旅とアロマ

旅とアロマ

五感で楽しむ旅とアロマ

2019年 メルボルン空港ラウンジとQF国内線

f:id:monteverde-aroma:20190801061714j:plain

カンタス航空(QF)の成田便は、朝6時半ごろメルボルン空港に到着しました。アデレードまでのフライトは1時間くらい、1日に何便もありまるで東京ー大阪のような感じです。ラウンジで少しのんびりしようと、乗り継ぎ時間を多くとってみました。

国内線ラウンジ

f:id:monteverde-aroma:20180917052619j:image

国内線ターミナル(T1)には、2種類のQFのラウンジがあり、セキュリティチェックを受けたすぐ後にあります。

エスカレーターを上がると、左側が、QFやワンワールドの最上級会員やビジネスクラス搭乗者が利用できる ビジネスラウンジ 。右側が、ビジネスラウンジの対象者に加え、カンタスクラブ会員、カンタス・フリークエントフライヤーのゴールド以上、ワンワールドのサファイアの会員などが利用できる カンタスクラブ です。どちらもリニューアルしたばかりです。

ー ビジネスラウンジ

20180917052650

エスカレーターを上がるとスタッフの方がいますので、搭乗券を見せます。以前は、カンタスラウンジの奥にあったビジネスラウンジは、独立した空間にリニューアルされていました。

f:id:monteverde-aroma:20190801132838j:plain

まずは、バリスタが淹れてくれるコーヒー♡ オーストラリアはコーヒーが美味しいです。お酒類のサービスは12時からです。

f:id:monteverde-aroma:20190801133158j:plain

人参(1本)、セロリ(2本)、そしてスイカ(4カケ) を入れて作ってみました。

f:id:monteverde-aroma:20190801130441j:plain
f:id:monteverde-aroma:20190801130331j:plain

目覚まし用のカプチーノと野菜ジュース♡

f:id:monteverde-aroma:20190801132926j:plain

前回楽しかったパンケーキを作ってみました。ボタンを押すだけで焼き立てのパンケーキが食べられます。

f:id:monteverde-aroma:20190801133126j:plain

しょぼかったエコだった機内食に比べるとおしゃれなラインナップです。

f:id:monteverde-aroma:20180926212742j:plain
f:id:monteverde-aroma:20180927095357j:plain
f:id:monteverde-aroma:20180926212749j:plain

ちなみに、上は前回頂いた朝食です。内容はあまり変わらないようです。

お昼過ぎからは、QFのコンサルティングシェフのニール・ペリー氏監修によるローカルの食文化を取り入れた独自のメニューや、季節限定メニューなども提供されるそうです。次回は、お昼過ぎを狙いたいと思います。

f:id:monteverde-aroma:20190801130435j:image
ビジネスラウンジには大きな窓があり、遠くに飛行機が着陸する様子も見ることができます。飛行機好きにはたまらないラウンジです!

20180917052609

今回も、オリジナルハーブティーをいただきました。

f:id:monteverde-aroma:20190801133656j:plain

ここで、クラシカルな塗装機を見ました。飛行機好きにはたまらない場所です♪

f:id:monteverde-aroma:20190801133828j:plain

塗装機に乗りたいなぁ~と思っていたのですが、残念ながら出発してしまいました。

国内線ゲート

私もそろそろ出発します。国内線のターミナルは大きくはないのですが、このときのアデレード行きはゲート24番、一番端だったので、徒歩5分位かかりました。

飛行機はシドニーから到着して、乗務員が全員交代して出発するようです。使用機が到着して15分位で搭乗となりました。B737という小型機なので機内の通路は1本です。

一応看板はあるのですが、車いすなどお手伝いが必要な旅客が最初に搭乗案内されたあと、プライオリティなど区別なく全員一気に搭乗となりました。

国内線の機内

f:id:monteverde-aroma:20190801130322j:plain

昔のタイプの座席のようです。広さは、JALのクラスJといった感じでしょうか。ウエルカムドリンク代わりに、地上で水のペットボトルを貰いました。

f:id:monteverde-aroma:20190801130421j:plain

離陸後、機内サービスはゆっくり丁寧に始まりました。飛行時間は1時間ないのですが、飲み物と温かい食事のサービスがあります。エコノミークラスも、簡単な朝食と飲み物が配られていました。こういうところは凄い!

f:id:monteverde-aroma:20190801130312j:plain

お隣の方が頼まれていたので、私もスパークリングワイン(無料) をお願いしてみました(^^) 美味しかったです。お昼過ぎに着く便だったので、ランチです。

f:id:monteverde-aroma:20190801130409j:plain

こんな短距離フライト!食事が温かいだけでも驚いたのですが、チョイスもありました。メニュー名を聞いても良くわからなかったので、「???」となっていると、実物を見せてくれました。ズッキーニのパイ、とても美味しかったです♡

まとめ

メルボルン空港での乗り継ぎはとても簡単でした。国内線のラウンジも快適です。そして、QFの国内線の食事は、国際線よりいいのでは?とても美味しかったです。機内サービスもフレンドリーだけど丁寧!座席は残念な感じでしたが、アデレードまで快適に過ごすことができました。

 

次回は、いよいよアデレードのようすをお届けします。最後までご覧いただきありがとうございます。