旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

ポルトの人気アパートメントに泊ってみました ~trait house~

f:id:monteverde-aroma:20190504005544j:plain

窓からの景色が素敵なアパートメントに泊ってみました。

Apartment

ポルトでは快適に過ごせそうなホテルもたくさんあるのですが、今回の目的の一つ「暮らすように旅する」を叶えたくて、Apartment(アパートメント)に滞在しました。ポルトのアパートメントの中には19世紀の建物を改造したものもあり、本格的なキッチンも付いているので、旅行先でも自宅のようにくつろげます。短期滞在でもOKです。

trait house

f:id:monteverde-aroma:20190428212559j:image

trait house は、閑静な住宅や大学のある地域にあります。オーナーはここには住んでいないので、事前に到着時刻を知らせて鍵をもらうシステムです。アパートメントに着いたら、外の呼び鈴を押して、ドアを開けてもらいました。

チェックイン

f:id:monteverde-aroma:20190504011221j:plain

http://traithouse.pt/

チェックインはポルトワインを頂きながら、お部屋で行います。鍵を頂いて、市内観光の説明を受けました。オーナーはとてもフレンドリーで、「何かあればメールしてください」と言われました。日本人宿泊客はまだ多くないのですが、今後LINEも入れて簡単に連絡が取れるようにしたいとも仰っていました。

お部屋のようす

f:id:monteverde-aroma:20190504011211j:plain

http://traithouse.pt/

上の写真に一目ぼれして、こちらを予約したのですが、お部屋は写真そのままでした。

今回、Booking.comで一番リーズナブルな「One Bed Room」を予約したのですが、trait houseの公式HPを見てみると、THE AVENUEという部屋だったようです。返金不可な料金で、1泊約12,000円でした。

f:id:monteverde-aroma:20190504011254j:plain

木の床に、高い天井、そして天井までの大きな窓は、理想的なお部屋です。アクセントの白緑(びゃくろく)のような淡い緑色も優しい雰囲気を醸し出しています。期待していた以上のお部屋で、このまま住みたいくらいでした。

ベッドルーム

f:id:monteverde-aroma:20190504011304j:plain

1人では広すぎてちょっと寂しくなりましたが、清潔な寝具にぐっすり休めました。

f:id:monteverde-aroma:20190428212513j:image

お部屋は4人までOKなのですが、クィーンサイズのベッドとこのソファーベッドなので、4人はちょっと厳しいかも。2人だと、ほんとうに暮らすように過ごせそうです。

f:id:monteverde-aroma:20190428212639j:image

奥にはウオークインクローゼットもあり、アイロンも用意されていました。

バスルームとアメニティー

f:id:monteverde-aroma:20190504011232j:plain

浴槽がないのが残念でしたが、快適に使うことができました。

f:id:monteverde-aroma:20190428212613j:image

アメニティのブランドは分からなかったのですが、優しい香りで使い勝手が良かったです。

キッチン

f:id:monteverde-aroma:20190428212736j:image

大型冷蔵庫にオーブン、電子レンジ、コーヒーメーカー、食器、グラス類、簡単な調味料などが完備されています。我が家のキッチンより充実していました(笑)。

f:id:monteverde-aroma:20190428212634j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190428212501j:plain

ポルトガル雑貨も何気におしゃれかも!?と思ったラインナップでした。trait house から徒歩30秒のところに、小さなスーパーがあるので、食材を買ってきて自炊もできます。徒歩圏内に大型スーパーもあります。

チェックアウト

f:id:monteverde-aroma:20190428212551j:image

チェックアウトは、部屋を出る時刻だけ伝え、鍵は部屋の中のホルダーに残しました。宿泊者を信頼している方法ですね。オートロックなので、忘れ物をしないよう何回も振り返って確認、名残惜しい瞬間でした。

アクセス

trait house は、リスボンからの高速列車が発着する Campanhã(カンパニャン) 駅と町の中心地、São Bento(サンベント) 駅 の中間くらいの場所にあります。

f:id:monteverde-aroma:20190504122059j:plain

Campanhã  駅 からは、207番か400番のバス、もしくはメトロを利用すると来ることができます。 Campanhã 駅 までは下りの坂道なので徒歩20分弱で行くことができます。反対に、駅からはかなりの坂道を登ることになるので、徒歩はおすすめしません。

バスでのアクセス

f:id:monteverde-aroma:20190505094130j:plain

町中のBatalha(バターリャ) 方面へ行く時には「S. Lázaro 」から乗りました。

f:id:monteverde-aroma:20190428212628j:image

反対に、Campanhã(カンパニャン)  駅へ行く場合は、バス停「Duque Terceira」が近かったです。

泊った感想

f:id:monteverde-aroma:20190428212519j:image

★★★★★

キルギスでの家を彷彿(といっても綺麗さにはかなりの差がありますが)させるかのような緑に囲まれたお部屋でした。列車の駅まで徒歩でも20分くらいなので、最後の日はお部屋でゆっくりして、窓辺の日差しを浴びながら記事のアップもできました。

ここは、私にとって「こんなお部屋に住みたい」と感じる理想的なお部屋でした。またいつかゆっくり泊りに来たいです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。