旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

久しぶりに算数の問題を解いた気分で消費税・ポイント還元を考える

f:id:monteverde-aroma:20191002150800j:plain

10月からの消費増税、それに伴う期間限定の還元ポイント。ほんの何十円~何百円なのだけど、9カ月間、塵も積もればかなりな額になるかもしれない!?でも実際に使ってみるまで分からないことだらけ!ここ何日かまるで算数の問題集を解いている気分になりました(笑)。なので、今回はちょっと頭を使ったお話です。

こちらの記事の続きです 

www.monteverde-aroma.com 

還元ポイント・おさらい

「キャッシュレス・ポイント(消費者)還元事業者」としての登録が済んでいるお店 で、クレジットカードや電子マネー等を使って買い物をすると、2%、もしくは 5%がポイントとして還元 されます!

10月になって、アプリを使って対象のお店を確認してみたところ、普段利用するスーパーは大手企業なので対象になっておらず、近所のコンビニのキャッシュレス決済は2%の還元でした。

う~ん、ちょっとでもお得に買い物したいのになぁ。

と、いろいろ考えてみました。 

問1.軽減税率を考える

momokaさんは、コンビニエンスストアに出かけました。10月1日からは消費税が10%になりました。どういった支払方法(方法は何通りかあります)で、何を買えばお得になるでしょうか。持ち物とお得になる理由、途中の計算式も書いて答えなさい。 

*コンビニエンスストアは、セブンイレブン・ミニストップ・ローソン・ファミリアのうちどこかにします。

【解答】

  • 持って行くもの:クレジットカード。
  • 買うもの:持ち帰りで、おまけがメインでない菓子や食品。
  • 理由:

  ①キャッシュレス決済だとポイント還元されるから。

  ②イートインの場合消費税は10%となるから。

  ③商品価格のうち食品の割合が3分の2以上の菓子類が軽減税率8%の対象だから。

≪計算≫

1,000円(食品)×1.08=1,080円・・・軽減税率8%

1,080円(消費税込み)×0.02=21円(小数点以下切捨)・・・還元2%

1,080-21円=1,059円・・・支払金額

つまり、キャンペーン期間中は、おまけがメインでない菓子類や食品を、クレジットカードで買うと、消費税が8%だった時より安く買い物ができる。

実際に買ってみました

f:id:monteverde-aroma:20191002160646j:plain

軽減税率のモノは「軽」と表示されていました。消費税込みの値段(792円)に2%引き、0.98をかけると、776.16円になります。しかし、実際支払ったのは「777円」。2%分(15.84円)の小数点以下は切り下げになり、「15円」が引かれた形になっていました。

※コンビニでも対象でないお店もあるようです。

駄菓子は2つの税率

f:id:monteverde-aroma:20191002162030p:plain

(テレビ朝日のニュース番組よりお借りしました)

コンビニで買える食品でも、おまけの部分が多い商品の税率は10%になるそうです。イギリスでも、チョコの含有量が多いと贅沢品だとみなされ、課税されていましたが、こういう線引きが不思議でなりません。

問2:どのキャッシュレス決済がお得?

momokaさんは、10月10日にドラッグストアで日用品を買おうと思いました。クレジットカード、交通系ICカード、QRコ―ドのどれを使うと、一番お得に買い物をすることができるでしょうか。

【解答】

 ドラッグストアが還元対象店舗、かつd払いができるなら

・d払い:20%の還元を受けることができる。ただし還元はdポイント。

f:id:monteverde-aroma:20191002202537p:plain

※ただし、還元はdポイントによる還元です。

期間限定ですが、近所のドラッグストアで見かけた、こちらのキャンペーンが一番還元率が大きかったです。ただし、エントリーや諸条件があります。

詳細と注意事項はコチラ

 

以下の2つは、羽鳥慎一モーニングショー(2019年10月1日放送)で話されていた内容をまとめたものです。

 

  対象外店舗で買うなら

・楽天Pay :還元対象店舗以外でも、5%還元

f:id:monteverde-aroma:20191002200941p:plain

楽天ペイ:【第1弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元

 

 買い物が多い場合はLINE Pay

・毎月10万円以上の買い物実績で還元率2%上乗せ。最大7%還元。

f:id:monteverde-aroma:20191002203328p:plain

https://linepay.line.me/event/cashless-subsidy.html

〇〇Payは、それぞれ独自キャンペーンがあるので、お持ちの方は公式サイトで確認するといいようですね。

 

交通系ICカード落とし穴

交通系ICカードを使ってポイント還元を受けるためには、パソコンやスマホなどでの登録が必要でしたね。「羽鳥慎一モーニングショー(2019年10月2日放送) 」では、さらに突っ込んだ話をされていました。経済産業省のサイトでは分からなかった情報です。

どうやってポイントを受け取るか?(PASMOの事例)

f:id:monteverde-aroma:20190924210109p:plain

https://www.pasmo-point.jp/

PASMOのポイント還元を受けるには、以下の手順が必要です。

  1. 事前登録
  2. 3カ月ごとに登録したアドレスにメールが届く(メールには「ポイントを受け取る駅や還元期限が書かれているそうです)
  3. 駅でメールを見せて、ポイントをチャージしてもらう

3000ポイントチャージしてください。

1万8千円入っています。上限(2万円)を超えてしまうのでできません。

・・・。

PASMOのポイント還元には、以下の制限があるのです。

*PASMOの上限金額は2万円。

*PASMOは、ポイントを分割してチャージできない。 

 ちょっと複雑で面倒です。

問3.交通系ICカードの活用法

momokaさんは「スイカ」のカードを持っていますが、パソコンやスマホを持っていません。その場合、ポイント還元は受けられないのでしょうか。「交通系ICカードの落とし穴」を踏まえたうえで、利用方法を考えなさい。

【解答】

対象店舗となっているコンビニなどで、キャッシュレス決済に利用すると、政府の還元ポイント(2、もしくは5%)を受けることができる(登録不要)。

【解説】

交通系ICカード利用には、2種類のポイント還元方法があります。

  1. 交通機関によるポイント還元(要登録)
  2. 政府のポイント還元

「1」を受けるには、登録して、いちいち駅に行かないといけない等の制限があります。あまり電車に乗らない人だと、還元されるポイントはごく少額です。わざわざ駅に行く(返還期限あり)のも煩わしい。

交通系ICカードの場合、独自の還元ポイントは諦めても、「2」の政府のポイント還元を受ける方法があります。つまり、クレジットカードやQRコードと同様に、コンビニなどのキャッシュレス決済で、2.もしくは5%のキャッシュバックを受ける方法です。でも、

 

交通系ICカードを使って、その場でキャッシュバックを受けられるのはコンビニ(大手4社)のみ!です。

 

地元のパン屋さんでスイカを使ってみました

f:id:monteverde-aroma:20191003181212j:image

しかしながら、コンビニ以外の店では、「登録していないと、ポイント還元が受けられない。」と言われました。お店の人も「良くわからない!」と言っていました。つまり「1」の還元方法です。なので、クレジットカードが使えるのなら、そちらを利用した方が引落時に2か5%割り引いてくれるので、分かりやすいかもしれません。

便利だったはずの交通系ICカードは、コンビニで買い物する以外、しばらく封印したいと思います。

まとめ

問3は、算数ではなく、豆知識でしたね。何回か対象店でキャッシュレスで買い物してかんじたことは・・・

不明瞭で分かりにくい!複雑すぎて理解できてる人がお店にもいない!。

 

人の性(サガ) で、「キャッシュバック」とか「還元」という言葉に弱く、少しでもお得に恩恵を受けたい!といろいろ調べてみましたが、とても複雑なキャンペーンだと感じました。使ってみてさらに感じました。

キャッシュレス決済の導入にあたっての苦労もお店の方から伺いましたが、お店にとってのメリットは苦労分あるのだろうか?とも思ってしまいました。キャンペーンが終わるとQRコードでの決済は利用しないような気がします。クレジットカードは今まで通り使いますが・・・。

親はnancoカードを愛用していますが、周りの(特に)年配の方々はまだまだキャッシュレス決済に移行していない人は多いようです。さらに、仕組みが複雑なので、せっかくのキャンペーンも十分にその恩恵を享受できないのでは?とも思ってしまいました。結局、私は、クレジットカードを中心に使うと思います。

 

久しぶりに頭を使ったのでちょっと知恵熱がでそうでした(笑)。今回はこのへんで。最後までご覧いただきありがとうございます。