airline

エコノミークラスでもサクララウンジが使える!JALの深夜便でロンドンへ

2018-11-16

f:id:monteverde-aroma:20181018170536p:plain

JALの羽田発・ロンドンへの深夜便を利用しました。実は、このフライト、エコノミークラスでも、上級会員でなくても、サクララウンジを体験できるのです!ロンドンまでの楽しみ方をまとめてみました。

ロンドンまでのフライト

JL041 02:45(HND)   06:25(LHR)

JL042 09:30(LHR)  06:25(+1)(HND)

  • HND:羽田
  • LHR:ロンドン (ヒースロー空港)

※ 時間は2018年11月のものです。

サマータイムが終了したので、現在の日本とロンドンとの時差は、9時間となりました。日本の方が、9時間進んでいます。

何時からチェックインできる?

チェックインは、Webチェックイン、空港の自動チェックイン機、または空港カウンターで行うことができます。HNDのJALのカウンターが開くのは、午前6時からです。つまり、空港でチェックインして、荷物を預けることができるのは朝6時から出発の60分前までです。

QuiC

QuiC (クイック) とは、JAL国際線 (他社運航コードシェア便は除く) にて、カウンターや自動チェックイン機に寄らずに搭乗手続きができるサービスです。

f:id:monteverde-aroma:20181105100511j:plain

http://www.jal.co.jp/inter/campaign/quic/otoku/

事前に、JALホームページで、Webチェックイン (座席指定) を行うことができます。パスポートデータ登録後、印刷した「eチケットお客様控」と「ホームプリント搭乗券」を用意しておけば、空港ではチェックインカウンターに並ばずに、保安検査場へ進むことができます。HNDとLHRの両方で、モバイル搭乗券も利用できるようです。

これだと、海外でプリンターPCとプリンターを探さなくても大丈夫です。預ける荷物がある場合は、「QuiC手荷物カウンター」に立ち寄るだけです。「eチケットお客様控」があれば、パッケージツアー参加の場合も モバイル搭乗券を発券できました。

空港免税店

HNDのセキュリティチェック(手荷物検査)のラッシュは、22時ごろから始まります。また、空港免税店の営業時間は、24時間のお店もありますが、多くが6時から23時~24時です。なので、22時までに出国して、ゆっくりお買い物するのもいいかもしれません。そして、23時30になったら・・・

041便専用サクララウンジ

f:id:monteverde-aroma:20181106160138j:plain

エコノミークラスの全旅客が利用できる「041便専用ラウンジ」へ行きます。

これは、深夜にHNDを出発するJAL041便の旅客のみへの特典です。上級会員でなくても、JALのラウンジが使えるのです。

もちろん、上級会員の方は、通常のサクララウンジ・ファーストクラスラウンジが利用ですます。

【ラウンジ詳細】

 サクララウンジ5階のみ

 23時半以降

 JAL特製ビーフカレー、スープ、パンなどの軽食

 ビール、ワイン、日本酒のみ

羽田発ロンドン行きJL041便限定ラウンジサービスについて - JAL

上級会員が利用できるサクララウンジのサービスの簡易版ですが、ビールを飲んでJALカレーを食べてゆっくり寛げます。エコノミークラスの機内では、最初の食事は希望者以外は省略され、搭乗後にすぐ就寝できるようにするためだそうです。

JAL SKY SUITE

f:id:monteverde-aroma:20181105142251j:plain

https://www.jal.co.jp/inter/service/economy/seat/skywider.html

深夜のロンドン便のの機材は、「JAL SKY SUITE」を搭載したボーイング787-8型機です。JALの国際線B787型のエコノミークラスは、他の航空会社より1席少ない、横列8席です。プラス5㎝のゆとりは、特に長距離線には嬉しい配慮です。

f:id:monteverde-aroma:20181105142712j:plain
f:id:monteverde-aroma:20181105142341j:plain

JALの公式サイトで見てみると、メインのお食事は離陸8時間後にサービスされるようです。なので、ラウンジでしっかりお食事して、離陸後はゆっくり休みたいと思います。

機内のお役立ちグッズ

機内でぐっする休めるよう、ラウンジでゆったりとした洋服に着替え、機内には快適にすごせるグッズを持って行くことにしました。

  • 寒さ対策グッズ
  • 保湿対策グッズ

寒さ対策

機内は、原則24℃に 設定されていますが、深夜休んでいると寒く感じてしまいます。そんな時、毛布だけでなく、お腹や腰のあたりに「湯たんぽ」をあてておくと、じんわり温かくなって、眠りにつきやすくなります。お湯は、機内でもらうことができます。湯たんぽは、乗務員時代にも愛用していました。交代で休むとき、お腹や腰にあてておくと、疲れをいやすこともできるのです。 代わりに、カイロでもいいですが、どちらも直接肌に触れないようにして、火傷にはお気をつけください。

保湿対策

機内でのおすすめは、全身に使える シアバター です。融点が36℃と低いので、体温で簡単にクリーム状になり、これ一つで髪の毛、顔、手足など全身に使えます。

JALの機内でも買うことができました。

まとめ

ロンドンまでの飛行時間は12時間前後です。早朝に到着して元気に過ごすため、機内で体を整えたいと思います。ラウンジでしっかり食べて、離陸したらすぐに寝られる、深夜便はおすすめのフライトです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

-airline

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5