旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

ミラノからバンコクへ 〜A350の旅〜

旅先よりも空港や飛行機の移動が好きなんだ!と再認識した旅。最後の寄港地、バンコクに到着しました。

f:id:monteverde-aroma:20190608195156j:plain

ミラノからは久しぶりのタイ国際航空(TG)のフライト。11時間の長旅です。

f:id:monteverde-aroma:20190608160024j:image

機材が変わらなくて良かった(o^^o) ウィングレットがくるりんとしたA350


f:id:monteverde-aroma:20190608160415j:image

f:id:monteverde-aroma:20190608160412j:image

長距離は初めてなので楽しみです。

f:id:monteverde-aroma:20190608160041j:plain

キチンとシャンペングラスでのウェルカム・シャンペンは嬉しい😃😃😆

f:id:monteverde-aroma:20190608160017j:image

離陸後に見えてきたのは夏の雲。


f:id:monteverde-aroma:20190608161227j:image

f:id:monteverde-aroma:20190608161233j:image

大きなガルダ湖が眼下に広がっています。そのあと雲に覆われ、せっかく景色が見られませんでした。

f:id:monteverde-aroma:20190608160044j:image

雲がなければ見られたイタリアの景色(笑)

f:id:monteverde-aroma:20190608160020j:image

クロアチアを過ぎる頃、眼下の景色が少し楽しめるようになりました。このあたりはトルコです(笑)。機首に向かって右側の席からは、イスタンブールが見られたかもしれません。


f:id:monteverde-aroma:20190608190814j:image

f:id:monteverde-aroma:20190608190808j:image

TGの空の旅は(担当してくれた女性がとても親切だったので)快適に過ごすことができました。キンキンに冷えたシャンペンを頂きながらのお食事もおいしかったです。さらに、もらったクーポンで、(短時間ですが)機内wifiも無料で使えました。

 

ミラノからバンコクへは、離陸後は機首に向かって左側(Aの座席)、その後、クロアチアを過ぎる頃からは右側( Kの座席)からの景色がいいので、どちらの座席に座っても(お天気がいい時は)景色を楽しめそうです。

 

ボーイングの飛行機は、乗務員席にある非常口ドアの窓から景色が見られるので、航行中、反対側の景色を楽しめるのですが、エアバスは非常口ドアの窓が小さくて何も見えません・・・。残念でした。 

 

どの座席が快適か?


f:id:monteverde-aroma:20190608192026j:image

f:id:monteverde-aroma:20190608192756j:image

 

今回の座席は12A(前から二列目の窓側)です。ギャレーからもお手洗いからもエンジンからも離れているので、快適な座席(^-^)

 

 

 

のはずでしたが…

 

 

f:id:monteverde-aroma:20190608195830p:plain

 

前の座席の人のイビキが一晩中鳴り響いていて…。ノイズキャンセリングのヘッドフォンも役立たずの騒音でした(;ω;)

 

こればかりは、どうしようもできないですね。

 

さいごに

世界一周の旅行中はできるだけ毎日記事を書こうと頑張ってきたのですが、最後のバンコクでは、友人と合流したので(楽しくて♪)1日お休みしました。だらだら食べて、お喋りして、あっという間に帰国の日を迎えました。帰ったら、いろいろ思い出しながら旅のようすをまとめたいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。