:id:monteverde-aroma:20180324130026j:plain

イスラム教徒が多い国ですが、街中にはロシア正教の聖三位一体教会もあります。この教会の庭は、初夏にバラなどの花が咲き乱れ、とても美しくなります。

カラコルでの生活

f:id:monteverde-aroma:20180324132636j:plain

カラコルに着いてびっくりしたのは、建物や道路がビックリするほどボロボロだったことです。私が住んでいたアパートも共用部分は壊れていて、階段のライトもきれたままです。部屋ごとにオーナーが違うので、誰も公共の場を修理しようとしません。

部屋のようす

f:id:monteverde-aroma:20200412184741j:plain

部屋は3階で、ベランダがついていました。

f:id:monteverde-aroma:20180324133315j:plain

階段部分にはライトがないのですが、部屋にはライトがいっぱいついていました。キッチンとベッドルームは、リノベーションされたばかりなので、とてもきれいでした。ベッドや机は手作りです。

テレビも見られましたが、ロシア語のみでした。ロシア語の勉強になっていいのですが、私にはハードルが高かったです。wi-fi もあるのですが、風が強く吹くとすぐにきれます。PCでの書類作りやメール連絡など・・・PCと携帯の充電はマストでした。

バスルーム

f:id:monteverde-aroma:20180324133340j:plain

これは「アリストン」という湯沸し器です。60リットルのお湯を溜めることができます。電気供給の不安定な国で、強い風が吹くとすぐに停電します。もちろん無計画停電です。なのに、私の部屋はオール電化でした ( ノД`) 

ある日、地域ごとの大規模な停電 (予告なし) があり、3日に渡り電気が点かず、お湯が沸かせませんでした。60リットルだと、2日分くらいのお湯になり、なんとかシャワーを浴びることができましたが・・。初途上国の洗礼を受けました。

バスルームは悲しくなるくらいボロボロだったので、写真は残しませんでした。清潔好きの日本人、キルギス生活で唯一この点だけが辛かったです。

貸与品と水事情

f:id:monteverde-aroma:20180325103455p:plain

中央アジアのスイスと言われているキルギスですが、水道管が古く、浄水場も怪しいらしいため、大雨が降ると水が濁ります (泣)。ホテルのシャワーからも茶色いお水が出てきて、最初びっくりしました。

point 大雨が降っているときはシャワーは浴びず、雨が止むのを待ちます。水を出していると、次第に茶色ではなくなってきます。

そして、普段でも水道水には砂が混じっているため、水道のパイプ部分は1か月に一回は砂抜きしてもらわないと、お水が出なくなってしまいます。

お水の出が悪くなると大家さんに電話して修理してもらいます。1か月の家賃は300ドル (約33,000円) でしたが、電気・水道・修理代も込みなので、助かりました。

浄水器が貸与されましたが、水は1リットル40円位で買えました。日本の生活がどんなに快適なのかが良くわかります。

キッチン

f:id:monteverde-aroma:20180324122917j:plain

ライニングキッチンは、新しくとても使いやすかったです。小さいですが、冷蔵庫もあります。電子レンジがあるのも助かりました。

ドラム式の洗濯機もありました。しかし、3か月で洗濯機が壊れました。新品だったと思うのですが、水道管の砂詰まりのせいかも知れません。

部屋からの景色

f:id:monteverde-aroma:20180324122958j:plain

この部屋に決めた理由の一つが、この景色です!

f:id:monteverde-aroma:20200412184849j:plain

キッチンの窓から、毎日この景色を見ながらお弁当を作って、朝ご飯を食べました。また、夜には山の向こうから出てくる月を見ることができました。この時ばかりは、ハイジになった気分でした。

買い物(食料品)

f:id:monteverde-aroma:20180325105033p:plain

アパートの近くにはスーパーもたくさんありましたが、町の中心 (新宿・笑) にある市場によく行きました。顔なじみになるとちょっとおまけしてくれました。

f:id:monteverde-aroma:20180325105308p:plain

私がよく買っていた食材です。市場のそばにはスーパーもあるので、買い物には困りません。しかも、新宿にあるスーパーは24時間営業です。

スーパーの食材ははきれいにパックに入っていますが、市場もスーパーもあまり値段が変わりません。でも、卵を買うときは、絶対に市場へ行きます!そこには、「ダマシネ (自家製という意味のキルギス語)」の卵が売られているのです。ダマシネ・の卵は新鮮で、とてもおいしかったです。

ある日の朝食

f:id:monteverde-aroma:20200412183240j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200412183336j:plain

クレープにサワークリームとキャビア (もどき) をかけロシア風の朝食を作ってみました。ロシア語で魚の卵は イクラ (Икра) いいます。一瓶が240円だったので、チョウザメの卵ではありませんが、雰囲気だけは楽しめました。

f:id:monteverde-aroma:20200412184341j:plain
f:id:monteverde-aroma:20200412184400j:plain

赤レンズマメ。1㎏が350円と、こちらも安いのでよく買っていました。ビタミンEと鉄分がたっぷりの食材です。キャベツと、日本から持って行ったツナ缶で野菜・豆スープを作ってみました。

お買い物 (雑貨)

f:id:monteverde-aroma:20180325105719p:plain

遊牧民のキルギス人はとても器用で、なんでも作ってしまいます。なので、日用品で必要な雑貨は国産はなく、中国などからの輸入品です。100円ショップを知っている日本人から見ると、高いのに質が悪いという印象です。

海外赴任の必需品!「日本のサランラップ」は持ってきましたが、他の生活用品は少し買い足しました。赴任はアエロフロートだったので、荷物の制限量が厳しかったので、雑貨はあまり持ってこなかったのです。

f:id:monteverde-aroma:20200412190138p:plain
f:id:monteverde-aroma:20200412190155p:plain

ハンガー (金属製・60円/プラスチック・100円) と吸盤つき物掛け (200円)を買いました。

ブル カンチャ トゥラット (これはいくらですか)?

訪ねると、どこのお店にも電卓があるので、数字を入れて見せてくれます。なので、

アルザンラーク ベリニィズチ(安くしてください)

日本では、サバイバルキルギス語だけを習って行きました。今でも、このフレーズだけは覚えています (笑) お願いしてみると、端数分を安くしてくれました。言ってみるものですね。
 
今回は、ちょっと変わったキルギスでの生活のようすをお届けしました。 最後までご覧いただきありがとうございます。