旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマテラピー

ポルトの世界遺産めぐり ~美しいボルサ宮殿に息をのむ!~

ポルトガル第2の都市ポルト(Porto)は、 ポルト歴史地区 として世界遺産にも登録されています。そんな町を、トラムやバス、徒歩などで散策してみました。

f:id:monteverde-aroma:20190506174608j:plain

リベルタ―デ広場(Praça da Liberdade)

坂の多い ポルト歴史地区 の歴史的建造物を巡るため、公共交通機関の利用は欠かせません。しかし、トラムやバスは時間帯によっては結構遅延もありましたので、徒歩での移動も組み合わせました。さらに、周る順番も考慮してみました。

ホテル近くのBatalha(①)を出発して、以下の3カ所を周ります。

  • クレリゴス教会&塔(Clérigos Church&Tower):②
  • サン・ベント駅(São Bento):③
  • ポルト大聖堂(Sé do Porto) :④

f:id:monteverde-aroma:20190507163443j:plain

①から③を経由して②に行った方が効率がいいように見えるのですが、①から③は下り坂、③から②は上り坂になります。なので、22番のトラムで一気に②に行って、③に歩いて戻ることにしました。さらに、③から④も下り坂だったので、ゆっくり歩きながら町並みを楽しむことができました。

②クレリゴス教会&塔

f:id:monteverde-aroma:20190507153830j:plain

1732年から1750年にかけて建設された、バロック様式の教会と塔です。大理石のファサードには花輪模様や貝のモチーフが彫られており、とても優美です。教会は無料ですが、76mの塔に昇るには入場料が必要です。Porto CARDで、50%オフになります。

  • DAY PASS(9am-7pm)
  • NIGHT PASS(7pm-11pm)*

*塔のみ入れます。

塔への入場は時間制で、さらに「狭い通路を昇りと下りの両方で使うため混雑する」と聞いていたので、教会だけ入りました。元気な方はぜひ塔に昇って絶景を堪能してください!

入場料や営業時間の最新情報は公式サイトで確認できます⇒ http://www.torredosclerigos.pt/en/ 

③サン・ベント駅

f:id:monteverde-aroma:20190507142655j:image

世界で最も美しいと言われる駅のひとつです。

「最も」なのにいくつもあるのは、なんだかおかしい気もしますが・・・

構内には2万枚のアズレージョ(青い装飾タイル)でできた壁画があり、ポルトガルの歴史を絵で見ることができます。

f:id:monteverde-aroma:20190507134625p:plain

構内には、エンリケ航海王子によるモロッコのセウタ攻略のシーンもあります。セウタは、サハラ南部からの金などが集積される商業都市の一つでした。このモロッコ征服はイスラーム教徒の抵抗を受け全土に及ばなかったため、以後は海洋進出に主眼を置くように転換したそうです。

美しいアズレージョの様子はこちらをどうぞ 

www.monteverde-aroma.com

④ポルト大聖堂

f:id:monteverde-aroma:20190507170318p:plain
f:id:monteverde-aroma:20190502055725j:plain

ポルト大聖堂(Sé do Porto) は、12世紀頃に建てられ、改修と増築を重ねてきた市内で最も古い建造物です。ファサードの外観や双塔はロマネスク様式ですが、ゴシック様式のバラ窓や回廊、礼拝堂が見られます。内部や回廊は、アズレージョで飾られています。

 営業時間

4月-10月:9am – 12:30pm、2:30pm to 7pm (修道院は、9 am - 6:30 pm)

11月-3月:9am – 12:30pm (修道院は12:15pmまで) 、2:30pm – 6pm (修道院は 5:30pmまで)
*日曜日と祭日、修道院は午後のみオープン

 料金

  • 教会は無料
  • 修道院: €3(Porto CARD・学生:€2)

参照:https://www.introducingporto.com/porto-cathedral

ポルト大聖堂の公式HPが見つからず、上のサイトを参照しましたが、変更も予想されますので、現地の観光案内所などで確かめることをおすすめします。

 

次の日は、Batalhaからgooglemapを見ながら、歩いてボルサ宮殿に行ってみました。道は急でしたが、下りの坂道と階段になるので問題ありませんでした。歩き回ったおかけで、結構足腰が鍛えられた感じがします(笑)。

 

ボルサ宮殿

f:id:monteverde-aroma:20190428212043j:image

ボルサ宮殿(Palácio da Bolsa) は、火事で倒壊したサン・フランシスコ教会の修道院の跡地に、1842年に建設されました。大変美しい建物ですが、宮殿ではありません。

「ボルサ」とは「株」を意味しており、商業組合や裁判所、証券取引所として使用されてきました。そばには、大航海時代のきっかけを作った エンリケ王子 の銅像があります。

完工するまでに70年かかり、6人の建築家により手掛けられているため、複数の建築様式を見ることができます。その美しい内部は、時間別に行われる、英語やポルトガル語などの見学ツアーに入って見ることができます。

夏の観光シーズンにはチケット購入にも列ができ、希望の時間に入れないこともあるそうです。公式サイトで、チケット事前購入もできるようですが、その際はPorto CARDの割引(50%オフ)が使えません。ちょっと悩ましい・・・。 

私は朝早く行って、最終のツアーを予約して、その間他の観光地に行っていました。

紋章の間

f:id:monteverde-aroma:20190507085516j:image

入口付近の 紋章の間 は中央の吹き抜けのホールで、ガラス天井のすぐ下にはポルトガルの紋章と当時ポルトと深い関わりのあった19ヶ国の紋章が飾られています。外から光が綺麗に入り、とても開放感があります。

f:id:monteverde-aroma:20190507195527j:plain

大理石の階段を上って、紋章の間 を上から見ながらガイドさんの話を聞きます。内部の写真撮影はフラッシュなしで可能です。

f:id:monteverde-aroma:20190507201144j:plain

どの国から来ましたか?

ガイドさんが参加者の国を尋ね、紋章がある場合は、示してくれます。残念ながら日本はありませんでした。しかし、2015年に 紋章の間 の壁画が修復された際にザクセン王国の紋章の下から徳川家の「葵紋」が発見され話題になったそうです。

19世紀、ポルトに商業組合本部として建設された「ボルサ宮」内の「紋章の間」を飾る20カ国の紋章の壁画修復中、ポルトガル国王フェルナンド2世の出生地であるザクセン王国の紋章の下に徳川家の「葵紋」が発見されました。ポルトガル大使館

f:id:monteverde-aroma:20190507085039j:plain

 www.publico.pt

江戸幕府は1860年にポルトガルと修好通商条約を締結しており、1865年のポルト国際博覧会に徳川家からの使節団が派遣されたことを記念して描かれたらしいのです。

私は見つけることができなかったので、帰国後ネットで調べたところ上の写真がありました。ただ、なぜザクセン王国の下に描かれたのかは分からず・・・日本で見るのとはなんか違う気がしますが、こんな離れたところで日本を感じることができるのには驚きました。余談ですが、カステラやブランコなど、日本に入ってきているポルトガル語もあり、縁を感じます。

黄金の間

f:id:monteverde-aroma:20190506174545j:plain

今でも月に一度ポルト商工会議所の定例会議が開催される 黄金の間

f:id:monteverde-aroma:20190507173114j:plain

床の寄せ木細工も素敵です。

f:id:monteverde-aroma:20190507173258j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190507204205j:plain

一見、材木で造られた会議室のようですが、ある位置から上は石膏(plaster) で造られ、その上から木製に見えるように装飾しているそうです。ガイドさんに促されて叩くと、音が違っていました(゚Д゚;)。所どころ剥がれてしまっている部分からもその様子が確認できます。

アラブの間

f:id:monteverde-aroma:20190507085524j:image

ツアーのハイライトは、アラブの間 です。アルハンブラ宮殿にインスピレーションを受け、18年の歳月をかけて1880年に完成したそうです。現在でもコンサートや国際会議などに使われています。

f:id:monteverde-aroma:20190507205129j:plain

同じ部屋をスマホとミラーレスで撮ってみました。雰囲気が全然違いますが、同じアラブの間です。

f:id:monteverde-aroma:20190507085531j:image

ステンドグラスから差し込む光もいい感じです。

f:id:monteverde-aroma:20190507080020p:plain

床も素敵。 

f:id:monteverde-aroma:20190506174421j:plain 

あ~、もっと感動を伝えたいのに、ボキャブラリーが乏しくて・・・。ピカピカ光るものが大好きなので(笑)、この部屋をなかなか立ち去れませんでした。

f:id:monteverde-aroma:20190506174244j:plain

ライトに焦点を置いてみました。

f:id:monteverde-aroma:20190507205026j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190507205144j:plain

細かい細工にも惹かれました。所どころにアラビア語で王様・王女様の名前を書いてあるらしいです。ツアーメンバーにアラビア語を理解できる人がいて、読んでくれました。それ自体にも感動したのですが、ツアーメンバーの多国籍にもビックリしました。ちなみに、このときのツアーでは、日本人(アジア人)は私一人でした。

詳細情報

ボルサ宮殿公式HPで事前にチケットを購入できますが、その場合はPorto CARDの割引が効きません。

 4月―10月
9 am to 6:30 p.m.

 11月ー3月
9:00 a.m. – 13:00 p.m. / 14:00 p.m. – 17:30 p.m.

 料金

– 大人: € 10.00<

– 学生 / シニア: € 6.5

– 大人と一緒の12歳未満の子供は無料(子供のグループを除く)

スケジュールは最新のものをご確認ください ⇒ https://palaciodabolsa.com/en/tourism/#scroll_links

ドン・ルイス1世橋

f:id:monteverde-aroma:20190430210030j:plain

ボルサ宮殿のツアーは30分程でした。その後は、坂道を下って。ドゥエロ川沿いへ。ドン・ルイス1世橋(Ponte Dom Luís I) を見ることができます。2016年からは「ポルト歴史地区、ルイス1世橋およびセラ・ド・ピラール修道院」として、登録名にも明記されました。橋は幅8mの2階建て構造になっており、上層は歩行者とメトロ用に、下層は自動車と歩行者用になっています。

f:id:monteverde-aroma:20190507142338j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190507142344j:plain

雨だったので、メトロで橋を渡ってみました。

f:id:monteverde-aroma:20190506174459j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190506174354j:plain

ドン・ルイス1世橋を渡ると、セラ・ド・ピラール修道院(Mosteiro da Serra do Pilar) があり、その前の広場からはポルトの旧市街が一望できます。16世紀に創建された現役の修道院で、施設の1部のみが公開されています。朝早かったので、修道院のそばの絶景ポイントからポルト歴史地区ならびにドン・ルイス1世橋を眺めてみました。雨も降っていたので、彼らと私の貸し切りでした。

まとめ

f:id:monteverde-aroma:20190506174457j:plain

世界遺産の町歩きでは、ボルサ宮殿の美しさに息をのみ、散策しているだけでいろいろな発見がありました。ショッピング・ストリートの Santa Catarina(サンタ・カタリーナ)通り の一角にあるfnac( Google マップ)では、朝の9時ごろ、カリヨンの音色とともに人形が出てくる仕掛けを見ました。ポルトは、街中の至る所で中世の雰囲気を感じることができる素敵な場所でした。

 

思いがあふれ、たくさん盛り込んでしまいました( ´艸`) 最後までお付き合いくださってありがとうございます。