airline

【JAL】6月と7月のコロナ対策をまとめてみました ~安心・安全な空の旅 ~

2020-07-04

人出が増えてきたコロナ禍での空港や飛行機の機内は、どのように変わってきているのでしょうか。県をまたいだ旅が解禁された6月から7月にかけて乗った、JAL沖縄線での体験をご紹介したいと思います。

※7月後半に乗った時のようすを追記しました。

6月の羽田空港

6月の終わり、自粛解除の影響を受け、空港でも人出が多くなっていました。ただし、空港では、スタッフも搭乗客もマスクをすることが推奨され、チェックインカウンターなども飛沫感染防止対策がとられていました。webチェックインなど、できるだけ人と接触しないよう、旅客にも行動変容が求められています。

空港ラウンジ

上の写真が6月の羽田空港・プレミアムラウンジでの食事です。個別包装での提供になっています。7月中旬に行ったときは、まだおつまみなど少し食べるものがあったのですが、7月後半に行ったときは、食べ物があまりない状態でした。時間帯によるのかもしれませんが、夕方はおにぎりもなくなっていました。サーバーからのビールやコーヒー、お茶などは飲めますが、スープやジュースなどはしばらく提供されないようです。

上の写真は、7月の那覇空港での食事です。羽田空港同様に、包装、もしくはラップがかけられた状態で、食事が提供されていました。飲み物は、機械で提供されるソフトドリンクと、ビール、そして泡盛がありました。時間帯によって工夫しているようで、紅いもアンパンが並べられていることもありました。7月後半に行ったときは、おつまみとしてハッピーターンが並べられていました(速攻でなくなりましたが・・・)。

羽田も那覇も、ラウンジ内のスタッフの方が常にアルコール消毒されていいるので安心です。利用者も食事中以外はマスクの着用が求められていました。

6月は、隣席に人が来ないよう、座席に「✖マーク」が書かれた紙が置かれていましたが、7月には、それがなくなっていました。

那覇空港にあるラウンジでは、隣席との間の隙間には(写真だと見えないのですが)透明のビニールシートが張られていました。旅客もソーシャルディスタンスを気にしながら座っているようでした。那覇空港のラウンジは、あまり広くないので、人が多くなると入場制限もしていました。

搭乗

6月も7月中旬に乗った時は、以下の順に搭乗が始まりました。

  1. お子様連れなどお手伝いが必要な方(優先搭乗)
  2. ファーストクラス・上級会員
  3. 全ての旅客

6月のときには、搭乗前に上級会員の長い列ができていたのですが、皆さん遠回りに搭乗が始まるのを待っている感じでした。2mとはいかないけど、ソーシャルディスタンスをとろうと心掛けている感じです。さすがに、パスリーダーを通るときには少し蜜になりますが、それでも以前よりは、皆さんが意識しながら行動されている感じでした。

しかし、7月中旬になると、だんだんソーシャルディスタンスの意識は崩れていっているような気がします。JALの場合、優先搭乗のあと、ファーストクラスや上級会員がまとめて搭乗開始となるため、めちゃくちゃ混み合います。ソーシャルディスタンスを取っていようものなら、そこに割り込まれてしまいます(泣) 

どうにか改善して欲しいと思いますが。
momoka

7月後半

途上順位が少し変わりました。羽田空港では、ファーストクラスや上級会員優先の案内がなくなった代わりに、後方からのブロックでの案内になりました。那覇空港では、旅客数が多くなかったせいか?ファーストクラス・上級会員の案内のあと、後方座席からのブロックでの案内に変わっていました。

この時、ファーストクラスを利用したのですが、最後のほうに搭乗しました。まだまだ旅客数は多くないので(ファーストクラスとクラスJは満席ですが)荷物を入れるスペースにも余裕があります。なので、後の方に搭乗して、できるだけ蜜を避けるようにしてみました。

機内のようす

6月

JAL国内線は、6月30日まで、機内でのソーシャルディスタンス対策が厳しく取られていました。

乗客同士の機内でのスペースを確保するために、一部の座席を日販売にしています。そのため、満席表示が多い状況でした。

なので、窓側と通路側の席だけに旅客が座るようになっていました。ただし、家族連れなどは隣通しに座っているようでした。6月末には利用客も増えてきて「隣席が空席にはならないこともある」との案内がされていました。

B777-200という中型機の座席配列は、3席ー4席ー4席になっています。窓と通路側のアサイン(中央席ブロック)で、ほぼ満席な状態です。とくに、中央の座席は真ん中の2席が空いていますので、とてもゆったりした感じでした。ソーシャルディスタンス対策ですが、航空会社にとっては厳しい決断ですね。でも、乗っている方は、とても安心感がありました。

ファーストクラスのようすはこちらをどうぞ。

Fクラス
【搭乗記】新しい旅のエチケットからみるJAL国内線ファーストクラス

久しぶりのJAL国内線。自粛解除後の空の旅は、機内・外もしっかりした感染対策がとられていました。JAL国内線・ファーストクラス搭乗記です。

続きを見る

7月上旬

帰り便(那覇空港→羽田空港)は、A350という新しい飛行機でした。こちらではクラスJを利用しました。7月からは、隣席を空席とする対策はなくなりましたが、このときは、私の隣は空席で、こちらもゆっくりと帰ってくることができました。

ただし、その後乗った時は、ファーストクラスとクラスJは満席、普通席はガラガラという状態でした。FOPを考えないと、普通席の方が安心してのれるようです。

JALの機内対策の不安

機内では、空気が3分ですべて入れ替わるとか、こまめに消毒掃除をしている等の案内はありますが、搭乗や降機時には何も対応をしていません。なので、人は団子になって、飛行機に乗ったり降りたりしています。他社のように後方座席の旅客を先に乗せるということをしていないので、上級会員の案内で先に入ってしまうと(前方の通路側の座席だと)多くの人が通るので、ちょっと不安でした。

しかも、肩にかけた大きな荷物で殴られました・・・。昔のJAL沖縄線だと、肩にかけた大きな荷物は下ろしてください。など、細かな配慮が搭乗時にあったのですが、今はないようです。コロナ対策とともに、荷物にも気を付けないといけない、7月中旬のJAL沖縄線でした。

【追記】

私の運が悪いのか、7月後半に乗った時も、通路を通る人が肩にかけた大きな荷物で殴られました(泣)。

JALの機内では、通路を通っていく荷物にも注意が必要です!
momoka

お手洗い

6月から引き続き、お手洗いにも消毒スプレーがありました。多くの人が使うお手洗いでも、しっかり消毒ができるので、安心でした。また、6月13日からは、機内でアルコールシートの配布が始まっています。これは、7月にもありました。旅客も一緒に「衛生的で清潔な環境を作っていく」という目的だそうです。便によっては、個別包装の除菌シートが並べられていることもありました。

除菌シートは、配布時期に決まりはないようで、搭乗中にドアサイドで配っている便もあれば、ギャレーに用意されている便もありました。なかでは、声がけしないともらえない便もありました。しかし、とりあえず搭載はされているようです。

[st-kaiwa 5 r]ただし、アルコールシートで機内の窓を拭かないでください[/st-kaiwa 5]

と、アナウンスがありました。アルコールシートは、あくまで、手指用ですね。客室乗務員の方が頻繁にお手洗いを消毒掃除していた便もありました。

新型コロナウイルス対策ビデオ

機内で流れる安全ビデオはいつもと変わりませんが、万一酸素マスクが下りてくるような状況になった場合は、「着用しているマスクを外して直接酸素マスクを付けるように」というアナウンスが付け加えられていました。

変わった点は、その安全ビデオの後「新型コロナウイルス対策ビデオ」が流れたことです。6月に乗った時にはなかったような気がしたのですが…。

コロナ禍での新しい旅の仕方の一つに「健康管理」という項目が加わりました。でも、35.7度以上というくくりはなくなったと思うのですが、私の勘違いでしょうか。でも、これからは「熱があるけど旅行する」はできなくなりました。今までもしていませんでしたが・・・

空港や航空会社だけでなく、旅行者も一緒に「安心・安全な旅」作りが求められているのがコロナ禍での旅のようです。

機内の空気も約3分で、きれいな空気に入れ替わっています。まだまだ知られていないことなので、こういうビデオがあると分かりやすくて安心だと思いました。

機内サービス

6月は、3席、もしくは4席並びの中央が空いており、パックのお茶(お子様にはリンゴジュース)のサービスでした。ただし、席にはイヤフォンがあり、紙の機内誌と機内販売カタログもシートポケットに備えていました。JALの場合、6月でも機内販売は購入するとこができていました。

ただし、普通席とクラスJでは、枕とブランケットの貸し出しは行なっていません。7月に搭乗した時、ファーストクラスは申し出により毛布を貸してもらえました。

ポイント

夏に向けて、冷房に弱い方はショールなどを用意しておくといいと思います。

7月中旬

7月の中旬に乗った時、普通席とクラスJの飲み物サービスは少し変わっており(今まであった)お茶のパックか、紙コップに注いでくれるリンゴジュースのチョイスになっていました。お替りもお願いできるようです。

そして、大きく違っていたのは、客室乗務員の皆さんが、フェイスガード代わりの眼鏡をかけていたことです!この眼鏡は、飲み物サービスの時だけつけるようです。

いろいろ大変ですね。
momoka

まとめ

今回、6月と7月中旬と後半の空港ラウンジでのようすや機内サービスを比べてみました。沖縄線だったので、機内ではお子様も多い状態でした。6月に比べて7月、7月でも初旬より中旬、さらに後半のほうが乗客の意識が緩んでいる感じがしました。

ファーストクラスに乗ると、客室乗務員の方が、挨拶などいろいろ声がけしてきます。以前の状況なら喜ばしいことだと思いますが、人との接触を少なくしていこうと世の中が変わってきている状況で、JALではそういった意識は少ないようです。マスクや手袋、眼鏡をしていても、声がけを減らすことはなく、以前のままの接客のようです。とくに食事中の乗客はマスクを外しているので、あまりしゃべりたくないのですが・・・。

ANAに乗っていないので分からないのですが、同じJALグループのJTAでは、明らかに旅客への声がけは減りました。と言っても、タイミングよく、旅客に不安を与えないようような程度で減った感じがします。なので、JALよりJTAの方が乗っていて安心できました。

最後までご覧いただきありがとうございます。

-airline

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5