旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅ブログ

アデレードに行く前に読んで欲しい入国と交通機関・観光のお話

オーストラリアに行く前にはいろいろ準備が必要です。今回は、入国書類と検疫についてまとめてみました。

アデレード

f:id:monteverde-aroma:20190728055741j:image

南オーストラリア州の州都であるアデレードは、 市内の中心部から徒歩20分圏内で生活に必要なものが揃うことからコンパクトシティと呼ばれています。街には公園も多く、空気が非常に美しく、PM2.5の少ない土地としても知られています。

南半球に位置するため、6~8月は冬にあたります。日中は18℃くらいまであがりますが、年間で最も雨が多くなる季節でもあり、日本の梅雨のように雨が降り続くこともあります。最低気温は10℃を下回ることもあるので、防寒対策も必要です。

日本からの直行便がないため、クアラルンプール、香港、シンガポール経由。もしくはオーストラリア国内の都市を経由して行くことになります。今回はBA (ブリティッシュエアウェイズ) のマイルも貯めたかったため、同じワンワールドに加盟しているカンタス航空のメルボルン経由で入ることにしました。

ETAS

まず、短期旅行者が絶対に必要なETAS。観光ビザの代わりになるものです。

ESTA取得についてはこちらをどうぞ 

www.monteverde-aroma.com

入国書類

f:id:monteverde-aroma:20190710151454j:image

2019年7月現在、必要なのは 入国書類(Incoming Passenger Card)のみです。出国書類は不要になりました。オーストラリアの出入国 管理を行う「 Australian Border Force」の 公式サイト に日本語の書類サンプルがあります。

機内で書類は配られますが、日本語の書類があるとは限りませんので、公式サイトで確認しておくとスムーズに書くことができるのでおすすめです。

 書類サンプル(日本語) ⇒ Incoming Passenger Card(入国書類) 

【おもて】

f:id:monteverde-aroma:20190710150224j:plain

表側は検疫書類も兼ねていて、オーストラリアに持ち込めない、もしくは申告が必要な物品例が書かれています。まずは、書類の表面に書かれている物品を持って行かないよう気をつけます

【うら】

f:id:monteverde-aroma:20190710150956j:plain

裏面で注意する箇所ですが、短期の旅行者なら、 ⒶⒷⒸの中から「Ⓑ」を選び、☒して滞在日数などを記入します。

ちょっとつまづく点は「州名」です。オーストラリア は6つの州とその他の特別地域に区分されています。以下、主な行き先と州名をまとめてみました。

都市(州都)       州  
シドニー ニューサウスウェールズ州  NSW
メルボルン ビクトリア州 VIC
ブリスベン クィーンズランド州 QLD

アデレード

南オーストラリア州  SA
パース  WA 西オーストラリア州  WA
ホバート  TAS タスマニア州 TAS
キャンベラ オーストラリア連邦首都特別区 ACT
ダーウィン 北部準州特別地域  NT

税関・検疫検査

オーストラリアでの入国審査の後は、預け入れ荷物を引き取って Customs(税関)に進みます。税関では、係員に入国書類とカードを渡します。検疫での審査が不要と判断された場合は、そのまま出口に進みます。

もし、係員が「検疫を受けるべき」と判断した場合は、入国書類が返され、税関係員が案内する検疫レーンの番号の方へ進み、検疫審査を受けます。

オーストラリアに入国される際に植物、動物、動植物でできた物品、特定の食品(例:乳製品、魚・魚製品、蜂蜜、肉・肉製品等)をお持ちの場合には、機内で配られる入国カードの該当欄に印をつけて必ず申告してください。すべての原材料に完全に火の通った市販のビスケットやケーキ、植物性の原材料のみを含む市販の麺類等の食品は、申告する必要はありません。入国カードは法的書類ですので、申告漏れや虚偽の申告があった場合には罰金・罰則が科されます。https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/faq_quarantine.html#01

日本のお客様から質問が多かったのが「梅干しは持ち込める?」「お茶は?」です。以下、在日オーストラリア大使館・検疫について から抜粋した回答をご紹介します。

  • 梅干、漬物:可(自家製の梅干で種が入っているものは不可)
  • お茶:可
  • カップ麺、インスタント麺: ラーメン(卵が10%以上含まれている麺)はインスタント製品で長期常温保存可能であれば可。そば・うどんは持込可で、申告不要。
point 申告すべきかどうか分からない場合には、入国カードの質問に「はい」と答え、申告します。申告を怠ったり虚偽の申告をすると罰金を科せられます。

税関・検疫通過の体験

公式サイトに「ペットボトルの水」について言及されていないのですが、(スーツケースに入れてあった水は)没収されず、今回はすんなり通過できました。

いつも特に申告が必要だと思われるモノは持っていないのですが、一度だけパースで検査を受けました。ただ荷物を開けることなく、5~6人が前を向いて一列に並ばされ、犬が荷物をクンクンしていっただけでした。

フルーツの有無を確認していたのでしょう?誰も、ひっかからなかったので、アトランダムな検査もあるのだと知りました。

  持ち込み可能物品の詳細については、 コチラでご確認下さい。 

 

情報収集

冬は観光には適さないけど面白いことがあるかもしれない!留学生のための情報はあるのですが、短期の旅行者に必要な 情報が少なかったため、情報収集には苦労しました。主に利用したサイトは以下の2つです。

市内までの交通機関

空港から市内までの移動手段は、以下の3つがあります。

  • シャトルバス:AUD10
  • タクシー:市内まで約AUD20+空港使用税(AUD2)
  • 路線バス

*1AUD(オーストラリアドル)=76円(2019年7月現在)

 

 

シャトルバス

シャトルバスは、空港から市内のホテルや主要施設まで行けるバスです。空港のグランドフロアーの中央にある予約ブースで予約をする必要があります。

 運行時間

  • 平日:6:00~21:00
  • 土曜日:6:00~18:00
  • 日曜日:6:00~17:00

空港からのシャトルバスについて⇒コチラ(英語)

路線バス

初めてのアドレートは、路線バスを使ってみました。その時の様子はこちらをどうぞ。

www.monteverde-aroma.com

観光

 

短期の滞在、一人旅でも、アデレードの町で楽しく過ごすことができました。町中にはトラムが走っていて、無料区間もあります。節約旅行にはうれしいシステムです(^^) 観光についてはこちらをどうぞ。

www.monteverde-aroma.com

www.monteverde-aroma.com

 

まとめ

オーストラリアの入国、特に食物の持ち込みなどは厳しく制限されています。でも、事前に確認しておくと、まったく問題ありません。しっかり準備して楽しい旅行になりますように!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。