旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

レノン鉄道に乗って奇岩を見に行こう! ~モバイルカードと行き方~

今週のお題「夏を振り返る」

f:id:monteverde-aroma:20190909053632j:plain

北イタリアの町・ボルツァ-ノ観光に役立つ公共交通機関は、列車、バス、そしてケーブルカーです。それぞれ、鉄道駅周辺に乗り場があり、近郊の観光にとても便利です。

最終日は、奇岩・ピラミデ・ディ・デッラを望む展望台まで行ってみました。

ピラミデ・ディ・デッラへの行き方

f:id:monteverde-aroma:20190908081003j:image

ピラミデ・ディ・デッラまで行くには、2通りの方法があります。一つは、バス(165番) 、もう一つは、ケーブルカー+レノン(Renon) 鉄道+徒歩(またはバス)です。

行きは「ケーブルカー+レノン鉄道+徒歩」を利用することにしました。ケーブルカー乗り場は、ボルツァ-ノの鉄道駅を背に右手へ5分ほど歩いたところにあります。ガラス張りの建物なので、すぐに見つかりました。

このレノン・ケーブルカー(伊語:Funiva el Renon/独語:Rittner Seilbahn)に乗るため、MOBILCARD の1日乗車券を買いました。

MOBILCARD

MOBILCARD は、3種類あります。

           種類  大人  子供*
MOBILCARD (1日)   €15   €7.5 
MOBILCARD (3日)   €23  €11.5
MOBILCARD (7日)   €28  €14.0

*子供料金は14歳以下です。

(2019年8月現在)

このカードは以下の部分をカバーしています。

  • アルト・アディジェ県の公共交通機関(ユーロスターやインターシティーは除く)

  【区間】Brennero – Trento, Malles – San Candido/Versciaco

  • ボルツァーノ市内バス
  • ケーブルカー

  【区間】Renon, San Genesio, Colle, Verano, Meltina e Maranza

  • レノンの登山列車(the Mendola mountainまで)
  • ポストアウト・シュバイツ(1往復)

  【区間】 Malles ⇄ Müstair.

 購入場所

ツーリストオフィスや鉄道駅、ケーブルカー乗り場で購入可能です。

時刻表や詳細・最新情報は、MOBILCARD で確認できます。

 VALIDATE

f:id:monteverde-aroma:20190908080659j:image

注意事項 乗り物に乗るたびにカードを改札や駅舎にある青い機械に通して「有効 (validate)」させます。

 

① ケーブルカー

f:id:monteverde-aroma:20190908080903j:image

朝10時ごろ、誰もいませんでした・・・

f:id:monteverde-aroma:20190908080613j:image

分からないまま乗って待っていると、ドアが閉まり動き出しました。

f:id:monteverde-aroma:20190908080754j:image

眼下にワイン畑を見ながら、しばし空中散歩♪

f:id:monteverde-aroma:20190908141742j:plain

と思っていたら、けっこう遠くまで行くようです。18分くらいして、ケーブルカーの頂上の駅ソプラボルツァーノ駅(Soplabolzano/独語:Oberbozen)に着きました。

頂上と言っても、ボルツァ-ノの町中から見える部分が頂上ではなく、ずいぶん奥までやってきました。

② レノン鉄道

f:id:monteverde-aroma:20190909060931j:plain

ソプラボルツァーノ駅 のすぐ前に、レノン鉄道の乗り場があります。

f:id:monteverde-aroma:20190908080926j:image

レノン鉄道を待つ間、待合所にあった機械でVALIDATEをお忘れなく!

レノン鉄道の詳細や時刻表は Railway Renon で確認できます。

時刻表

f:id:monteverde-aroma:20190909061828p:plain

時刻表の一部を抜粋してみました。ケーブルカーから乗り継ぎの Soplabolzano(ソプラボルツァーノ)駅 から Collalbo(コッラルボ)駅まで乗車します。

実際に乗ってみました

f:id:monteverde-aroma:20190909060250j:plain

折り返し列車が来ましたが、これには乗れません。運転手さんが乗客が降りたのを確認して、ドアを閉めて、車庫に入ってしまいました。10分くらい経って、再び列車がやってきました。今度は乗れるようです。

f:id:monteverde-aroma:20190908081047j:image
列車は、ケーブルカーの駅と反対方向に進みます。景色は進行方向右側が楽しめました。土曜日の10時半ごろ、ツアーの人びとが乗って来て、満席になったのでけっこう賑やかな車内となりました。

③ Collalbo駅から徒歩

f:id:monteverde-aroma:20190908081027j:image

世界の車窓からに出てきそうな可愛い駅舎。

f:id:monteverde-aroma:20190908080947j:image

その駅舎の前に案内板がありますので、ERDPYRAMIDEN PIRAMIDI DI TERRAの案内「24番」の方向へ歩き出します。30分ほどのようです。

少し下ったところからバスに乗ることもできますが、せっかくなので町並みを見ながら歩くことにしました。

f:id:monteverde-aroma:20190908080637j:image

駅舎にはカフェも併設していました。

f:id:monteverde-aroma:20190908080719j:image

道路にはキノコのようなマークもあるので、迷うことなく行けそうです。

f:id:monteverde-aroma:20190908080813j:image
途中、右に曲がり、民家の間を下っていきます。

f:id:monteverde-aroma:20190908080738j:image

どの家も庭が花で飾られていてとてもきれいでした。

f:id:monteverde-aroma:20190909063626j:plain

途中はけっこう下り坂!教会の向こうに山並みが見えるという絵に描いたような南チロルの景色が広がっていたのですが、なぜか?写真がない(泣)。代わりにホテルの向こうに見える山並みの写真を載せてみました。標高はコッラルボが1,154mなので、少し低くなった感じです。

f:id:monteverde-aroma:20190909063750j:plain

もっと山道を歩くのかと思ったら、バスが走る道路に合流しました。う~ん、登山靴でなかった方が良かったかも・・・。

f:id:monteverde-aroma:20190909063922j:plain

この日は曇り時々雨といった天気でしたが、気温が下がって、歩くにはちょうどよかったです。写真はいまいちですが。

f:id:monteverde-aroma:20190909064126j:plain

途中、小さな池があって蓮の花が咲いていました。

f:id:monteverde-aroma:20190909064616j:plain

だんだん山並みが見えてきました。ここまで来たら、あと少しです。

ピラミデ・ディ・デッラ

f:id:monteverde-aroma:20190909065107j:plain

到着!

f:id:monteverde-aroma:20190908080601j:image

展望台付近には、奇岩ができるまでの説明がありました。雨によって石の下の柔らかい地盤が削られて、長い年月をかけてこのような姿になったそうです。

f:id:monteverde-aroma:20190909065344j:plain

上の石がそのままなのが面白い!

f:id:monteverde-aroma:20190909072055j:image

展望台からは、アルペ・ディ・シウジやセチェーダといった山も見えているのですが、あいにくの曇り空でスッキリしません。でも、ピラミデ・ディ・デッラ を堪能しながら山道を歩きました。

f:id:monteverde-aroma:20190909072107j:image

展望台には絵葉書があり、書いて備え付けの箱に入れれば、無料で届けてくれるそうです。
f:id:monteverde-aroma:20190909072042j:image

日本にも届くのかしら?疑問だったので絵葉書を書いてみようかと思いましたが、不覚にもボールペンが見つからず・・・。どこかで落としてしまったようです。なので検証できず・・・残念。

f:id:monteverde-aroma:20190909064837j:plain

気を取り直して、花を見ながら少し山道を歩いてみることにしました。この辺りは、フカフカの足元なので、歩いていて楽しかったです。

f:id:monteverde-aroma:20190909064855j:plain

ふふふ ( *´艸`) お食事中。

帰りは165番のバスで

f:id:monteverde-aroma:20190909064227j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190909064357j:plain

行きに見た蓮の花、帰りはかなり咲いていました。この辺りまではあまり高低差はないのですが、この先にあるレノン鉄道の駅から下り坂だったということは、帰りはかなりの坂を上ることになります。

なので、帰りはバスに乗ることにしました。1時間に1本くらいしかないのですが、ちょうどあと10分くらいでバスがやってきそうだったので!

f:id:monteverde-aroma:20190909064928j:plain

ブドウ畑の中をバスは走ります。レノン鉄道とケーブルカーの高低差を下るので、けっこうスリリングな箇所もありました。

まとめ

ピラミデ・ディ・デッラまでは、半日あればゆっくり行って帰って来られます。展望台からはさらに奥まで歩けるようなので、木々に囲まれたハイキングに丁度いいと思いました。

MOBILCARDは必要かどうか?今回は、ケーブルカー、レノン鉄道、そして路線バスで使えました。残りは市内 (徒歩でも問題ない距離でしたが)でも使いました。あまり移動していないのでお得だったかどうかは分かりませんが、毎回チケットを買う手間が省けたので良かったかと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。