airline tips

コロナ禍のJAL国内線・搭乗記 ~7/9からの変更点と最近の空席表示など~

6月後半から、少しずつ飛行機を利用する人が増えてきました。

と思ったら、再び東京都に緊急事態宣言発令・・・。さらに、減便が増え、搭乗予定の便が欠航となる場合も引き続き予想されます。

今回は、オタクモード全開で、コロナ禍のJAL便搭乗記と欠航時の予約変更(片道の場合)をお届けしたいと思います(^^)

※お越しいただきありがとうございます。飛行機をあまり利用されない方にとっては、分かりにくい話になっています。こんなこともあるんだ・・・くらいに思って読んでいただけますと幸いです🙇

搭乗口での案内順

2021年7月9日~、搭乗口での案内順が変更になりました。

順番①

SPECIAL ASSISTANCE お手伝いを希望されるお客さま

最初に搭乗できるのは「事前改札サービス対象者」。こちらに変わりはありません。

対象者は、車いすのご利用、2歳以下の小さなお子さまをお連れのお客さまなど、お手伝いを必要とされる旅客です。

このあとが、少し変わります。

JALにも、ボーディンググループごとの案内が導入されました(2021年7月9日~)。

 

ボーディンググループ

ボーディンググループは、5つに分かれます。

  1. 優先搭乗:ファーストクラス旅客・JMBダイヤモンド/JGCプレミア会員・oneworldエメラルド会員
  2. 優先搭乗:JMBサファイア会員・JALグローバルクラブ会員・oneworldサファイア会員
  3. 後方座席または窓側座席の旅客
  4. 後方座席の旅客
  5. すべての旅客

 

何番から後方座席になるのかは公式サイトにも書かれていませんでしたが、ボーディンググループは、保安検査を受けた後に受け取る「ご搭乗案内」の紙に書かれています。

 

そして、ここからが、さらに大きな変更点です。
momoka

 

対象のお客さまは搭乗口にて搭乗券、またはステイタスカードをご提示ください。会員ご本人さまのみ利用可能です。

出所:搭乗口でのご案内順について

 

今までは、ステイタスを持っていれば、連れの人も一緒に搭乗できたのですが、これからは別々に搭乗することになります。

優先搭乗の列が、少しだけ短くなりそうです。

ただ(私が乗った2回の範囲内では)、ボーディンググループ1と2がまとめて案内されましたので、ほんの少し列が短くなっただけでした。

 

国内線の国際線仕様機材

ところで、2020年後半からの(個人的)国内線最大トピックスといえば、もうすぐ退役する国際線仕様の機材が国内線に投入されたことです。

ANAは、お酒や食事が楽しめる「プレミアクラス」が国際線・ビジネスクラスの座席になる場合があります(一度乗ってみたい!)なので、東京⇔沖縄などの長距離国内線が、近距離国際線気分のような感じなのでしょうね。

一方、JALは、プラス1,000円で、ビジネスクラスの座席を利用できます。

国際線機材
国内線だけど国際線!?海外旅行気分になれる JAL国際線仕様機材・搭乗記

JAL国内線だけど、国際線機材!JAL SKY SUITE Ⅲの搭乗記です。

続きを見る

 

どちらも争奪戦が激しいようです。
momoka

 

U/G

JALの国内線に投入された国際線仕様のクラス J は、普通に購入しようとすると、4万円以上もします。

なので、当日の朝早くに行って、U/G (アップグレード) を狙います。

しかし、最近は争奪戦が一層激しくなってきました。しかも、空席があっても侮れないこともあります。

いつも空港へ向かうとき「Seat Alerts」で空席を確認します。この日も、2席の空席(上の座席表で白抜きの部分)と3席のブロック席「✖」がありました。

ブロック席:空席ですが、なんらかの理由で、事前座席予約できなくなっています(出発の何時間か前に開放(予約可)となる場合もあります)。

しかし、最近では、空席があっても (前日くらいから) 予約画面上で「キャンセル待ち」と表示されるようになりました。

 

理由は分かりません。
momoka

 

この日も、キャンセル待ち。

朝6時に空港に着いて、種別Sの5番でした。

 

momoka
種別Sの呼び出し開始番号は2番からなので、なんとか滑り込めそう・・・

 

と思っていたら、全員ダメでした。当日、急にチケットを購入された方が何人がいらしたようです。

人が動き出して、当日購入の枠をあけておくために当日のU/Gは、キャンセル待ちに・・・?

本当のところはどうか分かりませんが、Seat Alertsで確認して出向いても、こういう日もあるようですね。

Seat Alertsついては、こちらをどうぞ。

無料アプリ「Seat Alerts」の使い方 ~事前に空席が分かれば希望の席も狙いやすい!?~

チケットを購入しなくても事前に空席が分かるアプリ「Seat Alerts」を使って、アップグレードできたようすをご紹介しています。

続きを見る

 

普通席・最前列

U/Gが叶わないときは、元々予約していた座席にすわります。この日は、4席独占でした。

ちなみに、一番前の座席は足元が広いのですが、難点は、ひじ掛けが上がらないことです。なので、4席使って横になることはできません(国内線では見かけませんが・・・)

ただし、機首に向かって左側「D」「E」の座席の間だけは、ひじ掛けを上げることができます。

 

momoka
航行中はひじ掛を上げられるので、ちょっと手元がひろくなります。

お子様連れにはおすすめです。

 

ちなみに、四角い部分は、新生児用かご型ベッド (bassinet:バシネット) です。ただし、国内線では利用できないようです。

とても贅沢な空間なのですが、足元が広いゆえ、通路と勘違いして前を横切られることが多いです。気が利く客室乗務員の方だと、他の人が横切らないように配慮してくれます(この日は違いましたが)。

 

momoka
自分の目の前を人がひっきりなしに通るのは、落ち着きませんものね。

 

個人用画面

国際線機材の一番前の座席の個人用画面は収納式です。「PUSH」と書いてある部分を押すとロックが外れます。

ロックが外れるとこんな感じです。

この収納式の個人画面は、壁の前(バルクヘッド)の座席や非常口座席に備え付けられています。

この個人用画面は、離発着時には使用できないため、離陸後にしか映画を見始められないのが難点です。また、着陸前にも収納しないとけないので、映画を最後まで見られないこともあります。

なので、この座席の方は、機内の安全ビデオを見ることができません。かわりに、近くで、客室乗務員によるライブのデモンストレーション (Safety Demonstration) が行われます。

 

momoka
以前乗った時は、ボタンを押して画面を取り出すタイプでした。

なので、最初ボタンを押してしまい、座席を倒してしまいました・笑

 

空席が多いと座席が変えられない!?

コロナ禍あるある・・・空席が多い便では、前日にブロック座席が増えます。

Seat Alerts 画面

「✖」で示されているのがブロック席です。

ある日の座席は「21G」。普通席の最前方の中央座席・通路側でした。

 

事前座席予約画面

JALの予約画面

Seat Alertsの画面でブロックされていた席「✖」は、事前座席予約画面では上のよう「ー」マークとなっています。座席移動を含めて、事前に予約することができなくなっていました。

つまり、このコンパートメント(客室の区画)では、自分では自由に座席を変えることができません。

後方のコンパートメントでの座席選びはできましたが、同じコンパートメント内で移動できるのは、23Kのみです。

チェックインカウンターでも「ウエイト・アンド・バランスの関係で移動ができない状態になっている」と言われました。

 

ウェイト・アンド・バランス

飛行機が安全に離陸するため、航空機の重量(旅客や搭載貨物など)とバランスが算出されています。

そのことを、ウェイト・アンド・バランス(weight and balance)といいますす。

出発前に急に旅客が降りたり、荷物を取り下ろすことがあった場合は、計算し直さなければなりません。

飛行機が出発する際に必要なデータの一つです。

 

離陸前、旅客はコンパートメントを超えて移動することができません(B767や小型機は、座席番号によって区画が分かれています)。

しかし、上のような空席がたくさんある便では、チェックインカウンターでも隣席への移動が簡単にできないように管理されているようです。

ただし、搭乗した後(空席であれば)隣席やコンパートメント内での移動は可能でした(複数回の体験談)。

 

momoka
通常のブロック席とは違い、空席が多い便での興味深い運用でした。

 

A350-900

ある日、A350という飛行機に乗りました。A350は、翼の先がくるりんとなった、ちょっと狸顔の飛行機です。

A350機内座席表

この飛行機は、純粋な国内線仕様です。ファーストクラス・クラス J 、そして普通席の3クラスがあります。

ある日の機内のようすです。

元々空いていたのですが、アップグレードされた方も多く、最終的には、このコンパートメント(普通席)には10人しか乗っていませんでした。

もちろん、前方のコンパートメントは、ウェイト・アンド・バランスの関係で、多くの席がブロックされています。

搭乗後の機内では隣席へ移動できます。なので、真ん中の座席に移動して、両サイド空席の王様席!

女王様のライオンのキャラクター

クラス J にも空席があったのですが、U/Gの状況は読めませんので、必ずしも自分の隣が空席になるとは限りません(希望すれば自己都合のブロックはされますが、あくまでも厚意の範囲です)。

なので、会社都合でブロックされている普通席の方が、隣席に誰も来ない確率がはるかに高くなります( ´艸`)

 

momoka
ただし、他の便に不具合があったとき等はこの便に旅客を吸収するため、その際には、ブロックは開放されます。

 

ところで、このような状況でも、降機時には、コロナ禍対応のアナウンスが流れます。

 

降機の際には、3段階に分けてご案内します。

まずは、ファーストクラスとクラス J のお客様、続いて、座席番号27~39番、そして45番以降にお座りのお客様の順にご案内いたします。

ベルト着用サインが消えても上の棚から荷物は取り出さず、こちらからご案内いたしますまで、座席にお座りのままでお待ちください。

momoka
普通席は同時でもいいのではないか・・・?と思いますが、座って待ちます。

 

A350の荷物棚

開放感がある機内のA350ですが、他の機材に比べて、上の荷物棚がけっこう高い位置にあり、深め(大容量)です。

なので、小さな荷物の場合、取り出そうとすると(奥の方に滑っていて)なかなか取り出せないことがあります。私の腕が短いのではなく・笑。

そんなときは、座席の下の部分にあるステップを使えば、荷物に手が届きやすくなります。

ただ、中央の荷物棚は、さらに高い位置にあり(閉めると荷物がさらに奥に移動してしまうので)身長が165㎝の私でも簡単に取りだせません。

なので、空席がある場合、荷物は上の棚に収納しないようにしています。

最前方の座席や非常口座席では足元に荷物を置けないのですが、空席がある場合は、座席の上に置いてシートベルトで固定すれば大丈夫です(2列目以降は、前方足元に収納できます)。

この固定方法はJALグループだけかもしれませんので、機内では客室乗務員の方の指示に従ってください。

 

momoka
空席が多い便だと「だるまさんが転んだ」状態で人が押し寄せてくるので、降機の流れの邪魔にならないように( ´艸`)

 

予約便が欠航したら?

最後は、欠航などのお話です。

欠航対象便に当たった時は、登録メールアドレスにお知らせがきます。また、予約を確認すると、赤い表示がでています。

現在、8月31日までの 運休、減便、時間変更、臨時便(JAL公式サイト)  が発表されています(7月15日更新)。

 

momoka
往復の便が対象だと問題はないのですが、帰便だけが対象となった場合、往便の扱いはどうなるのでしょう?

 

JAL・公式サイトのQ&Aにはなかったので、実際に体験したことを、ご紹介したいと思います。

 

帰便だけ欠航した場合

欠航のお知らせと同時に、代替案も提案してくれます。

この時は沖縄線だった(1日の便数はコロナ禍でもけっこう多い)ので、予約していた便の前の便を用意してくれました。

 

好きな便を選択

ただし、この申し出は断って、好きな時間帯の便を選び直すこともできます。

路線やクラスは変えることはできませんが、日時は、期間内であれば何度でも変更できます。同日の別の便への変更も可能です。

このときは日帰りを予定していたのですが、別の日にちで1泊できるように変更しました。

その際、欠航になっていない1区画目も一緒に変更しましたが、追加料金なしで変更することができました。

現在、対象区間(東京・大阪・沖縄)は、コロナ禍の特別対応が実施されていますので、このようなこともできるのです。

もともとの出発予定日+30日、または航空券の有効期間のどちらか長い方まで変更(振り替え)可能です。

 

特別対応
【9月9日更新】JAL国内線・コロナ禍の特別対応 ~先得でも無料で変更可能~

対象期間中の先時や特割の予約変更や取り消しにも対応してくれる、JALのコロナ禍での特別対応についてご紹介しています。

続きを見る

 

無料PCR検査・抗原定量検査

夏季期間中、対象空港から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者に対して、無料のPCR検査・抗原定量検査を行って感染状況をモニタリングすると発表しました。

JAL便も対象です。

目的は、北海道や沖縄県の人々および移動する人々の安心を確保するため、感染状況のデータを分析して、早期に感染源を探知し、早期の対応に繋げていくことだそうです。

対象

  • 対象路線:羽田、成田、伊丹、関西、福岡空港から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便
  • 対象者:対象路線の搭乗者のうち、希望する人
  • 対象期間:7月20日~8月31日搭乗分
  • 予約開始:7月15日(検査には事前の予約が必要となります

 

予約などの詳細はコチラ >>> 【内閣官房】新型コロナウィルス感染症対策

ちなみに、空港内ブース検査型(羽田第1ターミナル、第2ターミナル、伊丹、福岡空港)のイメージは以下です。

空港内ブース検査型(イメージ)

モニタリング検査を受けられることを語った詐欺にはお気を付けください。

 

さいごに

今回は、とりとめなく、最新情報やコロナ禍のJAL国内線を利用したときに感じたことを綴ってみました。いかがでしたでしょうか。

(追記しました)

次に狙っているのは、これ↑ です。1機しかないので、なかなか当たりませんが・・・。

今年は下駄を履かせてもらったので、JGPの一つ上、ダイヤモンドを目指して修行しています。

最初のセールのときにたくさん便を予約して、その後、緊急事態宣言やらまん延防止等措置やらで、無料で便や日程を変更することができました。

東京⇔沖縄の往復が約13,000円台なんて、もう出てこない破格のチケットの恩恵を受け、ゴールまであと少しです。10月以降、便を選んで、最後の仕上げをしたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

-airline, tips
-, ,