airline ba-gold

ブリティッシュエアウェイズ ~エグゼクティブクラブで上級会員を目指します~

2019-01-04

f:id:monteverde-aroma:20190125085615p:plain

2019年は、ブリティッシュエアウェイズ(British Airways:BA)のエグゼクティブ・クラブで上級会員を目指すことにしました。
目標は、ワンワールド・エメラルドに匹敵する「BAゴールド」です。達成までの道のり「Road to BA Gold」のために、BAやエグゼクティブクラブのことを調べてみました。

エグゼクティブ・クラブ

BAは、イギリスの航空会社です。

貯めたマイルでJALの国内線の航空券を発券しやすいと聞いたので、2年間お世話になったカタール航空 (QR) のプリビレッジ・クラブからお引越しすることにしました。

 プリビレッジ・クラブを辞める理由

  • 最近、QRの航空券が高くなってきた
  • 貯めたマイルの使い勝手が悪い

プリビレッジ・クラブについては、こちらをどうぞ。

カタール航空
カタール航空「プリビレッジクラブ」・プラチナ会員を目指す前に知っておきたいこと

カタール航空のプリビレッジクラブについてまとめてみました。おすすめ度は?

続きを見る

 エグゼクティブ・クラブを選んだ理由

  • BAは韓国や欧州発着の航空券が安い
  • 貯めたマイルの使いやすい
しかし、ある理由から、今までBAは避けていたのです。
momoka

今までBAを避けていた理由

BAの上級会員になるには、2区間もしくは4区間の「BA便の搭乗」という条件があり、私にとって、これが高いハードルでした。なぜなら、BA便のビジネスクラスには、以下の問題があると聞いたからです。BAのビジネスクラスの座席は以下のようになっています。

f:id:monteverde-aroma:20181229131809j:plain

  • 対面式の座席で、窓側の座席は全て後ろ向きになる。
  • 離着陸時は隣とのシェードを下げるので、隣の人と目が合う。
  • 窓側の人が、通路側の人の足元(オットマン)をまたいで通路に出る。
  • 座席指定が有料(LCCでないのに!)

実際にBAに乗った時のようすはこちらをどうぞ

ブリティッシュエアウェイズ・ビジネスクラス ~快適な座席と機内サービス~

BAの快適な座席を探してみました。

続きを見る

実際乗ってみても、視線が気になりました。
momoka

しかし、他の方のブログを拝見していると、BAのマイレージサービス・エグゼクティブ・クラブには、以下のメリットがあることが分かりました。

  1. ゼロからでも上級会員になりやすい
  2. 650mile未満の特典航空券をお得に発券できる

カタール航空のプリビレッジ・クラブと同じくらいのハードルで、しかもゼロからでも上級会員になる方法があるらしいので、今年は、BAのエグゼクティブ・クラブで上級会員を目指すことにしました。

ゼロから目指す上級会員

f:id:monteverde-aroma:20181228095122j:image

エグゼクティブ・クラブ公式サイトで登録すると、まずはブルー会員となります。

ブルー会員になっておくと、上級会員を目指さなくても、アメックスからポイントをAvios(マイル)に移行して特典航空券を発券することができます。なので、飛行に乗らなくても利用できます。

Avios

BAのエグゼクティブ・クラブでは、特典航空券などに変えられるマイレージのことをAvios(アビオス)と言います。

上級会員を目指すには、任意の日かから1年間、Avios とは別にもらえる Tier Points(ティアポイント:T/P)集め、かつ、2区間もしくは4区間 BAの便名が付いたフライト(以下、BA便)への搭乗が必要です。

Aviosと同様、BAや、oneworldアライアンス加盟航空会社のフライトを利用するとT/Pが貯まります。

つまり、Aviosにより特典が利用でき、T/Pによりクラブ特典が利用できます。

ステイタス別の必要T/Pと回数搭乗

      ステイタス T/P BA便搭乗
ブロンズ(ルビー) 300   2区間
シルバー(サファイア) 600   4区間
ゴールド(エメラルド)1500   4区間

*( )はワンワールドのステイタス。

上級会員への条件である「BA便の区間搭乗」は、コードシェア便でもOKということなので、BAの便名が付いているJALやフィンエアーに搭乗することで、クリアできるそうです。

ただし、BAの便名がついているJALの国内線は、日本にいては予約できません

はじまり

f:id:monteverde-aroma:20181229081906j:image

最初のブルー会員はデジタルカードのみなので、BAのアプリで管理すると便利です。

T/Pを貯め始めた時から1年間が上級会員への対象期間となります。

初めてBAにマイル (Avios) を積算したのが、11月のJAL便(羽田⇔ロンドン)なのですが、実際にT/Pが積算された日、2019年12月8日(Tier Points Collection year ends)、私のスタートとなりました。

ロンドンまでの往復で「320T/P」 貯まりました。あとはBA便に2回搭乗すれば、ブロンズ会員になれます。

momoka
1回ビジネスクラスに乗っただけ、しかもツアー、でブロンズ会員になれました。

ブロンズになると、通常のAviosに加え25%のボーナスAviosをもらうことができます。効率よくT/Pを貯めるために、最初にBA便の条件をクリアしておけばよかったです。

目指すはBAゴールド

最終的には、ゴールドを目指します。ゴールドになると、以下の特典があります。

・100%ボーナスAvios(BAだけでなく、IB・AA・JL便搭乗時もつきます)

・予約時の事前座席指定無料(非常口座席や航空券の種別で制限もあります)

・First、Club World,Club Europe、ワンワールドファースト/ビジネスクラスの優先チェックインカウンターを利用可能

・優先搭乗

・ファーストクラスラウンジの利用

・追加手荷物許容量

・特典フライトの予約枠拡大

・長距離線前のBAエレミススパ利用

・長距離線到着時のアライバルラウンジ利用

JALの離島フライトを利用する

国内線でもAviosを効率よく貯めるには、JALの離島フライトがおすすめです。

f:id:monteverde-aroma:20190125085941j:plain

修行らしい初めてのフライトは、月の光がまだ眩しい、早朝に家を出ました。BA修行のため、羽田空港(HND)から沖縄・那覇空港(OKA)に移動して、そこから離島を往復する便の「クラスJ」に複数回搭乗します。

f:id:monteverde-aroma:20190125171531j:image

石垣(ISG)と宮古(MMY)の往復は先得を利用しました。BA修行の場合、日本の国内線ではクラスJに乗ることが大切です。クラスJ はビジネスクラス扱いになるので、国内線でも「40T/P」を獲得できるのです。

余談ですが、後日、合計6枚の搭乗券はデルタマイルに加算して、スカイチームの3000マイルも獲得しました。

費用と獲得予定T/P

区間費用(円)クラスT/P
1HND-OKAY0
2OKA-ISG8,200J40
3ISG-OKA8,200J40
4OKA-MMY8,100J40
5MMY-OKA8,700J40
6OKA-HNDY0
合計33,200160

もう少し安く抑えることもできたのですが、いい時間帯での乗り継ぎ時間を選ぶと、合計33,200円になりました。BAの場合、T/P単価が250円*1以下だといいそうですが、今回は207.5円なので自分では合格です!

また余談ですが、JALの航空券は、楽天のRebates経由で購入したので1%の楽天スーパーポイントが付きました。今回獲得したのは合計332ポイントです。ちなみに、楽天Rebatesに登録して3か月以内に利用すると、さらに500ポイント獲得できます。

修行だけどフライトは楽しむ!

f:id:monteverde-aroma:20190125155634j:plain

機内準備に時間がかかり、少し遅れて搭乗が始まりました。さらに平日の早朝便、朝の空港ラッシュの時間にさしかかり、ノロノロと滑走路を進みます。なので、着陸機の様子を楽しむこともできました。

f:id:monteverde-aroma:20190125161243j:plain

座席は21K。普通席の前から2番目です。この時期、雪化粧の富士山が美しく見られるのですが、最近雨が降っていないので、雪が少なく、化粧崩れしていました。席はエンジンのすぐそばだったので、ほんの一瞬しか見れませんでしたが・・・。気を取り直して翼を見てみると、

f:id:monteverde-aroma:20190125155720j:plain

ちょっと見にくいですが、JA772 Jと機材番号が書いてあります。

乗っている飛行機の機種がB777-200(ボーイング777ダッシュ200)で、時刻表では「772」と表されるので、どっちも「772」!

どうでもいいお話ですが(笑)

OKA到着

今回、とてもきれいな英語を話される客室責任者の方が、OKA到着時に大幅遅延の案内をされていました。

石垣へお乗り継ぎのお客様。ただいま11時05分、すでに石垣行の出発時刻ですが、この便の到着が大幅に遅れております。お乗り継ぎができない場合は空席がある次便への振り替えとなりますが、詳しい状況は、到着後に地上係員がご説明いたします。到着が遅れますことをお詫びいたします。

私は十分な乗り継ぎ時間をとっていたので、対象外なのですが、同じ石垣行なのでちょっと気になりました。

冬の沖縄線は風の影響で遅れることが多いようです。
momoka

結局38分の遅延だそうで、旅客降機のとき、再びアナウンスが入りました。

石垣へお乗り継ぎのお客様!お隣のゲート23番で石垣行の飛行機が皆様をお待ちしております!

乗り継ぎ旅客よりも嬉しそうな声のアナウンスで、ホッとした様子が伝わってきました(笑)JALからJTA(日本トランスオーシャン航空)へ、同グループ会社への乗り継ぎなので、待っていてくれたようですね。東京から那覇空港へ行って、そのまま離島を往復する方法でT/Pを一気に貯めることができますが、遅延というリスクもありそうです。

まとめ

ヨーロッパ往復のフライトで一気にブロンズになることができました。その後、国内の離島フライトでT/Pを稼ぎ、BAのフライトを予約して回数条件をクリアする予定です。日本発着のBAは値段が高いので、ソウル発着を狙います!1500 T/P を貯めるまで先は長いですが、楽しみながら挑戦しようと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます。

*1:計算上、375,000円(250円×1500T/P)で最上級会員になれます。

-airline, ba-gold

© 2020 旅とアロマ Powered by AFFINGER5