旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

これで完璧!メルボルン空港でのタックス・リファンド

f:id:monteverde-aroma:20180929091041p:plain

メルボルン空港でのTax Refundについてまとめてみました。買い物した場所によって分かれる2通りの免税手続き(Tax Refund:タックス・リファンド)をご紹介します。

f:id:monteverde-aroma:20190812085302j:image

Tax Refundできる場所は、出国後にあります。セキュリティチェック(プライオリティ・レーンあり)を受けて、パスポートコントロール(スマートゲート)を通り、その後Tax Refundできます。

オーストラリアのTax Refund

オーストラリアでは、一定の条件をクリアすると、買った商品の税金の払い戻しを受けることができます。

免税条件

1 オーストラリア出国60日以内に買ったもの

2. 同じABNのお店での買い物が300ドル以上

3. 旅行者本人がお金を払っていること

同一のABN(Australian Business Number)で登録されている事業者からの購入額が、300AUD(オーストラリアドル)以上の場合、適応されます。同一ABNなら、異なる日の合算でもOKです。

さらに、買った場所によって2通りの方法があります。

  • 町のお店で買った場合(免税書類のみ作成済)
  • 国内線ターミナルなど買った(免税手続き済) 場合

町のお店で買った場合

町のお店で買い物して免税書類を作ってもらったら、空港のTRS(Tax Refund Scheme) でTax Refundの手続きを受けます。 お店で領収書としてもらえるTax Invoice」の原本は、税金払い戻しの手続きのときに必要な書類です。

Tax Invoice Tax Invoiceとは、国内取引において発生する消費税や物品税などの課税額が記載されている正式な請求書のことです。

 

余談ですが、大学の研究費の申請の際に領収書を添付しないといけないのですが、海外の場合「Tax Invoice」もしくは「Invoice」がこの代わりになります。アエロフロートで超過手荷物料金を支払ってもらったのも「invoice」でした。大学の事務からは「これは請求書だ!」と言われてなかなか受け取ってもらえなかったのですが、海外では「invoice(請求書)」が「領収書」になります。

 

f:id:monteverde-aroma:20181002161424j:plain

「ABN」はこの「Tax Invoice」 に書かれています。この番号が同じなら合算できます。

   メルボルン空港での申請時に必要なもの

  • パスポート
  • 国際線の搭乗券
  • Tax Invoiceの原本
  • 手続き対象の購入品
  • クレジットカード(税金払い戻し用)

   事前オンライン申請

Tourist Refund Scheme (TRS)では事前に必要事項(英語)をオンラインで記入してQRコードを取得する方法もあるようです。空港での手続きが簡素化されるようです。

空港によっては、QRコードがあると並ぶ列が違っていたり、「QRコードなし」の列より並んでいる人が少ない場合があるようですが、メルボルン空港では区別はありませんでした(2019年7月現在)。

   液体類の申請

機内には100ml以上の液体類を持ち込めないので、買い物するときは100ml以下のモノにしました。中身はジップロックに入れ、箱はお店の紙バッグに入れ、両方を見せられるよう用意しました。

   締め切り時刻

メルボルン空港での手続き締め切りは、搭乗機の出発30分前です。

-TRSのカウンター

f:id:monteverde-aroma:20190812085208j:image

TRS のカウンターは、出国審査通過後、右の方向に進むとすぐのところにあります。ここまで列ができるの?を彷彿させる場所です。

f:id:monteverde-aroma:20190812085159j:image

平日の朝8時ごろ、このとき稼働しているブースは3カ所でした。並んでいたのは10人くらいだったので、大丈夫かな?と思ったのですが、手に50枚くらい書類を持っている女性がブースを一つ独占しています∑(゚Д゚)

他も同じ感じで、恐ろしいほど時間がかかっているようでした。なかなか列が進まず、ふと後ろをみると30人くらい並んでいます!

出発時刻の30分前を過ぎると受け付けてくれないので、とりあえず30分前まで並んでみることにしました。

30分以上待って、やっと私の番が来ました。

ここで一工夫!書類と航空券、パスポートを出したら、係員が「商品を見せて」という前に、用意した商品(ジップロック入りとお店の紙袋) を見やすい位置に出します。

買ったものはこれで全部です。ニコニコ(^▽^)/。

(相手がムッとしていても)笑顔が大切です。今回も直ぐにハンコを押してくれて「ありがとう」と言われました。所要時間3分。払戻金はクレジットカードに返金されます(2019年7月現在、現金では受け取れないようです)。速攻で無事クリアできました。 

国内線ターミナルで買った場合 

前回、パース(PER)の国内線ターミナルでUGGのブーツを買いました。すると・・・

どこに行きますか?。

メルボルン経由で日本です。

じゃあ、さらに10%引きよ。

???

免税の書類を作るから必ずメルボルンで出してね。

(同日に国際線に乗り継ぐ条件があるかどうかは不明ですが)出発地の国内線ターミナルでは、免税品扱いで買い物できるようです。支払ったのは、税金分の10%が引かれている代金でした。

f:id:monteverde-aroma:20181028132431j:plain

商品はしっかり封(シール)をされ、上の写真のTax Invoice の書類が付けられました。シールは、出国地メルボルンを出るまで開けることができませんが、書類を出国時にTAX FREE のカウンターで提出するだけで手続き終了となります。

TAX FREEのカウンター

20180918163421

Smart Gate(パスポート・コントロール) を通過して直ぐのところに、上の写真のカウンターがあります。こちらで先ほどお店の人に言われた通り、封された袋につけられたTax Invoice の書類を見せると係員の方が剥がしてくれました。所要時間は3秒!これで手続き終了です。 

払戻金がある場合、円→オーストラリアドルの両替時より低いレートでの返却になるので、為替で損をすることもありません。教えてくれたパースの親切なお店のスタッフに感謝!です(^^)

まとめ

今回は、メルボルン空港でのタックス・リファンドについてまとめてみました。市内で買ったモノを手続きする場合は、1時間以上時間がかかる場合もありそうなので、早めに空港へ行かれることをおすすめします。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。