airline

【JAL】6月と7月のコロナ対策をまとめてみました ~安心・安全な空の旅 ~

2020-07-04

人出が増えてきたコロナ禍での空港や飛行機の機内は、どのように変わってきているのでしょうか。県をまたいだ旅が解禁された6月から7月にかけて乗った、JAL沖縄線での体験をご紹介したいと思います。

9月に乗った時のようすを追記しました。

 

6月の羽田空港

6月の終わり、自粛解除の影響を受け、空港でも人出が多くなっていました。ただし、空港では、スタッフも搭乗客もマスクをすることが推奨され、チェックインカウンターなども飛沫感染防止対策がとられていました。webチェックインなど、できるだけ人と接触しないよう、旅客にも行動変容が求められています。

空港ラウンジ

上の写真が6月の羽田空港・プレミアムラウンジでの食事です。個別包装での提供になっています。7月中旬に行ったときは、まだおつまみなど少し食べるものがあったのですが、7月後半に行ったときは、食べ物があまりない状態でした。時間帯によるのかもしれませんが、夕方はおにぎりもなくなっていました。サーバーからのビールやコーヒー、お茶などは飲めますが、スープやジュースなどはしばらく提供されないようです。

上の写真は、7月の那覇空港での食事です。羽田空港同様に、包装、もしくはラップがかけられた状態で、食事が提供されていました。飲み物は、機械で提供されるソフトドリンクと、ビール、そして泡盛がありました。時間帯によって工夫しているようで、紅いもアンパンが並べられていることもありました。7月後半に行ったときは、おつまみとしてハッピーターンが並べられていました(速攻でなくなりましたが・・・)。

羽田も那覇も、ラウンジ内のスタッフの方が常にアルコール消毒されていいるので安心です。利用者も食事中以外はマスクの着用が求められていました。

6月は、隣席に人が来ないよう、座席に「✖マーク」が書かれた紙が置かれていましたが、7月には、それがなくなっていました。9月も「✖マーク」はありませんが、仕切りがありました。

那覇空港にあるラウンジでは、隣席との間の隙間には(写真だと見えないのですが)透明のビニールシートが張られていました。旅客もソーシャルディスタンスを気にしながら座っているようでした。那覇空港のラウンジは、あまり広くないので、人が多くなると入場制限もしていました。

搭乗

6月も7月中旬に乗った時は、以下の順に搭乗が始まりました。

  1. お子様連れなどお手伝いが必要な方(優先搭乗)
  2. ファーストクラス・上級会員
  3. 全ての旅客

6月のときには、搭乗前に上級会員の長い列ができていたのですが、皆さん遠回りに搭乗が始まるのを待っている感じでした。2mとはいかないけど、ソーシャルディスタンスをとろうと心掛けている感じです。さすがに、パスリーダーを通るときには少し蜜になりますが、それでも以前よりは、皆さんが意識しながら行動されている感じでした。

しかし、7月中旬になると、だんだんソーシャルディスタンスの意識は崩れていっているような気がします。JALの場合、優先搭乗のあと、ファーストクラスや上級会員がまとめて搭乗開始となるため、めちゃくちゃ混み合います。ソーシャルディスタンスを取っていようものなら、そこに割り込まれてしまいます(泣) 

 

どうにか改善して欲しいと思いました。
momoka

 

7月後半

途上順位が少し変わりました。羽田空港では、ファーストクラスや上級会員優先の案内がなくなった代わりに、後方からのブロックでの案内になりました。那覇空港では、旅客数が多くなかったせいか?ファーストクラス・上級会員の案内のあと、後方座席からのブロックでの案内に変わっていました。

この時、ファーストクラスを利用したのですが、最後のほうに搭乗しました。まだまだ旅客数は多くないので(ファーストクラスとクラスJは満席ですが)荷物を入れるスペースにも余裕があります。なので、後の方に搭乗して、できるだけ蜜を避けるようにしてみました。

9月になり、旅客数も増えてきました。搭乗順位は、7月後半と同じようにブロックでの案内が続いています。

 

機内のようす

6月

JAL国内線は、6月30日まで、機内でのソーシャルディスタンス対策が厳しく取られていました。

乗客同士の機内でのスペースを確保するために、一部の座席を日販売にしています。そのため、満席表示が多い状況でした。

 

なので、窓側と通路側の席だけに旅客が座るようになっていました。ただし、家族連れなどは隣通しに座っているようでした。6月末には利用客も増えてきて「隣席が空席にはならないこともある」との案内がされていました。

 

普通席

B777-200という中型機の座席配列は、3席ー4席ー4席になっています。窓と通路側のアサイン(中央席ブロック)で、ほぼ満席な状態です。とくに、中央の座席は真ん中の2席が空いていますので、とてもゆったりした感じでした。ソーシャルディスタンス対策ですが、航空会社にとっては厳しい決断ですね。でも、乗っている方は、とても安心感がありました。

 

6月のある日のフライト(普通席)は、右を見ても左を見ても誰もいませんでした。乗客にとっては、隣席が空席なのは嬉しいのですが・・・。

このときは、パックのお茶だけのサービスでした。飲み終わった後の空パックは、回収してくれる便もあれば、降機時に客室乗務員の方が持たれている大きな袋に入れる場合もありました。

7月に入って、隣席を空席にする特別措置はなくなっていたのですが、普通席には空席がたくさんあったので、自然と隣席が空席となりました。ただし、(私が利用した範囲内ですが)ファーストクラスとクラス J は満席だったので、FOP (上級会員になるためのポイント) を考えなければ、普通席の方が安心感がありました。飲み物は、紙コップでのサービスに変わりました。

大きく違っていたのは、客室乗務員の皆さんが、フェイスガード代わりの眼鏡をかけていたことです!この眼鏡は、飲み物サービスの時だけつけるようです。

9月に利用した際も、ファーストクラスとクラス J は満席でしたが、普通席では空席が目立ちました。飲み物サービスは、変わらず、紙コップでの提供ですが、引き続き(普通席とクラス J では)毛布と枕のサービスはありません。ファーストクラスはリクエストすれば、毛布を借りられます。

 

ファーストクラスのようすはこちらをどうぞ。

Fクラス
コロナ禍のJAL国内線・ファーストクラス【搭乗記】 ~6月・7月、そして9月~

久しぶりのJAL国内線。自粛解除後の空の旅は、機内・外もしっかりした感染対策がとられていました。JAL国内線・ファーストクラス搭乗記です。

続きを見る

 

7月上旬

帰り便(那覇空港→羽田空港)は、A350という新しい飛行機でした。こちらではクラスJを利用しました。7月からは、隣席を空席とする対策はなくなりましたが、このときは、私の隣は空席で、こちらもゆっくりと帰ってくることができました。

 

JALの機内で不満に思うこと

機内では、空気が3分ですべて入れ替わるとか、こまめに消毒掃除をしている等の案内はありますが、搭乗や降機時には何も対応をしていません。なので、人は団子になって、飛行機に乗ったり降りたりしています。他社のように後方座席の旅客を先に乗せるということをしていないので、上級会員の案内で先に入ってしまうと(前方の通路側の座席だと)多くの人が通るので、ちょっと不安でした。

しかも、肩にかけた大きな荷物で殴られました・・・。昔のJAL沖縄線だと、肩にかけた大きな荷物は下ろしてください。など、細かな配慮が搭乗時にあったのですが、今はないようです。コロナ対策とともに、荷物にも気を付けないといけない、7月中旬のJAL沖縄線でした。

【追記】

私の運が悪いのか、7月後半に乗った時も、通路を通る人が肩にかけた大きな荷物で殴られました(泣)。

JALの機内では、通路を通っていく荷物にも注意が必要です!
momoka

 

お手洗い

6月から引き続き、お手洗いにも消毒スプレーがありました。多くの人が使うお手洗いでも、しっかり消毒ができるので、安心でした。また、6月13日からは、機内でアルコールシートの配布が始まっています。これは、7月にもありました。旅客も一緒に「衛生的で清潔な環境を作っていく」という目的だそうです。便によっては、個別包装の除菌シートが並べられていることもありました。

除菌シートは、配布時期に決まりはないようで、搭乗中にドアサイドで配っている便もあれば、ギャレーに用意されている便もありました。なかでは、声がけしないともらえない便もありました。しかし、とりあえず搭載はされているようです。9月も同様でした。

注意点

CAさん
アルコールシートで機内の窓を拭かないでください

と、アナウンスがありました。アルコールシートは、あくまで、手指用ですね。客室乗務員の方が頻繁にお手洗いを消毒掃除していた便もありました。

 

新型コロナウイルス対策ビデオ

機内で流れる安全ビデオはいつもと変わりませんが、万一酸素マスクが下りてくるような状況になった場合は、「着用しているマスクを外して直接酸素マスクを付けるように」というアナウンスが付け加えられていました。

変わった点は、その安全ビデオの後「新型コロナウイルス対策ビデオ」が流れたことです。6月に乗った時にはなかったような気がしたのですが…。

コロナ禍での新しい旅の仕方の一つに「健康管理」という項目が加わりました。でも、35.7度以上というくくりはなくなったと思うのですが、私の勘違いでしょうか。でも、これからは「熱があるけど旅行する」はできなくなりました。今までもしていませんでしたが・・・

空港や航空会社だけでなく、旅行者も一緒に「安心・安全な旅」作りが求められているのがコロナ禍での旅のようです。

機内の空気も約3分で、きれいな空気に入れ替わっています。まだまだ知られていないことなので、こういうビデオがあると分かりやすくて安心だと思いました。

 

新しい旅のエチケット

「新しい旅のエチケット」の観点から、機内サービスを見てみようと思います。

6月19日、県をまたいでの移動自粛解除にあわせて、旅行者視点での感染防止のための留意点をまとめた「新しい旅のエチケット」が示されました。旅行時における感染防止のための基本的な留意事項に加え、旅行の各場面(移動、食事、宿泊、観光施設、ショッピング)ごとの注意を促しています。

一般社団法人 日本旅行業協会:新型コロナウイルス感染症 関連情報「新しい旅のエチケット」リーフレットで、旅行者への周知を実施しています。今回、リーフレットにあったキャッチフレーズの視点で、空港や機内でのようすを見てみました。

混んでいたら、今はやめて後からゆっくり

f:id:monteverde-aroma:20200619170354j:plain

https://press.jal.co.jp/ja/release/202005/005643.html

カウンターや搭乗口の地上係員は、、マスクやフェイスガードなどを付けていました。また、カウンターや搭乗ゲートのそばには、乗客同士が安全な距離を保てるよう、足跡マークが設置されています。

 

しかし、ほとんど守られていません。
momoka

 

それでも、6月中は、いつものような上級会員の長蛇の列はなく、皆さん適度な距離を保って開始を待っていました。また、10人~20人ごとに分けての案内もなされていました。

しかし、7月になると、コロナ禍とは思えないほどの混み込み搭乗となってきました。少しでも前の人と間隔を保っていると、どんどん割り込みされます(泣)。少しずつ移動する人の意識が緩み始めたと、ニュースでも言われ始めた頃です。「間を空け、ゆったり並べば、気持ちもゆったり」は、を実現するのは難しいようです。でも、この間隔を空けて搭乗していたら、どれだけ時間がかかるの?という感じですが・・・。

なので、出発時は、最後のほうで飛行機に乗ることにしました。それなら、混んでいる中で待つ必要もありません。ただ皆が実践してしまうと、それはそれで別の問題(出発遅延)が発生しそうです。また、降機時は、流れに任せるしかないようです。

通路を通る荷物にも注意!

以前、普通席の一番に前に優先搭乗で先に乗っていると、通路を大きな荷物を担いで後方へ進む何人かの人に荷物で殴られました。今回はファーストクラスだったので、大丈夫かと思い後ろ向きで荷物を整理していたら、また殴られていきました。

 

痛かったです (泣)
momoka

 

早くに乗ってしまうと、クラスに関係なく、前方をキチンと見て瞬時に荷物をよけないといけないようです。一番最後の方に乗るか、後方座席を選ぶと、その被害からも自分の身を守ることができます。

こまめに換気、フレッシュ外気は旅のごちそう

f:id:monteverde-aroma:20200618075423p:plain

航行中、機内へは常に外から新鮮な空気を取り込んでおり、およそ3分ですべてきれいな空気に入れ替わります。

簡単な流れ

  • 機外の空気をエンジンで圧縮し機内へ送り込む
  • エアコン装置で温度調整し、天井から客室内に送風
  • 客室内の空気は、機内外の差圧により床下に流れ、胴体下部にある開閉弁を通って機外へ
  • 床下に流れた空気の一部を「HEPAフィルター」で清浄し送風量を増加

※HEPA (High-Efficiency Particulate Air:高性能空気) フィルターとは、0.3μmのサイズの粒子に関して99.97%以上の粒子を捕集。

出所:機内の空気循環について - JAL

きちんと情報をアップしてくれているので、安心です。
momoka

旅行けば、何はともあれ、手洗い・消毒

空港のラウンジや機内には、アルコール消毒液やシートが置かれているので、常に手指を清潔に保つことができます。便によっては、搭乗中にアルコールシートを配ったり、ギャレーの台に置かれていました。アルコールシートは、あくまで、手指などを拭くもので、飛行機の窓をシートで拭いてはいけません。

マスク着け、私も安心、周りも安心

機内に入ると、ファーストクラスでは責任者や担当者からの挨拶、メニューの説明など、けっこう話しかけられます。コロナ禍なので、もう少し、簡素化されてもいいと思いますが、JALでは名前を呼んで挨拶や声がけすることが、推奨されるいいサービスのようです。

通常ならいいのでしょうが、食事する際に乗客はマスクを外します。客室乗務員の方々はマスクや飛沫防止の眼鏡をかけていますが、マスクなしで話をするのはためらわれます。できるだけ、短く返事するようにしているのですが・・・。喋らなくても気配りをすることは、いくらでもできような気がしますが。安心感を与えるためにも、いろいろな知恵を出して、コロナ禍でも安心して飛行機で移動できる提案をしてほしいと思いました。

楽しくも、車内 (機内) のおしゃべり控えめに

機内では、客室乗務員の方々とのお喋りも弾むようです。普段だと楽しみたい!お互いマスクを付けた状態ですが、少しでもリスクを避けたいと思っているので、必要なこと以外、今はお喋りはしません。周りで話が長引いているときは、お手洗いに立ったりしていますが・・・。

また、機内で泣き叫んでいる乳幼児(マスクなし) や大きな声で話している子供たち(マスクなし)に対応するのは難しいのでしょうね。幸い、機内では後方座席に空席がたくさんありましたので、気になるときは避難しています。

 

JALはコロナ禍の「新しい旅」を提案している?

主にワンワールドでマイルを貯めているので、最近では、JALとJTAをよく利用しています。

数回しか乗っていないので一概には言えませんが、JTAの方が機内での非接触度は低い感じがします。とはいっても、冷たいとかいうのではなく、できるだけ乗客と距離をとって安心感を与えようとしている感じです(あくまでも個人の感想ですが)。以前は、座席に来てくれて「いつもご利用ありがとうございます。」だったのが、降機時にそっと一言声がけしてくれるだけです。でも、この方がなんか安心でき、好きです。

JALの場合は、見えない部分で除菌対策はしているけど、コロナ禍でも乗客があまり不便を感じることがないようにしている気がしました。アルコール消毒液が常備されていることはありがたいのですが、客室乗務員との接触度は以前と変わらないので、不安に感じる部分もあります。

また、ファーストクラスでは毛布は使えますが、換気の関係か?機内が到着までとても寒かったです。足元は借りた毛布でおおい、さらに持っていた少し厚手のショールで上半身ぐるぐる巻きにして2時間座っていました。こういう乗客の雰囲気を察して、毛布をもう一枚くれるなどの配慮があると嬉しいのですが。それなら、会話なくできると思いますし・・・。今回学習したので、次回(何か月か先ですが)靴下かレッグウォーマーを持っていこうと思います。

momoka
ところで、海外のエミレーツ航空が驚くようなコロナ禍の飛行機での旅を提案をしています。

 

エミレーツ航空

ソーシャルエリアを含む機内での接触を軽減するあらゆる対策を行っています。機内での感染リスクを低減するため、保健機関からのすべてのガイダンスや追加の安全対策を行っています。これにはサービスの変更、クリーニングと除菌の強化、人身保護具(PPE)の着用が含まれます。  エミレーツ航空 / your-safety

エミレーツ航空は、10月31日までの乗客全員にCOVID-19保険を無料で提供することを発表しました。 この保険は、医療費や隔離費用、復路便に搭乗できなかった場合の渡航費用をまかなうようです。具体的には、乗客が旅行中にCOVID-19と診断されると、エミレーツ航空が最大15万ユーロ(約1845万円)までの医療費を負担します。

さらに、ホテル宿泊などの隔離費用としても1日100ユーロ(約1万2300円)を最大2週間まで支払うそうです。また、不幸にして、新型コロナウイルスで死亡した場合は、遺体の搬送費用と葬儀費用もカバーしてくれます。 これは、エミレーツ航空がコロナ禍で乗客の信頼と需要を高めようと実施するものです。

また、機内のお手洗いは頻繁に除菌され、1時間30分を超えるフライトでは、トイレ清掃担当の客室乗務員を増員するそうです。現在、エミレーツ航空は、通常と比べて、わずか約10%の乗客数で運航しており、友人から従業員の解雇のニュースも聞きました。国内線と国際線、会社の規模の違いがあるので、一概に比較することはできませんが、それにしても(余力があるのか?)びっくりするような新しい空の旅を、エミレーツ航空は提案してくれました。

日本の航空会社の経営状況を鑑みると、エミレーツ航空と同様なことを求めることはできませんが、視点を変える意識があれば、もっと安心できるのに・・・と思いました。日本の場合、今までお客様と会話をしながら快適性を提供するという寄り添うことが「良いサービス」とされていたので、それを180度変え、非接触を取り入れつつのサービスは難しいのかもしれませんね。

 

なので、自分の身は自分で守ります。そして、周囲の方への配慮も忘れません!
momoka

 

さいごに

今回、6月と7月中旬と後半(9月も追記)の空港ラウンジでのようすや機内サービスを比べてみました。沖縄線だったので、機内ではお子様も多い状態でした。6月に比べて7月、7月でも初旬より中旬、さらに後半のほうが乗客の意識が緩んでいる感じがしました。

【追記】

9月に乗った時、マスクを着けての搭乗が当たり前のような感じになっていました。テレビでの一連の報道の影響もあるのでしょうか。しかし、そのなか、沖縄での搭乗時、ふつうにマスクなしでパスリーダーを通ったカップルがいました(一見すると、ご病気とかではなく着けない派のようでした)。地上スタッフが慌ててマスクを2人に手渡ししていましたが、着けずに手に持ったまま歩いて行きました。後方の座席だったようです。

 

momoka
ちょっとドキドキしながら成り行きを見ていましたが、特に問題にはならなかったようです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

-airline

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5