旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅ブログ

【2018年】 もう迷わない「ルンダーレ宮殿」への行き方

 更新日2020/04/19

f:id:monteverde-aroma:20180817022527j:plain

リガの町から日帰りできる「ルンダーレ宮殿」。行き方と中のようすをご紹介します。

ルンダーレ宮殿

ルンダーレ宮殿は、ビロン公(Ernests Johans Bīrons)の夏の宮殿として1768年に完成しました。建築学的,美術的に優れ、ラトビア国内で最も傑出した宮殿と言われています。ロシアの女帝アンナ( 1693~1740 )に寵愛されたビロン公 が、彼女のためにべルサイユ宮殿を模して建設したため「バルトのべルサイユ宮殿」と称されています。

リガ(バスターミナル)

f:id:monteverde-aroma:20180817022233j:image

「ルンダーレ宮殿」への直行バスはありません。リガ市内にあるAUTOOSTA(リガの長距離・国際線バスターミナル)から、「Bauska(バウスカ)」という町へ行き、そこで乗り換えていきます。

ホテルからバスターミナル

f:id:monteverde-aroma:20180822174833j:image

ホテルのそばのバス停から、中央市場のそばにあるAUTOOSTAまで公共交通機関で行きました。

 

Google マップ

時刻表検索サイト

時刻表や値段など簡単に検索できます。

検索サイトは、こちら 

https://www.1188.lv/en/transport/buses

f:id:monteverde-aroma:20180818185558p:plain

リガの長距離バスターミナルは「Rigas SAO」、バウスカのバスターミナルは「Bauskas AO」です。プルダウン式なので、簡単に選択できますよ。

【バウスカまでの時刻表】

f:id:monteverde-aroma:20180820062008p:plain

Riga SAO⇄Bauskas AO で検索すると、時刻がでます 。私は余裕をもって9時のバスに乗ったのですが、バウスカで時間を持て余してしまいました。

チケットはオンラインでも購入可能ですが、私は当日の朝、 AUTOOSTAの窓口で買いました。英語が通じますし、スタッフも親切でした。

平日の朝9時ごろ、2,3人並んでいましたが、スタッフの仕事が早いので、すぐチケットを買うことができました。

窓口の営業時間

f:id:monteverde-aroma:20180817022309j:image

チケットを買う窓口は複数あるのですが、面白かったのは、窓口によってオープン時間が違うこと。クローズの時間が近づくと、窓口に(上の写真の)プラカードが立てられます。

(今回だけかもしれませんが)1~2分過ぎても、対応してくれました。私の後ろに並んでいた現地の女性も、買えていました。窓口の対応はとても親切で、ヨーロッパの他の観光先進国の方が意地悪かもしれない(笑)、とちょっと思いました。

荷物置き場


f:id:monteverde-aroma:20180823111553j:image

f:id:monteverde-aroma:20180823111600j:image

コインロッカーや荷物預かり所もありました。

バウスカまでの料金

f:id:monteverde-aroma:20180818184304j:plain

バウスカまでは、1時間15分程乗って3.05€(約390円)安い!希望は聞かれませんでしたが、一応座席指定のようです。

ー Bauska(バスターミナル)

f:id:monteverde-aroma:20180817022448j:image

45分ほどターミナルで待って、11時のバスでルンダーレ宮殿に向かいました。乗り場は、バスターミナルを出て1番右で、時間になるとたくさん人が集まってきたのですぐ分かりました。

バスの時刻表

先ほどの、「検索サイト1118」で、バウスカ行きのバスの発着時刻も検索できます。ルンダーレ宮殿のバス停は「Rundales pils」です。

【行き】

f:id:monteverde-aroma:20180820070336j:image

検索すると、同じ時刻出発の2種類のバスがありました 。値段が違うのですが、下の方のバス(0.9€)しか来ませんでした。バウスカまでの料金はドライバーさんに乗る時に支払います。10€くらいだとお釣りも出るようですが、コインを用意した方がいいでしょう。

f:id:monteverde-aroma:20180820064740j:plain

f:id:monteverde-aroma:20180817022359j:image

バウスカからのバスを降りたところのバス停です。ここから宮殿までは2通りの行き方があります。

バスを降りた後の道順

f:id:monteverde-aroma:20180820154346j:plain

Rundale Pilsのバス停を降りたら、反対側の道へ渡ります。

①の経路で進む場合

そのまま、バスの進行方向に進んで渡ってこちらの方に進んで、赤い屋根の前の道を進むと、門が見えてきます。

f:id:monteverde-aroma:20180823102337j:image

f:id:monteverde-aroma:20180823111519j:image

チケットオフィス・エントランス(IEEJA/ENTRANCE)に行くには、建物の周囲を進みます。

②の経路で進む場合


f:id:monteverde-aroma:20180823102506j:image

f:id:monteverde-aroma:20180823102513j:image

②バスの進行方向とは逆の方向(お店がある方)を道なりにすすんで、案内板が出たら右に曲がります。すると、宮殿への道に繋がります。ちょっと分かりにくいので、みんなお互いを横目で見ながら(笑)進みました。


f:id:monteverde-aroma:20180823111812j:image

f:id:monteverde-aroma:20180823111819j:image

②の方が①より少し遠回りになりますが、並木道を通り、小さな川を渡って宮殿に入りるかたちになります。

ー チケットオフィス

f:id:monteverde-aroma:20180817022534j:image

②の経路で宮殿に入ると、建物の入り口のそばに、チケットオフィスがありました。入り口がどこかも分かりにくいですが、このチケットオフィスのすぐそばから入れました。

ルンダーレ宮殿の情報

  Rundāle district, Rundāle parish, Pilsrundāle, Rundāles pils, LV-3921

(11月-4月)10:00-16:30
(5月)10:00-17:30
(6月-8月)10:00-18:30
(9月-10月)10:00-17:30 

 月曜定休日 

 大人9€(宮殿と庭園)

 http://rundale.net/en/

*季節や見る場所によって、営業時間や入場料が違いますので、いかれる時は最新の情報をお確かめください。

宮殿の中のようす

 

外観は「ベルサイユ宮殿」というより、ロシアの宮殿のイメージです。

f:id:monteverde-aroma:20180818125830j:image

一階部分は無料。二階に行く階段下で、チケットのチェックがあります。

外観はエルミタージュ美術館なんだけど、中は結構地味な感じです(←辛口・笑)

f:id:monteverde-aroma:20180818125823j:image

でも、中を進むにつれて、天井いっぱいに描かれたフレスコ画や、細かな描かれたタイル、惜しみなく使われた大理石、繊細な彫刻など、地味な入り口と異なった(←しつこい・笑)贅沢な内装に見入ってしまいました。

f:id:monteverde-aroma:20180818125908j:image

f:id:monteverde-aroma:20180818125251j:image

宮殿には138の部屋があります。キシキシ鳴る廊下を、静かにゆっくり渡りながら、中世の雰囲気を味わいます。ちょっとかび臭い室内が、歴史を感じさせてくれました。廊下の陽の光の入り方も素敵。

f:id:monteverde-aroma:20180817022408j:image

f:id:monteverde-aroma:20180817022248j:image

「白の広間」「黄金の広間」「バラの間」など、部屋ごとにテーマがあります。

バロック様式の宮殿に、ロココ調インテリアなど、当時の繁栄を伺わせてくれる贅をつくした内装。この内装は、イタリア人画家やドイツ人彫刻家が担当したそうです。

f:id:monteverde-aroma:20180818130100j:image

f:id:monteverde-aroma:20180817022323j:image

バスルームのタイルが素敵です。一枚一枚違う絵が描かれていました。

f:id:monteverde-aroma:20180817022317j:image

f:id:monteverde-aroma:20180817022221j:image

無造作に置かれたカーペットは、昔のものではないのかもしれませんが、素敵な雰囲気でした。

f:id:monteverde-aroma:20180817022344j:image

華やかだった時代。

f:id:monteverde-aroma:20180817022256j:image

f:id:monteverde-aroma:20180817022502j:image
レストランもありました。

f:id:monteverde-aroma:20180818125915j:image

レストランのそばには、その当時使われていた食器やキッチン用品も飾られています。

見学のルートは、ロングとショートと分かれていましたが、違いが良くわかりませんでした。結局ロングで周ったのですが、見られる部分はそんなに多くないので、1時間あれば探索できると思います。

庭園で香りを楽しむ

f:id:monteverde-aroma:20180818135857j:plain

続いて庭園。様々なお花が咲いています。バラは満開の頃を過ぎていましたが、お花に近づくと、ほんのり香りが楽しめます。

ー バラの香り

f:id:monteverde-aroma:20180820145003j:plain

バラは古くから沢山の人に愛され、数多くの品種が開発され、1万を超える種類があります。この庭園でも様々なバラの花を見ることができました。ほんのり香るバラの花の香りは、心を落ち着かせて癒してくれました。

見るだけでなく、香りも楽しめます。「芳香の女王」と呼ばれるバラの品種、ダマスクローズを水蒸気蒸留法で抽出したのが「ローズオットー」。精油には、女性ホルモンの調整作用、子宮強壮作用があります。美容にも効果を発揮し、老化・乾燥への保湿効果も期待できます。

希少価値が高く高価なバラの精油。わずか1mlの精油を抽出するのに、なんと1000本分の花びらが必要なのだそうです。しかも、早朝摘みのローズしか使えず、24時間以内に処理しなければならないほど、繊細なのです。

せっかくなので、ゆっくり庭園を周って、思いっきり香りを楽しみました。 

ー ブドウの香り

f:id:monteverde-aroma:20180817022432j:image

緑のアーチ。厳しい日差しを遮ぎる葉の間でみつけたのは・・・

f:id:monteverde-aroma:20180820145400j:plain

ブドウの実。

グレープの香りの成分としては、エチル アセテート、メチルアンスラニレートなどのエステル類をはじめ、リナロール、ヘキサノール、フラネオールなどがあげられます。これらの組み合わせにより、巨峰、マスカットなどの特徴のある香りが作り出されます

https://www.t-hasegawa.co.jp/cgi-bin/fru.pl5

ヨーロッパでは、ブドウの実はワインに、葉は、お料理に使われたり、お茶として飲まれています。研究により、以下のようなお茶の効能が認められています。

  • 赤ワインと同等の効果(マウス実験で実証)
  • ヒトを対象にした実験では、足のむくみに効果がある

出典:Grape and Wine Biotechnology | IntechOpen

ブドウというとファンタグレープのような甘い香りをイメージされるかもしれませんが、ブドウの葉は青々とした香りがします。ブドウの実の香りに含まれる成分「メチルアンスラニレート」には、鳥の忌避効果があるそうです。

宮殿からリガへ

f:id:monteverde-aroma:20180817022350j:image

バウスカのバス停まで行くバスは、来た時に降りた場所から道を隔てたところにあります。帰りのバス停には屋根があり、そばにはレストランもありました。

バス停で待っていると、行きと同じ白と黄色の大きなバスがやってきました。

 

 【帰り】

f:id:monteverde-aroma:20180820070328j:plain

2時間あれば、庭園も含めてじっくり見学できましたので、1:29PMのバスで帰ることにしました。

f:id:monteverde-aroma:20180820070332j:image

帰りのチケットは窓口で買います。英語OKです。

まとめ

ラトビアの交通機関は安全運転のような気がしました。少し遅れることはありますが、滞在中安心して利用できました。お隣のエストニアと同じく、ネットでの検索は簡単で便利です。宮殿の中はのんびり見られるので、おすすめの場所です。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。